クイーンステークス2024予想【追い切り・外厩・出走予定馬・想定騎手を紹介】

クイーンステークス2024の出走予定馬、想定騎手、外厩情報、追い切りなどについての記事になります。

施行日:2024年7月28日(日)
競馬場:札幌競馬場
距離 :芝右回り1,800m

【最新情報】Lineを新しくしました!追い切り好調馬を毎週配信中!

当たるちゃんにて重賞レースの追い切り情報や土日の追い切り厳選馬を毎週配信しています!
興味がある方はぜひ参考にどうぞ!!

▼注目の追い切り情報はこちら▼
友だち追加

追い切りなどの質問がございましたら、
お気軽にLINEにてメッセージを下さい!!

☆出走予定馬・想定騎手☆

出走予定馬 想定騎手
アルジーヌ 藤岡佑
イフェイオン 西村淳
ウインピクシス 横山和
ウンブライル C.ルメール
エリカヴィータ 池添
キタウイング
コガネノソラ 丹内
コンクシェル 横山武
スタニングローズ 北村友
ドゥアイズ 鮫島駿
ボンドガール 武豊
モズゴールドバレル 高杉
モリアーナ 武藤
ラリュエル 佐々木大

☆過去5年データ☆

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2023年
馬場:良
1 7 ドゥーラ 1 斎藤新 牝3 51 01:46.7 9 2 34.5 ドゥラメンテ
2 2 ウインピクシス 9 横山武史 牝4 55 01:46.9 1 2 2 35.1 ゴールドシップ
3 1 コスタボニータ 3 松山弘平 牝4 55 01:46.9 ハナ 6 6 34.9 イスラボニータ
2022年
馬場:良
1 1 テルツェット 2 池添謙一 牝5 56 01:47.8 7 7 34.4 ディープインパクト
2 4 サトノセシル 8 古川吉洋 牝6 55 01:47.8 ハナ 7 4 34.4 Frankel
3 2 ローザノワール 3 田中勝春 牝6 55 01:47.8 クビ 1 1 35.2 マンハッタンカフェ
2021年
馬場:良
1 9 テルツェット 3 C.ルメール 牝4 55 01:47.8 9 11 35.2 ディープインパクト
2 6 マジックキャッスル 1 戸崎圭太 牝4 56 01:47.9 クビ 5 4 35.6 ディープインパクト
3 10 サトノセシル 8 大野拓弥 牝5 55 01:47.9 クビ 7 8 35.5 Frankel
2020年
馬場:良
1 1 レッドアネモス 11 吉田隼人 牝4 55 01:45.9 7 8 35.0 ヴィクトワールピサ
2 9 ビーチサンバ 4 福永祐一 牝4 55 01:46.0 3/4 10 11 34.9 クロフネ
3 2 スカーレットカラー 1 岩田康誠 牝5 56 01:46.0 クビ 13 11 34.7 ヴィクトワールピサ
2019年
馬場:良
1 13 ミッキーチャーム 1 川田将雅 牝4 56 01:47.0 4 4 34.0 ディープインパクト
2 6 スカーレットカラー 5 岩田康誠 牝4 55 01:47.0 クビ 10 10 33.4 ヴィクトワールピサ
3 14 カリビアンゴールド 9 柴山雄一 牝5 55 01:47.0 アタマ 6 6 33.8 ステイゴールド

札幌競馬場の芝1800mで実施される3歳古馬混合の牝馬限定重賞です。
秋に行われる牝馬GIレースの秋華賞や、エリザベス女王杯といった大きなレースを目標に、有力馬の始動戦として出走も見られるレースになっています。

別定戦となっており、3歳馬は最低で51kgの負担重量で臨める為、近年は3歳馬の参戦も目立っています。
しかし基本的には古馬の方が強く、メンバー構成は混戦になる事が多いです。
人気通りに決まる事は少なく、1頭は伏兵馬が馬券になる、やや波乱傾向にあるレースになっています。

人気傾向としては、近5年では1番人気が4回馬券になっており、比較的信頼できます。
その他の人気サイドでは3番人気も3回馬券圏内と、上位評価された馬はしっかりと走る傾向にあります。

札幌開催の前半戦に行われ、天候も安定している点なども要因でしょう。
穴馬も毎年馬券に1頭は絡んできており、インコースで上手く立ち回った馬が該当する事が多いです。
レースへの適性は勿論ですが、枠の並びも重要になってきます。

枠番傾向ですが、どちらかというと内枠が少し有利になっています。
小回りでコーナーが急な札幌競馬場で、インの経済コースをなるべく走れた方が上の着順に繋がりやすくなっています。

しかし、開催年によってはアウトコースが良く伸びる場合もあり、そうなってくると一気に外枠が有利になります。
馬場コンディションを良く見極めて、内外どちらが有利なのかを判断しましょう。

脚質傾向ですが、逃げ先行馬よりも差し馬有利になっています。
コーナーが小回りで直線も短い事から、仕掛けが早くなる展開になりやすく、スタミナが切れた先行馬を最後逆転するシーンがよく見られています。

逃げ先行馬が好走するにはどれだけ前半にロス無く運べるかが重要です。
メンバー構成で先行したい馬が少ないようなときは抑える必要がありそうです。

クイーンステークス2024外厩情報

※()内は前走時
コスモヴューファーム
ウインピクシス(阿見トレセン)
ノーザンファームしがらき
スタニングローズ(ノーザンファームしがらき)
ドゥアイズ(ノーザンファームしがらき)
ノーザンファーム天栄
ウンブライル(ノーザンファーム天栄)
エリカヴィータ(ノーザンファーム天栄)
ボンドガール(なし)
ビッグレッドファーム明和
コガネノソラ(なし)
ミルファーム千葉
キタウイング(なし)
吉澤ステーブルWEST
モズゴールドバレル(吉澤ステーブルWEST)
山元トレセン
イフェイオン(なし)
大山ヒルズ
コンクシェル(大山ヒルズ)
情報なし
モリアーナ(なし)
ラリュエル(山元トレセン)
今走なし
アルジーヌ(チャンピオンヒルズ)

クイーンステークス2024 追い切り傾向

アルジーヌ 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:博多ステークス(1着)
6/20 栗CW稍 馬なり
81.3 65.7 50.7 36.0 11.3 [6]

一週前追い切りは西村淳也騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 栗CW稍 強め
98.0 81.5 66.7 51.7 36.4 11.4 [6]

これまでと同様で、一週前追い切りはウッドで行いました。
道中ややチグハグなラップですが、終い11.5-11.4と素晴らしい時計をマークしました。
前走時と同様の調教を行っている点も好感を持てます。
北海道での最終追い切りも注目です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:博多ステークス(1着)
6/26 栗CW稍 一杯
52.3 36.9 11.3 [7]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


イフェイオン 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:NHKマイルカップ(5着)
4/25 栗CW稍 強め
66.8 50.9 35.5 11.4 [7]

一週前追い切りは長岡禎仁騎手が騎乗しての調教です。
強めに追われる古馬3勝のアビエルトと併せて、内で1.4秒追走0.3秒遅れました。
一杯に追われる3歳未勝利のタロサンダーと併せて、内で0.5秒追走0.7秒先着しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 栗CW稍 一杯
80.5 64.7 50.7 36.4 11.6 [6]

一週前追い切りは長岡禎仁騎手が騎乗しての調教です。
強めに追われる古馬2勝のナバロンと併せて、内で1.0秒追走0.1秒遅れました。
これまでと同様で、一週前追い切りはウッドで行いました。
道中ややチグハグなラップですが、終い11.6秒としっかり負荷を掛けれています。
また、自己ベストを更新し成長面の上昇も伺えます。
最終追い切りも注目です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:NHKマイルカップ(5着)
5/1 栗坂稍 馬なり
56.7 41.6 27.5 13.3 [3]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


ウインピクシス 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:福島牝馬ステークス(3着)
4/10 美南W稍 馬なり
15.7 15.0 14.0 12.1 [7]

一週前追い切りは松岡正海騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 札ダ良 馬なり
71.1 55.1 40.3 13.5 [5]

一週前追い切りは黛弘人騎手が騎乗しての調教です。
札幌のダートコースで一週前追い切りを行い、全体時計71.1秒をマークしています。
終いも13.5秒で控えめの内容になっています。
追い切りも1本目で負荷不足が現状否め印象です。
最終追い切りでどこまで上げてこれるかがカギになりそうです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:福島牝馬ステークス(3着)
4/17 美南W良 馬なり
67.4 52.1 37.2 10.8 [2]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


エリカヴィータ 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:マーメイドステークス(7着)
6/5 美南W良 馬なり
84.6 68.0 53.1 38.4 11.7 [6]

馬なりの古馬1勝のシャンドゥレールと併せて、内で0.8秒追走同入しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 美南W重 馬なり
82.8 65.8 50.8 37.0 11.4 [2]

馬なりの古馬3勝のルージュアルルと併せて、外で0.3秒先行同入しました。
これまでと同様で、一週前追い切りはウッドで行いました。
道中綺麗なラップを刻んでいますし、終い11.4秒と好時計をマークしました。
ただ、現状この調教で結果が出ていない状況です。
最終追い切りで変化を付けた調教を期待したいです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:マーメイドステークス(7着)
6/12 美南W良 馬なり
83.6 67.0 52.4 38.0 11.3 [4]

馬なりの古馬1勝のモスクロッサーと併せて、内で0.3秒追走同入しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


キタウイング 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ヴィクトリアマイル(11着)
一週前追い切りはなし

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 美南W重 馬なり
69.9 54.1 38.4 11.3 [8]

これまでと同様で、一週前追い切りはウッドで行いました。
道中綺麗なラップを刻んでいますし、終い11.3秒と好時計をマークしました。
ただ、この調教で結果が出ていない状況。
最終追い切りでどこまで上げてこれるかがカギになりそうです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:ヴィクトリアマイル(11着)
5/8 美南W稍 馬なり
86.0 69.3 54.6 39.8 12.6 [5]

最終追い切りは杉原誠人騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


コガネノソラ 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:オークス(12着)
5/10 美南W良 馬なり
70.5 55.0 40.1 12.5 [8]

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 函W良 G前仕掛け
67.0 51.8 38.4 12.0 [5]

一週前追い切りは丹内祐次騎手が騎乗しての調教です。
一杯に追われる古馬1勝のスノーホルンロードと併せて、内で0.6秒追走0.2秒先着しました。
函館のウッドコースで一週前追い切りを行い、全体時計67.0秒をマークしています。
終いも12.0秒と好時計をマークし、併せ先着している点も好感を持てます。
最終追い切りも注目です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:オークス(12着)
5/15 美南W良 馬なり
66.6 51.6 37.0 11.4 [6]

馬なりの古馬2勝のカプラローラと併せて、内で1.4秒追走0.2秒先着しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


コンクシェル 追い切り評価:B+

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ヴィクトリアマイル(13着)
5/1 栗CW稍 強め
81.1 66.0 51.7 37.2 11.3 [7]

一週前追い切りは吉村誠之助騎手が騎乗しての調教です。
馬なりの古馬2勝のフルメタルボディーと併せて、内で2.1秒追走アタマ先着しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 栗CW稍 馬なり
82.8 66.7 51.3 36.6 11.5 [8]

馬なりの新馬のモルティフレーバーと併せて、外で1.7秒追走クビ先着しました。
強めに追われる3歳未勝利のブラックライズと併せて、内で2.2秒追走0.6秒先着しました。
これまでと同様で、一週前追い切りはウッドで行いました。
道中綺麗なラップを刻んでいますし、終い11.5-11.5と好時計をマークしました。
併せ先着していますし、最終追い切りもどのような動きをするかが注目です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:ヴィクトリアマイル(13着)
5/8 栗CW稍 強め
85.5 69.2 53.0 37.5 11.4 [7]

最終追い切りは吉村誠之助騎手が騎乗しての調教です。
馬なりの古馬2勝のジャスパーバローズと併せて、外で2.0秒先行0.2秒先着しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


スタニングローズ 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ヴィクトリアマイル(9着)
5/1 栗坂稍 一杯
54.3 39.1 24.7 12.0 [8]

一週前追い切りは西村淳也騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 栗坂稍 馬なり
54.7 39.8 25.3 11.8 [8]

これまでと同様で、一週前追い切りは坂路で行いました。
道中綺麗なラップを刻んでいますし、終い11.8秒と素晴らしい時計をマークしました。
11秒台はこの馬は出してくるタイプですが、一週前追い切りでこの時計をマークしている点が好感を持てます。
最終追い切りも注目です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:ヴィクトリアマイル(9着)
5/8 栗坂稍 馬なり
53.5 38.7 24.5 11.8 [7]

最終追い切りは西村淳也騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


ドゥアイズ 追い切り評価:B+

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ヴィクトリアマイル(4着)
5/1 栗CW稍 一杯
84.0 68.0 53.4 38.5 11.6 [8]

一週前追い切りは鮫島克駿騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 札芝良 馬なり
64.4 50.6 36.3 11.9 [8]

一週前追い切りは鮫島克駿騎手が騎乗しての調教です。
札幌の芝コースで一週前追い切りを行い、全体時計64.4秒をマークしています。
終いも11.9秒と好時計をマークしました。
7月初旬から早い時計を出して、状態面は上向いている印象です。
最終追い切りも注目です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:ヴィクトリアマイル(4着)
5/8 栗CW稍 馬なり
83.8 67.3 52.1 37.6 11.6 [7]

最終追い切りは加藤祥太騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


ボンドガール 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:NHKマイルカップ(17着)
4/24 美南W稍 一杯
82.9 65.9 50.7 36.0 11.0 [7]

一週前追い切りは嶋田純二騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/17 美南W重 一杯
80.9 66.1 52.3 37.9 12.2 [9]

これまでと同様で、一週前追い切りはウッドで行いました。
道中ややチグハグなラップですし、終いも12.2秒とこの馬にしては時計が掛かっている印象です。
現状休み明け感が出ている印象で、最終追い切りでどこまで上げてこれるかがカギになりそうです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:NHKマイルカップ(17着)
5/1 美南W重 馬なり
85.5 68.7 52.9 37.6 11.2 [9]

最終追い切りは嶋田純二騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
最終追い切りが行われ次第更新します。


クイーンステークス2023の出走予定馬、想定騎手、外厩情報、追い切りなどについての記事になります。

施行日:2023年7月30日(日)
競馬場:札幌競馬場
距離 :芝右回り1,800m

☆出走予定馬・想定騎手☆

出走予定馬 想定騎手
イズジョーノキセキ 岩田康
ウインエクレール 未定
ウインピクシス 横山武
エーデルブルーメ 未定
カヨウネンカ 未定
キタウイング 江田照
グランスラムアスク 古川奈
コスタボニータ 松山
サトノセシル 未定
ジネストラ 三浦
シャーレイポピー 池添
ドゥーラ 斎藤
トーセンローリエ 吉田隼
ビジン 藤岡佑
フィアスプライド 菅原明
ミスニューヨーク M.デムーロ
ライトクオンタム 武豊
ルビーカサブランカ C.ルメール
ローゼライト 未定

☆過去5年データ☆

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2022年
馬場:良
1 1 テルツェット 2 池添謙一 牝5 56 01:47.8 7 7 34.4 ディープインパクト
2 4 サトノセシル 8 古川吉洋 牝6 55 01:47.8 ハナ 7 4 34.4 Frankel
3 2 ローザノワール 3 田中勝春 牝6 55 01:47.8 クビ 1 1 35.2 マンハッタンカフェ
2021年
馬場:良
1 9 テルツェット 3 C.ルメール 牝4 55 01:47.8 9 11 35.2 ディープインパクト
2 6 マジックキャッスル 1 戸崎圭太 牝4 56 01:47.9 クビ 5 4 35.6 ディープインパクト
3 10 サトノセシル 8 大野拓弥 牝5 55 01:47.9 クビ 7 8 35.5 Frankel
2020年
馬場:良
1 1 レッドアネモス 11 吉田隼人 牝4 55 01:45.9 7 8 35.0 ヴィクトワールピサ
2 9 ビーチサンバ 4 福永祐一 牝4 55 01:46.0 3/4 10 11 34.9 クロフネ
3 2 スカーレットカラー 1 岩田康誠 牝5 56 01:46.0 クビ 13 11 34.7 ヴィクトワールピサ
2019年
馬場:良
1 13 ミッキーチャーム 1 川田将雅 牝4 56 01:47.0 4 4 34.0 ディープインパクト
2 6 スカーレットカラー 5 岩田康誠 牝4 55 01:47.0 クビ 10 10 33.4 ヴィクトワールピサ
3 14 カリビアンゴールド 9 柴山雄一 牝5 55 01:47.0 アタマ 6 6 33.8 ステイゴールド
2018年
馬場:良
1 9 ディアドラ 1 C.ルメール 牝4 55 01:46.2 10 7 33.7 ハービンジャー
2 5 フロンテアクイーン 4 蛯名正義 牝5 55 01:46.7 3 8 6 34.4 メイショウサムソン
3 2 ソウルスターリング 2 北村宏司 牝4 56 01:46.7 クビ 3 2 34.7 Frankel

2000年から札幌競馬場で開催されている牝馬限定重賞で、実力馬は強いが中位人気がよく絡む小波乱レースといえます。
G1出走経験馬が強く、56kg以上の斤量を背負っている馬が馬券内に入ることが多いです。
特に4歳馬は、前走G1からの参戦が強い傾向といえます。
勢いのある馬と重賞を走ってきた馬が、札幌競馬場で混戦するのが波乱要因のひとつです。

人気傾向としては、1番人気が好成績です。
次いで、2,3,4,8番人気の成績が良好で、上位人気の成績はまずまずといえます。
11番人気が1度馬券内に入っていますが、10番人気以下はこの1頭だけです。
4番人気~9番人気はよく馬券内に入ってきているので、9番人気までの馬は軽視禁物です。

勝率を見ると、1番人気が2勝と抜けていて、他の勝利は2,3,11人気が各1勝で、上位人気が勝ち切る事が多いですね。
1番人気~3番人気が総崩れすることはないので、まずは、1番人気~3番人気から軸を据えるのが良いでしょう。

枠番傾向としては、2枠が有利です。
次いで、1枠が好成績で、内枠が有利な傾向といえます。
ただ、3枠、4枠が馬券内に入ったのは1度だけなので、1枠、2枠だけが強いです。

勝率を見ると、1枠、7枠が各2勝、8枠が1勝と勝ち切るのは外枠が有利な傾向があります。
1着、3着が内枠と外枠に偏っていて、2着に中枠が多いです。
内枠か外枠を軸に据えるのが良いでしょう。

脚質傾向としては、差しが有利です。
札幌競馬場は直線が短いが、中団から徐々に進行できる差しが強い傾向といえます。
複勝率を見ると、差しが26%、追い込みが23%、逃げ、先行が20%です。
早い上がりを出せる馬が強い傾向といえます。

勝率を見ると、差しが3勝、先行、追い込みが各1勝で、勝ち切るのも決め手のある馬といえます。
差しが必ず馬券内に入っていますので、「差しと先行」か「差しと追い込み」の組み合わせが良いでしょう。

クイーンステークス2023外厩情報

※()内は前走時
エスティファーム
トーセンローリエ(なし)
コスモヴューファーム
ウインピクシス(西山牧場阿見分場)
ノーザンファームしがらき
シャーレイポピー(ノーザンファームしがらき)
ノーザンファーム天栄
ジネストラ(ノーザンファーム天栄)
ミルファーム千葉
キタウイング(ミルファーム千葉)
阿見トレセン
サトノセシル(ノーザンファームしがらき)
宇治田原優駿ステーブル
ミスニューヨーク(なし)
浦河町
ドゥーラ(ドラゴンファーム)
山元トレセン
コスタボニータ(山元トレセン)
ライトクオンタム(なし)
情報なし
イズジョーノキセキ(宇治田原優駿ステーブル)
グランスラムアスク(なし)
ビジン(チャンピオンヒルズ)
今走なし
ウインエクレール(コスモヴューファーム)
エーデルブルーメ(ノーザンファーム天栄)
カヨウネンカ(ミルファーム千葉)
フィアスプライド(ミッドウェイファーム)
ルビーカサブランカ(なし)
ローゼライト(大山ヒルズ)

クイーンステークス2023 追い切り傾向

イズジョーノキセキ 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ヴィクトリアマイル(15着)
5/3 栗CW良 一杯
66.7 52.1 37.5 23.6 11.6 [8]

一週前追い切りは岩田康誠騎手が騎乗しての調教です。
馬なりの3歳1勝テレパシーと併せて、中で1馬身先着しました。
強めの古馬2勝セレブライトガイズと併せて、外で併入しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
木曜日時点で一週前追い切りはなし

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:ヴィクトリアマイル(15着)
5/10 栗坂良 1F追う
53.8 38.1 24.5 12.3 [8]

最終追い切りは岩田康誠騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/27 札芝良 馬なり
38.6 11.5 [8]

最終追い切りは芝で行いました。
前走からレース間隔が空いていますが、時計2本とかなり控えめの印象です。
また、最終追い切りも3ハロン追いとかなり地味な内容。
実績はありますが、この内容ではかなり手薄に感じますし、正直この状態でどこまでやれるかがカギになりそうです。


ミスニューヨーク 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:福島牝馬ステークス(11着)
一週前追い切りはなし

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/19 栗CW良 一杯
68.1 52.0 26.8 22.5 11.0 [8]

一週前追い切りはM.デムーロ騎手が騎乗しての調教です。
一杯に追う3歳未勝利ホシノスナーと併せて、中で1馬身先着しました。
馬なりの古馬オープンベレヌスと併せて、外でクビ遅れました。
一週前追い切りはウッドで行いました。
この馬自身、一週前追い切りはウッドが好走パターンです。
併せ馬が遅れたものの、キッチリしまいまで時計を出していますし北海道での調教も楽しみです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:福島牝馬ステークス(11着)
4/19 栗坂良 馬なり
54.9 38.8 24.5 12.1 [8]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
66.7 52.0 38.1 12.1 [8]

最終追い切りは長岡禎仁騎手が騎乗しての調教です。
最終追い切りはウッドで行いました。
全体時計及び終いまでしっかり時計を出して、状態は良さそうに見えます。
一週前追い切りでも好走パターンに該当していますし、最終追い切りで終いをきっちり伸ばせたのが好感を持てます。
前走の11着からは大きく巻き返せそうです。


エリカヴィータ 追い切り評価:未定

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:メイステークス(5着)
5/10 美南W良 馬なり
68.8 53.1 38.4 24.3 11.7 [8]

馬なりの古馬1勝ルージュアルルと併せて、内で併入しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
木曜日時点で一週前追い切りはなし

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:メイステークス(5着)
5/17 美南W良 馬なり
67.0 51.7 36.9 23.2 11.2 [8]

最終追い切りは北村宏司騎手が騎乗しての調教です。
馬なりの3歳1勝ルージュクレセントと併せて、内で併入しました。
馬なりの3歳未勝利シャインジュエリーと併せて、外で併入しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
水曜日時点で最終追い切りはなし


ウインピクシス 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:福島牝馬ステークス(13着)
4/12 美南W良 馬なり
65.6 51.2 37.1 24.0 11.8 [8]

一杯に追う3歳未勝利コパノエルパソと併せて、内で2馬身先着しました。
馬なりの3歳1勝ニシノレヴナントと併せて、中で併入しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/20 札ダ良 馬なり
73.1 56.9 41.6 13.7 [8]

一週前追い切りはダートコースで行いました。
牧場で乗り込んできたものと思われますが、かなり軽めの内容に映ります。
この馬自身、美浦在厩時は追い切り本数も多いタイプなのでその点も気がかりです。
最終追い切りでどこまで仕上げるかがカギになりますが、正直急仕上げ感は否めません。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:福島牝馬ステークス(13着)
4/19 美南W良 馬なり
67.7 52.0 37.1 23.3 11.3 [8]

最終追い切りは松岡正海騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 札芝良 馬なり
68.7 53.1 37.4 11.9 [8]

最終追い切りは横山和生騎手が騎乗しての調教です。
最終追い切りは芝で行いました。
最終追い切りも時計的にかなり控えた内容に映りました。
中間の本数も不足していますし、正直状態及び出来が良いとは思えません。
現状の出来でどこまでやれるかがカギになりそうです。


キタウイング 追い切り評価:B+

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:オークス(15着)
5/10 美南W良 馬なり
67.4 53.1 38.9 24.8 12.1 [8]

一週前追い切りは杉原誠人騎手が騎乗しての調教です。
馬なりの古馬1勝アルゲンテウスと併せて、中で併入しました。
馬なりの3歳未勝利フライウィズミーと併せて、外で併入しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/19 函W良 馬なり
65.9 52.4 39.2 12.5 [8]

強めの古馬オープンベスビアナイトと併せて、中で併入しました。
強めの古馬2勝ピオノノと併せて、外で併入しました。
一週前追い切りはウッドで行いました。
函館のウッドとしては時計が出ていますし、併せ馬でキッチリ負荷を掛けられている印象です。
美浦在厩時より順調に調整出来ている印象です。
最終追い切りも楽しみです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:オークス(15着)
5/17 美南W良 馬なり
66.9 52.4 37.8 24.0 11.7 [8]

最終追い切りは杉原誠人騎手が騎乗しての調教です。
馬なりの古馬1勝アルゲンテウスと併せて、中で併入しました。
一杯に追う3歳未勝利フェミナフォルテと併せて、外で併入しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
72.3 56.4 41.4 12.4 [8]

一杯に追う2歳新馬ハッピーダンスと併せて、外で併入しました。
最終追い切りはウッドで行いました。
最終追い切りは終い重点の調教でしたが、一週前追い切りで負荷を充分掛けれているので問題ないでしょう。
また、札幌への輸送に備えたものと見ています。
状態的には問題なさそうですし、本番で巻き返しがあってもおかしくないと判断しました。


サトノセシル 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:中山牝馬ステークス(3着)
3/2 美南W良 馬なり
66.5 51.0 36.1 22.7 11.2 [8]

G前仕掛けの古馬1勝ファンタジアと併せて、内で併入しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/20 美南W良 馬なり
67.6 52.7 37.4 23.9 11.9 [8]

直線追う古馬オープンカウディーリョと併せて、内で併入しました。
一週前追い切りはウッドで行いました。
じっくり本数も乗り込んでいますが、この馬の好走パターンとしては終いが11秒台前半時となっています。
輸送を控えてのものと想定されるので問題はありませんし、併せ馬で負荷を掛けられているのも好印象。
最終追い切りも楽しみです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:中山牝馬ステークス(3着)
3/8 美南W良 馬なり
50.6 36.1 23.4 11.5 [8]

馬なりの古馬2勝ノックオンウッドと併せて、中で2馬身遅れました。
馬なりの古馬2勝エスコバルと併せて、外で2馬身遅れました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
水曜日時点で最終追い切りはなし


ジネストラ 追い切り評価:B+

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:福島牝馬ステークス(4着)
4/12 美南P良 馬なり
67.5 52.5 38.7 11.6 [8]

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/19 美南P良 馬なり
69.3 53.6 39.1 11.6 [8]

一週前追い切りは三浦皇成騎手が騎乗しての調教です。
一週前追い切りはポリトラックで行いました。
この馬自身、ポリトラック追いが中心の馬で今回もしっかり負荷を掛けている印象です。
北海道滞在時は、函館のウッドが中心になります。
最終追い切りはウッドでどのような動きをするかが注目です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:福島牝馬ステークス(4着)
4/19 美南P良 馬なり
67.5 52.5 38.7 11.6 [8]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 札芝良 馬なり
67.6 51.5 37.0 11.8 [8]

最終追い切りは三浦皇成騎手が騎乗しての調教です。
最終追い切りは芝で行いました。
北海道滞在時は函館ウッドがメインですが、今回は札幌での調教です。
全体時計及び終いも標準的なものとなっています。
美浦でもしっかり調教を詰めているので出来に関しては問題なさそうです。


ルージュエヴァイユ 追い切り評価:未定

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:エプソムカップ(2着)
6/1 美南W良 馬なり
69.2 53.4 38.7 24.8 12.0 [8]

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
木曜日時点で一週前追い切りはなし

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:エプソムカップ(2着)
6/7 美南W稍重 馬なり
68.4 53.7 38.7 24.5 11.8 [8]

最終追い切りは石川裕紀人騎手が騎乗しての調教です。
一杯に追う2歳新馬アスコリピチェーノと併せて、内で併入しました。
馬なりの古馬1勝セブンフォールドと併せて、外で併入しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
水曜日時点で最終追い切りなし


ウインエクレール 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:五稜郭ステークス(7着)
6/29 函W重 G前強め
65.3 50.7 37.4 12.2 [8]

一週前追い切りは松岡正海騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/20 函W良 馬なり
68.6 53.0 38.9 12.6 [8]

一週前追い切りは丹内祐次騎手が騎乗しての調教です。
馬なりの3歳1勝フレーヴァードと併せて、外で併入しました。
一週前追い切りはウッドで行いました。
間隔が詰まっていますが、キッチリ時計を出して併せ馬をしていますし具合は良さそうです。
最終追い切りも楽しみな一頭です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:五稜郭ステークス(7着)
7/5 函W良 馬なり
66.1 51.5 37.4 12.0 [8]

最終追い切りは松岡正海騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
73.1 56.2 41.2 13.2 [8]

最終追い切りは丹内祐次騎手が騎乗しての調教です。
最終追い切りはウッドで行いました。
レース間隔が詰まっていることはありますが、一週前追い切りの内容を考えるとやや物足りない印象です。
全体時計及び終いも平凡ですし、重賞を戦う上では厳しい調教内容の印象です。
格上挑戦の立場ですし、現状どこまでやれるかがカギになりそうです。


エーデルブルーメ 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:北海畔でキャップ(12着)
6/11 栗坂重 馬なり
59.1 43.6 28.5 13.9 [8]

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/19 函W良 馬なり
69.8 54.3 39.8 12.5 [8]

一週前追い切りは斎藤新騎手が騎乗しての調教です。
強めの古馬3勝レベレンシアと併せて、外で併入しました。
一週前追い切りはウッドで行いました。
時計は少し緩めましたが間隔を考えれば問題なさそうです。
併せ馬も行っていますし、最終的にではどこまで負荷を掛けるかがカギになりそうです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:北海畔でキャップ(12着)
6/21 函W良 一杯
65.8 50.9 37.7 12.4 [8]

最終追い切りは横山和生騎手が騎乗しての調教です。
一杯に追う古馬1勝クラシックステップと併せて、内で1馬身先着しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
68.0 53.0 39.4 12.5 [8]

最終追い切りは北村友一騎手が騎乗しての調教です。
最終追い切りはウッドで行いました。
一週前追い切りではやや追い不足の印象でしたが、最終追い切りでキッチリ仕上げた印象です。
全体時計終いも負荷を掛けたように映りますし、上積みはありそうです。
格上挑戦の立場ですが、チャレンジャーとしてどこまでやれるかが楽しみです。


カヨウネンカ 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:かもめ島特別(1着)
一週前追い切りはなし

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
一週前追い切りはなし

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:かもめ島特別(1着)
7/12 函W重 馬なり
68.8 52.3 38.6 13.0 [8]

最終追い切りは黛弘人騎手が騎乗しての調教です。
馬なりの3歳1勝ステークホルダーと併せて、内で1/2馬身先着しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
68.6 53.7 39.5 12.8 [8]

一杯に追う3歳未勝利エーレウォーンと併せて、内で併入しました。
最終追い切りはウッドで行いました。
レース間隔が詰まっていますが、キッチリ負荷を掛けた印象です。
時計もそれなりに出ていますし、このレース間隔ながら終い12.8秒は上々の内容。
抽選対象ですが、出走叶えば楽しみな一頭です。


グランスラムアスク 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:弥彦ステークス(3着)
一週前追い切りはなし

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
一週前追い切りはなし

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:弥彦ステークス(3着)
5/10 栗坂良 馬なり
52.9 38.6 25.5 13.0 [8]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 札ダ良 一杯
52.9 38.6 25.5 13.0 [8]

最終追い切りは古川奈穂騎手が騎乗しての調教です。
一杯に追う3歳未勝利インタクトと併せて、内で1馬身先着しました。
最終追い切りはダートコースで行いました。
一週前追い切りが無いうえに時計も合計で2本という内容。
これではさすがに急仕上げ感は否めませんし、最終追い切りの内容も良いとは言えません。


コスタボニーカ 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:メイステークス(6着)
5/11 栗CW良 直線仕掛け
68.2 52.6 36.7 23.0 11.4 [8]

馬なりの古馬2勝タカラマドンナと併せて、内で1.3秒先着しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/19 栗CW良 直線仕掛け
64.1 50.4 36.3 23.0 11.6 [8]

一週前追い切りは松山弘平騎手が騎乗しての調教です。
馬なりの2歳新馬パシフィツクハイと併せて、中でクビ遅れました。
馬なりの古馬1勝ビナホシアイと併せて、外で3馬身先着しました。
一週前追い切りはウッドで行いました。
前走同様に併せ馬を行っていますが、やや格下馬に遅れをとりやや物足りない印象です。
最終追い切りでは一週前の一追いでどこまで上げてこれるかが見れそうです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:メイステークス(6着)
5/17 栗坂良 馬なり
53.6 39.1 26.0 13.0 [8]

馬なりの3歳未勝利フクノワカバと併せて、外で1馬身遅れました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 札芝良 馬なり
66.9 51.3 36.7 11.6 [8]

最終追い切りは川又賢治騎手が騎乗しての調教です。
最終追い切りは芝で行いました。
一週前追い切りではやや物足りない印象でしたが、最終追い切りでは力を出せる状態にあると判断しました。
終い11.6秒は優秀ですし、かなりキレた印象です。
中身が伴っているかは疑問が残りますが、力を出せる状態にはありそうです。


シャーレイポピー 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:マーメイドステークス(13着)
6/7 栗CW良 G前強め
66.1 51.9 37.4 23.6 11.7 [8]

一杯に追う3歳1勝スズノハヤマと併せて、内で1馬身先着しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
一週前追い切りはなし

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:マーメイドステークス(13着)
6/14 栗坂良 馬なり
54.9 39.3 24.5 11.8 [8]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 札芝良 馬なり
67.3 51.0 37.0 11.6 [8]

最終追い切りは池添謙一騎手が騎乗しての調教です。
最終追い切りは芝で行いました。
全体時計及び終いまでしっかり負荷を掛けて、好印象です。
一週前追い切りは行いませんでしたが、栗東で乗り込んでいるのでその点の不安もなさそうです。
本番でもどこまでやれるかが楽しみな一頭です。


トーセンローリエ 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:桜花賞(18着)
3/29 栗坂良 一杯
52.9 37.7 24.7 12.7 [8]

馬なりの3歳1勝アルムエアフォルクと併せて、内で1馬身遅れました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/19 函W良 馬なり
67.3 52.2 39.0 13.5 [8]

一週前追い切りはウッドで行いました。
桜花賞以降のレースとなりますが、本数及び動きまだ物足りない印象です。
一週前追い切りでは終いが掛かりすぎな印象ですし、早い時計もこの1本のみ。
最終追い切りでどこまで上げてこれるかがカギになりそうですが、ここはどこかのたたき台にも見えます。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:桜花賞(18着)
4/5 栗坂良 1F追う
53.0 37.8 24.3 12.0 [8]

一杯に追う古馬2勝アシタガアルサと併せて、内で3 1/2馬身先着しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
66.4 52.0 38.4 12.4 [8]

馬なりの3歳1勝セレンディビティと併せて、内で1/2馬身遅れました。
馬なりの古馬オープンアシャカトブと併せて、外で併入しました。
最終追い切りはウッドで行いました。
時計自体は出ていますが、併せ馬で遅れたことに不満が残ります。
一週前追い切りでも指摘した通り状態面ではまだまだで、次走以降に注目したいです。


ドゥーラ 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:オークス(3着)
5/10 栗CW良 一杯
66.8 51.4 36.1 22.6 11.1 [8]

一杯に追う古馬1勝ニホンピロマリブと併せて、内で1.3秒先着しました。
一杯に追う3歳未勝利プラチナリボンと併せて、外で4 1/2馬身先着しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/19 函芝良 一杯
62.9 48.0 35.8 11.1 [8]

一週前追い切りは斎藤新騎手が騎乗しての調教です。
一週前追い切りは芝で行いました。
追い切り本数自体は少なめですが、2週連続で早い時計を出して意欲的に乗り込んでいます。
特に一週前追い切りの全体時計62.9秒の終い11.1はかなり素晴らしい内容です。
最終追い切りでもどのような動きをするかが楽しみです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:オークス(3着)
5/17 栗坂良 馬なり
55.2 39.9 25.4 12.3 [8]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
56.3 40.0 12.3 [8]

最終追い切りはウッドで行いました。
最終追い切りでは輸送に備えてやや控えた印象に映ります。
ただ、中間でしっかり負荷を掛ける調教をしていますし状態面は問題なさそうです。
昨年同じコースで重賞勝利実績もありますし、本番でも楽しみな一頭です。


ビジン 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:マーメイドステークス(6着)
6/7 栗坂良 馬なり
60.4 43.6 26.8 12.6 [8]

馬なり3歳未勝利インクルードダイヤと併せて、内で併入しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
一週前追い切りはなし

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:マーメイドステークス(6着)
6/14 栗CW良 直線仕掛け
68.0 52.3 36.8 22.8 11.6 [8]

最終追い切りは酒井学騎手が騎乗しての調教です。
一杯に追う古馬2勝ジューンベロシティと併せて、内でクビ先着しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 札芝良 馬なり
72.6 57.0 41.2 12.7 [8]

最終追い切りは藤岡佑介騎手が騎乗しての調教です。
最終追い切りは芝で行いました。
一週前追い切りも無いうえに最終追い切りもかなり控えた内容に映ります。
これではさすがに評価できませんし、逆に状態が悪いとも見て取れます。
現状どこまでやれるかがカギになりそうです。


フィアスプライド 追い切り評価:B+

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:エプソムC(9着)
5/31 美南W稍重 G前仕掛け
67.5 52.2 36.9 23.2 11.4 [8]

馬なりの3歳1勝アップトゥミーと併せて、外で併入しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/19 美南W良 馬なり
66.0 50.8 37.0 23.9 11.7 [8]

直線追う2歳新馬ベストミーエヴァーと併せて、中で併入しました。
馬なりの3歳未勝利モリーダーリンと併せて、外で併入しました。
一週前追い切りはウッドで行いました。
この馬自身、ウッドオンリーでレースに臨むのが好走パターンとなっています。
動き、時計共に問題なさそうです。
最終追い切りもウッドがいいため、札幌入りせずに函館で最終追い切りを行えばかなり楽しみです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:エプソムC(9着)
6/7 美南W良 一杯
66.0 51.2 36.4 22.8 11.2 [8]

馬なりの古馬3勝パラレルヴィジョンと併せて、外で併入しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 札ダ良 馬なり
68.1 53.0 38.6 12.2 [8]

馬なりの古馬2勝グラヴィルと併せて、内で併入しました。
馬なりの3歳未勝利ルージュナディアと併せて、中で併入しました。
最終追い切りはダートコースで行いました。
ウッドオンリーがベスト調教だけにやや勿体ない印象です。
それでも時計面では問題なさそうですし、状態は良さそうに見えます。
最終追い切りはダートコースで今回どこまでやれるかがカギになりそうです。


ライトクオンタム 追い切り評価:A

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:オークス(17着)
5/10 栗CW良 馬なり
68.8 54.1 38.6 23.8 11.7 [8]

一週前追い切りは田辺裕信騎手が騎乗しての調教です。
G前仕掛けの3歳1勝クールブロンと併せて、内で先着しました。

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
7/19 函W良 強め
68.2 53.3 39.2 12.5 [8]

一週前追い切りはウッドで行いました。
この馬も本数は少なめで、一週前追い切りに早い時計1本のみの状況です。
ただこの馬の傾向としては、追い切り本数少な目でも好走しているので問題はないでしょう。
一週前追い切りも全体時計、終いとしっかり負荷を掛けれる印象です。
最終追い切りでどこまで仕上がるかがカギになりそうです。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:オークス(17着)
5/17 栗坂良 馬なり
53.0 38.7 24.9 12.4 [8]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
68.2 51.5 38.2 12.8 [8]

最終追い切りはウッドで行いました。
全体時計及び終いまで優秀ですし、しっかり調教してきた印象です。
本数自体はこの馬は問いませんし、これでしっかり仕上がったと見ました。
ここ2戦は惜敗続きですが、挽回も充分にありそうです。


ルビーカサブランカ 追い切り評価:B

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:函館記念(2着)
一週前追い切りはなし

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
一週前追い切りはなし

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:函館記念(2着)
7/12 函芝稍重 馬なり
69.6 53.4 39.3 11.1 [8]

最終追い切りは吉田隼人騎手が騎乗しての調教です。
強めの2歳新馬オコタンペと併せて、中で1/2馬身先着しました。
G前追う古馬1勝キングロコマイカイと併せて、外で1/2馬身先着しました。

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
72.2 55.7 41.4 13.5 [8]

最終追い切りはウッドで行いました。
レース間隔が短いかつ、北海道シーズン3戦目でかなり控えた内容です。
また、北海道シリーズもう一戦使う予定もありまだおつりを残しているように見えます。
前走は好走しましたが、次走へ向けての叩きと見ました。


ローゼライト 追い切り評価:B+

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:函館記念(13着)
一週前追い切りはなし

今回の一週前追い切り:クイーンステークス
一週前追い切りはなし

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:函館記念(13着)
7/12 函W重 馬なり
53.6 39.2 13.0 [8]

今回の最終追い切り:クイーンステークス
7/26 函W良 馬なり
70.9 55.5 40.7 13.2 [8]

最終追い切りはウッドで行いました。
レース間隔が詰まっていますが、状態は維持した調教に感じました。
時計もある程度は出していりる印象です。
このレース間隔でどこまでやれるかがカギになりそうです。

Line@配信スケジュール

【お知らせ】
当たるちゃんLineにて「一週前追い切り情報」「最終追い切り情報」「追い切り厳選馬】を配信することになりました!
もちろん無料配信ですので良かったらどうぞ(*^^*)!!!

▼友だち追加はこちら▼
友だち追加

※追い切り情報は、水曜日に調教が施されなかった場合は木曜日に配信します。

注目の追い切り厳選馬は、
土曜勝負馬⇒金曜21時頃
日曜勝負馬⇒土曜21時頃
に配信します!

毎週重賞の追い切り&外厩情報更新はTwitterにてお知らせしております。
⇒ヒッキー競馬Twitterはコチラ

重賞レースの追い切り好調馬についてはLineで配信しています。
直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

▼実際の配信画面はこちら▼

▼当たるちゃんのLine登録はこちら▼
友だち追加

※追い切り情報は、水曜日に調教が施されなかった場合は木曜日に配信します。


【2018年】
9月15日(土)阪神9Rカテドラル1着
9月16日(日)中山11Rヒラボクラターシュ1着
9月17日(月)阪神6Rクリソベリル1着
9月22日(土)中山5Rルガールカルム1着
9月29日(土)阪神5Rサトノルークス2着
9月30日(日)中山4Rフィルムフェスト1着
10月6日(土)東京9Rブラックプラチナム2着
10月7日(日)東京10Rシヴァージ2着
10月8日(月)京都10Rソーグリッタリング1着
10月13日(土)東京1Rチャーチスクエア3着
10月14日(日)東京4Rラストヌードル1着
10月20日(土)京都4Rゴルトマイスター1着
10月21日(日)京都9Rアシュリン1着
10月27日(土)東京5Rレディマクベス1着
10月28日(日)東京5Rルヴォルグ1着
11月3日(土)京都6Rシンゼンブースター1着
11月4日(日)京都4Rサヴォワールエメ1着
11月10日(土)東京6Rカヌメラビーチ1着
11月11日(日)京都5Rペルクナス1着
11月17日(土)東京9Rゴライアス3着
11月18日(日)京都1Rトーセンアミ2着
11月24日(土)東京9Rメイクハッピー1着
12月1日(土)阪神4Rエクレアスピード2着
12月1日(土)阪神6Rフォレブルート1着
12月2日(日)阪神3Rアーデンフォレスト1着
12月8日(土)阪神8Rシロニイ1着
12月16日(日)中京1Rシャイニーロック3着
12月16日(日)中山3Rカレンブーケドール1着
12月22日(土)中山8Rダノンチャンス3着
12月23日(日)中山1Rタイセイスパーブ1着

【2019年】
1月5日(土)中山5Rブルーエクセレンス2着
1月5日(土)京都5Rシュリ1着
1月6日(日)京都10Rユーキャンスマイル2着
1月12日(土)中山5Rパロネラ2着
1月12日(土)京都11Rイシュトヴァーン1着
1月13日(日)中山9Rデアフルーグ1着
1月13日(日)京都9Rジョーダンキング1着
1月14日(月)京都3Rマスターフェンサー1着
1月14日(月)中山5Rシングフォーユー2着
1月19日(土)中山5Rガロシェ2着
1月19日(土)京都9Rダイアトニック1着
1月20日(日)中京5Rオメガダヴィンチ2着
1月20日(日)京都6Rクインオブザシーズ3着
1月26日(土)中京3Rキャメロン1着
1月27日(日)京都6Rユニコーンライオン1着
1月27日(日)中京11Rコマビショウ2着
2月2日(土)東京2Rタマモジャイブ1着
2月2日(土)中京11Rサウンドキアラ3着
2月3日(日)京都6Rマルシュロレーヌ2着
2月3日(日)東京9Rサトノジェネシス1着
2月9日(土)京都2Rラデツキー1着
2月10日(日)小倉5Rカレンモエ2着
2月10日(日)京都6Rイグナーツ3着
2月16日(土)京都2Rシャドウハンター1着
2月16日(土)東京9Rシャドウディーヴァ3着
2月17日(日)東京5Rアイリスフィール1着
2月23日(土)中山4Rジャパンスウェプト1着
2月23日(土)阪神6Rシンハラージャ2着
2月24日(日)阪神5Rアドマイヤポラリス3着
2月24日(日)中山6Rエトワール3着
3月2日(土)中山5Rハートトゥハート1着
3月2日(土)中山7Rフォッサマグナ1着
3月3日(日)小倉8Rアラスカノオーロラ1着
3月3日(日)阪神11Rトリコロールブルー2着
3月10日(日)阪神1Rブロードハースト1着
3月10日(日)中山9Rイェッツト1着
3月17日(日)阪神2Rアスカリ1着
3月23日(土)阪神10Rサウンドキアラ2着
3月24日(日)中山6Rヴァンケドミンゴ2着
3月24日(日)阪神11Rサトノフェイバー3着
3月30日(土)阪神2Rシーシャープ1着
3月31日(日)中山10Rデアフルーグ1着
4月6日(土)中山3Rアールランペイジ1着
4月6日(土)阪神9Rエクレアスパークル1着
4月7日(日)阪神5Rララクリュサオル3着
4月13日(土)中山7Rネクストムーブ1着
4月13日(土)阪神10Rジークカイザー1着
4月14日(日)中山7Rネクストムーブ3着
4月20日(土)京都4Rスリーカナロアー3着
4月20日(土)東京5Rミスマリア1着
4月21日(日)東京6Rカフェクラウン1着
4月21日(日)東京7Rモンテグロッソ1着
4月27日(土)東京3Rタマノカイザー1着
4月27日(土)新潟11Rカッパツハッチ3着
4月28日(日)東京11Rセリユーズ3着
4月29日(月)京都6Rカレンモエ3着
4月29日(月)京都8Rロードマドリード3着
5月5日(日)東京5Rスイープセレリタス1着
5月5日(日)新潟11Rプロディガルサン2着
5月11日(土)京都3Rスリーカナロアー2着
5月12日(日)京都4Rシルヴァーソニック2着
5月18日(土)東京10Rフォースライン1着
5月19日(日)東京3Rベルウッドカザン1着
5月19日(日)京都6Rサトノギャロス1着
5月25日(土)京都5Rスリーカナロアー3着
5月26日(日)京都5Rチュウワフライヤー1着
6月1日(土)阪神5Rリアアメリア1着
6月2日(日)東京6Rモーベット1着
6月2日(日)東京10Rミッキーワイルド1着
6月8日(土)東京5Rファートゥア3着
6月8日(土)阪神11Rファッショニスタ2着
6月16日(日)東京5Rゴールデンエポック3着
6月16日(日)阪神6Rプラネットアース3着
6月22日(土)阪神8Rスマートフルーレ2着
6月23日(日)東京4Rグレイジャックマン1着
6月23日(日)阪神5Rレッドベルジュール1着
6月29日(土)福島1Rウインカーネリアン1着
6月30日(日)中京10Rデターミネーション2着
7月6日(土)函館5Rアメージングサン2着
7月7日(日)中京4Rナムラシェパード1着
7月14日(日)福島3Rウイングレイテスト1着
7月14日(日)福島11Rアンヴァル2着
7月20日(土)中京6Rペールエール1着
7月21日(日)中京9Rアルティマリガーレ1着
7月27日(土)小倉10Rジュランビル1着
7月27日(土)札幌11Rウインイクシード3着
7月28日(日)新潟7Rメイオール2着
7月28日(日)新潟9Rヴァンクールシルク1着
8月3日(土)新潟4Rコスモリモーネ1着
8月4日(日)小倉6Rヒバリ1着
8月4日(日)新潟7Rゲインスプレマシー3着
8月10日(土)小倉10Rエングレーバー2着
8月11日(日)札幌5Rエカテリンブルク1着
8月17日(土)新潟8Rティグラーシャ2着
8月17日(土)小倉10Rキラーコンテンツ1着
8月18日(日)新潟6Rペコリーノロマーノ1着
8月18日(日)小倉10Rアンドラステ2着
8月24日(土)新潟6Rサトノダムゼル1着
8月25日(日)新潟5Rアドマイヤミモザ2着
8月25日(日)札幌8Rレッドフィオナ3着
8月31日(土)新潟5Rミッキーメテオ1着
8月31日(土)新潟11Rアントリューズ3着
9月1日(日)新潟3Rトロワシャルム2着
9月1日(日)札幌3Rハートウォーミング2着
9月7日(土)阪神7Rダノンスプレンダー1着
9月7日(土)阪神8Rサンバパレード2着
9月8日(日)中山5Rシベール3着
9月14日(土)中山5Rローレリスト1着
9月14日(土)阪神5Rラストブラッサム3着
9月15日(日)中山3Rジュラペッシュ1着
9月16日(月)阪神4Rクリノアンカーマン1着
9月16日(月)中山5Rミアマンテ1着
9月21日(土)中山11Rヒロシゲゴールド2着
9月22日(日)阪神3Rヴェーラ2着
9月22日(日)中山5Rアヌラーダプラ1着
9月28日(土)中山3Rキャンディフロス1着
9月29日(日)阪神7Rドナウデルタ1着
10月5日(土)東京5Rクロミナンス3着
10月5日(土)京都5Rグランレイ3着
10月6日(日)京都8Rルプリュフォール1着
10月12日(土)京都6Rププッピドゥ1着
10月13日(日)京都3Rモズアーントモー1着
10月14日(月)東京5Rルナシオン1着
10月19日(土)東京5Rレッドルレーヴ2着
10月19日(土)東京9Rワーケア1着
10月26日(土)京都6Rロードレガリス1着
10月27日(日)京都5Rフライライクバード2着
10月27日(日)東京8Rピースワンパラディ3着
11月2日(土)東京1Rファイブリーフ2着
11月3日(日)東京6Rメートルムナール1着
11月9日(土)東京4Rヴィズサクセス1着
11月9日(土)京都7Rコマノバルーガ1着
11月10日(日)京都5Rグランデマーレ1着
11月10日(日)東京9Rステイオンザトップ3着
11月16日(土)東京5Rゴルトベルク2着
11月17日(日)東京8Rペイシャネガノ3着
11月23日(土)東京2Rオシリスブレイン2着
11月23日(土)東京9Rデュードヴァン1着
11月24日(日)京都6Rヒラソール1着
11月30日(土)阪神5Rストーンリッジ1着
12月1日(日)中山7Rレイテントロアー3着
12月7日(土)中山4Rタイキラッシュ2着
12月8日(日)阪神4Rアイティナリー2着
12月8日(日)中山6Rセイウンヒロイン3着
12月15日(日)中山4Rシングンバズーカ1着
12月21日(土)阪神2Rサンライト1着
12月21日(土)阪神5Rエアロロノア3着
12月22日(日)中山8Rボスジラ1着

【2020年】
1月5日(日)中山3Rシルバージャック2着
1月6日(月)中山4Rアルジョンブラン3着
1月6日(月)中山7Rスタンサンセイ3着
1月12日(土)京都3Rカレンリズ1着
1月12日(土)中山4Rスワーヴヨハン2着
1月13日(日)京都10Rロードレガリス1着
1月14日(月)中山4Rローズオブシャロン2着
1月19日(日)小倉11Rメイショウキョウジ1着
1月25日(土)京都7Rヘルシャフト1着
1月25日(土)中山8Rエアコンヴィーナ3着
2月1日(土)京都10Rボッケリーニ1着
2月2日(日)小倉7Rイルヴェントドーロ1着
2月8日(土)京都9Rヒルノダカール2着
2月8日(土)東京10Rサトノラディウス1着
2月9日(日)京都1Rアサカディオネ3着
2月15日(土)東京3Rサトノアレックス2着
2月15日(土)京都6Rコウイチ3着
2月22日(土)東京5Rクロノメーター1着
2月22日(土)東京6Rレッドサーシャ1着
2月23日(日)東京7Rミスマリア1着
2月23日(日)東京8Rコーカス3着
2月29日(土)阪神3Rトゥルブレンシア2着
2月29日(土)阪神8Rサトノウィザード1着
3月7日(土)阪神6Rギルデッドミラー1着
3月8日(日)中山3Rシゲルタイタン1着
3月8日(日)中山4Rマジカルマジカル3着
3月14日(土)阪神4Rアンジェロフィリオ1着
3月15日(日)中山9Rレッドサイオン3着
3月20日(金)中山4Rバーナードループ1着
3月20日(金)阪神5Rリーガルマナー1着
3月21日(土)阪神5Rスマートクラージュ1着
3月22日(日)阪神8Rマルモネオフォース3着
3月28日(土)阪神3Rアンセッドヴァウ1着
3月28日(土)中山6Rサクラトゥジュール2着
3月29日(日)中京3Rマイネルホイッスル3着
4月4日(土)阪神9Rサトノシャローム2着
4月5日(日)中山5Rアルディエンテ1着
4月5日(日)中山6Rフジノタカネ2着
4月11日(土)中山6Rヴァンタブラック2着
4月12日(日)阪神4Rナリタアレス2着
4月12日(日)阪神6Rリバプールタウン1着
4月19日(日)阪神2Rモズナガレボシ2着
4月25日(土)東京6Rグレイトオーサー1着
4月26日(日)東京2Rラグリマスネグラス3着
4月26日(日)京都4Rゼツエイ3着
5月2日(土)京都3Rクレデンザ1着
5月2日(土)東京9Rパールドバイ1着
5月3日(日)東京4Rツルネ1着
5月9日(土)東京8Rリリーバレロ3着
5月10日(日)東京4Rヤシャマル1着
5月10日(日)東京8Rルヴォルグ1着
5月16日(土)京都4Rカケル3着
5月16日(土)東京5Rイルミナル3着
5月17日(日)東京3Rシュバルツイェガー2着
5月23日(土)東京2Rディランズソング1着
5月23日(土)京都3Rダブルアンコール1着
5月24日(日)京都8Rクーファウェヌス2着
5月31日(日)東京8Rソードライン2着
5月31日(日)京都9Rダンツキャッスル3着
6月6日(土)阪神6Rレイパパレ1着
6月13日(土)東京5Rノックオンウッド1着
6月13日(土)阪神5Rヨカヨカ1着
6月14日(日)東京5Rグアドループ2着
6月20日(土)東京5Rクールキャット1着
6月20日(土)阪神5Rインテンスフレイム2着
6月27日(土)阪神5Rマテンロウルビー3着
6月28日(日)阪神5Rテンバガー3着
7月4日(土)阪神6Rデュアリスト1着
7月5日(日)福島5Rオーホンブリック3着
7月5日(日)阪神9Rヒートオンビート2着
7月11日(土)阪神5Rアルムファーツリー3着
7月12日(日)阪神6Rテイエムマジック1着
7月12日(日)福島7Rラブアドベンチャー1着
7月18日(土)阪神5Rヴェールクレール1着
7月18日(土)阪神9Rセプタリアン1着
7月19日(日)福島5Rメイサウザンアワー2着
7月19日(日)阪神5Rラーゴム1着
7月25日(土)新潟2Rワンダフルタウン1着
8月2日(日)新潟5Rプラウドルック2着
8月2日(日)札幌5Rバニシングポイント1着
8月8日(土)新潟9Rジャカランダレーン3着
8月9日(日)新潟5Rトーセンインパルス3着
8月15日(土)新潟7Rイルミナル2着
8月15日(土)小倉9Rヨカヨカ1着
8月16日(日)新潟5Rヴェイルネビュラ1着
8月16日(日)小倉7Rレッドルーヴル3着
8月22日(土)新潟6Rリーガルバトル1着
8月23日(日)新潟6Rファインルージュ2着
8月29日(土)札幌5Rジャスティンスター3着
8月29日(土)新潟6Rアナザーリリック1着
8月30日(日)札幌5Rカーディナル2着
9月5日(土)小倉5Rロングトレーン2着
9月5日(土)札幌6Rマティアス2着
9月6日(日)小倉3Rピクシーサンライズ1着
9月6日(日)新潟6Rハリウッドヒルズ2着
9月12日(土)中山7Rトラストワージー1着
9月13日(日)中京4Rビーアイフェリペ2着
9月13日(日)中京6Rシホノレジーナ1着
9月21日(月)中山4Rバジオウ3着
9月26日(土)中京5Rピクシーナイト1着
9月26日(土)中山6Rヘイルメリー1着
10月3日(土)中山6Rサイファーシチー1着
10月4日(日)中山6Rフジノタカネ1着
10月11日(日)東京8Rヴォウジラール1着
10月24日(土)京都1Rクラーヴォ3着
10月25日(日)京都5Rヴィヴァン2着
10月25日(日)東京8Rモーベット1着
10月31日(土)東京5Rアヴェラーレ1着
10月31日(土)京都5Rディープモンスター1着
11月1日(日)東京1Rノーダブルディップ1着
11月1日(日)東京4Rグレートマジシャン1着
11月7日(土)阪神2Rグレナディアガーズ1着
11月7日(土)阪神7Rマティアス1着
11月8日(日)阪神2Rシャーレイポピー1着
11月8日(日)東京4Rグレイイングリーン1着
11月14日(土)阪神4Rメイショウヒューマ3着
11月14日(土)東京7Rマティアス2着
11月15日(日)東京2Rシュアーヴアリア3着
11月21日(土)阪神4Rヴィヴァン1着
11月22日(日)東京2Rソングライン1着
11月22日(日)阪神8Rリトルクレバー1着
11月28日(土)阪神2Rショウリュウレーヴ1着
11月28日(土)東京6Rビーカレイジャス1着
11月29日(日)阪神3Rインテグラルシチー3着
11月29日(日)阪神6Rテーオーディエス2着
12月5日(土)中山5Rムーンティアーズ1着
12月6日(日)中京5Rヤマニンルリュール1着
12月12日(土)中山1Rバルデンス1着
12月12日(土)阪神2Rアメリカンピース1着
12月13日(日)阪神1Rアイリッシュセンス1着
12月13日(日)阪神6Rヨッシーフェイス3着
12月19日(土)阪神6Rペプチドサンライズ1着
12月20日(日)阪神5Rタイソウ1着
12月27日(日)阪神9Rチュウワノキセキ2着

【2021年】
1月9日(土)中京5Rフォルテデイマルミ3着
1月9日(土)中京6Rデルマセイシ1着
1月10日(日)中山5Rソーヴァリアント2着
1月11日(月)中山3Rタイセイスラッガー1着
1月16日(土)中京2Rマイネルグスタフ2着
1月16日(土)中山7Rラフィンクロンヌ1着
1月17日(日)中京7Rシュガーサンダー2着
1月17日(日)中京8Rキャノンバローズ1着
1月23日(土)中山7Rリメス1着
1月24日(日)中京3Rウルトラソニック1着
1月30日(土)中京3Rスマッシャー1着
1月30日(土)東京4Rアナンシエーション2着
1月31日(日)中京5Rワールドバローズ1着
2月6日(土)中京4Rミッキークイック3着
2月13日(土)阪神4Rサンライズウルフ1着
2月14日(日)東京9Rデゼル1着
2月20日(土)阪神6Rゴールドハイアー1着
2月21日(日)東京2Rベルピエース3着
2月21日(日)東京8Rスマイル2着
2月27日(土)阪神5Rロードラスター1着
2月28日(日)中山4Rオレデイイノカ2着
3月7日(日)中山9Rウインキートス1着
3月13日(土)阪神5Rプログノーシス1着
3月13日(土)中山8Rデルマシャンパン2着
3月20日(土)阪神5Rスズカトップバゴ2着
3月21日(日)阪神3Rローズエンペラー1着
3月21日(日)阪神9Rサンキューユウガ2着
3月27日(土)阪神7Rショウリュウレーヴ1着
3月28日(日)阪神7Rロータスランド1着
4月4日(日)阪神6Rエブリワンブラック1着
4月11日(日)中山2Rヒンシュシュ1着
4月11日(日)阪神7Rフルヴォート1着
4月17日(土)中山7Rアラタ1着
4月18日(日)中山9Rセントオブゴールド2着
4月24日(土)東京4Rジュリアバローズ1着
4月24日(土)東京5Rホウオウラフィット3着
4月25日(日)東京5Rフォルテデイマルミ1着
5月1日(土)阪神5Rヴァジュランダ3着
5月2日(日)阪神3Rエイシンティップス1着
5月2日(日)東京7Rテンバガー1着
5月8日(土)東京6Rブルメンダール3着
5月9日(日)東京5Rアナンシエーション2着
5月9日(日)中京9Rエヒト2着
5月15日(土)東京2Rロンコーネ1着
5月16日(日)東京8Rリーガルバトル3着
5月22日(土)東京6Rローズボウル2着
5月23日(日)東京8Rキスラー2着
5月29日(土)東京1Rステディシュシュ1着
5月29日(土)東京3Rギャリエノワール3着
5月30日(日)中京8Rムーンライト2着
5月30日(日)東京9Rファイアランス3着
6月5日(土)東京5Rコマンドライン1着
6月6日(日)東京5Rリアグラシア3着
6月6日(日)中京6Rサマートゥリスト1着
6月12日(土)東京5Rハギノモーリス2着
6月12日(土)東京8Rゴールデンシロップ1着
6月13日(日)東京5Rグランシエロ2着
6月13日(日)中京6Rウインリブルマン1着
6月19日(土)東京5Rアライバル1着
6月26日(土)阪神4Rヨロシオスナ3着
6月26日(土)東京5Rアスクビクターモア3着
6月27日(日)阪神5Rレッドベルアーム1着
7月3日(土)函館5Rパスポートチェック2着
7月4日(日)福島5Rウインピクシス1着
7月4日(日)小倉6Rショウナンマッハ1着
7月11日(日)小倉5Rピースオブエイト1着
7月11日(日)小倉6Rテイエムスパーダ1着
7月18日(日)福島3Rミッキーセサミ3着
7月18日(日)福島5Rパーカッション3着
7月24日(土)新潟2Rグランシエロ1着
7月24日(土)新潟5Rプルサティーラ3着
7月25日(日)新潟1Rラクスバラディー2着
7月25日(日)函館10Rヴィズサクセス2着
7月31日(土)新潟5Rショウナンアメリア2着
7月31日(土)新潟7Rバーデンヴァイラー1着
8月1日(日)函館7Rメイショウオニユリ1着
8月7日(土)新潟2Rルージュラテール1着
8月8日(日)新潟6Rステルナティーア1着
8月14日(土)小倉5Rサンディブリッジ1着
8月15日(日)新潟9Rノーブルシルエット1着
8月22日(日)新潟8Rカーディナル1着
8月22日(日)小倉8Rリアンクール2着
8月28日(土)新潟7Rブルーダイヤ1着
8月29日(日)小倉1Rケイティソルジャー1着
9月4日(土)新潟5Rキャンデセント1着
9月11日(土)中京4Rアドマイヤラヴィ3着
9月12日(日)中京9Rロバートソンキー1着
9月18日(土)中京4Rアスクドゥラメンテ1着
9月18日(土)中山7Rヒンシュシュ3着
9月19日(日)中山5Rアンクロワ1着
9月19日(日)中山8Rローズボウル3着
9月20日(月)中京6Rルーチェット1着
9月26日(土)中山3Rフルオール1着
9月27日(日)中山5Rサインオブサクセス1着
9月27日(日)中京7Rウラエウス2着
10月2日(土)中京2Rダンテスヴュー1着
10月2日(土)中京3Rビナホイアン3着
10月3日(日)中京4Rタガノヒモロギ3着
10月3日(日)中山5Rウインバグース2着
10月9日(土)東京2Rスターズオンアース1着
10月9日(土)阪神5Rショウナンアデイブ2着
10月10日(日)阪神5Rフォーブス2着
10月16日(土)東京5Rエピファニー2着
10月16日(土)阪神6Rヒロノクイーン2着
10月17日(日)東京3Rアサヒ1着
10月23日(土)阪神3Rテンダンス1着
10月23日(土)東京9Rアスクビクターモア3着
10月24日(日)阪神6Rアルーブルト1着
10月24日(日)東京7Rノワールドゥジェ2着
10月30日(土)東京3Rインダストリア1着
10月30日(土)阪神6Rイルデレーヴ1着
11月6日(土)阪神1Rヘラルドバローズ1着
11月6日(土)東京4Rディープレイヤー1着
11月7日(日)東京6Rラコンタール1着
11月13日(土)東京1Rリバーサルバレット1着
11月13日(土)阪神4Rジュタロウ1着
11月20日(土)東京2Rジュンブロッサム1着
11月20日(土)東京2Rルピナスリード2着
11月21日(日)東京5Rケイアイユニバース2着
11月21日(日)阪神5Rセレシオン1着
11月27日(土)東京3Rサンストックトン1着
11月27日(土)阪神3Rアドマイヤジェイ2着
11月28日(日)東京5Rオブデュモンド1着
12月4日(土)阪神5Rストロングウィル2着
12月5日(日)阪神2Rトルナヴァ1着
12月5日(日)中山5Rマイネルトルファン1着
12月11日(土)中京1Rマテンロウマジック2着
12月12日(日)阪神4Rモズミツボシ3着
12月18日(土)中山6Rタヒチアンダンス1着
12月18日(土)中山9Rロードカテドラル2着
12月19日(日)中京5Rモズゴールドバレル1着
12月26日(日)中山3Rグラスミヤラビ2着
12月28日(火)中山3Rクロスマジェスティ1着
12月28日(火)阪神9Rエナジーロッソ2着

【2022年】
1月8日(土)中京7Rデシエルト1着
1月9日(日)中京3Rサンライズジャスト1着
1月10日(月)中京7Rスレイマン1着
1月15日(土)中山9Rサウンドビバーチェ1着
1月16日(日)中山4Rウインターセット3着
1月16日(日)中京5Rショウナンアデイブ2着
1月24日(日)中京3Rカネコメシスター1着
1月29日(土)東京5Rベストフィーリング3着
1月30日(日)中京3Rオンザダブル2着
1月30日(日)東京5Rバイオアート2着
2月5日(土)東京6Rエターナルタイム3着
2月5日(土)中京6Rメイショウマンサク2着
2月6日(日)東京4Rキングスフィリア2着
2月6日(日)東京6Rロールアップ1着
2月12日(土)阪神5Rヴィスパメンテ2着
2月13日(日)阪神5Rディオ1着
2月13日(日)東京8Rイズンシーラブリー2着
2月19日(土)東京1Rランコントル2着
2月19日(土)東京6Rバイオアート1着
2月20日(日)東京9Rコンバスチョン1着
2月26日(土)中山3Rアウグスト2着
2月27日(日)中山2Rサンマルディライト3着
2月27日(日)中山9Rルージュエヴァイユ1着
3月5日(土)中山1Rスマイルオンミー1着
3月5日(土)阪神4Rケイアイオメガ1着
3月6日(日)中山1Rサパテアール3着
3月6日(日)中山6Rソウテン2着
3月13日(日)中山1Rネイリッカ2着
3月13日(日)中京2Rコルドンルージュ2着
3月19日(土)阪神5Rプラダリア1着
3月20日(日)中山4Rレディナビゲーター1着
3月20日(日)阪神5Rロマンシングブルー1着
3月21日(月)中京5Rストップザタイム1着
3月21日(月)中山6Rアスクコンナモンダ2着
3月26日(土)中山2Rアウグスト1着
4月2日(土)阪神6Rメイショウホシアイ1着
4月2日(土)中山7Rゴーゴーユタカ1着
4月3日(日)中山2Rルプランドル1着
4月3日(日)阪神6Rトーホウスザク3着
4月9日(土)中山5Rパラレルヴィジョン1着
4月10日(日)中山6Rスマートオリーブ3着
4月10日(日)中山9Rモーソンピーク2着
4月16日(土)阪神3Rリンドラゴ1着
4月16日(土)中山4Rフォーワンセルフ2着
4月17日(日)中山5Rヴァレーデラルナ2着
4月23日(土)東京3Rブラックピアノ3着
4月23日(土)東京4Rホーリーエンブレム1着
4月24日(日)阪神5Rウォーターレクラ2着
4月30日(土)東京6Rジョイス3着
5月1日(日)東京7Rスキャッターシード2着
5月14日(土)東京1Rラブベティー2着
5月15日(日)東京1Rチャオベッラ3着
5月15日(日)中京4Rアオイゴールドワン3着
5月22日(日)東京3Rルージュエクレール2着
5月22日(日)東京9Rノーダブルディップ2着
5月28日(土)東京6Rセッカチケーン3着
5月29日(日)東京10Rククナ2着
5月29日(日)中京10Rルプリュフォール3着
6月4日(土)中京5Rダイヤモンドハンズ1着
6月5日(日)東京7Rセブンダートオー2着
6月5日(日)東京9Rドゥラドーレス3着
6月12日(日)東京2Rコウソクブラック2着
6月12日(日)東京4Rルージュアルル1着
6月18日(日)東京8Rパラレルヴィジョン1着
6月18日(日)阪神8Rママコチャ1着
6月26日(日)東京7Rヴィクトゥーラ1着
7月2日(土)小倉8Rサンクフィーユ2着
7月10日(日)小倉3Rテイエムファクター1着
7月10日(日)小倉5Rラヴェル1着
7月17日(日)福島9Rシナモンスティック1着
7月17日(日)小倉8Rロマンシングブルー2着
7月23日(土)福島5Rレストア1着
8月6日(土)新潟8Rテイエムファクター2着
8月7日(日)新潟2Rフィンガークリック1着
8月13日(土)新潟5Rショウナンアレクサ2着
8月13日(土)小倉6Rブランアルディ1着
8月28日(日)新潟8Rスズノテレサ3着
8月28日(日)新潟9Rロードカテドラル3着
9月10日(土)中山4Rスズカコーズ2着
9月10日(土)中京3Rティニア1着
9月11日(日)中京5Rオープンファイア1着
9月17日(土)中京5Rマイド3着
9月18日(日)中山5Rメインクーン1着
9月24日(土)中京4Rファイアネイド3着
9月25日(日)中山5Rポーラライツ3着
9月25日(日)中京9Rマッドクール1着
10月1日(土)中京9Rスクーバー2着
10月9日(日)阪神9Rピンクマクフィー1着
10月10日(月)東京2Rウヴァロヴァイト1着
10月10日(月)阪神9Rトゥデイイズザデイ2着
10月23日(日)東京2Rアサクサヴィーナス2着
10月29日(土)東京5Rリラックス2着
10月30日(日)阪神5Rアイルシャイン1着
10月30日(日)東京9Rレッドモンレーヴ1着
11月6日(日)東京2Rイッツオンリーユー2着
11月12日(土)東京6Rホーリーエンブレム3着
11月20日(日)東京2Rパルティキュリエ1着
11月20日(日)阪神3Rマイネルメモリー1着
11月26日(土)阪神5Rクファシル1着
11月27日(日)阪神6Rマテンロウアルテ3着
12月4日(日)阪神5Rトンジンチ1着
12月4日(日)中山9Rカンティーユ1着
12月11日(日)阪神5Rポーレット3着
12月17日(土)中山5Rセリオーソ1着
12月17日(土)中山8Rスズカコテキタイ1着
12月24日(土)中山6Rトゥービートライン2着
12月24日(土)阪神9Rテンノメッセージ3着
12月25日(日)阪神6Rセピアス2着

【2023年】
1月9日(月)中京6Rアルジーヌ1着
1月22日(日)中山6Rダールフルート2着
1月28日(土)東京5Rアスコルティアーモ1着
1月29日(日)東京6Rロードデルレイ1着
1月29日(日)東京8Rフォーヴィズム1着
2月5日(日)東京3Rサンライズフレイム1着
2月5日(日)中京7Rヴィンテージボンド1着
2月12日(日)阪神4Rセラフィックコール1着
2月12日(日)東京8Rエターナルタイム1着
2月18日(土)東京3Rヴァナルガンド1着
2月26日(日)中山7Rエエヤン1着
2月26日(日)阪神10Rビッグシーザー1着
3月4日(土)阪神6Rベンダバリラビア1着
3月5日(日)阪神5Rシャドウソニック1着
3月11日(土)中京9Rティントリップ3着
3月12日(日)中山6Rヴァナルガンド2着
3月26日(日)阪神7Rサトノスカイターフ3着
4月2日(日)中山6Rフラッパールック3着
4月2日(日)阪神9Rセレブレイトガイズ3着
4月9日(日)中山7Rスピードオブライト1着

※しばらくしたらまとめます。


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ