2018年2月18日(日)追い切り予想

昨日の京都牝馬ステークス、ダイヤモンドステークスは先週に続いて両的中(*^^*)!

追い切り好調馬が良い動きを見せてくれています!

重賞だと実力も伴うので調教の動きが反映されやすいですね!

 

まず京都牝馬ステークスでは、追い切りの良かったブログランキングで推奨したデアレガーロが好走して見事2着。

調教の良かった実力馬ミスパンテールとの組み合わせで、馬連8,600円払い戻し!!

 

続くダイヤモンドステークスでも、追い切りの良かったフェイムゲーム、リッジマンで決着。

三連単12,630円払い戻し!!

 

今回は日曜日の追い切り勝負馬を載せていきたいと思います!!

昨日に続いて日曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

 

東京コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

1R

☆⑧アドバンスマルス(勝負度B)

前走との間隔が短いため、最終追い切りのみの調教となりましたが、軽い調教でもラスト12秒台の好タイムを出しており、併せ馬を追走して大きく突き放しています。自己ベストも更新しており、前走よりも状態は上向いている。

先行するようになってからは、結果も安定していて、ここで一変あれば面白い馬ですね。

 

3R

☆⑤レピアーウィット(勝負度A)

レピアーウィットは一週前追い切りでしっかりと追われ、格上馬と併せて先着。仕上がりは今回も万全。

前走はダートに転向して2着馬に5馬身差をつける圧勝で、兄弟は500万下を制している。

今回は良い枠も引けましたし、前走に続けて鞍上もムーア騎手。

1400mでは芝でも馬券を外しておらず、ここは期待できるでしょう。

対抗は、ダート血統ハードスパン産駒のプリンセスケイトで、穴は、減量騎手のセイウンクールガイ、ジェイエルスピードが調教でも良い動きを見せていたので注意です。

 

4R

☆⑩エルディアマンテ(勝負度A)

前走ゴール直前で前を許し2着。3着馬には6馬身差をつけており、優勝したレッドベルローズは次走のフェアリーステークスで3着している。

プール調教を併用しながらですが、馬なり主体での調教で、時計を出す調教では成績を残している格上馬と併せて、実践を意識して調整されている。

追われた時の反応も良いので、前走に続いて好走が期待できる。

 

5R

☆⑧ダガーポ(勝負度B)

☆⑪ダノンキャンディ(勝負度B)

ダガーポの併せ馬は近走でも活躍している馬で、馬なりとはいえ追走して差を縮める抜群の動き。しっかり折り合いもついており、最終追い切りでは新馬にあっさり先着。

状態はかなり良さそうで、血統的にもここは期待できるコースです。

また、同じく調教で抜群の動きを見せていた、ダノンキャンディも軽視禁物です。

一週前追い切り、最終追い切りではタイムを出す調教で、今回のメンバー1の調教タイム。

12月末から調教を行なっており調教本数も多く、最終追い切りでバッチリ仕上がった。

兄弟馬もダートで活躍しており、ここは押さえておきたい一頭です。

 

6R

☆④グリントオブライト(勝負度A)

調教は三浦騎手が騎乗で入念に乗り込まれている。最終追い切りでは時計は出していないが、軽い調教で動きは軽快。

一杯に追われた500万下の併せ馬を圧倒しており、仕上がりは万全と考えて良さそうです。

一週前追い切りでは強めの調教で、追走する形で格上馬に同入。

前走、前々走は勝ち馬が強く、2着に終わりましたが今回は相手探しのレース。

間隔を空けて仕上げられていますし、まず大崩れはないでしょう。

 

7R

☆⑮ハヤブサレディゴー(勝負度A)

最終追い切りでは格下の併せ馬に4秒以上の追走で先着。今回は馬なり主体で脚に負担をかけない調教でしたが、自己ベストを大きく更新する動きで仕上がりは万全でしょう。

骨折後1戦目の前走は4着と久々でも好走しており、1戦叩いて上積みも期待できる今回は楽しみな一頭です。

 

8R

☆③ブラックプラチナム(勝負度A)

一週前追い切り、最終追い切りと続けてベストに近いタイムを出しており、最終追い切りでは馬なりでの調教で自己ベストを更新。プール調教を併用ですが、仕上がりは良さそうで、近走は好調をキープしている。

成績は安定していますし、今年は一発叩いて上積みも期待できる。

 

9R

☆勝負度A☆

↓↓人気ブログランキングで紹介中↓↓

(63位くらいです)

前走は圧巻のレースで、2月3日に500万下で圧勝したミスターメロディに1馬身以上差をつけてレコード勝ち!一週前追い切りでは相変わらず絶好の動きで、前走時出した自己ベストを大きく更新。

折り合いも付いており、最終追い切りでもベストに近いタイムで好調キープ。

距離延長が鍵となりますが、ここを勝ち切るなら今後も期待ですね。

 

10R

☆④カレンラストショー(勝負度B)

一週前追い切り、最終追い切りではダノンメジャーと併せており、ラストの伸びは前走時以上。先行して遅れはあるもの動きは軽快で仕上がりは良さそうです。

前走はAJCC(G2)で優勝したダンビュライトに0.2秒差。

脚は使える馬で東京コースの方が向いており、前走よりも斤量も軽くなるのでここは期待したい一頭です。

 

 

 

京都コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

3R

☆⑭オウケンキング(勝負度B)

プール調教を併用していますが、2月はしっかりの乗り込まれており、仕上がりは良いでしょう。最終追い切りではベストを更新する動きで前走時よりも好走が期待できる。

今回初ブリンカーで、ここで一変あれば面白いですね。

 

6R

☆⑪シヴァージ(勝負度B)

前走から間隔が短いため軽めの調教をしていたが、最終追い切りで仕上がった。最終追い切りは騎手騎乗でラスト11秒台の猛タイム。

折り合いの付いた動きで自己ベストも更新。

前走以上に動きは良く、ひと叩きした今回は上積みを期待できる。

 

10R

☆③ドーヴァー(勝負度A)

一週前追い切りは行なっていませんが、最終追い切りで一杯に追われ馬体も絞られた印象です。

相変わらず調教でも好タイムを出しており、仕上がりは万全と考えて良さそうです。

今回内枠を取れたのも好材料で、能力は他のメンバーとも劣らない。

外からのロライマが怖いが、スタートでしっかりラズールリッキーの後ろにつければ好走が見込める。

 

 

小倉コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

5R

☆⑫スクープ(勝負度B)

調教では格上馬と併せており、先行しているとはいえ先着をしているのがすごい!

最終追い切りではオープン馬と併せて、追走したにも関わらず先着。

このひと追いで仕上がったと考えて良さそうです。

今回のメンバーは良い動きをしている馬が多いですが、一週前追い切り、最終追い切りを見るとこの馬が安定して好調な動きを見せている。

 

 

今週の一週前追い切り情報

 

今週末に行われる4重賞の一週前追い切り情報も更新していますのでご参考に。

フェブラリーステークス一週前追い切り

小倉大賞典一週前追い切り

 

今週の最終追い切り情報

 

今週末に行われる他重賞の最終追い切り情報も更新していますのでご参考に。

フェブラリーステークス最終追い切り

小倉大賞典最終追い切り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ