2018年2月17日(土)追い切り予想

土曜日の勝負レースを載せていきたいと思います!!

先週に続いて土曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

 

東京コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

4R

☆⑫トーセンカナロア(勝負度B)

調教では大幅に自己ベストを更新しており、期間を空けて力をつけた印象です。前走障害初デビューでしたが、飛越はそれほど気になるものではなかったし、1着馬に4馬身放されましたが3着馬に7馬身突き放しての2着。

優勝したエルゼロは次走のオープンレースで3着と相手も強かった。

今回は前走と同条件で、改めて期待したい一頭です。

 

10R

☆レッドオルバース(勝負度A)

一週前追い切り、最終追い切りと続けて、10月に出した自己ベストを更新しており、状態は今までよりも好仕上がり。ダートに転向してからは、1000万クラスを勝ち上がり1600万クラスでも安定して結果を残している。

掲示板を外しておらず、特に良馬場なら今回も好走が期待できるでしょう。

今回はいつもよりも仕上がっているので押さえておきたいですね。

 

京都コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

7R

☆⑪ヒルノアトラーニ(勝負度B)

最終追い切りではベストタイムを出していて、前走よりも状態は上向いている。中3週ですがしっかりと調教メニューをこなしており、仕上がりは万全と考えて良さそうです。

ダートではやや重の馬場でしか走っておりませんが、良馬場でも走れる馬で、馬場状態に関係なく走れる点も好材料。

 

9R

☆⑥ユーキャンスマイル(勝負度A)

最終追い切りは騎手騎乗での調教でしたが、軽い調教でもラスト11秒台の猛タイムで格下の併せ馬を圧倒。折り合いもついており、このひと追いで仕上がったでしょう。

前走2着だったノストラダムスは次走で1馬身差の圧勝。

そのノストラダムスに1馬身突き放して優勝しており、上積みを期待できる今回は昇級戦とはいえ押さえておきたい。

京都コースはすでに経験済みですし、他の馬よりも条件は良さそうですね。

 

12R

☆勝負度A☆

↓↓人気ブログランキングで紹介中↓↓

(63位くらいです)

2月から調教を初めてあまり調教はしていませんが、行った3回とも好タイムを出しており、状態はかなり良さそうです。久々のレースにはなりますが、1200mは間隔を空けても好走しているので心配はいらないでしょう。

不良馬場でも対応ができ、今回と同条件の前々走は3着、前走は2着と力もつけているので、今後も楽しみな一頭です。

 

 

小倉コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

10R

☆⑰フランシスコダイゴ(勝負度B)

一度ポリトラックでの調教をしていたので、脚に不安があるのかと思いましたが、一週前追い切り、最終追い切りは強めに追われ馬体も絞れている。最終では格上馬に先着しており、ラストも11秒台の好タイム。

小倉コースは展開的にも向いていますが、今回多頭数なのでその辺りが鍵となってくるでしょう。

能力面では他の馬にも劣らないですし、スタートから好位置を取れれば可能性はある。

 

 

今週の一週前追い切り情報

 

今週末に行われる4重賞の一週前追い切り情報も更新していますのでご参考に。

フェブラリーステークス一週前追い切り

京都牝馬ステークス一週前追い切り

ダイヤモンドステークス一週前追い切り

小倉大賞典一週前追い切り

 

今週の最終追い切り情報

 

今週末に行われる他重賞の最終追い切り情報も更新していますのでご参考に。

フェブラリーステークス最終追い切り

京都牝馬ステークス最終追い切り

ダイヤモンドステークス最終追い切り

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ