桜花賞2018 追い切り・外厩・オッズ・出走予定馬・想定騎手など

桜花賞2018の予想オッズ、想定騎手、追い切り情報などについての記事になります。

友達のおやじが発狂!!KLANユーザー必見!!

データを取るなら、JRA-VAN、ターゲットを使っている人は多いと思います。
予想をするなら、指数サイトとしてKLANを使ってましたが、なくなっちゃいましたよね。
競馬友達と夜飯を食べていたときのことです。
その友達のおやじさんが幕張に住んでいるんですが、完全に温度差を感じる勢いで友達に電話をしてきました。
KLANに代わるすげぇ指数サイトを見つけた」と。
千葉テレのCMで紹介されていたサイトです。

以前に何回か僕も使ってみましたがいまいちわからなかったので、この機会にもう一度調べてみました!

千葉ロッテファンのおやじさん曰く
①指数上位の【馬連6頭BOXの15点】 ※重賞以外は5頭BOX10点でいいとのこと!
②指数1位軸で【3連複軸1頭相手5頭の10点】
この買い目が「的中率と回収率高め」かつ「点数少ないから、もし外れても痛くない。優秀」とのことです。
桜花賞に注目して調査したら面白いことに!

昨年の桜花賞の結果がこれ。

で、うまコラボの予想がこれ。

①指数上位の【馬連6頭BOXの15点】
2.6.10.12.14.15 17,000円的中! 回収率1133%
②指数1位軸で【3連複軸1頭相手5頭の10点】
14-2.6.10.12.15 5,020円的中! 回収率502%

この買い方できてれば、2017年の桜花賞は19,520円勝ち。
もし、1点1万円だったら馬券代25,000円だから195,200円勝ち。まじか!

でも、今年の桜花賞も当たるのかどうかが重要。今のうまコラボの精度が知りたい!!
ということで以前無料登録していたので、3月からの全336鞍、細かく調べました!
この結果次第では皆さんも楽に勝てるのではないでしょうか。

①指数上位の【馬連6頭BOXの15点】
2回に1回以上の確率で的中!
3月31日は馬連の万馬券2本も的中してましたよ!
②指数1位軸で【3連複軸1頭相手5頭の10点】
指数1位複勝率 3回に2回の確率で的中!
3連複的中率 2回に1回以上の確率で的中!

6千円代の的中は多くみられました!
でも、的中率と回収率から総合的に判断して、
全レース買うなら①の方が勝てる確率が高い。と思われます!

桜花賞については去年の実績もあるので、①も②もチェックしたほうがいいですね!
それとサイトを調べてたら「北条のブログ」ってところで先週の大阪杯とか高松宮記念とか、重賞の指数が無料公開されてた!
もしかしたらと思って問い合わせしてみたら、今週は【桜花賞の指数が無料公開】するんだって!
勝てるチャンス到来(笑)

外れるか、ちょろ勝ちか、大勝ちか!?
クリック↓↓↓
⇒ このページから無料登録できました!

※メールアドレスを登録するとログイン情報が届き、ログインして予想を閲覧できます。
自分も分けていますが競馬専用メールアドレスがあると便利ですよ(*^o^*)!

 

上位人気は何といっても現在4連勝中のラッキーライラックでしょう。

注目のオルフェーブル産駒で早速結果を残しています。

前走のチューリップ賞を圧勝し、今後も楽しみな馬ですね*\(^o^)/*

ただ、桜花賞は1番人気の信頼度が低く、予定通りに行かないところが怖いところです。

その点を含めて予想をしていきたいと思います!!

 

また、今週からブログランキングを始めました(*^o^*)!

追い切り注目馬に関しては、ブログランキングに記載しているのでぜひ参考にしてみてください。

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

(現在61位)

 

まずは、予想オッズ・想定騎手から・・・

★予想オッズ、想定騎手★

出走予定馬 想定騎手 予想オッズ
ラッキーライラック 石橋脩 1.5倍
アーモンドアイ C.ルメール 3.8倍
リリーノーブル 川田 4.3倍
プリモシーン 戸崎 6.8倍
マウレア 武豊 7.1倍
リバティハイツ 北村友 8.9倍
アンコールプリュ 藤岡康 10.1倍
ハーレムライン 大野 11.5倍
アマルフィコースト 浜中 15.7倍
レッドレグナント M.デムーロ 18.8倍
レッドサクヤ 21.4倍
デルニエオール 池添 32.7倍
アンヴァル 藤岡佑 38.2倍
トーセンブレス 柴田善 40.5倍
ツヅミモン 秋山 49.3倍
スカーレットカラー 岩田 55.8倍
モルトアレグロ 田辺 64.7倍
コーディエライト 和田竜 69.1倍

※阪神芝1600m右まわりのコース。

☆過去5年データ

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:稍重
1 10 レーヌミノル 8 池添謙一 牝3 55 1:34.5 4 4 35.4 ダイワメジャー
2 6 リスグラシュー 3 武豊 牝3 55 1:34.6 1/2 9 8 35.3 ハーツクライ
3 14 ソウルスターリング 1 C.ルメール 牝3 55 1:34.6 クビ 6 5 35.4 Frankel
2016年
馬場:良
1 13 ジュエラー 3 M.デムーロ 牝3 55 1:33.4 16 17 33.0 ヴィクトワールピサ
2 12 シンハライト 2 池添謙一 牝3 55 1:33.4 ハナ 8 8 33.7 ディープインパクト
3 10 アットザシーサイド 6 福永祐一 牝3 55 1:33.7 1.3/4 10 11 33.9 キングカメハメハ
2015年
馬場:良
1 6 レッツゴードンキ 5 岩田康誠 牝3 55 1:36.0 1 1 33.5 キングカメハメハ
2 7 クルミナル 7 池添謙一 牝3 55 1:36.7 4 12 13 33.4 ディープインパクト
3 1 コンテッサトゥーレ 8 C.ルメール 牝3 55 1:36.8 3/4 5 11 33.6 ディープインパクト
2014年
馬場:良
1 18 ハープスター 1 川田将雅 牝3 55 1:33.3 18 18 32.9 ディープインパクト
2 12 レッドリヴェール 2 戸崎圭太 牝3 55 1:33.3 クビ 13 15 33.4 ステイゴールド
3 10 ヌーヴォレコルト 5 岩田康誠 牝3 55 1:33.4 3/4 12 12 33.8 ハーツクライ
2013年
馬場:良
1 7 アユサン 7 C.デムーロ 牝3 55 1:35.0 9 10 35.5 ディープインパクト
2 14 レッドオーヴァル 2 M.デムーロ 牝3 55 1:35.0 クビ 15 14 35.1 ディープインパクト
3 9 プリンセスジャック 14 福永祐一 牝3 55 1:35.4 2.1/2 13 14 35.6 ダイワメジャー

・人気傾向

昨年も8番人気のレーヌミノルが優勝するなど、比較的荒れる傾向にあるレースです。

1番人気の信頼度も低く人気に左右されないことが大事ですね。

最も馬券に絡んでいたのは2番人気で、それ以外は人気薄であっても注意です。

・枠番傾向

5枠が圧倒的に好成績ですが、他は満遍なく結果を残している。

5枠以外は特に偏った傾向はなさそうですので、まずは5枠を中心に狙うのが良いでしょう。

・脚質傾向

後方からの馬が好走する傾向があります。

昨年は先行したレーヌミノルがそのまま優勝しましたが、差し・追込馬が圧倒的に好成績です。

脚質傾向としては、差し・追込を押さえておくのが良さそうです。

・血統傾向

昨年は落としましたが、ディープインパクト産駒が過去5年でも4度馬券に絡んでおり好走率は高い。

ディープインパクト産駒がいたら押さえておきましょう。

また、ダイワメジャー産駒の一発にも注意ですね。

・騎手傾向

騎手で注意すべきは、現在3年連続で馬券に絡んでいる池添謙一騎手を筆頭に、過去5年でも活躍役を見せているC.ルメール騎手、M.デムーロ騎手、岩田康誠騎手、福永祐一騎手の5人です。

この5人は人気問わず結果を残して来るため、騎乗する馬は要チェックですね。

【出走馬見解】

ラッキーライラック

前走時はノーザンファームしがらきで外厩仕上げでしたが、今回は外厩を使用せず。

ダントツで1番人気になるのは無傷の三連勝をしたラッキーライラックでしょう。阪神ジュベナイルフィリーズでは、メンバー最速の上がりタイムで優勝。

落ち着きのある馬で、追われてからの反応は抜群。

特に、この3戦はレースセンスを感じさせる走りで、桜花賞と同条件の阪神JFを制しているのはプラス材料。

調教では、馬なり主体の調教で一週前追い切りは一杯に追い、最終追い切りでは強めで追われている。

本番でも調教通りに良い動きをする馬なので、最終追い切りで好タイムを出しているなら注意ですね。

アーモンドアイ

前走時同様ノーザンファーム天栄で外厩仕上げ。

シンザン記念では、雨で渋った馬場にも関わらず、メンバー最速の上がりタイムで、2着馬に1馬身以上差をつけて差し切り勝ち。驚異的な末脚で牡馬を圧倒しており、桜花賞でも上位人気は間違い無いでしょう。

馬場状態に関係なく走れる馬で、シンザン記念好走馬は桜花賞でも好走率が高いため、押さえておきたい一頭です。

アーモンドアイは、馬なり中心で併せ馬と併走する調教スタイル。

それでも動きは軽快で、最終追い切りでは好タイムを出してくるので、一週前追い切りよりも最終追い切りを重視するのが良いでしょう。

リリーノーブル

前走時はノーザンファームしがらきで外厩仕上げでしたが、今回は外厩を使用せず。

阪神JFではレース間隔が短かかったため、中一週でも最終追い切りのみの調教で2着。一度抜け出したが、ラッキーライラックに詰め寄られ、再度伸び脚を見せるも届かず。

敗因としてしっかりマークをされていたのも大きいが、粘り強さもあって勝ち馬に劣らず能力は高い馬です。

調教では馬なりを中心に行っており、あまり調教数は多くない。

ただ、最終追い切りでは強めの調教をして好タイムを出しているため、桜花賞でも普段通りに調教できているかは要チェックですね。

プリモシーン

前走時同様にノーザンファーム天栄で外厩仕上げ。

フェアリーステークスではスタートから中団の位置につけると、徐々にポジションを上げていって直線では後続を突き放す伸び脚で優勝。自分のリズムで走ることができれば強い馬です。

前走、前々走の動きを見るとここでも人気にはなりそうですね。

1600mは3戦とも戦ってきて距離適性は問題ない。

中山コースで好走しているので問題ないかとは思いますが、阪神コースは初めてで急坂にうまく対応できるかが鍵となってくるでしょう。

どのレース時も馬なり中心での調教で、最終追い切りでは折り合いのついた動きでしっかりと仕上がってくるので、桜花賞でも最終追い切りの動きには注目したい。

桜花賞外厩情報

※()内は前走時

グリーンウッド

ツヅミモン(グリーンウッド)

レッドサクヤ(なし)

リバティハイツ(なし)

ノーザンファーム天栄

プリモシーン(ノーザンファーム天栄)

アーモンドアイ(ノーザンファーム天栄)

ノーザンファームしがらき

デルニエオール(なし)

フィニフティ(ノーザンファームしがらき)

一週前追い切り注目馬情報

今回は、一週前追い切りで気になる馬の7頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

ラッキーライラック

☆追い切り評価A☆

3/28 栗CW良 強め

82.7 66.5 51.9 38.3 11.6 [7]


一杯に追われた3歳500万下のウォルビスベイと併せて、内を1.8秒追走して0.1秒の先着。

安定のデキで、一週前追い切りでは抜群の伸び脚でラストは11.6秒の猛タイム。

格下の併走馬にかなり追走してでしたが、あっさり先着し今回も仕上がりは順調そうです。

全体タイムも好タイムですし、好調キープと考えて良いでしょう。

チューリップ賞でひと叩きした上積みもあり、無傷の4連勝で迎える5戦目も楽しみな一頭ですね。

リリーノーブル

☆追い切り評価A☆

3/28 栗坂良 一杯

52.3 38.1 24.4 12.1


一週前追い切りでは自己ベストを大きく更新。

折り合いもついていて、ラストも抜群の伸び脚で仕上がりは良好です。

一週前追い切りで6回目の調教で、一杯にやれていますし前走時の疲れは全くなさそうです。

この馬もチューリップ賞で叩いた分の上積みが期待できるので、桜花賞に向けて仕上げられた今回は注意したい。

リバティハイツ

☆追い切り評価A☆

3/28 栗坂良 馬なり

53.5 39.4 26.2 12.9


一週前追い切りでは北村友一騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた3歳500万下のアリストラインと併せて、0.5秒追走して0.3秒の先着。

馬なり調教でも終いはしっかり伸びていて、タイムも自己ベストに近い。

格下の併走馬を圧倒し、前走時同様に今回も仕上がりは万全でしょう。

メンバーも弱かったとはいえ、フィリーズレビューを制し状態は上向いている。

マウレア

☆追い切り評価A☆

3/29 栗CW良 強め

82.4 66.4 51.2 37.7 11.7 [7]


一週前追い切りでは嶋田騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われたオープン馬のヤングマンパワーと併せて、内を0.8秒追走して0.2秒の先着。

普段一週前追い切りは馬なり調教ですが、今回は強めにやれていて疲れも全く感じない。

古馬オープン馬相手に追走する形であっさり先着し、終いの伸び脚も抜群。

加速ラップも刻み仕上がりは順調と見て良いでしょう。

フィニフティ

☆追い切り評価A☆

3/29 栗CW良 一杯

81.8 66.2 52.0 38.1 12.1 [7]


一週前追い切りでは福永騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のダノンサンシャインと併せて、内を1.1秒追走してクビ差の先着。

前走時同様に一週前追い切りでは強めの調教で、水準以上の好タイムを出しており、好調キープと考えて良さそうです。

今回もしっかり乗り込まれ、前走叩いた上積みもありそうなので軽視禁物ですね。

アーモンドアイ

☆追い切り評価B☆

3/28 美南W良 馬なり


キリのため詳細はわからず。

3歳500万下のダノングレースと併せて外を同入。

調教を開始してからは、一週前追い切りで4回目の調教。

普段通りの馬なり調教で、前走時同様に状態面の心配はいらないでしょう。

一週前追い切りはキリで詳細がわからなかったため、最終追い切りは要チェックですね。

プリモシーン

☆追い切り評価B☆

3/28 美南W良 馬なり


1600万下のワイルドカードと併せて外を同入。

この馬もキリのため詳細はわからない。

馬なり主体で調教メニューをこなしており、調教を開始してから一週前追い切りで3回目。

まだ時計を出す調教もしていないので、最終追い切りの動きには注目ですね。

最終追い切り注目馬情報

今回は、最終追い切りで気になる馬の10頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

ラッキーライラック

☆追い切り評価A☆

4/4 栗CW良 馬なり

84.6 67.1 52.3 38.2 11.6 [7]


一杯に追われたオープン馬のフェルメッツァと併せて、内を0.4秒追走して0.1秒の先着。

一週前追い切りで強めに追って馬体も絞られており、最終追い切りは馬なり調教でオープン馬に馬なりであっさり先着。

終いの伸びは一週前同様に鋭い脚で、仕上がりは万全でしょう。

チューリップ賞でひと叩きした上積みも期待でき、無傷の5連勝となるか楽しみな一頭です。

リリーノーブル

☆追い切り評価A☆

4/4 栗CW良 一杯

84.4 66.9 51.3 37.0 11.3 [7]


最終追い切りでは川田騎手が騎乗しての調教。

前走時の最終追い切りでもラストは11.5秒とすごかったが、今回は11.3秒とさらに猛タイムを叩き出している。

前走時同様に一週前追い切りと最終追い切りで強めの調教ができていて、今回も万全のデキでしょう。

前走は3着に敗れましたが、この馬もチューリップ賞で叩いた分の上積みもあり、桜花賞では良い状態で迎えられそうですね。

フィニフティ

☆追い切り評価A☆

4/4 栗CW良 強め

67.3 51.1 37.7 11.9 [6]


一週前追い切りでは通常通り強めの調教でしたが、最終追い切りで強めに追ったのは今回が初めて。

仕掛けてからの反応は良く、調教でもクイーンカップのラスト同様に抜群の伸び脚。

仕上がりは順調そうです。

キャリアはまだ浅く、前走のクイーンカップは休み明け1戦目。

上位実績馬との力差は大きくはなく、2戦目となる今回は抽選が通れば面白そうな一頭です。

レッドサクヤ

☆追い切り評価A☆

4/4 栗CW良 強め

67.0 51.5 37.6 11.6 [5]


最終追い切りでは松山騎手が騎乗しての調教。

この馬はレースごとに力をつけており、半マイルからの脚は自己ベストを出した前走時よりも好タイム。

2週続けて終い11秒台の猛タイムを出しており、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

一週前追い切りでは格下の併走馬を圧倒し、あとは能力差が鍵。

リバティハイツ

☆追い切り評価B☆

4/4 栗坂良 馬なり

54.2 39.4 25.5 12.0


最終追い切りでは北村友一騎手が騎乗しての調教。

今回は馬なり中心の調教でしたが、一週前追い切りでは格下の併走馬と併せて自己ベストと同タイムを出しています。

最終追い切りでは加速ラップを刻んでいて、動き自体は悪くなく、好調キープと考えて良いでしょう。

ただ、デビュー戦から連戦が続くため疲れのせいなのか、普段通りに最終追い切りで一杯に追われていない点は気になる。

プリモシーン

☆追い切り評価B☆

4/4 美南W良 馬なり


一杯に追われた500万下のプロムナードと併せて、内を0.4秒の先着。

一週前追い切り同様に最終追い切りでも霧のせいでタイムがわかりませんでしたが、500万下の古馬を圧倒。

坂路コースとの折り合いもついていて仕上がり自体は良好ではないでしょうか。

本番の馬体重はチェックですね。

追い切り注目馬

☆追い切り評価A☆

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

4/4 栗CW良 馬なり

81.4 66.4 51.9 38.7 12.3 [5]


最終追い切りでは秋山騎手が騎乗しての調教。

最終追い切りでは自己ベストを大きく更新し、調教数も最終追い切りで9回目の乗り込みも十分。

仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

今回は立て直し入念に仕上げられているので、調教通りの動きを出せるなら一発注意したい。

コーディエライト

☆追い切り評価B☆

4/4 栗坂良 馬なり

51.8 37.9 24.9 12.8


坂路コースで入念に調教しており、最終追い切りでは自己ベストを更新する走り。

前走は久しぶりのレースだったとはいえ、15着と大崩れ。

G3では安定して走れていたが、G2以上は力が及ばない。

ひと叩きした上積みはありそうですが、大きく一変とまでは行かないでしょう。

アーモンドアイ

☆追い切り評価B☆

4/4 美南W良 馬なり


最終追い切りではC.ルメール騎手が騎乗しての調教。

一週前追い切り同様に霧のためタイムはわかりませんでした。

乗り込み量としては最終追い切りで6回目。

1日には6ハロン追いができていて、最終追い切りは騎手騎乗でしっかりやれているので仕上がり自体の心配はいらないでしょう。

アンコールプリュ

☆追い切り評価A☆

4/4 栗坂良 強め

54.9 40.5 26.3 12.8


最終追い切りでは藤岡康太騎手が騎乗しての調教。

前走時との間隔が短いため、乗り込み量は少ないが一週前と最終は強めの調教ができており疲れの心配はいらないでしょう。

一週前追い切りでは長めの調教ができており、かなり追走するも併走馬にしっかり追いつきタイムも悪くない。

最終追い切りでは強めの調教ですが、自己ベストを更新し仕上がりは順調でしょう。

この馬もレースごとに力をつけていて、前走叩いた上積みも期待できるため、軽視禁物の一頭です。

今週の追い切り情報

今週末に行われる重賞の追い切り情報も更新していますのでご参考に。

ニュージランドトロフィー2018 追い切り情報

阪神牝馬ステークス2018 追い切り情報

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ