2018年2月12日(月)追い切り予想

月曜日の勝負レースを載せていきたいと思います!

日曜日のレースも追い切り注目馬が活躍してくれました*\(^o^)/*

 

昨日に続いて月曜日のレースでも追い切りで、

良い動きをしている馬を見つけましたのでぜひ参考に(*^^*)!

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

 

 

東京コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

5R

☆④グロンディオーズ(勝負度A)

このメンバーの中で動きが目立つのがこの馬。馬なり主体での調教でしたが、一週前追い切りでは好タイムを出している。

しっかりと加速ラップを刻んでおり、仕上がりも良さそうです。

鞍上は土曜日、日曜日と活躍を見せているムーア騎手。

最終追い切りでは併せ馬に先着していて、調教通りの動きなら期待できるでしょう。

 

7R

☆③エレクトロポップ(勝負度B)

馬なり中心で調教をしており、最終追い切りでは折り合いもつけて好タイム。前走時と変わらず状態は良く、今回ルメール騎手に乗り替わりもプラス材料です。

一度東京コース500万下を優勝していますし、能力はここでも上位でしょう。

 

8R

☆⑬リスヴェリアート(勝負度B)

間隔が短いため調教をあまり行えていませんが、最終追い切りでは好タイムでラストの伸びは前走時よりも良い。ジャンプも悪くない馬で近走は成績も安定している。

昨年は惜しくも4着でしたが、休み明けをひと叩きした分の上積みも期待できるので、人気がないようなら特に注意したい一頭です。

 

10R

☆⑬ワントゥワン(勝負度B)

最終追い切りでは絶好の動きで自己ベストを大きく更新している。近走の内容はイマイチですが、鞍上が外国人騎手の場合は一度も馬券を外していない。

調教では折り合いもついていて仕上がりは万全。

今回斤量が53kgとハンデの恩恵もあり好走が期待できるでしょう。

 

12R

☆⑦ポップアップスター(勝負度B)

前走との間隔は短いが良い状態をキープしている。軽い調教でも折り合いのついた動きをしており、前走時よりも期待ができる。

近走は安定していて東京コースの適性も問題ないので、昇級戦とはいえ大崩れはなさそうですね。

 

 

小倉コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

2R

☆⑧キョウワヒラリー(勝負度B)

調教のよかったウインクルチェリーと迷いましたが、軸馬は一週前追い切りで自己ベストを大きく更新したこの馬。

軽い調教でも折り合いもついてラストもしっかり伸びている。

追われた時の反応もよくタイムも出しているので、ダートに戻って一変ありそうですね。

 

3R

☆⑫ニシノプログレス(勝負度B)

一週前追い切りでは格上馬相手に好走しており、最終追い切りは折り合いもついて自己ベストを大きく更新。

併せ馬に差は縮められましたが、それなりのタイムが出ている。

前走よりも確実に状態はよくなっているのでここは一発期待できる。

 

4R

☆⑥サンティーニ(勝負度B)

もともと調教ではタイムを出す馬ですが、オープン馬と併せて先着している点は評価できる。プール調教を併用していますが、ラストも好タイムで仕上がりは良さそうです。

前走、前々走と安定して走れておりますし、今回騎手変更となるのでそれがプラスに働けば面白いですね。

 

5R

☆勝負度A

↓↓人気ブログランキングで紹介中↓↓

(55位くらいです)

一週前追い切り、最終追い切りでは格上の併せ馬を大きく突き放していて、タイムも両方とも好タイムを出している。状態も安定しておりラスト伸びも良好。

デビュー戦にも強い血統で、調教の動きからも期待できる一頭です。

 

8R

☆⑦リリーモントルー(勝負度B)

追い切りでは好タイムを出していた分ラストはイマイチでしたが、折り合いはついていて内容は悪くない。連闘が続いているのは気になりますが、今回のメンバーはパッとしないので、ここでも安定して走れそうです。

 

9R

☆③ショウナンタイザン(勝負度A)

前走は久々のレースとなりましたが、ハナ差の4着と心配はいらなそうですね。むしろひと叩きした分の上積みがあるため、ここは注意したい一頭です。

追い切りではベストに近いタイムを叩き出していますし、もともとは1000万クラスでも好走していた馬なので状態の良い今回は期待できるでしょう。

 

10R

☆⑨スズカディープ(勝負度B)

最終追い切りでは併せ馬にあっさり先着しており、ラストも好タイムでこのひと追いで仕上がった印象です。

前走は粘って3着。

1000万クラスで安定しているブラックプラチナムにアタマ差と能力は劣らない。

右回りは得意で近走も安定して走れていますし、前残りの多い小倉で大崩れはないでしょう。

 

11R

☆⑭キーグラウンド(勝負度A)

最終追い切りでは軽い調教で自己ベストを大きく更新する猛タイム。前走時よりも状態は上向いており、今回斤量もマイナス2kgと条件も良い。馬なりで入念に調教メニューをこなして仕上がりも万全です。

前走はテルペリオンに1秒差をつけられましたが、条件も変わり改めて期待したい一頭です。

 

 

いつも応援ありがとうございます*\(^o^)/*

↓↓こちらをクリックして頂くと助かります↓↓

 

 

クイーンカップの追い切り情報

 

クイーンC一週前追い切り

クイーンC最終追い切り

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ