スプリングカップ2018 追い切り予想・土曜日追い切り軸馬予想

スプリングカップ2018の予想・土曜日軸馬予想ついての記事になります。

スプリングカップ2018予想

まずは、最終追い切り振り返って見ましょう!

最終追い切り注目馬情報

今回は、最終追い切りで気になる馬の6頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

グレーターロンドン

☆追い切り評価A☆

5/9 美南W重 馬なり

53.4 38.4 12.8 [5]


最終追い切りでは田辺騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。

馬なりに追われた500万下のマサノヒロインと併せて、内を0.4秒の追走同入。

馬なり主体の調教で、重馬場の最終追い切りは軽く流した程度でしたが、折り合いもついており伸び脚も抜群。

前走時同様に今回もレベルはそこまで高くないので、近走は状態も戻ってきており、ここで一変あれば今後も楽しみです。

キャンベルジュニア

☆追い切り評価B☆

5/9 美南W重 馬なり

53.9 39.2 12.9 [4]


最終追い切りでは石橋脩騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のアドヴェントスと併せて、内を0.2秒追走して0.2秒の先着。

全体時計はそこまで早くないが、しっかり併走馬には先着し、折り合いもついていて内容は悪くない。

重馬場での調教でしたし、このひと追い変わればというところです。

サトノアレス

☆追い切り評価A☆

5/9 美南W重 馬なり

68.3 52.6 39.2 13.1 [6]


一週前追い切り同様に最終追い切りでも蛯名騎手が騎乗しての調教。

最終追い切りで19回目の調教と乗り込み量も十分。

最終追い切りでは軽く流した調教で状態も上向いているでしょう。

一週前追い切りには終いにしっかりと12秒台の脚を使っていて仕上がりは問題なさそうです。

ダンスディレクター

☆追い切り評価A☆

5/9 栗坂不 馬なり

54.4 39.8 25.8 12.6


馬なりに追われた1600万下のロードアルペジオと併せて、0.6秒追走して0.2秒の先着。

6日にはウッドチップコースでラスト12.3秒と上々の時計を出しており、一週前追い切りでもこの馬にとっては好時計をマーク。

最終追い切りでは軽めでしたが、折り合いはのついた調教で仕上がりは万全と考えて良さそうです。

シュウジ

☆追い切り評価B☆

5/9 栗坂不 馬なり

52.8 38.4 25.2 13.3


最終追い切りでは横山典弘騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。

この馬も乗り込み量は多く、最終追い切りで16回目の調教となります。

攻めかけするタイプではありますが、一週前追い切りでは50秒を切る好時計を叩き出しており、終いの伸びも抜群。

前走時よりも上積みが期待できる。

追い切りは好仕上がりでしたが、あとは能力でどこまでいけるかですね。

ウインガニオン

☆追い切り評価A☆

5/9 栗坂不 一杯

51.7 37.9 25.1 12.5


最終追い切りも一杯の調教。

不良馬場でも直線の伸びは抜群で、しっかり折り合いもついており状態は上向いてきている。

このひと追いで仕上がってきた印象です。

ただ、強めの調教が続いているので本番の馬体重は要チェックですね。

☆過去5年データ

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:重
1 10 レッドファルクス 2 M.デムーロ 牡6 58 01:23.2 8 9 33.7 スウェプトオーヴァーボード
2 12 クラレント 11 岩田康誠 牡8 56 01:23.3 3/4 3 4 34.1 ダンスインザダーク
3 9 グランシルク 4 戸崎圭太 牡5 56 01:23.4 1/2 10 10 33.8 ステイゴールド
2016年
馬場:良
1 10 サトノアラジン 3 川田将雅 牡5 56 01:19.6 12 12 32.4 ディープインパクト
2 13 サンライズメジャー 7 戸崎圭太 牡7 56 01:19.8 1.1/2 15 16 32.4 ダイワメジャー
3 1 ロサギガンティア 2 M.デムーロ 牡5 57 01:19.8 クビ 6 6 33.1 フジキセキ
2015年
馬場:良
1 11 サクラゴスペル 5 戸崎圭太 牡7 56 01:21.6 6 7 33.3 サクラプレジデント
2 15 ヴァンセンヌ 2 福永祐一 牡6 56 01:21.6 アタマ 15 15 32.7 ディープインパクト
3 8 オメガヴェンデッタ 7 横山典弘 セ4 56 01:21.7 1/2 1 2 33.8 ゼンノロブロイ
2014年
馬場:良
1 9 レッドスパーダ 10 北村宏司 牡8 56 01:19.7 2 2 34.7 タイキシャトル
2 10 クラレント 2 川田将雅 牡5 56 01:19.9 1.1/4 4 4 34.6 ダンスインザダーク
3 5 エールブリーズ 7 三浦皇成 牡4 56 01:20.1 1.1/2 6 5 34.4 フジキセキ
2013年
馬場:稍重
1 15 ダイワマッジョーレ 1 蛯名正義 牡4 56 01:20.6 8 8 34.1 ダイワメジャー
2 3 トライアンフマーチ 5 岩田康誠 牡7 56 01:20.7 1/2 8 8 34.2 スペシャルウィーク
3 4 ガルボ 6 石橋脩 牡6 56 01:20.7 クビ 7 6 34.5 マンハッタンカフェ

・人気傾向

2番人気が圧倒的に好成績です。

7番人気以降の穴馬が多く好走するレースとなっていて、昨年は11番人気のクラレントが2着するなど比較的配当を取れる傾向にあります。

まずは4年連続で馬券に絡んでいる2番人気を中心で、過去5年でも3度好走している7番人気も押さえておくのが良いでしょう。

【該当馬】

①サトノアレス(2番人気)

⑧リライアブルエース(7番人気)

※5/11(金)23時時点

・枠番傾向

枠番傾向としては、外枠の方が活躍していて、特に6枠、7枠が好成績です。

この枠は人気に関わらず結果を残しているので、注意が必要です。

6枠と7枠を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

⑪シュウジ(6枠)

⑫テオドール(6枠)

⑬ダイメイフジ(7枠)

⑭ビップライブリー(7枠)

⑮ダンスディレクター(7枠)

・脚質傾向

先行馬と差し馬が中心となっています。

前残りの展開も多く、どちらかといえば先行馬の方が成績を残しています。

2016年にも逃げたマイネルハニーが2着していますし、2013年〜2015年は先行馬が勝利しています。

先行馬・差し馬を押さえておくと良いでしょう。

【該当馬】

④ラインスピリット(先行)

⑤ムーンクエイク(先行)

⑯ノボバカラ(先行)

⑰キャンベルジュニア(先行)

①サトノアレス(先行)

③アドマイヤゴッド(先行)

⑥グレーターロンドン(差し)

⑧リライアブルエース(差し)

⑪シュウジ(差し)

⑫テオドール(差し)

⑬ダイメイフジ(差し)

⑭ビップライブリー(差し)

⑮ダンスディレクター(差し)

⑱フィアーノロマーノ(差し)

・血統傾向

基本的にはサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系が中心です。

ターントゥ系の活躍も見られますが、馬券に絡んだ6割はノーザンダンサー系なので、リファール系、ストームバード系、ヴァイスリージェント系などには注意です。

昨年もクラレントが好走していますし、穴馬の一発もありそうです。

少頭数であればターントゥ系も押さえておきましょう。

【該当馬】

①サトノアレス

③アドマイヤゴッド

⑧リライアブルエース

⑨ウインガニオン

⑯ノボバカラ

・騎手傾向

複数回馬券に絡んでいるのは、戸崎騎手、M.デムーロ騎手、岩田騎手、川田騎手です。

特に、戸崎騎手は現在3年連続で馬券に絡んでいて、今年も注意したい騎手です。

ここ2年はこの4騎手で決着しており、スプリングカップでは戸崎騎手、M.デムーロ騎手、岩田騎手、川田騎手を中心に狙うのが良さそうです。

【該当馬】

⑧リライアブルエース(戸崎)

⑱フィアーノロマーノ(川田)

・追い切り注目馬

①サトノアレス

⑥グレーターロンドン

⑩セイウンコウセイ

⑪シュウジ

⑮ダンスディレクター

⑰キャンベルジュニア

特に良く見えたのは、⑥グレーターロンドン、⑩セイウンコウセイ、⑪シュウジの3頭・

☆勝負馬☆

スプリングカップ本命馬(◎)

スプリングカップを目標に調教され、デキ万全で出走しそうです。引き続き外厩仕上げですし、一週前追い切りの動きもよかったので昇級戦でも十分可能性ありそうですね。東京コースでは近走も実績がありますし、距離短縮はプラス材料で、叩き2戦目で上積みもある。

追い切り厳選馬(◯)

この時期になってくると調子を上げてきて、調教でも動きが良くなってきています。

左回りの直線のあるコースに向いた馬で、近走の負けは気にしなくてもいいでしょう。

得意の東京1400mに替わり、血統的にも条件は合っていて今回一発ありそうな一頭です。

⑬ダイメイフジ(▲)

今回は前走時使用していなかった外厩でしっかり仕上げられており、帰厩後も気配は良好。この馬はエンジンがかかるのが遅い馬で、小回り向きではないですが、東京コースならじっくり脚を溜められるので、レースがしやすくなるかと思います。

過去3連続で馬券に絡んでいる7枠を引き、条件としても面白そうな一頭です。

土曜日追い切り軸馬予想

先週に続いて土曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

【東京】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

10R

☆⑩スプマンテ(勝負度A)

しっかり乗り込まれているルックトゥワイスと好時計を叩き出したスプマンテで迷いましたが、近走成長が著しいスプマンテの方でいきたいと思います。ついに本格化か1000万下の併走馬をものともせずあっさり先着。

自己ベストを大きく更新する動きで仕上がりは万全でしょう。

左回りでも結果を残していて、直線長い東京コースは脚を活かせるので期待したい。

【京都】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

9R

☆①クインズチャパラ(勝負度A)

前走はその日のメインレースでレコード勝ちしたサングレーザーの上がりタイムとほぼ同じ。新馬戦ながらも調教通りの動きで圧勝でした。

今回も同様のコースでデキは安定。

前走の勝ち方からもここで大崩れはまず考えにくい。

10R

☆③ルドルフィーナ(勝負度A)

このクラスはかなり安定してきていて、近走も2着が続く。前走は3着したサハラファイターに2馬身以上差をつけている。

最終追い切りでは軽めの調整でしたが、折り合いのつい多動きで仕上がりは良さそうです。

京都コースはなかなか結果を残せていませんでしが、今の実力なら堅実に馬券に絡んでくるでしょう。

11R

☆④グァンチャーレ(勝負度B)

最終追い切りでは不良馬場で軽く流した程度でしたが、好タイムを出しています。間隔は短いがしっかり乗り込まれ好調キープでしょう。

重賞では結果を残せていませんが、OPレースであれば力は上位。

骨折明けから叩き3戦目となるプラチナムバレットの一発にも注意が必要です。

【新潟】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

11R

☆⑬ホウオウマリリン(勝負度B)

一週前追い切り、最終追い切りでは自己ベストを超えるタイムを叩き出しており、動きも良好です。併走馬にもあっさり追いつき仕上がりはそこそこ良さそうです。

新潟は500万下で実績はありますし、得意なコースに替わるのはプラス材料。

今回はメンバーもそこまで強くなく、斤量も軽くなるで可能性は十分でしょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ