阪神牝馬ステークス2018、ニュージーランドトロフィー 追い切り予想・土曜日追い切り軸馬予想

土曜日に開催される阪神牝馬ステークス・ニュージーランドトロフィーの予想をしていきたいと思います!!

土曜日レースも午前中から追い切り好調軸馬をピックアップしましたので、良かったら参考にしてくださいー(*^^*)!!

 

 

阪神牝馬ステークス2018予想

まずは、最終追い切り振り返って見ましょう!

ソウルスターリング

☆追い切り評価A☆

4/4 美南W良 馬なり

67.3 51.3 37.9 12.4 [7]


最終追い切りではルメール騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた障害未勝利馬のトゥルーラヴキッスと併せて、内を1.3秒追走して0.2秒の先着。

一週前追い切りは霧のためわかりませんでしたが、最終追い切りでは騎手騎乗で自己ベストに近いタイム。

良い時の状態に戻ってきていて、最終追い切りで18回目と乗り込み量としては申し分ない。

折り合いも付いており、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

リスグラシュー

☆追い切り評価A☆

4/4 栗坂良 馬なり

51.3 37.7 24.8 12.1


最終追い切りでは中谷騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた3歳未勝利馬のイペルラーニオと併せて、0.3秒追走して1.0秒の先着。

相変わらず調教の動きは抜群で、追われた時の反応も良くラストは一週前追い切り同様に12.1秒と好タイムを出している。

好状態をキープし、東京新聞杯を叩いた分の上積みもあるため前走に引き続き好走が期待できる。

ミスパンテール

☆追い切り評価B☆

4/4 栗坂良 馬なり

52.9 37.6 24.6 12.4


最終追い切りでは西谷騎手が騎乗しての調教。

一週前追い切りでしっかり追われているので、最終追い切りは調整。

それでも伸びは良く、状態は前走に引き続き良好でしょう。

レースごとに力をつけていて、近走はG3を2連勝。

4歳以上のG2は初めてとなりますが、得意のマイルですし、今の勢いならあっさり優勝してもおかしくはないですね。

今年は京都牝馬ステークスを叩いているので2戦目が楽しみですね。

アドマイヤリード

☆追い切り評価A☆

4/4 栗坂良 強め

50.3 36.9 24.4 12.4


最終追い切りでは畑端騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われたオープン馬のアドマイヤゴッドと併せて、0.5秒追走して0.3秒の先着。

3月から調教を開始して、最終で17回目となる乗り込み量。

状態は上向いており、最終追い切りでは自己ベストを更新。

オープン馬の併走馬にあっさり先着し、一週前追い切りではデムーロ騎手が感覚を確かめている。

仕上がりは万全で昨年2着のレースで今年は結果を残せるか。

 

次に過去5年のデータから傾向を読み取りましょう*\(^o^)/*

☆過去5年データ

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:重
1 6 ミッキークイーン 1 浜中俊 牝5 55 1:34.3 8 8 34.0 ディープインパクト
2 16 アドマイヤリード 3 C.ルメール 牝4 54 1:34.6 1.3/4 14 11 34.0 ステイゴールド
3 8 ジュールポレール 4 幸英明 牝4 54 1:34.6 クビ 5 5 34.6 ディープインパクト
2016年
馬場:良
1 7 スマートレイアー 2 M.デムーロ 牝6 54 1:33.1 1 1 34.2 ディープインパクト
2 6 ミッキークイーン 1 C.ルメール 牝4 56 1:33.1 クビ 9 9 33.3 ディープインパクト
3 9 ウインプリメーラ 5 川田将雅 牝6 54 1:33.2 3/4 4 5 33.9 ステイゴールド
2015年
馬場:稍重
1 4 カフェブリリアント 4 福永祐一 牝5 54 1:21.1 5 4 34.4 ブライアンズタイム
2 7 ベルルミエール 7 川島信二 牝4 54 1:21.1 クビ 2 2 34.7 スウェプトオーヴァーボード
3 12 ウリウリ 3 浜中俊 牝5 54 1:21.2 1/2 10 12 34.2 ディープインパクト
2014年
馬場:良
1 4 スマートレイアー 1 武豊 牝4 54 1:20.3 13 13 33.3 ディープインパクト
2 6 ウリウリ 3 福永祐一 牝4 54 1:20.3 ハナ 9 9 33.6 ディープインパクト
3 10 ローブティサージュ 9 A.シュタルケ 牝4 54 1:20.3 クビ 4 4 34.2 ウォーエンブレム
2013年
馬場:良
1 16 サウンドオブハート 2 池添謙一 牝4 54 1:21.4 8 8 33.6 アグネスタキオン
2 15 イチオクノホシ 4 C.デムーロ 牝4 54 1:21.4 クビ 13 14 33.2 ゼンノロブロイ
3 4 クィーンズバーン 7 藤岡佑介 牝5 55 1:21.5 3/4 1 1 34.2 スペシャルウィーク

・人気傾向

比較的人気決着が多いレースですが、毎年馬券に絡む人気はおらず、成績を残しているのは1番人気、3番人気、4番人気。

過去5年で見ても4番人気までの2頭に1頭穴馬が絡む傾向があり、人気馬を中心に狙うのが良さそうです。

まずは、成績の良い1番人気、3番人気、4番人気を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

③リスグラシュー(1番人気)

②アドマイヤリード(3番人気)

⑪ミスパンテール(4番人気)

・枠番傾向

満遍なく好成績ですが、1枠は過去5年で一度も馬券に絡んでいないため注意が必要です。

中枠の成績が良く、特に4枠と5枠。

外枠の8枠も2つの枠同様に馬券率が高いので押さえておくのが良いでしょう。

【該当馬】

④ミエノサクシード(4枠)

⑤デンコウアンジュ(4枠)

⑥ソウルスターリング(5枠)

⑦エテルナミノル(5枠)

⑫ワントゥワン(8枠)

⑬ラビットラン(8枠)

・脚質傾向

前残りの展開も少なくないが、基本的には後方の追い込みが届く展開が多く、差し馬や追込馬が活躍しています。

人気の逃げ馬と、差し・追込馬を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

②アドマイヤリード(差し)

⑤デンコウアンジュ(差し)

⑪ミスパンテール(差し)

⑬ラビットラン(差し)

④ミエノサクシード(追込)

⑦エテルナミノル(追込)

⑧ミリッサ(追込)

⑫ワントゥワン(追込)

・血統傾向

ディープインパクト産駒が圧倒的に好成績で、押さえておくのが無難でしょう。

ターントゥ系×ニアークテック系の馬券率が高く、現在5年連続で優勝しているため今年も注意ですね。

【該当馬】

①ジュールポレール

⑩レッドアヴァンセ

⑫ワントゥワン

・騎手傾向

日本人騎手では福永騎手、浜中騎手が活躍しております。

2年連続でC.ルメール騎手が2着しているので今年も軽視禁物です。

騎手傾向としてはこの3人。

【該当馬】

④ミエノサクシード(福永祐一)

⑥ソウルスターリング(C.ルメール)

・追い切り注目馬

②アドマイヤリード

③リスグラシュー

④ミエノサクシード

⑥ソウルスターリング

⑪ミスパンテール

☆勝負馬☆

勝負馬1

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

クラシック路線では惜しい競馬が続いておりましたが、末脚にキレが増し、東京新聞杯では牡馬相手に完勝。

別格のキレを披露しました。

もともと堅実さのある馬で、すでに好走している阪神コースなら安定して走れそうです。

⑪ミスパンテール

昨年ターコイズステークスを僅差ながらも鋭い脚で快勝。続く京都牝馬ステークスは力強い伸びで圧勝。

牝馬路線では無敵の強さでした。

ここもメンバーは強くなりますが、この馬の成長力から楽しみです。

ニュージーランドトロフィー2018予想

まずは、最終追い切り振り返って見ましょう!

ケイアイノーテック

☆追い切り評価B☆

4/4 栗坂良 馬なり

53.0 39.0 25.5 12.8


最終追い切りでは戸崎騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のフィップルと併せて、0.3秒追走して0.2秒の先着。

前走時との間隔は短いが、15日から調教を開始して最終追い切りでは3回目の調教。

馬なり中心の調教でもラストの伸びは評価でき、仕上がりは順調と考えて良さそうです。

前走は500万下クラスを2着馬に4馬身差をつけ圧勝しており、能力はこのメンバーでも上位でしょう。

カツジ

☆追い切り評価A☆

4/4 栗CW良 馬なり

84.3 67.0 51.9 37.7 11.8 [8]


最終追い切りでも松山騎手が騎乗しての調教。

今回は全て騎手騎乗の調教で、一週前追い切りと最終追い切りともに終い11秒台の末脚で仕上がりは良好。

2週前追い切りでは不良馬場にも関わらず、自己べストに近いタイムを出していて、得意のマイルに戻る今回は改めて期待できる。

カシアス

☆追い切り評価A☆

4/4 栗坂良 馬なり

54.5 39.0 25.2 12.2


最終追い切りでは坂路コースで軽い調教。

加速ラップを刻んでかつ終いの伸びも良い。

朝日杯では7着に敗れてしまったものの、G2以下のクラスでは安定して走れている。

今回は外厩を使用し、帰厩後も好状態をキープ。

メンバーも揃っている訳でもないので、ここは入着も十分可能でしょう。

ファストアプローチ

☆追い切り評価B☆

4/4 美南坂良 一杯

52.0 38.7 25.7 12.9


最終追い切りでは田辺騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1000万下のシンボリバーグと併せて、0.7秒追走して0.5秒の先着。

馬なり主体での調教で、追い切りを開始してからは14回もの調教をこなし、ニュージーランドトロフィーに向けて状態は仕上がっている。

近走は大崩れもなく走れてはいますが、3着以内には入れず。

最終追い切りでは自己ベストを更新し、間隔を空け調整した今回は改めて期待したい。

リョーノテソーロ

☆追い切り評価B☆

4/4 美南W良 馬なり

53.3 38.4 12.9 [7]


馬なりに追われた3歳未勝利のシャープスティーンと併せて、内を0.4秒の追走同入。

最終追い切りでは吉田隼人騎手が騎乗しての調教。

プール調教を併用しておりますが、3月始めから最終追い切りで8回目の調教で乗り込み量としては問題ない。

一週前追い切りでは好タイムを出しており、併走馬には遅れはしたものの、かなり追走してのもの。

最終追い切りは軽い調教で仕上がりは万全と見て良さそうです。

☆過去5年データ

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:稍重
1 6 ジョーストリクトリ 12 A.シュタルケ 牡3 56 1:36.0 5 4 34.9 ジョーカプチーノ
2 4 メイソンジュニア 8 菱田裕二 牡3 56 1:36.2 1.1/4 1 1 35.5 Mayson
3 16 ボンセルヴィーソ 5 松山弘平 牡3 56 1:36.2 ハナ 2 2 35.3 ダイワメジャー
2016年
馬場:良
1 5 ダンツプリウス 2 丸山元気 牡3 56 1:33.9 5 3 34.8 ブライアンズタイム
2 8 ストーミーシー 14 江田照男 牡3 56 1:33.9 ハナ 13 15 34.4 アドマイヤムーン
3 4 エクラミレネール 12 北村宏司 牝3 54 1:33.9 クビ 9 8 34.7 マツリダゴッホ
2015年
馬場:稍重
1 8 ヤマカツエース 7 池添謙一 牡3 56 1:34.8 9 8 34.9 キングカメハメハ
2 9 グランシルク 1 戸崎圭太 牡3 56 1:34.9 3/4 16 16 33.7 ステイゴールド
3 12 アルマワイオリ 2 勝浦正樹 牡3 56 1:34.9 アタマ 11 10 34.7 マツリダゴッホ
2014年
馬場:良
1 12 ショウナンアチーヴ 1 後藤浩輝 牡3 56 1:33.3 11 8 34.5 ショウナンカンプ
2 9 ショウナンワダチ 4 北村宏司 牡3 56 1:33.3 ハナ 7 7 34.8 ショウナンカンプ
3 15 ベルルミエール 8 川島信二 牝3 54 1:33.5 1.1/4 3 3 35.4 スウェプトオーヴァーボード
2013年
馬場:良
1 12 エーシントップ 2 内田博幸 牡3 56 1:34.8 3 3 34.5 TaleoftheCat
2 4 レッドアリオン 3 川須栄彦 牡3 56 1:34.8 クビ 3 4 34.5 アグネスタキオン
3 3 ストーミングスター 12 柴田善臣 牡3 56 1:34.8 ハナ 2 2 34.6 ストーミングホーム

・人気傾向

過去5年でも12番人気が3度馬券に絡んでおり、1番人気よりも信頼度は高い。

人気傾向では2番人気と12番人気が比較的好成績です。

荒れる傾向にあるレースで、2016年には三連単100万越え、2017年は三連単49万円と高配当が続出。

人気に左右されずに予想することをおすすめします。

【該当馬】

③ゴールドギア(12番人気)

・枠番傾向

中枠が圧倒的に好成績で、1枠と7枠の成績が低い。

中でも2枠・3枠が2年連続で馬券に絡んでおり、今年も注意が必要ですね。

枠番傾向としては、まずは1枠を除外し2枠と3枠を中心に考えるのが良いでしょう。

【該当馬】

②デルタバローズ(2枠)

③ゴールドギア(2枠)

④アイスフィヨルド(3枠)

⑤カツジ(3枠)

・脚質傾向

昨年は馬場状態も悪かったため、前残りの展開となりましたが、差し馬や追込馬も好走率の高いレース。

展開次第で変わるため傾向としてはなんとも言えないところですが、前残りの展開の時は後ろからの馬は1頭も馬券に絡まないため注意が必要です。

差しが決まるレースでも先行馬が1頭は馬券に絡んできたりするため、絞るならば先行馬が良さそうですね。

【該当馬】

⑥カシアス(先行)

⑦エントシャイデン(先行)

⑫リョーノテソーロ(先行)

⑮アンブロジオ(先行)

・血統傾向

サンデーサイレンス系血統がやはり強く、他にはノーザンダンサー系×ネイティヴダンサー系の組み合わせの好走率が目立ちます。

ダンツプリウスやヤマカツエースなど、ロベルト系を父母どちらかに持つ馬が2015年、2016年を制しているのでロベルト系にも注意したいですね。

【該当馬】

⑬ペイシャルアス(ロベルト系)

・騎手傾向

騎手傾向では偏りは全くなく、満遍なく成績を残しております。

強いて言えば過去5年で2度馬券に絡んでいる北村宏司騎手くらいです。

桜花賞が阪神のため、主要騎手はほとんど阪神に行っており、その辺りも荒れる要因かと思います。

ちなみに中山芝1600mの騎手成績では戸崎騎手、田辺騎手、柴田大知騎手が好成績です。

【該当馬】

①コスモイグナーツ(柴田大知)

⑩ファストアプローチ(田辺裕信)

⑭ケイアイノーテック(戸崎圭太)

☆勝負馬☆

⑤カツジ

前走時は仕上がりも良くはなく、体重もプラス14kgと絞りきれていなかった。今回はしっかり乗り込まれ状態は上向いている。

前走ひと叩きした上積みも期待でき、結果を残していた1600mに戻るのも好材料です。

好枠を引けていますし、血統傾向も申し分ないので、今回改めて期待したい一頭です。

勝負馬②

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

カツジ同様に今回は外厩仕上げで、帰厩後は好状態をキープ。実績はG3を優勝し、G2でも2着とメンバートップ。

調教でもラストの伸び脚は抜群で、本番でも調教通りの動きならば好走が期待できる。

過去2戦は1600mを経験し、今回間隔を空け入念に調整されているので注意ですね。

土曜日追い切り軸馬予想

先週に続いて土曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

【中山】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

5R

☆⑤モンテグロッソ(勝負度B)

一週前追い切りと最終追い切りはキリのため詳細が不明ですが、格上馬と併走調教。

直線タイムはこのメンバーでは優秀です。

最終追い切りでは併走馬に遅れをとりましたが、終いの伸びは抜群で仕上がりは順調でしょう。

7R

☆⑯エナジーピエトラ(勝負度A)

馬なり中心だが、1日に行われた調教では自己ベストを更新。

坂路コースで入念に乗り込まれ、加速ラップをしっかり刻んで仕上がりは順調ですね。

近走はかなり安定してきて良い状態ですし、前走は2着に6馬身差をつける圧勝。

昇級戦でも期待できる。

10R

☆①コルコバード(勝負度A)

3歳オープン馬を煽り追走した形でしっかり同入。

終いの伸びも抜群で状態は上向いている。

2月にひと叩きした上積みもあるため期待したい。

【阪神】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

1R

☆⑬プロネルクール(勝負度A)

今回は馬なり調教のみでしたが、最終追い切りでは前走時出した自己ベストをさらに更新。

レースごとに状態は良くなっていて、今回も好状態をキープ。

加速ラップも刻んでいて好仕上がりです。

3R

☆⑤フードゥルブラン(勝負度B)

調教では格上の併走して、遅れをとってますがしっかり粘っている。

最終でもタイムは優秀で終いの伸び脚は抜群。

今回デビュー戦となるが、3月中盤から入念に乗り込まれ、仕上がりは万全でしょう。

一発注意ですね。

5R

☆⑪シヴァージ(勝負度A)

今回は最終追い切りの1回のみの調教と、乗り込み数は少ないが自己ベストをさらに更新し好調キープできている。

しっかり加速ラップも刻んでいて、追われた時の反応が良く終いの伸びも抜群。

状態面では前走時よりも上向いているので、今回も期待したい一頭です。

1着、2着、3着ときているので、4着とならないことを祈りますww

6R

☆①アドマイヤアルバ(勝負度B)

最終追い切りでは自己ベストを大きく更新しており、500万下の併走馬にあっさり先着。

前走が3月10日だったにも関わらず、しっかり乗り込まれており最終で7回目。

休み明けを叩いた上積みもあるため、ここは押さえておきたい。

10R

☆④フォイヤーヴェルク(勝負度A)

一週前追い切りと最終追い切りでは遅れはしているものの、どちらも格上相手なので心配はいらない。

自己ベストに近いタイムを出していて、時計は優秀です。

鉄砲はきくタイプで休み明けも問題ない。

【福島】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

1R

☆⑧ニホンピロマドン(勝負度B)

一週前追い切りでは強めに追って、全体タイムは80秒台の好タイム。

折り合いもしっかり付いていて仕上がりは順調と考えて良さそうです。

最終追い切りでも軽い調教で終いの伸びは良く、改めて期待したい一頭です。

6R

☆④フュージョンロック(勝負度A)

一週前追い切りでは遅れはしたものの、併走馬は格上ですし攻め駆けするタイプなので特に心配はいらないです。

最終追い切りでは馬なり調教でも好タイムを出していて、しっかり追われた格下に先着。

状態は安定しており、今回も好調キープと考えて良いでしょう。

今週の追い切り情報

今週末に行われる重賞の追い切り情報も更新していますのでご参考に。

桜花賞2018 追い切り情報

ニュージランドトロフィー2018 追い切り情報

阪神牝馬ステークス2018 追い切り情報

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ