神戸新聞杯2018 一週前追い切り

9月23日(日) 阪神芝2400m
神戸新聞杯2018の出走馬の追い切りに関する記事です。

出走予定注目馬

エタリオウ 追い切り評価:B

★この馬の追い切り傾向★
傾向としては、一週前追い切りと最終追い切りで攻めの調教をしており、格下と併せ馬で実戦を意識した調教。
だいたい一週前追い切りで速い時計を出してきます。
間隔が空いている時は二週前追い切りや三週前追い切りからも強めの追い切りをしているため、状態面での疲れがないかそこでチェックができます。

調教では先行同入や遅れなど格下相手に遅れることがありますが、攻め動くタイプではなく、青葉賞では2着していますし、手応えだけでの判断は危険です。
気性面で難しい馬なので、当日の状態にも左右されてしまいますが、調教では乗り込み量、併せ馬での動きをしっかりチェックするのが良いかと思います!

★追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ダービー(4着)
5/17 栗CW良 一杯
97.2 80.6 65.1 51.2 37.5 11.8

H.ボウマン騎手を背に、オープン馬のトリコロールブルーに追走先着。

今回の一週前追い切り:神戸新聞杯
9/12 栗CW稍 ゴール前仕掛け
83.7 67.8 52.4 38.2 11.9 [6]

一週前追い切りはM.デムーロ騎手が騎乗して、馬なりに追われたオープン馬のワグネリアンと併せて、外を0.4秒先行してクビ差遅れました。
二週前追い切りから強めに追われており、動きとしてはラストも伸びていますし上々でしょう。
併走馬に遅れているのは普段通りですので、特に心配はいらないでしょう。
仕上がりは順調そうです。


エポカドーロ 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
テンションが高い馬なので、強めの調教は少なく、基本的に馬なり調教が中心。
この馬も一週前追い切りと最終追い切りは併せ馬で調教しています。
時計を出す調教をしていないので、全体タイムとしては平凡ですが、その分追われてからの伸び脚や折り合い面で好調かどうか確認できるので、全体タイムだけで判断するのはおすすめしません。

レースごとに力をつけており、近走は能力の高さを見せつける内容で、まだまだ成長段階です。
秋になればまたレベルは上がっていくとは思いますが、今回は間隔が空きましたから状態面は要チェックですね。

★追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ダービー(2着)
5/17 栗CW良 一杯
86.5 70.3 54.1 39.5 11.8 [6]

岡田騎手騎乗で、1600万クラスのコーカスに追走同入。
ラストは目一杯追われて11秒台の好時計をマーク。

今回の一週前追い切り:神戸新聞杯
9/12 栗CW稍 強め
82.1 65.5 51.0 37.0 11.9 [5]

戸崎騎手が騎乗して馬なりに追われたオープン馬のステファノスと併せて、内を0.5秒追走して0.2秒先着しました。
終い重点に追われ11秒台の好タイムを叩き出しており、反応は良好です。
しっかり折り合いもついており、仕上がりは良さそうですね。


ゴーフォザサミット 追い切り評価:B

★この馬の追い切り傾向★
藤沢厩舎のため、馬なり主体での調教です。
負担が少ないので乗り込み量は比較的多めです。
最終追い切りは基本的に併せ馬で時計を出す調教をしており、その動きが直接本番でも反映されてくるので、最終追い切りの動きは要チェックです。

他には、一週前追い切りや日曜追い切りで、併せ馬で気合い付けをしています。
仕上がり万全であれば、青葉賞のようなレースができるので、一週前追い切りや最終追い切りの段階で状態が上向いているかどうかは重要なポイントです。
また、状態面で本番での動き左右されてしまうので、仕上がりの良し悪しは確認する必要がありますね。

★追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:札幌記念(7着)
8/9 札幌芝良 馬なり
75.0 58.5 42.4 12.5 [5]

蛯名騎手騎乗で、新馬のミリオンドリームズに先行同入。
軽めの調教も終いの伸び良好。

今回の一週前追い切り:神戸新聞杯
9/12 美南W良 馬なり
54.8 40.4 13.0 [8]

一週前追い切りは実際に蛯名が騎乗して、馬なりに追われた1600万クラスのトレクァルティスタと併せて、内を0.6秒追走同入しました。
普段通り一週前追い切りは併せ馬で気合いを入れて、追走同入と順調に稽古をこなしています。
前走時と比べるとちょっと時計は遅い気はするが、時計を出す最終追い切りでどうなるか。


ステイフーリッシュ 追い切り評価:B

★この馬の追い切り傾向★
ダービーの時は間隔が詰まっていたためか、馬なり中心の調教でしたが、普段は一週前追い切りと最終追い切りで強めの調教をしています。
休養明けでも力は出せる馬で、馬体が減っていた共同通信杯では、思うような結果がでませんでしたが、京都新聞杯では2着馬に1馬身以上突き放し圧勝しています。
大きく敗れた共同通信杯では、一週前追い切りで格下の併走馬に遅れており、手応えで見劣っていました。

最終追い切りで上向いた感じはありましたが、レースでの反応はイマイチで10着。
調教時の動きからもおかしな点は確認できるので、一週前追い切りからも状態をチェックしておくのが良いかと思います。
前走は京都新聞杯での反動があったのかもしれませんし、今回休養でしっかり馬体は回復しているので改めて期待したいですね。

★追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ダービー(10着)
5/18 栗坂良 馬なり
53.7 39.1 25.5 12.8

ラストは若干失速しましたが、動きは軽快で時計も水準以上。

今回の一週前追い切り:神戸新聞杯
9/12 栗CW稍 馬なり
81.4 66.2 51.8 38.4 12.2 [7]

一週前追い切りでは川田騎手が騎乗して、一杯に追われた500万クラスのエントシャイデンと併せて、外を0.8秒先行同入しました。
今走は馬なり中心の調教で、一週前追い切りで自己ベストを更新。
攻め動く格下馬と併せて、差を詰められる形でしたが動きは悪くない。
まだ万全ではないですが、仕上がりは順調そうです。


タイムフライヤー 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
傾向としては、一週前追い切りと最終追い切りに騎手騎乗で併せ馬。
攻め動くタイプの馬で、近走も好時計を叩き出していますが、結果は出ていません。
3歳になってからは反応はイマイチで、以前のような切れがなくなっているような気がします。

攻め強化され状態面での心配はなさそうですが、反応が悪くなってきているので、秋になりその点がどうなるかは注目ですね。
ただ、時計は毎回優秀なタイムを出してくるので、時計で判断するのはおすすめしません。

★追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ダービー(11着)
5/16 栗CW良 一杯
80.6 65.6 51.1 37.4 12.3 [7]

内田博幸騎手が騎乗して、1000万クラスのダノンロッソに追走先着。好時計をマーク。

今回の一週前追い切り:神戸新聞杯
9/12 栗CW稍 一杯
80.2 64.7 50.7 36.9 11.7 [8]

一週前追い切りは和田竜二騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
一杯に追われた1600万クラスのカラクプアと併せて、内を1.8秒追走して0.8秒先着しました。
追われた反応は抜群で、終い11秒台の好タイムを叩き出しており、前走時よりも良化が見られる。
ただ、好時計を出しておりますが、攻め動くタイプの馬で79秒台を出した皐月賞では10着と、時計が出たからといってレースで好走する馬ではないため注意が必要です。


メイショウテッコン 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
基本的に一週前追い切りと最終追い切りは強めの調教をする傾向があります。
前走、前々走は間隔が短いため、乗り込み量は少なかったですが、一週前追い切りか最終追い切りのどちらかは強めの調教をしており、好調維持できていることがわかります。
自己ベストを更新した若葉ステークスでは6着でしたが、スタートで躓いてしまったのでノーカウント。

続く京都新聞杯では展開が厳しかったにも関わらず、5着と健闘としており、レース毎に力をつけています。
調教が良くてもアクシデントや展開次第では、馬券内に入れないこともありますが、安定して結果も残しており、比較的調教の動きが本番でも反映されています。
一週前追い切りか最終追い切りでは騎手騎乗で、しっかり乗り込まれているので、そこで好タイムを出すようなら押さえておきたいですね。

★追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ラジオNIKKEI賞(1着)
6/20 栗坂重 馬なり
53.9 39.3 26.0 13.0

単走で軽めの調教でも動きは軽快で伸び良好です。

今回の一週前追い切り:神戸新聞杯
9/13 栗CW稍 強め
81.2 66.2 51.8 37.5 12.0 [6]

松山騎手が騎乗して、一杯に追う古1000万クラスのスノードリームの内を1.6秒追走して1.0秒先着しました。
稍重の馬場でも伸び脚は良好。
レース毎に力をつけており、一週前追い切りは長めで好タイムをマーク。
2週続けてビッシリやれていて、状態は上向いています。


ワグネリアン 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
二週前追い切りや一週前追い切りに攻めの調教をして、最終追い切りは馬なり調教で軽く調整をする傾向があります。
最終追い切りの動きも重要ではありますが、この馬の場合、二週前追い切りと一週前追い切りの動きが特に重要です。
79秒台、80秒台を叩き出しているレースでは連対率100%を誇り、時計が出なかった皐月賞では7着に敗れています。

皐月賞では反応は微妙でしたし、エンジンがかかってからも脚が残っておらず、加速もできていませんでした。
こういった状態は調教からもチェックできるので、二週前追い切り、一週前追い切りの動きに注目してみると良いかと思います。
また、エンジンのかかりが遅いため、直線の長く広いコースの方が向いており、中京や東京コースの方が結果を残す傾向があり、阪神コースにうまく対応できるかが鍵となってくるでしょう。

★追い切り傾向比較★
前走時の一週前追い切り:ダービー(1着)
5/16 栗CW良 一杯
92.8 77.4 62.6 49.7 36.8 11.7 [6]

藤岡康太騎手が騎乗して、長めに追われて好時計をマーク。
追われた反応も抜群で前走時よりも状態は良化。

今回の一週前追い切り:神戸新聞杯
9/12 栗CW稍 馬なり
83.3 67.6 52.1 37.9 11.9 [5]

一週前追い切りは福永騎手が騎乗しての調教です。
強めに追われた1600万クラスのエタリオウと併せて、内を0.4秒追走してクビ先着しました。
馬体も良くなってきており、一週前追い切りは馬なりの調教でも終い11秒台の好時計。
ダービーでも4着した併走馬にもあっさり先着し、仕上がりは順調そうです。

現時点での追い切り注目馬はこちら


ブログランキングにて紹介しています!!

LINE@配信スケジュール

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

「当たるちゃん」LINEにて、土日レースのイチオシ追い切り馬を配信することになりました*\(^o^)/*✨

先週は早速3日連続で的中しました!!
3戦3勝と幸先良いスタートが切れました。
もちろん無料配信ですので良かったらどうぞ(*^^*)

今週号は、
土曜勝負馬⇒金曜21時
日曜勝負馬⇒土曜21時
に配信です!

↓↓こちら↓↓
友だち追加

※今までのヒッキーLineは今後当たるちゃんLineからの配信に変わります。
配信していた追い切り勝負馬については当たるちゃんの「1着予想」コーナーにて紹介します!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ