皐月賞2020予想 追い切り・データ分析

皐月賞2020の出走予定馬、想定騎手、外厩情報、追い切りなどについての記事になります。

施行日:2020年4月19日(日)
競馬場:中山競馬場
距離 :芝右回り2,000m

Line@配信スケジュール

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

5月31日(日) 安田記念 一週前追い切り情報
6月3日(水) 安田記念 最終追い切り情報
6月5日(金) 土曜日追い切り厳選馬
6月6日(土) 日曜日追い切り厳選馬
6月7日(日) エプソムC&マーメイドS 一週前追い切り情報

「当たるちゃん」LINEにて、土日レースのイチオシ追い切り馬を配信することになりました*\(^o^)/*✨
もちろん無料配信ですので良かったらどうぞ(*^^*)

↓↓こちらをクリック↓↓
友だち追加

※追い切り情報は、水曜日に調教が施されなかった場合は木曜日に配信します。

注目の追い切り厳選馬は、
土曜勝負馬⇒金曜21時
日曜勝負馬⇒土曜21時
に配信します!

☆出走予定馬・想定騎手☆

出走予定馬 想定騎手
アメリカンシード 未定
ウインカーネリアン 田辺
ヴェルトライゼンデ 池添
ガロアクリーク L.ヒューイットソン
キメラヴェリテ 藤岡康
クリスタルブラック 吉田豊
コルテジア 松山
コントレイル 福永
サトノフウジン 未定
サトノフラッグ C.ルメール
サリオス D.レーン
ダーリントンホール M.デムーロ
ディープボンド 横山典
テンピン 中井
ビターエンダー 津村
ブラックホール 石川裕
マイラプソディ 武豊
ラインベック 岩田康
レクセランス 北村友

☆過去5年データ☆

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2019年
馬場:良
1 12 サートゥルナーリア 1 C.ルメール 牡3 57 01:58.1 7 7 34.1 ロードカナロア
2 7 ヴェロックス 4 川田将雅 牡3 57 01:58.1 アタマ 4 4 34.4 ジャスタウェイ
3 4 ダノンキングリー 3 戸崎圭太 牡3 57 01:58.1 ハナ 4 5 34.5 ディープインパクト
2018年
馬場:稍重
1 7 エポカドーロ 7 戸崎圭太 牡3 57 02:00.8 4 4 35.1 オルフェーヴル
2 14 サンリヴァル 9 藤岡佑介 牡3 57 02:01.1 2 5 5 35.2 ルーラーシップ
3 10 ジェネラーレウーノ 8 田辺裕信 牡3 57 02:01.4 1.3/4 2 2 37.6 スクリーンヒーロー
2017年
馬場:良
1 11 アルアイン 9 松山弘平 牡3 57 01:57.8 5 5 34.2 ディープインパクト
2 7 ペルシアンナイト 4 M.デムーロ 牡3 57 01:57.8 クビ 5 5 34.1 ハービンジャー
3 10 ダンビュライト 12 武豊 牡3 57 01:57.9 3/4 5 3 34.3 ルーラーシップ
2016年
馬場:良
1 18 ディーマジェスティ 8 蛯名正義 牡3 57 01:57.9 12 10 34.0 ディープインパクト
2 3 マカヒキ 3 川田将雅 牡3 57 01:58.1 1.1/4 15 13 33.9 ディープインパクト
3 11 サトノダイヤモンド 1 C.ルメール 牡3 57 01:58.3 1.1/4 9 5 34.8 ディープインパクト
2015年
馬場:良
1 2 ドゥラメンテ 3 M.デムーロ 牡3 57 01:58.2 11 7 33.9 キングカメハメハ
2 5 リアルスティール 2 福永祐一 牡3 57 01:58.4 1.1/2 5 3 34.5 ディープインパクト
3 7 キタサンブラック 4 浜中俊 牡3 57 01:58.8 2.1/2 2 2 35.2 ブラックタイド

昨年は人気決着に終わりましたが、過去5年で見ると波乱傾向にあるレースです。
10番人気以下の大穴の台頭もあるので、人気薄の馬も要注意ですよ。
また、このレースではディープインパクト産駒が活躍しており、2016年にはディープインパクト産駒の3頭で決着しています。
今年もディープインパクト産駒の馬には注意が必要ですよ。

人気傾向としては、3番人気と4番人気が好成績です。
1番人気、2番人気の信頼度は低く、同等の成績を残している8番人気、9番人気を狙う方が妙味があります。
まずは、3番人気、4番人気、8番人気、9番人気を中心に狙っていきましょう。

枠番傾向としては、中枠が有利です。
4枠、5枠、6枠は穴馬の好走も多いので、特に押さえておきたい枠番です。
また、人気馬が多いですが2枠も活躍しており、上記3つの枠に加えて注意しておきましょう。
面白い傾向としては4枠7番が、過去5年で4度馬券に絡む活躍を見せており、4枠といっても7番に入った馬には要チェックですよ。
まずは、2枠、4枠、5枠、6枠を中心に狙っていきましょう。

脚質傾向としては、先行馬が圧倒的に好成績です。
近年は前残りの決着が多く、2017年、2018年は先行馬のみで決着しています。
昨年のように差し馬の好走もありますが、上位人気馬が多く、人気薄では除外しても良さそうです。
ただし、2016年のディーマジェスティのように、脚が使えるディープインパクト産駒には注意が必要です。
まずは、先行馬を中心に狙っていきましょう。

皐月賞外厩情報

※()内は前走時
ノーザンファームしがらき
サリオス(ノーザンファームしがらき)
マイラプソディ(ノーザンファームしがらき)
ラインベック(なし)
レクセランス(ノーザンファームしがらき)
ミッドウェイファーム
ダーリントンホール(ミッドウェイファーム)
阿見トレセン
クリスタルブラック(阿見トレセン)
Tomorrowファーム
テンピン(グリーンウッド)
吉澤ステーブルEAST
ビターエンダー(なし)
大山ヒルズ
コルテジア(なし)
コントレイル(大山ヒルズ)
ディープボンド(大山ヒルズ)
吉澤ステーブルEAST
アメリカンシード(吉澤ステーブルWEST)
山元トレセン
サトノフウジン(なし)
今走なし
ヴェルトライゼンデ(ノーザンファームしがらき)
サトノフラッグ(ノーザンファーム天栄)
ブラックホール(阿見トレセン)
ウインカーネリアン(なし)
ガロアクリーク(なし)
キメラヴェリテ(なし)

皐月賞の外厩注目馬はこちら


ブログランキングにて紹介しています!!

皐月賞2020 追い切り傾向

ヴェルトライゼンデ 追い切り評価:B+

★この馬の追い切り傾向★
普段は一週前追い切りに騎手騎乗で、栗東CWで実戦を意識した調整が施されています。
長めに追われることが多く、時計も好時計を叩き出してくるので、一週前追い切りの動きは要チェックですよ。
最終追い切りは栗東坂路で一杯に追われることが多いです。

基本的に併せ馬で調整されることが多く、ラストの伸びも良好で併走馬にもしっかり先着していれば仕上がりは順調と見て良いでしょう。
ひとレースごとに力をつけており、昨年はG1ホープフルステークスで2着に好走。
今年もスプリングSで2着に好走し、今走も持ち前の渋太さを発揮できれば可能性十分です。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:スプリングステークス(2着)
3/11 栗CW不 一杯
80.4 65.6 51.2 36.9 11.9 [6]

一杯に追われた古馬オープンのアイスバブルと併せて、内を1.1秒追走して0.1秒先着しました。
一週前追い切りは池添騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/9 栗CW良 一杯
81.9 67.0 52.3 38.1 11.7 [7]

一杯に追われた古馬3勝のバイマイサイドと併せて、内を0.9秒追走してアタマ差先着しました。
一週前追い切りは池添騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
追われた反応は抜群で、直線は11秒台の好時計をマーク。
併走馬にもしっかり先着し、全体時計も優秀です。
折り合いもスムーズで、仕上がりは順調と見ていいでしょう。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:スプリングステークス(2着)
3/18 栗坂良 馬なり
52.6 38.5 24.8 12.0

一杯に追われた3歳未勝利のアリーガルと併せて、0.6秒追走して0.2秒先着しました。
最終追い切りは水口騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:皐月賞
4/15 栗CW稍 一杯
84.2 68.0 53.0 38.8 12.0 [7]

一杯に追われた古馬3勝のバイマイサイドと併せて、内を0.8秒追走して0.1秒先着しました。
最終追い切りは、池添騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
先週に続いて今週も意欲的な調整。
併走馬にも先着はしましたが、反応はやや堅く全体時計はイマイチです。
ただ、折り合いはスムーズで、仕上がりは順調と見ていいでしょう。


クリスタルブラック 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
傾向としては馬なり中心の調教で、一週前追い切りが美浦南W、最終追い切りが美浦坂路で追われています。
水曜追いは併せ馬で気合付けをしており、先行する形でも遅れをとっていなければ心配はいらないでしょう。
攻め動くタイプの馬ではありませんが、終い12秒台の時計なら仕上がりは順調です。

折り合い面もしっかりしていれば、押さえておきたい一頭です。
まだ当レースで3戦目とキャリアは浅いですが、ここ2戦の動きは絶好で前走G3京成杯も快勝。
成長具合によっては今走も楽しみですね。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:京成杯(1着)
1/9 美南W稍 馬なり
65.9 51.1 38.0 12.4 [6]

馬なりに追われた3歳未勝利のアイスナインと併せて、内を1.3秒追走して0.6秒先着しました。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/8 美南W良 強め
65.0 50.2 37.5 12.0 [8]

一杯に追われた古馬2勝のクリッパーと併せて、外を0.6秒追走して0.2秒先着しました。
一週前追い切りは吉田豊騎手が、実際に騎乗して感覚を確かめております。
先週に続いて意欲的に調整され、ひと追い毎に状態は良化。
今週は力強い伸び脚で併走馬を圧倒し、自己ベストを大きく更新しています。
乗り込み量も申し分なく、仕上がりは良好です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:京成杯(1着)
1/15 美坂稍 馬なり
54.2 39.0 25.4 12.6

強めに追われた3歳未勝利のアイスナインと併せて、0.4秒追走して0.4秒先着しました。
最終追い切りは吉田豊騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:皐月賞
4/15 美坂稍 馬なり
55.6 39.2 25.3 12.4

強めに追われた古馬3勝のトラストロンと併せて、0.7秒追走して0.1秒先着しました。
今週はサッと流す程度の調整でしたが、行きっぷりは抜群で併走馬にもしっかり先着。
軽快なフットワークで、直線も12.4秒の鋭い伸び脚を見せています。
乗り込み量も申し分なく、態勢は整ったと考えていいでしょう。


コントレイル 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
普段は一週前追い切りか最終追い切りのどちらかで、意欲的な攻めの調教が施されています。
一週前追い切りでは、動きがイマイチではあるものの、いつも時計は優秀です。
そして、最終追い切りにはしっかり態勢が整うことが多く、一週前追い切りよりも最終追い切りの動きに注目してみると良いかと思います。

ラストの伸び脚も毎回鋭く、終い12秒前半の時計なら仕上がりは良好と考えて良いでしょう。
東スポ杯2歳Sでは5馬身突き放してレコード勝ちでしたし、前走のホープフルSもG1クラスで楽勝でした。
能力の高さはトップクラスで、今走も仕上がり万全なら軽視禁物ですよ。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ホープフルステークス(1着)
12/18 栗CW良 一杯
80.5 65.4 51.2 37.4 12.1 [6]

強めに追われた古馬3勝のスマートセラヴィーと併せて、内を0.6秒追走同入しました。
一週前追い切りは福永騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/8 栗CW良 強め
80.5 64.4 50.3 37.3 11.9 [7]

一杯に追われた古馬2勝のホウオウライジンと併せて、内を0.6秒追走して0.2秒先着しました。
一週前追い切りは福永騎手が、実際に騎乗して感覚を確かめております。
今週は直線の伸びを確かめる内容でしたが、全体時計は前走時出した自己ベストと同等の数字をマーク。
直線も11.9秒の好時計を叩き出し、外を回っている分、前走時よりも優秀です。
ひと追い毎に動きは良くなっており、仕上がりは順調と考えていいでしょう。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:ホープフルステークス(1着)
12/25 栗坂良 馬なり
52.1 37.5 24.5 12.3

今回の最終追い切り:皐月賞
4/15 栗坂稍 馬なり
52.9 38.1 24.8 12.4

一週前追い切りにビッシリ追われた分、今週は軽めの調整。
前走時と比べると時計は出ていませんが、加速ラップを刻んでいるのは好感が持てます。
先週は好時計を叩き出していますし、このひと追いで仕上がったと見ていいでしょう。
馬体も充実しており、過去3戦と同様に楽しみです。


サトノフラッグ 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
普段は美浦坂路を中心に乗り込まれ、毎回併せ馬で気合付けが行われています。
プール調教を併用していますが、まだ若いので特に心配はいらないでしょう。
併走馬には追走同入が多く、遅れを取るようなら注意が必要ですね。

時計は4F52秒台が出ていれば、好調と考えて良いでしょう。
レースは上手な馬で、上積みが見込めれば今走も楽しみな一頭です。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:弥生賞(1着)
2/26 美南W重 馬なり
66.2 51.9 38.4 12.2 [3]

強めに追われた古馬2勝のオウケンスターダムと併せて、内を0.8秒追走して0.2秒先着しました。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/8 美南W良 強め
63.6 48.9 35.9 11.7 [4]

馬なりに追われた古馬2勝のタンタフエルサと併せて、内を0.6秒追走して0.4秒先着しました。
一週前追い切りはL.ヒューイットソン騎手が騎乗しての調教です。
今週は終い重点に追われ、ラスト11.7秒の猛時計をマーク。
強めとはいえ自己ベストを2.5秒も更新し、併走馬にもしっかり先着しています。
動きにまだ余裕が見えますし、仕上がりは良好です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:弥生賞(1着)
3/4 美坂稍 馬なり
51.3 37.3 24.3 12.2

強めに追われた古馬1勝のドリームインパクトと併せて、0.4秒追走同入しました。

今回の最終追い切り:皐月賞
4/15 美南W稍 馬なり
65.6 50.5 36.6 11.8 [2]

馬なりに追われた古馬3勝のサトノラディウスと併せて、内を0.7秒追走同入しました。
最終追い切りはL.ヒューイットソン騎手が騎乗しての調教です。
今週は軽めの調整でしたが、絶好の動きで自己ベストを更新。
直線は11秒台の時計を叩き出し、併走馬にも楽に同入しています。
折り合いもついており、仕上がりは万全です。


サリオス 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
普段は馬なり中心の調教ですが、水曜・木曜追いは基本的に併せ馬。
格上馬と併せることが多く、いつもは同入または先着しています。
併せ馬で遅れを取るようなら注意が必要ですよ。

一週前追い切りと最終追い切りは騎手騎乗で調整されており、ここで良い手応えを見せていれば本番も軽視禁物です。
毎回文句なしのデキで、前走はG1朝日杯FSで2着に2馬身以上差をつける圧勝。
レース間隔を空けて入念に調整された今走も楽しみな一頭です。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:朝日杯フューチュリティステークス(1着)
12/5 美南W良 馬なり
80.6 65.2 50.9 37.3 12.0 [4]

強めに追われた古馬2勝のアヴィオールと併せて、内を1.2秒追走同入しました。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/9 美南W良 一杯
66.1 51.0 37.7 11.8 [6]

馬なりに追われた古馬3勝のフォルコメンと併せて、内を1.2秒追走して0.3秒先着しました。
一週前追い切りは石橋脩騎手が、実際に騎乗して感覚を確かめております。
今週は直線一杯に追われ、絶好の動きで併走馬を圧倒。
前走時以上に良い動きを見せており、直線も11.8秒の力強い伸び脚を見せています。
しっかり加速ラップを刻んだ調整で、仕上がりは順調です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:朝日杯フューチュリティステークス(1着)
12/11 美南W稍 馬なり
67.9 53.1 39.0 12.4 [6]

馬なりに追われた古馬2勝のブーザーと併せて、内を0.2秒追走同入しました。

今回の最終追い切り:皐月賞
4/15 美南W稍 馬なり
69.0 54.0 39.9 13.2 [5]

馬なりに追われた3歳未勝利のカフェキングと併せて、内を同入しました。
最終追い切りは石橋脩騎手が騎乗しての調教です。
今週はサッと流す程度で、全体時計は平凡でしたが、入念に乗り込まれて馬体は充実。
先週は鋭い伸び脚を見せていますし、加速ラップは好感が持てます。
仕上がりは万全とみていいでしょう。


ダーリントンホール 追い切り評価:B+

★この馬の追い切り傾向★
馬なりで調整されるが多く、負荷をかけるときは最終追い切りで終い重点に追われる程度。
そのため、速い時計は出ませんが、終い12秒台の時計が出ていれば問題ないでしょう。
普段は水曜日に併せ馬で気合付けをしており、しっかり先着して好時計なら仕上がりは良好です。

特に、強めに追われる最終追い切りの動きは要チェックですよ。
G3札幌2歳ステークスでは、勝負どころで詰まったにも関わらず3着に好走。
スムーズなら前走のような走りができるので、相手のレベルが上がる今走も態勢が整えば軽視禁物ですよ。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:共同通信杯(1着)
2/5 美南W良 馬なり
67.5 53.1 39.5 12.6 [3]

強めに追われた古馬2勝のヴァンクールシルクと併せて、外を0.4秒先着しました。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/8 美南W良 馬なり
85.0 68.4 53.8 39.6 12.8 [4]

一杯に追われた3歳未勝利のネイザンロードと併せて、外を1.0秒先行同入しました。
動きは悪くないですが。全体時計は平凡で格下の併走馬に追いつかれる内容。
ただ、長めにやれていますし、終い12秒台の時計が出ているのは好感が持てます。
最終追い切りの動きに期待したいですね。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:共同通信杯(1着)
2/12 美南W良 馬なり
67.1 52.5 38.2 12.0 [4]

強めに追われた古馬3勝のフレッチアと併せて、内を0.4秒追走同入しました。
最終追い切りはC.ルメール騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:皐月賞
4/15 美南W稍 一杯
68.6 53.2 38.6 12.0 [3]

一杯に追われた古馬3勝のエクセランフィーユと併せて、内を0.6秒追走して0.4秒先着しました。
今週は終い重点に追われ、ラストは12.0秒の好時計をマーク。
全体時計はこの馬なりに平凡でしたが、動きはスムーズで仕上がりは良好です。
折り合いもついていますし、乗り込み量も十分で馬体は充実しています。
まだ若さはありますが、どこまで通用するか楽しみですね。

皐月賞の追い切り注目馬はこちら


ブログランキングにて紹介しています!!


皐月賞2019の出走予定馬、想定騎手、外厩情報などについての記事になります。

☆出走予定馬・想定騎手☆

出走予定馬 想定騎手
アドマイヤジャスタ 未定
アドマイヤマーズ M.デムーロ
ヴェロックス 川田
エメラルファイト 石川裕
クラージュゲリエ 横山典
クリノガウディー 藤岡佑
サトノルークス 池添
サートゥルナーリア C.ルメール
シュヴァルツリーゼ 石橋脩
タガノディアマンテ 田辺
ダディーズマインド 未定
ダノンキングリー 戸崎
ナイママ 柴田大
ニシノデイジー 勝浦
ファンタジスト 武豊
ブレイキングドーン 福永
メイショウテンゲン 三浦
ラストドラフト 未定
ランスオブプラーナ 松山

※中山芝2000m右回り

☆過去5年データ☆

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2018年
馬場:稍重
1 7 エポカドーロ 7 戸崎圭太 牡3 57 02:00.8 4 4 35.1 オルフェーヴル
2 14 サンリヴァル 9 藤岡佑介 牡3 57 02:01.1 2 5 5 35.2 ルーラーシップ
3 10 ジェネラーレウーノ 8 田辺裕信 牡3 57 02:01.4 1.3/4 2 2 37.6 スクリーンヒーロー
2017年
馬場:良
1 11 アルアイン 9 松山弘平 牡3 57 01:57.8 5 5 34.2 ディープインパクト
2 7 ペルシアンナイト 4 M.デム 牡3 57 01:57.8 クビ 5 5 34.1 ハービンジャー
3 10 ダンビュライト 12 武豊 牡3 57 01:57.9 3/4 5 3 34.3 ルーラーシップ
2016年
馬場:良
1 18 ディーマジェスティ 8 蛯名正義 牡3 57 01:57.9 12 10 34.0 ディープインパクト
2 3 マカヒキ 3 川田将雅 牡3 57 01:58.1 1.1/4 15 13 33.9 ディープインパクト
3 11 サトノダイヤモンド 1 ルメール 牡3 57 01:58.3 1.1/4 9 5 34.8 ディープインパクト
2015年
馬場:良
1 2 ドゥラメンテ 3 M.デム 牡3 57 01:58.2 11 7 33.9 キングカメハメハ
2 5 リアルスティール 2 福永祐一 牡3 57 01:58.4 1.1/2 5 3 34.5 ディープインパクト
3 7 キタサンブラック 4 浜中俊 牡3 57 01:58.8 2.1/2 2 2 35.2 ブラックタイド
2014年
馬場:良
1 2 イスラボニータ 2 蛯名正義 牡3 57 01:59.6 7 4 34.6 フジキセキ
2 17 トゥザワールド 1 川田将雅 牡3 57 01:59.8 1.1/4 3 3 35.2 キングカメハメハ
3 18 ウインフルブルーム 8 柴田大知 牡3 57 01:59.9 1/2 1 1 35.6 スペシャルウィーク

近年は特に人気薄の好走が多く、2010年にも11番人気のエイシンフラッシュが3着するなど10番人気の穴馬も台頭する波乱レースとなっています。
人気傾向としては、上位人気馬よりも8番人気の好走率が最も高く、下手に人気馬を中心に狙って外すよりは、8番人気で一発狙うの方が良さそうですね。

枠番傾向としては、特に偏った傾向はありませんが、4枠7番、5枠10番、6枠11番、8枠18番の成績が目立ちます。
この番号の穴馬が好走するケースが過去にも見られるので、この枠番を一発狙うのも面白いかと思います。(2010年の11番人気エイシンフラッシュも6枠11番でした)

脚質傾向としては、差し馬よりも先行馬の方が活躍しており、ここ2年も先行馬のみで決着しています。
近年は特に前残りの展開が多いので、先行馬を中心に狙うのが良いでしょう。

皐月賞外厩情報

※()内は前走時
ノーザンファームしがらき
アドマイヤジャスタ(ノーザンファームしがらき)
アドマイヤマーズ(ノーザンファームしがらき)
クラージュゲリエ(ノーザンファームしがらき)
サートゥルナーリア(ノーザンファームしがらき)
サトノルークス(ノーザンファームしがらき)
ノーザンファーム天栄
ダノンキングリー(ノーザンファーム天栄)
川崎競馬場
ナイママ(なし)
今走なし
ヴェロックス(ノーザンファームしがらき)
エメラルファイト(KSトレセン)
クリノガウディー(信楽牧場)
シュヴァルツリーゼ(ノーザンファームしがらき)
ニシノデイジー(西山牧場阿見分場)
ファンタジスト(吉澤ステーブル-WEST)
ブレイキングドーン(大山ヒルズ)
タガノディアマンテ(なし)
ダディーズマインド(なし)
メイショウテンゲン(なし)
ラストドラフト(なし)
ランスオブプラーナ(なし)

皐月賞2019 追い切り傾向

サートゥルナーリア 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
馬なり中心の調教ですが、一週前追い切りに強めの調教を行なっています。
一週前追い切りは併せ馬で実戦を意識した調整をしており、最終追い切りは軽く流す調教スタイルです。
素質が高い馬で、普段一杯に追われた調教では終い11秒台の時計を叩き出しています。

ラストの伸び脚は本番でもしっかり反映されているので、調教で強めに追われてラスト1Fに11秒台の好時計を叩き出していれば仕上がりは良好と考えて良いでしょう。
前走も楽勝で今後が楽しみな一頭です。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ホープフルステークス(1着)
12/19 栗CW稍 強め
85.1 67.7 51.3 37.1 11.7 [8]

直線強めに追われた1600万クラスのタニノアーバンシーの内を0.3秒追走して0.8秒先着しました。
一週前追い切りではM.デムーロ騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/3 栗CW良 強め
81.1 66.0 51.4 37.9 11.7 [9]

一杯に追われた1600万クラスのレッドウィズダムと併せて、外を0.5秒追走して0.6秒先着しました。
一週前追い切りではC.ルメール騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
終いは伸びる馬ではありますが、2週前追い切りは馬なりに追われラスト1F11.4秒の猛時計をマーク。
ひと追いごとに状態は良化しており、一週前追い切りでは終い重点に追われ、自己ベストを2.1秒更新。
全体時計81.1秒にも関わらず終いも鋭い伸び脚を見せており、仕上がりは順調とみて良いでしょう。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:ホープフルステークス(1着)
12/24 栗坂稍 強め
52.5 37.6 23.8 11.9

今回の最終追い切り:皐月賞
4/10 栗CW重 馬なり
87.5 69.6 54.4 39.5 12.0 [8]

馬なりに追われたオープン馬のシャケトラと併せて、外を1.3秒先行して0.1秒先着しました。
最終追い切りではC.ルメール騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
一週前追い切りで強めに追われて自己ベストを出している分、最終追い切りは軽めの調整。
シャケトラに寄られると鋭い伸び脚を見せて、しっかり先着しています。
折り合いもスムーズで態勢は整ったと見て良いでしょう。


アドマイヤマーズ 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
レース間隔が空いている時は入念に乗り込まれ、一週前追い切りに時計を出す調教をすることが多いです。
中2週で出走した中京2歳S時のように、レース間隔が短くても一週前追い切りか最終追い切りのどちらかでビッシリ追われているので、どちらか一方で攻めの調教ができているなら状態は良好と考えて良いでしょう。
普段調教では折り合いは付いていますし、仕上がりは毎回良好です。

集中力のある馬で、よほどのことがなければデキ落ちの心配はいらないでしょう。
今走時も攻めの調教で好時計を出せていれば押さえておきたい一頭です。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:共同通信杯(2着)
1/30 栗CW良 馬なり
97.7 82.2 66.5 52.4 39.3 12.1 [7]

一週前追い切りではM.デムーロ騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/4 栗CW良 一杯
96.5 80.5 64.8 50.1 36.8 12.0 [6]

馬なりに追われた1600万クラスのルタンデュボヌールと併せて、外を1.7秒先行同入しました。
2週続けて一杯に追われ、今週は7F追いで自己ベストと同等の時計をマークしています。
併走馬に差を詰められる形にはなりましたが、追われた反応は良好で終いの力強い伸び脚を見せいています。
折り合いもスムーズで仕上がりは順調とみて良いでしょう。
最終追い切りでも好調キープなら押さえておきたい一頭です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:共同通信杯(2着)
2/6 栗坂稍 馬なり
54.3 40.2 26.8 13.0

今回の最終追い切り:皐月賞
4/10 栗坂重 強め
53.4 38.9 25.8 12.9

普段通り最終追い切りは坂路コースで仕上げています。
今週は終い重点に追われ、重馬場でこの時計が出ていれば優秀でしょう。
追われた反応も良好で加速ラップを刻んでいる点も好感が持てます。
馬体も充実しており、ひと叩きして上積みもある今走は改めて期待したい。


ニシノデイジー 追い切り評価:B+

★この馬の追い切り傾向★
一週前追い切りで終い重点に追われることもありますが、基本的には馬なり中心に追われています。
速い時計を出す馬ではありませんが、最終追い切り馬なり調教で終い12秒台を出しているレースは4戦3勝の成績。
13秒かかっても3着以内に好走する安定感はありますが、最終追い切りで終い12秒台の時計を出すようなら特に押さえておきたい一頭です。

調教ではしっかり加速ラップを刻んでいて、併走馬にも先着しているなら状態面の心配はいらないでしょう。
瞬発力というよりかはスタミナタイプのため、馬場が荒れた方が力を出せるタイプです。
能力は高い馬なので今走も自分のペースで走ることができれば活躍が期待できる一頭です。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:弥生賞(4着)
2/20 美南W重 一杯
82.4 66.6 51.6 37.6 12.7 [3]

一週前追い切りでは勝浦騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/3 美南W良 一杯
67.4 51.1 37.3 12.7 [8]

一週前追い切りでは勝浦騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
今週は終い重点に追われましたが、ラスト1Fで遅くなっているのは気がかりです。
それでも時計は優秀で、意欲的に追われているのは好感が持てます。
最終追い切りで態勢が整えば改めて期待したい一頭です。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:弥生賞(4着)
2/27 美南W良 馬なり
68.8 53.0 37.9 12.7 [6]

最終追い切りでは勝浦騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:皐月賞
4/10 美南W稍 馬なり
67.4 52.0 37.8 12.8 [8]

3週続けて勝浦騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
先週一杯に追われたので、今走は軽めに流した程度の調整でした。
軽めの調整でもフットワークは軽快で力強い伸び脚を見せていましたが、先週同様ラストが若干遅くなったのは気になります。
近走の中でも好時計を叩き出しているので軽視禁物ですが、軸として狙うには怖い一頭です。


アドマイヤジャスタ 追い切り評価:B+

★この馬の追い切り傾向★
基本水曜追いは併せ馬で、一週前追い切りと最終追い切りは強めに追われることが多いです。
併走馬に遅れることもありますが、しっかり結果は残しているので好時計を出すようなら心配はいらないでしょう。
また、一週前追い切りはウッドチップコースで追われることが多く、一週前追い切りに実戦を意識した調教をしています。

ここでの動きが本番でも反映されているので、一杯に追われる一週前追い切りは要チェックですね。
調教でも力強い走りをしていれば軽視禁物ですよ。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:すみれステークス(2着)
2/13 栗CW良 一杯
82.8 66.5 51.6 38.4 11.8 [5]

一杯に追われた1000万クラスのシュバルツボンバーの内を1.4秒追走して0.2秒先着しました。
一週前追い切りでは岩田騎手が騎乗しての調教です。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/4 栗CW良 一杯
81.4 65.8 51.3 37.4 11.7 [4]

強めに追われた1000万クラスのアドマイヤアゼリと併せて、内を1.0秒追走してクビ差先着しました。
一週前追い切りでは岩田騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
2週続けてビッシリ追われており、前走時の疲れは全くなさそうですね。
今週は終い重点に追われた内容でしたが、一週前追い切りに続いて終い11秒台の時計を出せているのは好感が持てます。
フットワークも力強く、しっかり加速ラップを刻んだ調整ができているので、仕上がりは順調とみて良いでしょう。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:すみれステークス(2着)
2/20 栗CW重 一杯
キリ 12.2

一杯に追われた1000万クラスのスワーヴアラミスの内を0.2秒先着しました。
最終追い切りでは岩田騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:皐月賞
4/10 栗坂重 強め
52.6 39.1 25.9 13.0

一杯に追われた3歳未勝利馬のオーラクルムと併せて、0.6秒追走して0.6秒先着しました。
3週連続で岩田騎手が騎乗しての調教です。
強めに追われた割に終いの伸びはイマイチでしたが、馬場を考えると心配はいらなそうです。
2週前追い切りと1週前追い切りは一杯に追われて全体時計81秒台の好時計を叩き出しておりますし、今週も格下の併走馬にあっさり先着し、仕上がりは良好と考えて良いでしょう。


ラストドラフト 追い切り評価:B+

★この馬の追い切り傾向★
普段は馬なり中心の調教で、美南ウッドチップとポリトラックで調整されています。
調教はほとんど併せ馬で調教していて、併走馬に追走先着が基本です。
そのため、併走馬に遅れるようなら注意が必要です。

馬なり調教でも毎回伸び脚は鋭く、時計の出るポリトラックや芝コースでは終い11秒台の好時計を叩き出しています。
毎レース乗り込み量は申し分ないので、一週前追い切り、最終追い切りで抜群の動きを見せるようなら押さえておくのが良いでしょう。
ウッドチップコースでは終い12秒台が出ていれば優秀です。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:弥生賞(7着)
2/21 美南W稍 馬なり
81.4 65.7 51.5 37.8 12.8 [4]

強めに追われた500万クラスのアサクサスポットの内を1.8秒追走して0.4秒先着しました。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/4 美南W良 馬なり
80.3 65.2 51.2 37.8 13.1 [5]

強めに追われた障害オープン馬のクロフネフリートと併せて、内を1.2秒追走して0.2秒先着しました。
一週前追い切りではA.シュタルケ騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
今週は馬なりの調教でしたが、行きっぷりは良好で併走馬に余裕残しで先着。
ラストは遅くなりましたが、全体時計は自己ベストを1.1秒縮めております。
普段通り馬なり中心の調教で順調に乗り込まれており、最終追い切りで万全に仕上がれば軽視禁物ですね。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:弥生賞(7着)
2/27 美南P良 馬なり
65.5 51.0 38.3 12.1 [7]

一杯に追われた1000万クラスのアンヴェイルドの外を1.7秒追走して0.2秒先着しました。

今回の最終追い切り:皐月賞
4/10 美南W稍 馬なり
66.0 51.9 38.8 13.1 [7]

馬なりに追われた500万クラスのラソワドールと併せて、内を1.2秒追走して0.2秒差遅れました。
今週も軽めの調整で軽快なフットワークを見せておりますが、普段併せ馬に先着していることを考えると格下に遅れたのは気がかりです。
前走のように道悪は走らないのかもしれませんが、叩いた分の良化は見られるので引き続き好調キープと見て良いでしょう。
良馬場なら軽視禁物です。


ダノンキングリー 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
水曜追いは併せ馬で調整することが多く、美南Wコースで入念に調整されています。
併走馬には遅れることがなかったので、併せ馬に遅れるようなら注意が必要ですね。
近走は一週前追い切りに一杯に追われ、最終追い切りに軽く流す調教でしっかり仕上げています。

一週前追い切りと最終追い切りの動きがそのまま本番でも反映されているので、追われた時の反応や加速ラップを刻んでいるかは要チェックですよ。
前走は展開にハマった形ではありますが、朝日杯を制したアドマイヤマーズに1馬身以上差をつけて圧勝。
態勢が整えば距離延長となる今走も楽しみな一頭です。

★一週前追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:共同通信杯(1着)
1/30 美南W良 一杯
66.6 51.6 39.0 13.7 [6]

一杯に追われた500万クラスのサトノブレイズの内を0.9秒追走して1.2秒先着しました。

今回の一週前追い切り:皐月賞
4/3 美南W良 一杯
66.0 51.9 37.7 12.5 [6]

一杯に追われた障害未勝利馬のキャプテンロブロイと併せて、内を0.6秒追走して0.2秒先着しました。
一週前追い切りは前走時と同様にウッドチップコースで一杯に追われましたが、抜群の反応を見せ自己ベストを更新しています。
追われるとぐんぐん加速していって、ラストは12.5秒の鋭い伸び脚を見せています。
折り合いもついた調教ができており、仕上がりは順調と考えて良いでしょう。

★最終追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:共同通信杯(1着)
2/6 美南P良 馬なり
66.3 50.6 36.7 11.7 [6]

馬なりに追われた500万クラスのミッキーマンドリンの外を0.6秒追走同入しました。
最終追い切りは戸崎騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:皐月賞
4/10 美南P良 馬なり
64.5 50.6 37.2 11.6 [6]

最終追い切りでは戸崎騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
一週前追い切りでビッシリ追われた分、最終追い切りは軽く流した程度の調整ですが、行きっぷりは抜群で終い11.6秒の好時計をマーク。
前走時のベストタイムを1.8秒縮める動きで、しっかり加速ラップを刻んでいるのも好感が持てます。
フットワークも軽快で仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

Line@配信スケジュール

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

5月31日(日) 安田記念 一週前追い切り情報
6月3日(水) 安田記念 最終追い切り情報
6月5日(金) 土曜日追い切り厳選馬
6月6日(土) 日曜日追い切り厳選馬
6月7日(日) エプソムC&マーメイドS 一週前追い切り情報

「当たるちゃん」LINEにて、土日レースのイチオシ追い切り馬を配信することになりました*\(^o^)/*✨
もちろん無料配信ですので良かったらどうぞ(*^^*)

↓↓こちらをクリック↓↓
友だち追加

※追い切り情報は、水曜日に調教が施されなかった場合は木曜日に配信します。

注目の追い切り厳選馬は、
土曜勝負馬⇒金曜21時
日曜勝負馬⇒土曜21時
に配信します!


9月15日(土)阪神9Rカテドラル1着
9月16日(日)中山11Rヒラボクラターシュ1着
9月17日(月)阪神6Rクリソベリル1着
9月22日(土)中山5Rルガールカルム1着
9月29日(土)阪神5Rサトノルークス2着
9月30日(日)中山4Rフィルムフェスト1着
10月6日(土)東京9Rブラックプラチナム2着
10月7日(日)東京10Rシヴァージ2着
10月8日(月)京都10Rソーグリッタリング1着
10月13日(土)東京1Rチャーチスクエア3着
10月14日(日)東京4Rラストヌードル1着
10月20日(土)京都4Rゴルトマイスター1着
10月21日(日)京都9Rアシュリン1着
10月27日(土)東京5Rレディマクベス1着
10月28日(日)東京5Rルヴォルグ1着
11月3日(土)京都6Rシンゼンブースター1着
11月4日(日)京都4Rサヴォワールエメ1着
11月10日(土)東京6Rカヌメラビーチ1着
11月11日(日)京都5Rペルクナス1着
11月17日(土)東京9Rゴライアス3着
11月18日(日)京都1Rトーセンアミ2着
11月24日(土)東京9Rメイクハッピー1着
12月1日(土)阪神4Rエクレアスピード2着
12月1日(土)阪神6Rフォレブルート1着
12月2日(日)阪神3Rアーデンフォレスト1着
12月8日(土)阪神8Rシロニイ1着
12月16日(日)中京1Rシャイニーロック3着
12月16日(日)中山3Rカレンブーケドール1着
12月22日(土)中山8Rダノンチャンス3着
12月23日(日)中山1Rタイセイスパーブ1着
1月5日(土)中山5Rブルーエクセレンス2着
1月5日(土)京都5Rシュリ1着
1月6日(日)京都10Rユーキャンスマイル2着
1月12日(土)中山5Rパロネラ2着
1月12日(土)京都11Rイシュトヴァーン1着
1月13日(日)中山9Rデアフルーグ1着
1月13日(日)京都9Rジョーダンキング1着
1月14日(月)京都3Rマスターフェンサー1着
1月14日(月)中山5Rシングフォーユー2着
1月19日(土)中山5Rガロシェ2着
1月19日(土)京都9Rダイアトニック1着
1月20日(日)中京5Rオメガダヴィンチ2着
1月20日(日)京都6Rクインオブザシーズ3着
1月26日(土)中京3Rキャメロン1着
1月27日(日)京都6Rユニコーンライオン1着
1月27日(日)中京11Rコマビショウ2着
2月2日(土)東京2Rタマモジャイブ1着
2月2日(土)中京11Rサウンドキアラ3着
2月3日(日)京都6Rマルシュロレーヌ2着
2月3日(日)東京9Rサトノジェネシス1着
2月9日(土)京都2Rラデツキー1着
2月10日(日)小倉5Rカレンモエ2着
2月10日(日)京都6Rイグナーツ3着
2月16日(土)京都2Rシャドウハンター1着
2月16日(土)東京9Rシャドウディーヴァ3着
2月17日(日)東京5Rアイリスフィール1着
2月23日(土)中山4Rジャパンスウェプト1着
2月23日(土)阪神6Rシンハラージャ2着
2月24日(日)阪神5Rアドマイヤポラリス3着
2月24日(日)中山6Rエトワール3着
3月2日(土)中山5Rハートトゥハート1着
3月2日(土)中山7Rフォッサマグナ1着
3月3日(日)小倉8Rアラスカノオーロラ1着
3月3日(日)阪神11Rトリコロールブルー2着
3月10日(日)阪神1Rブロードハースト1着
3月10日(日)中山9Rイェッツト1着
3月17日(日)阪神2Rアスカリ1着
3月23日(土)阪神10Rサウンドキアラ2着
3月24日(日)中山6Rヴァンケドミンゴ2着
3月24日(日)阪神11Rサトノフェイバー3着
3月30日(土)阪神2Rシーシャープ1着
3月31日(日)中山10Rデアフルーグ1着
4月6日(土)中山3Rアールランペイジ1着
4月6日(土)阪神9Rエクレアスパークル1着
4月7日(日)阪神5Rララクリュサオル3着
4月13日(土)中山7Rネクストムーブ1着
4月13日(土)阪神10Rジークカイザー1着
4月14日(日)中山7Rネクストムーブ3着
4月20日(土)京都4Rスリーカナロアー3着
4月20日(土)東京5Rミスマリア1着
4月21日(日)東京6Rカフェクラウン1着
4月21日(日)東京7Rモンテグロッソ1着
4月27日(土)東京3Rタマノカイザー1着
4月27日(土)新潟11Rカッパツハッチ3着
4月28日(日)東京11Rセリユーズ3着
4月29日(月)京都6Rカレンモエ3着
4月29日(月)京都8Rロードマドリード3着
5月5日(日)東京5Rスイープセレリタス1着
5月5日(日)新潟11Rプロディガルサン2着
5月11日(土)京都3Rスリーカナロアー2着
5月12日(日)京都4Rシルヴァーソニック2着
5月18日(土)東京10Rフォースライン1着
5月19日(日)東京3Rベルウッドカザン1着
5月19日(日)京都6Rサトノギャロス1着
5月25日(土)京都5Rスリーカナロアー3着
5月26日(日)京都5Rチュウワフライヤー1着
6月1日(土)阪神5Rリアアメリア1着
6月2日(日)東京6Rモーベット1着
6月2日(日)東京10Rミッキーワイルド1着
6月8日(土)東京5Rファートゥア3着
6月8日(土)阪神11Rファッショニスタ2着
6月16日(日)東京5Rゴールデンエポック3着
6月16日(日)阪神6Rプラネットアース3着
6月22日(土)阪神8Rスマートフルーレ2着
6月23日(日)東京4Rグレイジャックマン1着
6月23日(日)阪神5Rレッドベルジュール1着
6月29日(土)福島1Rウインカーネリアン1着
6月30日(日)中京10Rデターミネーション2着
7月6日(土)函館5Rアメージングサン2着
7月7日(日)中京4Rナムラシェパード1着
7月14日(日)福島3Rウイングレイテスト1着
7月14日(日)福島11Rアンヴァル2着
7月20日(土)中京6Rペールエール1着
7月21日(日)中京9Rアルティマリガーレ1着
7月27日(土)小倉10Rジュランビル1着
7月27日(土)札幌11Rウインイクシード3着
7月28日(日)新潟7Rメイオール2着
7月28日(日)新潟9Rヴァンクールシルク1着
8月3日(土)新潟4Rコスモリモーネ1着
8月4日(日)小倉6Rヒバリ1着
8月4日(日)新潟7Rゲインスプレマシー3着
8月10日(土)小倉10Rエングレーバー2着
8月11日(日)札幌5Rエカテリンブルク1着
8月17日(土)新潟8Rティグラーシャ2着
8月17日(土)小倉10Rキラーコンテンツ1着
8月18日(日)新潟6Rペコリーノロマーノ1着
8月18日(日)小倉10Rアンドラステ2着
8月24日(土)新潟6Rサトノダムゼル1着
8月25日(日)新潟5Rアドマイヤミモザ2着
8月25日(日)札幌8Rレッドフィオナ3着
8月31日(土)新潟5Rミッキーメテオ1着
8月31日(土)新潟11Rアントリューズ3着
9月1日(日)新潟3Rトロワシャルム2着
9月1日(日)札幌3Rハートウォーミング2着
9月7日(土)阪神7Rダノンスプレンダー1着
9月7日(土)阪神8Rサンバパレード2着
9月8日(日)中山5Rシベール3着
9月14日(土)中山5Rローレリスト1着
9月14日(土)阪神5Rラストブラッサム3着
9月15日(日)中山3Rジュラペッシュ1着
9月16日(月)阪神4Rクリノアンカーマン1着
9月16日(月)中山5Rミアマンテ1着
9月21日(土)中山11Rヒロシゲゴールド2着
9月22日(日)阪神3Rヴェーラ2着
9月22日(日)中山5Rアヌラーダプラ1着
9月28日(土)中山3Rキャンディフロス1着
9月29日(日)阪神7Rドナウデルタ1着
10月5日(土)東京5Rクロミナンス3着
10月5日(土)京都5Rグランレイ3着
10月6日(日)京都8Rルプリュフォール1着
10月12日(土)京都6Rププッピドゥ1着
10月13日(日)京都3Rモズアーントモー1着
10月14日(月)東京5Rルナシオン1着
10月19日(土)東京5Rレッドルレーヴ2着
10月19日(土)東京9Rワーケア1着
10月26日(土)京都6Rロードレガリス1着
10月27日(日)京都5Rフライライクバード2着
10月27日(日)東京8Rピースワンパラディ3着
11月2日(土)東京1Rファイブリーフ2着
11月3日(日)東京6Rメートルムナール1着
11月9日(土)東京4Rヴィズサクセス1着
11月9日(土)京都7Rコマノバルーガ1着
11月10日(日)京都5Rグランデマーレ1着
11月10日(日)東京9Rステイオンザトップ3着
11月16日(土)東京5Rゴルトベルク2着
11月17日(日)東京8Rペイシャネガノ3着
11月23日(土)東京2Rオシリスブレイン2着
11月23日(土)東京9Rデュードヴァン1着
11月24日(日)京都6Rヒラソール1着
11月30日(土)阪神5Rストーンリッジ1着
12月1日(日)中山7Rレイテントロアー3着
12月7日(土)中山4Rタイキラッシュ2着
12月8日(日)阪神4Rアイティナリー2着
12月8日(日)中山6Rセイウンヒロイン3着
12月15日(日)中山4Rシングンバズーカ1着
12月21日(土)阪神2Rサンライト1着
12月21日(土)阪神5Rエアロロノア3着
12月22日(日)中山8Rボスジラ1着
1月5日(日)中山3Rシルバージャック2着
1月6日(月)中山4Rアルジョンブラン3着
1月6日(月)中山7Rスタンサンセイ3着
1月12日(土)京都3Rカレンリズ1着
1月12日(土)中山4Rスワーヴヨハン2着
1月13日(日)京都10Rロードレガリス1着
1月14日(月)中山4Rローズオブシャロン2着
1月19日(日)小倉11Rメイショウキョウジ1着
1月25日(土)京都7Rヘルシャフト1着
1月25日(土)中山8Rエアコンヴィーナ3着
2月1日(土)京都10Rボッケリーニ1着
2月2日(日)小倉7Rイルヴェントドーロ1着
2月8日(土)京都9Rヒルノダカール2着
2月8日(土)東京10Rサトノラディウス1着
2月9日(日)京都1Rアサカディオネ3着
2月15日(土)東京3Rサトノアレックス2着
2月15日(土)京都6Rコウイチ3着
2月22日(土)東京5Rクロノメーター1着
2月22日(土)東京6Rレッドサーシャ1着
2月23日(日)東京7Rミスマリア1着
2月23日(日)東京8Rコーカス3着
2月29日(土)阪神3Rトゥルブレンシア2着
2月29日(土)阪神8Rサトノウィザード1着
3月7日(土)阪神6Rギルデッドミラー1着
3月8日(日)中山3Rシゲルタイタン1着
3月8日(日)中山4Rマジカルマジカル3着
3月14日(土)阪神4Rアンジェロフィリオ1着
3月15日(日)中山9Rレッドサイオン3着
3月20日(金)中山4Rバーナードループ1着
3月20日(金)阪神5Rリーガルマナー1着
3月21日(土)阪神5Rスマートクラージュ1着
3月22日(日)阪神8Rマルモネオフォース3着
3月28日(土)阪神3Rアンセッドヴァウ1着
3月28日(土)中山6Rサクラトゥジュール2着
3月29日(日)中京3Rマイネルホイッスル3着
4月4日(土)阪神9Rサトノシャローム2着
4月5日(日)中山5Rアルディエンテ1着
4月5日(日)中山6Rフジノタカネ2着
4月11日(土)中山6Rヴァンタブラック2着
4月12日(日)阪神4Rナリタアレス2着
4月12日(日)阪神6Rリバプールタウン1着
4月19日(日)阪神2Rモズナガレボシ2着
4月25日(土)東京6Rグレイトオーサー1着
4月26日(日)東京2Rラグリマスネグラス3着
4月26日(日)京都4Rゼツエイ3着
5月2日(土)京都3Rクレデンザ1着
5月2日(土)東京9Rパールドバイ1着
5月3日(日)東京4Rツルネ1着
5月9日(土)東京8Rリリーバレロ3着
5月10日(日)東京4Rヤシャマル1着
5月10日(日)東京8Rルヴォルグ1着
5月16日(土)京都4Rカケル3着
5月16日(土)東京5Rイルミナル3着
5月17日(日)東京3Rシュバルツイェガー2着
5月23日(土)東京2Rディランズソング1着
5月23日(土)京都3Rダブルアンコール1着
5月24日(日)京都8Rクーファウェヌス2着
5月31日(日)東京8Rソードライン2着
5月31日(日)京都9Rダンツキャッスル3着


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ