青葉賞2018 追い切り予想・土曜日追い切り軸馬予想

青葉賞2018の予想オッズ、想定騎手、追い切り情報などについての記事になります。

LINE読者さんから合計10万越えの的中報告!!

先日いつもやりとりをしている読者さんから、

「当たればそれで良いんだ。プライドなんか捨てちまえ」

という良くわからないメッセージとともに馬券が送られてきましたww

15,000円で70,700円払い戻し!!

「えっ!?普通に凄いじゃないですか?」

と聞いたら、外厩情報から予想してるサイトがあって、それにもう全てを委ねているとのことw

どんな予想だったのか知りたく、すぐに無料登録したら、その予想が見れました。

単勝・3連複はダメだったようですが、三連単70,700円を的中できたみたいですw

そして、実際に登録して試してみたら、デジャヴかと思わせるまたまた福島1Rで予想していました。

試しに100円ずつですが買ってみました!!

まさかの三連単12,900円的中*\(^o^)/*笑

おっちゃんに連絡したところ、

おっちゃんはまた500円ずつ買ってましたww

おっちゃんに負けたのは悔しいですが、実はこのサイトはもともと騎手で外厩でも馬に乗っていたプロが情報を入手しており、やはり外厩や追い切りを制することが馬券的中への近道ですね!

登録して確認したところ毎週無料予想で買い目を出してくれていますので、重賞以外のレースも馬券を購入する方なら心強い味方になりそうです(*^o^*)!

⇒こちらから無料登録して予想を見れます

※メールアドレスを登録すると無料予想を閲覧できます。

 

青葉賞2018予想

まずは、最終追い切り振り返って見ましょう!

今回は、最終追い切りで気になる馬の5頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

サトノソルタス

☆追い切り評価A☆

4/25 美南W重 馬なり

70.7 53.9 39.1 12.4 [7]


馬なりに追われたオープン馬のアルバートと併せて、外を2.7秒の先行同入。

アルバートにはかなり先行して追いつかれましたが、遅れは取らずラストの伸びは抜群。

折り合いもしっかりついており、仕上がりは順調そうです。

一週前追い切りでは強めの調教で、自己ベストを出しており、今回は乗り込み量も申し分ない。

ここ2戦は東京コースで好走していて、今回ひと叩きした上積みも期待できるので押さえておきたい一頭です。

オブセッション

☆追い切り評価A☆

4/25 美南W重 一杯

67.1 51.6 38.3 12.8 [7]


最終追い切りは木幡育也騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた3歳オープン馬のファストアプローチと併せて、内を1.2秒追走して0.2秒の遅れ。

併走馬には遅れたものの、かなり追走してのものですし、最終追い切りでは自己ベストを大きく更新。

ラストの伸びも良く、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

前走は重賞を落としたが、新馬戦で余裕勝ちした東京コースという点もプラス材料で、血統的にも相性は良いためここは改めて期待したい一頭です。

ゴーフォザサミット

☆追い切り評価A☆

4/25 美南W重 馬なり

67.5 52.0 38.5 12.6 [8]


最終追い切りでは蛯名騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた3歳オープン馬のファストアプローチと併せて、内を0.6秒の追走同入。

最終追い切りでは重馬場でも自己ベストを更新し状態は上向いている。

力は前走時よりもつけてはおりますが、今回はどこまでやれるか。

メンバーのレベルも下がるので可能性は十分。

軸には難しいが軽視はできない一頭です。

カフジバンガード

☆追い切り評価A☆

4/25 栗坂不 馬なり

55.1 39.5 25.2 12.2


最終追い切りでは古川吉洋騎手が騎乗しての調教。

一週前追い切りで一杯に追っているので最終追い切りは軽めの調教でしたが、

折り合いもついていて、ラストは抜群の伸び脚。

スタートがうまくいかないが、大崩れはなく前までしっかり走れているので、そこがポイントとなってくるでしょう。

能力は決して低くはないので、出負けしなければ3着以内は入ってこれるでしょう。

ダノンマジェスティ

☆追い切り評価B☆

4/25 栗坂不 馬なり

52.2 38.5 25.9 13.4


最終追い切りでは内田博幸騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた3歳500万下のサンライズフルメンと併せて、0.2秒の先行同入。

一週前追い切りでは併走馬に遅れをとったが、0.9秒追走しての0.6秒遅れなので心配はいらない。

最終追い切りは格下の併走馬に追いつかれたのが気になりますが、馬なり調教で時計自体は優秀です。

皐月賞を勝利したアルアインの全弟で、前走の大寒桜賞を余力残しで勝利し、ここでも期待がかかる。

能力は重賞でも十分通用するレベルでしょう。

☆過去5年データ

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:良
1 10 アドミラブル 1 M.デム 牡3 56 02:23.6 9 4 34.6 ディープインパクト
2 9 ベストアプローチ 4 岩田康誠 牡3 56 02:24.0 2.1/2 9 9 34.7 NewApproach
3 6 アドマイヤウイナー 8 秋山真一 牡3 56 02:24.2 1.1/4 7 7 35.1 ワークフォース
2016年
馬場:良
1 6 ヴァンキッシュラン 4 内田博幸 牡3 56 02:24.2 5 5 34.5 ディープインパクト
2 4 レッドエルディスト 5 四位洋文 牡3 56 02:24.4 1.1/4 9 10 33.9 ゼンノロブロイ
3 13 レーヴァテイン 1 ルメール 牡3 56 02:24.9 3 8 8 34.7 ディープインパクト
2015年
馬場:良
1 8 レーヴミストラル 1 川田将雅 牡3 56 02:26.9 12 9 33.7 キングカメハメハ
2 3 タンタアレグリア 4 蛯名正義 牡3 56 02:27.0 1/2 7 6 34.0 ゼンノロブロイ
3 6 ヴェラヴァルスター 5 田辺裕信 牡3 56 02:27.1 1/2 9 9 33.9 ハーツクライ
2014年
馬場:良
1 11 ショウナンラグーン 10 吉田豊 牡3 56 02:26.5 13 13 33.8 シンボリクリスエス
2 2 ワールドインパクト 1 シュタル 牡3 56 02:26.5 アタマ 8 6 34.2 ディープインパクト
3 13 ヤマノウィザード 4 戸崎圭太 牡3 56 02:26.6 1/2 11 10 34.1 ディープインパクト
2013年
馬場:良
1 5 ヒラボクディープ 7 蛯名正義 牡3 56 02:26.2 4 4 34.0 ディープインパクト
2 3 アポロソニック 9 勝浦正樹 牡3 56 02:26.2 アタマ 1 1 34.7 BigBrown
3 7 ラストインパクト 2 北村友一 牡3 56 02:26.2 クビ 5 5 33.7 ディープインパクト

・人気傾向

1番人気と4番人気の信頼度が最も高く、現在4年連続で馬券に絡んでいる。

比較的荒れる傾向にあり、1番人気、4番人気の2頭に5番人気以下の馬が1頭絡んでくるケースが多い。

まずは1番人気、4番人気を狙って行きましょう。

【該当馬】

⑧オブセッション(1番人気)

⑫ダノンマジェスティ(4番人気)

・枠番傾向

満遍なく成績を残しており、特に偏った傾向はありません。

ですが、内枠、外枠の両端はなかなか結果を残せていないので注意が必要です。

強いて言うならば4枠と7枠ですかね。

【該当馬】

⑦ミッキーポジション(4枠)

⑧オブセッション(4枠)

⑬ノストラダムス(7枠)

⑭テトラルキア(7枠)

⑮エタリオウ(7枠)

・脚質傾向

このレースでは前残りの展開が少ないため、逃げ・先行馬には注意です。

後ろの馬が好走する傾向にあり、差し馬が圧倒的に好成績です。

先行馬よりも追込馬の方が活躍しており、差し・追込を中心に狙うのが良さそうですね。

【該当馬】

②ユウセイフラッシュ(差し)

③スズカテイオー(差し)

⑤マイネルサリューエ(差し)

⑦ミッキーポジション(差し)

⑧オブセッション(差し)

⑨ゴーフォザサミット(差し)

⑩スーパーフェザー(差し)

⑫ダノンマジェスティ(差し)

⑭テトラルキア(差し)

⑰モンテグロッソ(差し)

⑱サトノソルタス(差し)

①カフジバンガード(追込)

⑪トラストケンシン(追込)

⑯クレディブル(追込)

・血統傾向

ディープインパクト産駒が圧倒的に好成績です。

近年はサンデーサイレンス系×ロベルト系、サンデーサイレンス系×ナスルーラ系などが活躍しており、サンデーサイレンス系の父を持つ馬が中心となっております。

ディープインパクト産駒が2年連続で優勝しており、今年も押さえておくが良いでしょう。

【該当馬】

⑥ディープインラヴ(サンデーサイレンス系×ナスルーラ系)

⑫ダノンマジェスティ(サンデーサイレンス系×ナスルーラ系)

・追い切り注目馬

①カフジバンガード

⑧オブセッション

⑨ゴーフォザサミット

⑩スーパーフェザー

⑰モンテグロッセ

⑱サトノソルタス

☆勝負馬☆

青葉賞本命馬(◎)

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

2億6000万円で取引された超高額馬。その金額通り、初戦の新馬戦を難なく快勝。

緩かった馬体も引き締まり、レース毎に馬体が成長。

前走は外からジョッキーが押し出すと楽々圧勝。

最終追い切りでは、一杯に追う同レース出走馬のエタリオウが一杯に追う中、煽って先着する動き。

状態面は抜群で、長く脚が使えるタイプだけに東京コースに替わるのはプラスで力は出せるでしょう。

⑫ダノンマジェスティ(◯)

新馬戦では圧巻のパフォーマンスを見せながらも気性の荒さが目立つ内容。

コントロールしていた和田騎手が急遽騎乗停止となり、若手騎手の松若騎手に乗り替わったきさらぎ賞はコースを離れる逸走。

前走大寒桜賞では、新しいパートナーとなった内田騎手がやや折り合いを欠きながらも上手く脚を溜める騎乗。

最後は徐々に加速してスピードを上げ、最後は接戦を制しました。

一週前時点で一杯に追われており、すでに古馬と差を縮める動き。

最終追い切りではいつでも伸びそうな手応えで馬なり調整でした。

引き続き好状態で、このメンバーでも中心視すべきでしょう。

⑱サトノソルタス(▲)

キャリアの浅い中2戦目で共同通信杯に挑戦。オウケンムーンがペースに恵まれ楽勝する中、馬群でしっかり脚を溜める経験をし、直線は後方から追い込んで2着に。

レース内容としては最も収穫のある馬でした。

前走後は在厩調整となり、出走予定のレースを回避して、東京のこの舞台に賭けています。

長い府中で距離延長も問題なく、ここ2週合わせたアルバートとも手応えと反応ではこちらが優勢で十分重賞で戦える一頭でしょう。

⑰モンテグロッソ(注)

人気はないですが、前走の中山コースでは、しっかり脚を溜めて、4コーナーからは外を回って脚を使い続ける走り。

ハミもしっかり取り、ゴール前はさらに伸びる内容。

最終追い切りでは、馬なりに追う古馬1600万クラスのランガディアを追走して同入しており、迫力十分で直線の長い東京コースでの走りに期待。

土曜日追い切り軸馬予想

先週に続いて土曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

【東京】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

8R

☆⑭クワッドアーチ(勝負度A)

久々を叩いて2戦目の前走はきっちり反応して2着に。勝ち馬は強かったものの、この馬としては復調気配。

最終追い切りでは格上の1000万クラスに楽々の手応えで先着。

ここにきていよいよ本格化が伺え、引き続きシャープな馬体で走れればチャンスはあるでしょう。。

10R

☆④リヴェルディ(勝負度A)

今回は昇級初戦となりますが、他も昇級メンバーが中心。

最終追い切りは、鞍上の吉田隼人騎手が騎乗して美浦南Wを直線中心に追われラストは12.6秒。

先行した格下馬を相手にしない走りで、抜群の反応。十分力を出せる状態でしょう。

12R

☆⑧メンデンホール(勝負度A)

芝で勝ち上がって1000万クラスまで頑張ったものの、降級して底打ち状態。

試されたダートは初戦で5着と適性を見せて、2戦目は大きく負けたものの前走は見事に勝ち上がり。

距離短縮がハマったようで、流れに任せて逃げ残るのではなく、しっかり脚を溜めて追い込んでのもので、これはダート短距離に適性があったと考えてよいでしょう。

一週前には美浦坂路で上位時計をマークし、この中間も順調。今は硬さがありますが、それゆえにダート短距離で力を出せるでしょう。

【京都】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

5R

☆⑥キングアンドアイ(勝負度A)

いよいよフェアリーステークスを制覇した良血ダンスファンタジアの子どもがデビュー。

一旦仕上がりましたが、トモを痛めデビューが遅れました。

今はその影響は全くなく、一週前追い切りでは既に古馬を圧倒して0.8秒差を伸ばして突き放す動き。

最終追い切りでは不良馬場の中、当週で上位に入るタイムを叩き出し、初戦から十分力を出せる状態と考えてよいでしょう。

12R

☆⑨ミカエルシチー(勝負度B)

安定感の無い馬ですが2走前は中京コースで逃げて2着。

自分のペースで走れるかがポイントですが、今回はいく馬がおらず有利な展開。

最終追い切りでは、馬なりでもきびきびした動きで併走馬を追走して先着する動き。

状態面と展開面では好転です。

【新潟】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

9R

☆②リフトトゥヘヴン(勝負度A)

ダートに転向してからは、全て馬券に絡む活躍で、安定した走るを見せています。

前走は初めての昇級戦となりましたが、それでも3着に踏ん張り能力は通用すると考えてよいでしょう。

前走後はプールを使ってリフレッシュし、最終追い切りでは、集中力を切らさず、古馬500万クラスの併走馬を追走して追い付く動きを見せています。

状態面は抜群で、今度こそ勝ち上がりたいところ。

11R

☆⑪ファド(勝負度B)

新潟1000mでは2度馬券に絡む競馬をしており、非常得意舞台としています。

ここ2戦は適性外のコースでの敗戦となり度外視。この最終追い切りでは楽な手応えで併走馬を1秒以上追走し同入する動きを見せており、スピードを活かす舞台は合うでしょう。

LINE@はこちらです

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

27日()青葉賞(G2)追い切り厳選馬

28日()天皇賞・春(G1)追い切り厳選馬

4日()京都新聞杯(G2)追い切り厳選馬

5日()新潟大賞典(G3)&NHKマイルカップ(G1)追い切り厳選馬

友だち追加

通常のLINE配信は毎週19時半頃お届けする予定です*\(^o^)/*

今週の追い切り情報

今週末に行われる重賞の追い切り情報も更新していますのでご参考に。

天皇賞2018 追い切り情報

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ