オークス2018 追い切り・外厩・オッズ・出走予定馬・想定騎手など

オークス2018の予想オッズ、想定騎手、追い切り情報などについての記事になります。

【KLANユーザー必見】友達のおやじが、またまた発狂!!

データを取るなら、JRA-VANやターゲットを使っている人は多いと思います。
予想をするなら指数サイトとしてKLANを使ってましたが、なくなっちゃいましたよね。
今年の春、友達のおやじさんから
「KLANに代わるすげぇ指数サイトを見つけた!」と教えてもらいました!

何がすげぇんだよ!って思いますけど、この指数サイトですよね。
⇒https://www.collabo-n.com/

僕もあれからずっと使い続けているのですが、正直うまく使いこなせていませんwww
これを見てください!!

2018年5月5日(土)

2018年5月6日(日)

全部、おやじさんの的中実績です。
完全に、この指数サイトのプロになりつつありますねwww

そのおやじさんが、僕に口すっぱく言うのは、
「初めはあんま勝てなかった。
大事なのは、自分の予想スタイルを崩さないこと。
カツジが来ると思ったらカツジを買うんじゃぁぁぁ!

まぁ、見事に外れたけど。。。笑

このサイトから出される指数を参考に買い目を決めていけば、
おのずと勝てる買い方が見えてくる。」

とのことでした。
とりあえず、指数上位6位までの馬がよく馬券になるとのことです。

「今年の京都新聞杯だって、指数を見なかったら
アドマイヤアルバなんて買えなかった。
ステイフーリッシュさえも買えなかった。
3連単26万馬券当たってもーた。」

データで競馬予想をする人だったら、指数サイトは活用すればするほど勝てる!
おやじさんからの遺言です。。。笑

僕はデータ派の競馬予想をするので、自分でまとめている追い切りや外厩データも組み合わせて、もっと研究していきたいと思います!

みなさんも時間があったら見てみてください。

僕が一番便利と思ったのが、過去4年分の指数予想データがサイト内に残っているので、この重賞はどういった指数順位で3連単がとれたかなど、全レースの的中・不的中傾向が見れます。
日本ダービーの過去4年の指数結果は?天皇賞秋は?有馬記念は?
もっと言えば、
新馬戦は?障害戦は?東京芝1600mは?ダートは?

このデータをまとめていけば、そのレース毎に馬券になりやすい指数データが見えてきます。

こちらから無料でサイトが見れますので、参考にしてみてください。
⇒こちらから無料で登録できます!!

※メールアドレスを登録するとログイン情報が届き、予想を閲覧できます。

★予想オッズ、想定騎手★

出走予定馬 想定騎手 予想オッズ
アーモンドアイ C.ルメール 2.1倍
ラッキーライラック 石橋脩 2.4倍
サトノワルキューレ M.デムーロ 4.8倍
リリーノーブル 川田 6.9倍
マウレア 武豊 9.2倍
オールフォーラヴ 和田竜 12.4倍
パイオニアバイオ 北村宏 15.1倍
カンタービレ 田辺 18.8倍
トーセンブレス 柴田善 20.4倍
ゴージャスランチ 横山典 28.3倍
ランドネ 内田博 35.9倍
レッドサクヤ 福永 42.1倍
スカーレットカラー 50.7倍
ウスベニノキミ 三浦 63.8倍
ロサグラウカ 戸崎 71.9倍
オハナ 藤岡康 80.4倍
サヤカチャン 松岡 88.1倍
シスターフラッグ 岩田 94.3倍
トーホウアルテミス 松若 102.8倍
ウインラナキラ 124.6倍

☆過去5年データ☆

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:良
1 2 ソウルスターリング 1 C.ルメール 牝3 55 02:24.1 2 2 34.1 Frankel
2 1 モズカッチャン 6 和田竜二 牝3 55 02:24.4 1.3/4 6 5 34.1 ハービンジャー
3 16 アドマイヤミヤビ 2 M.デムーロ 牝3 55 02:24.8 2.1/2 13 12 33.9 ハーツクライ
2016年
馬場:良
1 3 シンハライト 1 池添謙一 牝3 55 02:25.0 13 14 33.5 ディープインパクト
2 13 チェッキーノ 2 戸崎圭太 牝3 55 02:25.0 クビ 13 14 33.5 キングカメハメハ
3 14 ビッシュ 5 M.デムーロ 牝3 55 02:25.1 1/2 8 5 34.1 ディープインパクト
2015年
馬場:良
1 10 ミッキークイーン 3 浜中俊 牝3 55 02:25.0 9 9 34.0 ディープインパクト
2 14 ルージュバック 1 戸崎圭太 牝3 55 02:25.1 3/4 5 4 34.5 マンハッタンカフェ
3 17 クルミナル 6 池添謙一 牝3 55 02:25.2 1/2 6 6 34.4 ディープインパクト
2014年
馬場:良
1 9 ヌーヴォレコルト 2 岩田康誠 牝3 55 02:25.8 9 8 34.2 ハーツクライ
2 10 ハープスター 1 川田将雅 牝3 55 02:25.8 クビ 16 16 33.6 ディープインパクト
3 5 バウンスシャッセ 3 北村宏司 牝3 55 02:25.9 クビ 7 8 34.4 ゼンノロブロイ
2013年
馬場:良
1 3 メイショウマンボ 9 武幸四郎 牝3 55 02:25.2 7 7 34.6 スズカマンボ
2 13 エバーブロッサム 5 戸崎圭太 牝3 55 02:25.4 1.1/4 9 9 34.6 ディープインパクト
3 5 デニムアンドルビー 1 内田博幸 牝3 55 02:25.7 2 14 11 34.7 ディープインパクト

・人気傾向

人気決着が多く、1番人気が圧倒的に好成績です。

現在5年連続で馬券に絡んでおり、その内2016年、2017年は1着。

次いで好成績だったのは2番人気。

過去5年で3度馬券に絡んでいて、こちらも注意が必要です。

人気傾向としては、1番人気、2番人気を中心に狙うのが良いでしょう。

・枠番傾向

5枠、7枠の好走が目立ちます。

2016年にはチェッキーノとビッシュの7枠2頭が馬券に絡んでいて、全体的にも好走数が多い。

次いで5枠。人気馬が結果を残しておりますが、2014、2015年で勝利しており、人気馬の5枠には特に注意したい。

4枠と6枠は過去10年でみても1度ずつしか馬券に絡んでいないので、ほぼ除外しても良さそうな枠です。

まずは、5,7枠を中心に、4,6枠を除外して馬券を組んでいくのが良さそうですね。

・脚質傾向

差し馬が圧倒的に好成績です。

過去5年で見ると先行馬で馬券に絡んだのは、1番人気のルージュバックとソウルスターリングのみ。

他は差し・追込が活躍しており、前残りの展開が少ないレースということがわかる。

人気の先行・追込と差し馬を中心に狙っていきましょう。

・血統傾向

昨年は一頭も馬券に絡みませんでしたが、過去5年ではディープインパクト産駒が最も活躍しています。

他には、サドラーズウェルズ系、ダンチヒ系、ヴァイスリージェント系、ヌレイエフ系が過去5年に2回ずつ馬券に絡んでいて軽視は禁物です。

また、チェッキーノやモズカッチャンなど、父か母がキングカメハメハ産駒の馬にも注意です。

・騎手傾向

M.デムーロ騎手、戸崎騎手、池添騎手が好成績です。

デムーロ騎手はビッシュ、アドマイヤミヤビで2年連続で馬券に絡んでおり、今年のオークスでも注意したい騎手。

戸崎騎手は過去5年で3度馬券に絡む活躍で、人気に関わらず結果を残している。

騎手傾向としては、この3人には注意ですね。

オークス外厩情報

※()内は前走時

ノーザンファームしがらき

ラッキーライラック(なし)

ノーザンファーム天栄

アーモンドアイ(ノーザンファーム天栄)

ロサグラウカ(ノーザンファーム天栄)

吉澤ステーブルーWEST

カンタービレ(吉澤ステーブル)

グリーンウッド

レッドサクヤ(グリーンウッド)

今走時なし(前走時あり)

オハナ(山元トレセン)

シスターフラッグ(名張トレセン)

一週前追い切り注目馬情報

今回は、一週前追い切りで気になる馬の7頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

アーモンドアイ

☆追い切り評価A☆

5/9 美南W重 馬なり

82.3 66.6 52.0 38.4 12.6 [4]


一週前追い切りではルメール騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。

強めに追われた500万下のレッドアルカナと併せて、内を0.4秒追走して0.2秒の先着。

自己ベストに近いタイムを出しており、しっかり折り合いもついた動き。

重馬場でも好タイムを出しており、仕上がりは万全と考えて良さそうです。

ラッキーライラック

☆追い切り評価A☆

5/9 栗CW不 一杯

81.1 65.4 50.9 37.8 11.8 [6]


一杯に追われた3歳未勝利馬のレッドエクシードと併せて、内を1.1秒追走して0.1秒の先着。

相変わらず追われた時に反応は抜群で、不良馬場でも終い11秒台の猛タイム。

ベスト時よりもう内をまわったが、自己ベストに近いタイムを叩き出しており、引き続き好調と考えて良さそうです。

折り合いも付いていて、今回も万全のデキで本番を迎えられそうですね。

マウレア

☆追い切り評価B☆

5/9 美南W重 馬なり

68.3 53.6 39.8 12.7 [6]


一週前追い切りでは嶋田騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1000万下のスピリットソウルと併せて、内を0.4秒の追走同入。

一週前追い切りで2本目の調教で、2週前追い切りと同様に併せ馬で追走同入。

まだ時計の出す調教はしていませんが、前走時の疲れはなさそうで、一週前追い切りもしっかり加速ラップを刻み動きは悪くない。

最終追い切りの動きにも注目していきたい一頭です。

追い切り注目馬

☆追い切り評価A☆

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

5/9 栗CW不 馬なり

85.1 67.9 52.8 38.3 11.9 [6]


一杯に追われた3歳オープン馬のカンタービレと併せて、外を0.5秒先行してクビ差の先着。

プール調教を併用して状態も回復しています。

前走はメンバー最速の上がりで後方から直線一気で差し切り勝ち。

長く脚を使えるタイプで、調教でも終いは良い脚を使っています。

不良馬場でも11秒台の猛タイムで、併走馬にも先行する形とはいえしっかりと先着しており、仕上がりは順調と考えて良さそうです。

カンタービレ

☆追い切り評価B☆

5/9 栗CW不 一杯

84.6 67.4 52.3 37.9 11.9 [5]


馬なりに追われた3歳オープン馬のサトノワルキューレと併せて、内を0.5秒追走してクビ差の遅れ。

4月29日から調教を開始して一週前追い切りで6本目。

馬なり調教主体でも乗り込み量は申し分なく、一週前追い切りでは折り合いもついていて、不良馬場でも終い11秒台と追われた時の反応も良好。

ただ、併走馬には遅れをとり、全体の動きとしては前走時と比べるとやや劣る印象です。

最終追い切りに期待したい一頭です。

パイオニアバイオ

☆追い切り評価B☆

5/9 美南W重 一杯

86.0 70.0 54.6 40.1 13.3 [6]


一週前追い切りでは北村宏司騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1600万下のエンジニアと併せて、内を0.4秒の追走同入。

前走との間隔が短いため、一週前追い切りで1本目の調教でした。

今年はすでに5レースを使われて、今回も間隔が短いならがも強めに調教できているのは評価できる。

調教では時計を出す馬ではありませんが、しっかり折り合いは付いていて引き続き好調と見て良いでしょう。

リリーノーブル

☆追い切り評価A☆

5/9 栗坂不 一杯

54.5 39.9 25.4 12.0


相変わらず追われた時の反応は抜群で、終いは12秒台の好タイム。

道悪でも力強い走りで、加速ラップも刻んでいて仕上がりは順調そうです。

普段は一週前追い切り、最終追い切りで強めの調教をしている馬なので、最終追い切りでも好タイムを出すようなら注意です。

今回距離延長となりますが、好仕上がりなら近走の堅実な走りからも押さえておくのが良いでしょう。

最終追い切り注目馬情報

今回は、最終追い切りで気になる馬の8頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

アーモンドアイ

☆追い切り評価A☆

5/16 美南W良 馬なり

85.0 68.9 53.6 39.0 12.0 [7]


2週続けてルメール騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1600万下のレッドローゼスと併せて、内を0.2秒の追走同入。

普段通り最終追い切りも馬なりでの調教でしたが、ラストは抜群の伸び脚で併走馬に同入。

折り合いもバッチリで仕上がりは万全と考えて良さそうです。

ただ、心配ないかと思いますが、今回は長距離輸送がないため、本番の馬体重には注意ですね。

ラッキーライラック

☆追い切り評価A☆

5/16 栗CW良 一杯

86.0 69.2 53.8 39.1 11.5 [8]


一杯に追われた1000万下のシャンティローザと併せて、外を0.7秒追走して0.2秒先着しました。

最終追い切りでは終い重点に追われ、11.5秒の猛時計を叩き出している。

一週前追い切りでも11秒台の脚を使い併走馬を圧倒。

デキはそんなに前走時と変わらずで、引き続き好調と見て良いでしょう。

父のオルフェーヴルは長距離向きでしたし、今回距離が伸びてアーモンドアイとの差は変わりそうですね。

最終追い切り注目馬

☆追い切り評価S☆

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

5/16 栗CW良 一杯

79.3 62.6 49.3 36.4 11.8 [7]


最終追い切りでは川田騎手が実際に騎乗して感覚を確かめています。

ここにきて自己ベストを4秒も縮める猛時計を叩き出しました。

追われた時の反応もよく、全体タイムが79秒台にも関わらず終いの11秒台の走り。

ついに本格化か、前走時よりも大きな上積みを感じます。

しっかりと折り合いも付いていて仕上がりは万全でしょう。

サトノワルキューレ

☆追い切り評価A☆

5/16 栗坂良 馬なり

57.5 41.1 26.0 12.9


今回の最終追い切りでは前走時より好タイムを出す走りではなかったが、普段通り最終追い切りは軽めの調教。

実戦で変わる馬ですし、折り合いのついた調教で内容も悪くない。

一週前追い切りには好タイムを出しており、全く問題はなさそうですね。

前走が力強い内容で、距離適正も2400mの方が向いていて、条件も揃っているだけに注意したい一頭です。

カンタービレ

☆追い切り評価A☆

5/16 栗坂良 馬なり

52.4 37.8 24.9 12.3


最終追い切りでは田辺騎手が実際に騎乗しての調教。

最終追い切りで9回目の調教で、いつもと比べると入念に乗り込まれている。

今回自己ベストを更新し、このひと追いで状態は上向いてきそうですね。

馬なり調教でも終いの伸びは目立つ。

血統条件は良いですし、良馬場なら一発狙えそうな一頭です。

あとは距離延長にうまく対応できるかが鍵となってくるでしょう。

マウレア

☆追い切り評価B☆

5/16 美南W良 馬なり

68.4 53.1 38.6 12.8 [7]


最終追い切りでは嶋田騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた1600万下のアッラサルーテと併せて、内を0.5秒追走して0.1秒の先着。

動きは悪くなかったが、良かった馬と比べると平凡です。

前走時と比べると大きな上積みはなさそうですが、全姉のアユサンがこの舞台で4着しているので、

長距離の方が適正があるのかもしれません。

オールフォーラヴ

☆追い切り評価B☆

5/16 栗CW良 強め

53.7 38.6 11.9 [6]


最終追い切りは助手騎乗の調教。

終いの伸びは良かったが、道中しっかり脚を溜めてのもの。

最終追い切りで5回目の調教と乗り込み量も多くなく、今回は長めの調教はしていない。

良くも悪くもなくといったところでしょう。

パイオニアバイオ

☆追い切り評価A☆

5/16 美南W良 馬なり

66.6 51.9 38.7 12.8 [5]


一週前追い切りに続いて、最終追い切りでも北村宏司騎手が騎乗しての調教。

前走との間隔が短い分最終追い切りで2回目の調教となりますが、状態は上向いている。

半マイル51秒台を出していて、ラストの伸びも良好。

近走の走りからも安定感はあり、距離延長でもうまく対応はできるでしょう。

東京コースは今のところ一度も馬券を外していないので、展開次第では3着以内に好走する可能性は十分です。

LINE@はこちらです

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

18日(金)平安ステークス(G3)追い切り厳選馬

19日(土)オークス(G1)追い切り厳選馬

25日(金)葵ステークス(新設重賞)追い切り厳選馬

26日(土)日本ダービー(G1)追い切り厳選馬

友だち追加

通常のLINE配信は毎週19時半頃お届けする予定です*\(^o^)/*

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ