浦和記念2022 予想 出走予定馬・想定騎手・外厩・追い切り

浦和記念2022の出走予定馬、想定騎手、外厩情報、追い切りなどについての記事になります。

施行日:2022年11月23日(水)
競馬場:浦和競馬場
距離 :ダート左回り2,000m

【最新情報】毎週追い切り厳選馬をLineで無料配信!

当たるちゃんにて重賞レースの追い切り情報や土日の追い切り厳選馬を毎週配信しています!
興味がある方はぜひ参考にどうぞ!!

▼注目の追い切り情報はこちら▼
友だち追加

追い切りなどの質問がございましたら、
お気軽にLINEにてメッセージを下さい!!

☆過去5年データ☆

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2021年
馬場:重
1 1 メイショウカズサ 1 川田将雅 牡4 56 02:07.3 1 1 37.3 カジノドライヴ
2 7 タービランス 3 笹川翼 牡8 56 02:07.7 2 4 3 37.1 パイロ
3 4 ヴェルテックス 4 横山武史 牡4 56 02:07.8 1/2 2 2 37.4 ジャスタウェイ
2020年
馬場:稍重
1 6 ダノンファラオ 3 川田将雅 牡3 56 02:06.0 3 1 36.8 American Pharoah
2 5 ロードブレス 1 三浦皇成 牡4 57 02:06.0 ハナ 6 3 36.6 ダノンバラード
3 2 ウェスタールンド 2 藤岡佑介 セ8 56 02:06.0 アタマ 7 4 36.1 ネオユニヴァース
2019年
馬場:重
1 1 ケイティブレイブ 2 御神本訓 牡6 58 02:05.4 1 1 37.6 アドマイヤマックス
2 7 アナザートゥルース 3 大野拓弥 セ5 56 02:06.0 3 3 2 37.7 アイルハヴアナザー
3 5 ロードゴラッソ 4 M.デムーロ 牡4 56 02:06.2 3/4 6 5 37.5 ハーツクライ
2018年
馬場:重
1 6 オールブラッシュ 4 田辺裕信 牡6 58 02:05.4 3 1 36.9 ウォーエンブレム
2 9 グリム 1 内田博幸 牡3 54 02:06.3 4 1 2 38.1 ゼンノロブロイ
3 11 クリソライト 3 武豊 牡8 58 02:06.5 1 4 3 38.1 ゴールドアリュール
2017年
馬場:良
1 7 マイネルバサラ 5 柴田大知 牡4 56 02:08.2 1 1 38.6 シニスターミニスター
2 4 ヒガシウィルウィン 2 森泰斗 牡3 56 02:09.3 6 2 2 39.5 サウスヴィグラス
3 11 オールブラッシュ 1 C.ルメール 牡5 58 02:10.5 6 4 4 40.4 ウォーエンブレム

このレースは、上位人気馬の好走が目立つ、本命レースです。
中央、地方とも一線級の馬はJBCや他のレースに使われることが多く、出走馬のレベル差が大きくなりやすいのが特徴のレースといえるでしょう。

人気傾向としては、過去5年の1番人気の成績は(1-2-1-1)と、まずまずの成績といえます。
2着が多い傾向ですので、頭固定よりは連軸向きになるのかもしれません。

過去4年では、2017年に5番人気マイネルバサラが勝った以外、4番人気以内で決まっています。
中央地方問わず、上位人気の馬を手堅く狙っていくのが良いレースであるといえるでしょう。

枠番傾向としては、大きな有利不利はありません。
2000mと長めの距離ということもあり、あまり枠順は気にしなくても良いのかもしれません。

ただ、3枠は過去5年で一度も馬券に絡んでおりません。
最大頭数12頭の浦和競馬ですので、1頭しか入れない3枠で馬券圏内がないのは、出走馬の並びの綾もあるかもしれませんが、一応気にしたいところです。

また、6枠は2020年まで連続して馬券圏内でした。
昨年は人気馬が入らなかったこともあってか、馬券圏内には入りませんでしたが、6枠に人気馬が入るようなら注目してみても良いでしょう。

脚質傾向としては、先行が圧倒的有利なレースといえます。

そもそもが小回りの浦和競馬場ですので、先行馬が有利な競馬場といえます。
その中でも、やはり地力のある馬は前でレースを進めていくでしょうし、その中でも番手でレースができて、3コーナーで上がって行ける馬は、上位争いになりやすい傾向です。

先行力、かつ、機動力のある馬がいれば、さらに有利な傾向といえるでしょう。

浦和記念2022 追い切り傾向

ラーゴム 追い切り評価:B+

★一週前追い切り情報★
11/10 栗CW良 一杯
81.9 66.7 52.1 37.3 11.6 [8]

一週前追い切りは団野騎手が騎乗しての調教です。
一杯に追われた古馬3勝のドンフランキーと併せて、外を0.7秒先行して0.2秒遅れました。

★最終追い切り情報★
11/16 栗CW良 一杯
84.0 68.4 53.7 38.2 11.6 [8]

最終追い切りは団野騎手が騎乗しての調教です。
馬なりに追われた古馬3勝のドンフランキーと併せて、外を0.6秒先行して0.2秒遅れました。
2週連続で一杯に追われ、直線は11.6秒の力強い伸び脚を見せていますが、併走馬に2週とも遅れているのは気になります。
ただ、先週は全体時計も優秀でしたし、仕上がりはマズマズ順調とみて良いでしょう。


ケイアイパープル 追い切り評価:B+

★一週前追い切り情報★
11/13 栗CW良 馬なり
42.3 12.1 [8]

★最終追い切り情報★
11/18 栗CW良 一杯
85.0 69.8 54.6 38.4 11.7 [8]

最終追い切りは藤岡康太騎手が騎乗しての調教です。
一杯に追われた古馬2勝のパワータイショウと併せて、内を0.5秒追走してクビ差先着しました。
今走は2本のみの調教でしたが、一杯に追われて直線は11.7秒の好時計をマーク。
併走馬にもあっさり先着していますし、仕上がりは良好です。


アイオライト 追い切り評価:B+

★一週前追い切り情報★
一週前追い切りはなし

★最終追い切り情報★
11/18 美坂良 強め
53.5 38.4 24.9 12.6

プール調教を併用しながらの調教で、坂路では最終追い切り1本のみ。
意欲的に追われた反応は悪くないですが、直線で失速ラップなのは気になります。
全体時計もこの馬なりですし、仕上がりはマズマズといったところでしょう。


クリノドラゴン 追い切り評価:B+

★一週前追い切り情報★
一週前追い切りはなし

★最終追い切り情報★
11/18 栗CW良 一杯
83.2 68.3 53.5 38.1 12.0 [9]

今走は2本のみの調教でしたが、最終追い切りは一杯に追われて力強い反応を見せています。
外コースを回っての内容で、全体時計もこの馬なりに優秀です。
直線も12.0秒の好時計を出しており、遠征の疲れは感じないですね。


タイセイドレフォン 追い切り評価:B+

★一週前追い切り情報★
一週前追い切りはなし

★最終追い切り情報★
11/18 栗CW良 馬なり
87.8 72.9 57.9 42.0 12.8 [5]

今走は軽めの調教でしたが、軽快なフットワークで直線も12.8秒の鋭い伸び脚を見せています。
ただ、全体時計は平凡で、道中失速ラップなのは気がかりです。
負荷をかけた調教をしていないのも気になりますし、仕上がりはマズマズといったところでしょう。

浦和記念2022 予想

中央馬の追い切りでは、特筆するほど良い馬はいなかったですね。
どの馬も直線の伸びは悪くないものの、失速ラップではありますし、雨も考えるとあまり大勝負に出ないような気もします。
地方馬では、スワーヴアラミス、エルデュクラージュが前走時以上に良い動きを見せていました。
中央馬よりかは地方馬2頭の方が良さそうです。
ただ、基本的には堅実なレース傾向ですし、上位人気の中央馬は押さえておきたいですね。

▼勝負馬はこちら▼
◎:スワーヴアラミス
◯:ケイアイパープル
▲:ラーゴム
△:クリノドラゴン
穴:エルデュクラージュ

浦和記念2022の予想はこちら


ブログランキングにて紹介しています!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ