京都記念2018 追い切り予想

日曜日の京都記念の予想をしていきたいと思います!!

勝負レースについては先日更新していますので参考に(*^^*)

日曜日勝負レースはこちらから

共同通信杯予想はこちらから

 

京都記念2018

まずは、先日の最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

 

追い切り注目馬

 

レイデオロ

2/7 美南W良 馬なり

69.6 53.0 39.2 12.4 [9]


最終追い切りはバルジュー騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1000万下のラボーナと併せて、外を0.6秒追走して0.6秒の先着。

折り合いのついた動きでラストは12秒台の好タイム。

最終追い切りもいつも通り馬なりでの調教でしたが、このひと追いで仕上がった印象です。

 

アルアイン

2/7 栗CW良 馬なり

67.2 50.5 37.2 11.7 [8]


最終追い切りでは川田騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のシンシアズブレスと併せて、内を0.2秒追走して0.6秒の先着。

一週前追い切りでは自己ベストを大きく更新する動きで、最終追い切りも半マイルで見ればベストを超えるタイム。

ラストは一週前に続いて11秒台の猛タイムで仕上がりは万全でしょう。

 

クリンチャー

2/7 栗坂良 一杯

52.7 38.2 24.5 12.2


最終追い切りでは藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。

プール調教と併用ですが、このひと追いで仕上がったと考えて良さそうです。

折り合いもついており、5月に出した自己ベストを大きく更新。

前走2着した菊花賞の時よりも状態は上向いており、このレースでも期待できる一頭です。

 

クロコスミア

2/7 栗坂良 強め

53.7 38.9 25.5 12.8


一週前追い切り、最終追い切りとしっかり追われてはいるもののタイムは平凡。

もともと調教ではタイムを出す馬ではないため心配はいらなそうです。

行きっぷりは良いですし、ラストの伸びも評価できる。

同じ京都2200mのエリザベス女王杯を好メンバー相手に2着。

能力と適性は申し分ありません。

 

ディアドラ

2/7 栗坂良 強め

53.1 38.9 25.5 12.5


最終追い切りでは強めに追ってテンションを上げすぎないように状態キープ。

一週前追い切りでは福永騎手騎乗の好タイムだったので、状態の心配はいらないでしょう。

折り合いもついておりますし仕上がりは万全と考えて良さそうです。

エリザベス女王杯で敗れていますが、秋華賞のように湿った馬場は得意。

この季節、雪の影響などでパワーが必要な馬場はプラスになるでしょう。

 

 

・人気傾向

6番人気までの人気馬が中心で、人気決着が多いレースです。

その中でも2,3,4,6番人気には注意しましょう。

【該当馬】

⑥レイデオロ

⑩アルアイン

⑤モズカッチャン

⑦クロコスミア

④クリンチャー

③ディアドラ

 

・枠番傾向

過去5年で見ると7枠、8枠の好走が目立ちますが、近年は4枠が特に活躍しています。

【該当馬】

④クリンチャー(4枠)

⑦クロコスミア(7枠)

⑧アクションスター(7枠)

⑨ミッキーロケット(8枠)

⑩アルアイン(8枠)

 

・脚質傾向

前が有利なコースなので、逃げ・先行馬に注意です。

【該当馬】

①プリメラアスール(逃げ)

④クリンチャー(先行)

⑤モズカッチャン(先行)

⑦クロコスミア(先行)

⑩アルアイン(先行)

 

・追い切り注目馬

⑥レイデオロ

③ディアドラ

④クリンチャー

⑦クロコスミア

⑩アルアイン

 

・まとめ

④クリンチャー

⑦クロコスミア

⑩アルアイン

 

勝負馬

⬇︎⬇︎人気ブログランキングで紹介中⬇︎⬇︎

(54位くらいです)

一週前追い切りでもラスト11秒台の好タイムで、仕上がりは万全です。

スタートからのポジショニングも上手で、展開に左右されずに自分の競馬をできる馬。

終いの伸びも安定しており、ここで大崩れは考えにくい。

レイデオロに人気が集まり集中しそうですが、同世代のライバルとして押さえておきたい一頭です。

 

 

今週の一週前追い切り情報

 

共同通信杯一週前追い切り

京都記念一週前追い切り

クイーンC一週前追い切り

 

今週の最終追い切り

 

共同通信杯最終追い切り

京都記念最終追い切り

クイーンC最終追い切り

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ