京都大賞典2018 最終追い切り

10月8日(月) 京都芝2400m
京都大賞典2018の出走馬の追い切りに関する記事です。

今週も三連複64,800円的中!

先週オススメしていたこのサイトですが、またまた的中してくれました!!
日曜日は三連複が見事的中し、64,800円の当たりです!!
引き続き当たった方おめでとうございます(*^o^*)✨
先週当たったので私も今度は強気に1,000円ずつですが、実際にやってみましたよー!
三連複1頭流しで32,400円ゲット👍
今週は15点でしたし、買いやすかったですね*\(^o^)/*

先週は無料予想的中率はなんと10鞍中8鞍的中の80%でしたし、ガミもありますが他のサイトと比べて信頼度は高いサイトです。
毎週メインレースも無料で紹介されていて、無料予想はかなり充実しています。
先月の三連単収支は+80,450円を記録していて、
堅実に稼ぐならこのサイトがおすすめです。
⇒こちらから無料で登録できます

今週も当てましょー*\(^o^)/*

出走予定注目馬

シュヴァルグラン 追い切り評価:B

★この馬の追い切り傾向★
間隔が空いている時は3週間前ほど前から強めの調教を開始。
日曜追いも含めビッシリ追うことが多く、攻め量は多いのが通常です。
攻め動くタイプではないですが、最終追い切りでキレの悪かった宝塚記念や大阪杯では動けてなかった。

追うごとに良化していく馬で、一週前追い切りは長めに追って時計を出す調教をしているので、一週前追い切りの動きには要チェックです。
最終追い切りは一杯に追われ、併走馬にしっかり先着しているようならデキは良好と見て良いでしょう。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:天皇賞春(2着)
4/25 栗坂不 一杯
54.6 39.8 25.7 12.8

H.ボウマン騎手が騎乗して、強めに追われた1000万クラスのジェニシスと併せて、0.6秒追走して0.2秒先着しました。

今回の最終追い切り:京都大賞典
10/4 栗坂良 一杯
53.9 39.0 25.2 12.6

強めに追われた1600万クラスのユーキャンスマイルと併せて、0.6秒追走してアタマ差遅れました。
しっかりと折り合いのついた動きで、反応も良好でしたが、格下の併走馬に遅れたのは気がかりです。
G1を見据えての叩き台ですし、仕上がりは8割程度といったところですが、能力は高い馬なのでこのぐらいでも上位争いは必至でしょう。


サトノダイヤモンド 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
一週前追い切りと最終追い切りは強めに追われ、間隔が空いている時は4週前追い切りから一杯に調教されています。
基本的に水曜日、木曜日追いは強めの調教で、併せ馬で実戦を意識した調教です。
併走馬には遅れることもありますが、最終追い切りには仕上げてくるので、いつも通り重心の低い走りを見せているなら仕上がりは良好と考えて良さそうです。

帰国後不振が続きますが、レースごとに状態は良化しており、3戦走ってレース感覚も戻ってきているはず。
今走は休養をはさんで入念に調教し、もともと能力はある馬なので好仕上がりなら一発注意ですね。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:宝塚記念(6着)
6/20 栗CW重 強め
85.2 67.9 51.4 38.3 11.5 [7]

ルメール騎手が騎乗して、強めに追われた1000万クラスのクライムメジャーの外を0.2秒先行してクビ差先着しました。

今回の最終追い切り:京都大賞典
10/4 栗CW良 強め
85.5 67.9 52.8 38.9 11.3 [7]

馬なりに追われた1600万クラスのソーグリッタリングと併せて、内を0.4秒追走して0.1秒先着しました。
最終追い切りは川田騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
終い重点に追われ、ラストは11.3秒の猛時計をマーク。
一週前追い切りにもびっしりやれており、本来の調子を取り戻してきています。
本番でも調教通りの動きならば改めて期待できる一頭です。


パフォーマプロミス 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
一週前追い切りに強めの調教をして、最終追い切りで軽めに調整するスタイルです。
攻め駆けするタイプの馬で、一週前追い切りは一杯に追われて好時計を出しています。
日経新春杯やグレイトフルステークスでも結果を残しており、80秒台や80秒台を切るようなら楽しみですね。

普段は一週前追い切りに騎手騎乗の併せ馬で、実戦に近い調教をしているので、一週前追い切りの動きは要チェックです。
昨年からレース毎にパワーアップしており、G2なら十分能力は通用する。
1月には同じ舞台の日経新春杯を快勝していて、適性も問題ないため、仕上がり万全なら押さえておきたい一頭です。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:宝塚記念(9着)
6/20 栗CW重 馬なり
86.1 69.0 53.3 38.9 12.0 [7]

今回の最終追い切り:京都大賞典
10/4 栗CW良 馬なり
82.7 67.5 52.6 38.7 12.0 [8]

普段通り最終追い切りは軽めの調整でした。
それでも行きっぷりは良好で、ラストもしっかり伸びています。
ひと追いごとに良化しており、最終追い切りで状態は上向いたと考えて良いでしょう。
デキ万全とまでは行きませんが、G2なら一発あるため軽視は禁物です。


アルバート 追い切り評価:B

★この馬の追い切り傾向★
一週前追い切りや最終追い切りで強めに追われることが多いですが、ステイヤーズステークスやダイヤモンドステークスのように馬なり調教のみで仕上げられている時の方が結果を残しています。
騎手や距離が得意ということもありますが、一つの評価基準として考えておくのも面白そうですね。

今走はモレイラ騎手が騎乗とのことですが、2015年8月に1度だけ経験があり、京都芝2400mも比叡ステークスで快勝しているのはプラス材料です。
仕上がりはいつも悪くないですし、良いリズムで走ることができれば可能性はあるでしょう。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:宝塚記念(13着)
6/20 美南W稍 ゴール前仕掛け
68.6 52.9 38.6 13.4 [6]

強めに追われた1000万クラスのレピアーウィットの外を0.2秒先行して0.1秒先着しました。

今回の最終追い切り:京都大賞典
10/4 美南W良 馬なり
69.6 54.8 40.1 13.8 [5]

一杯に追われた1000万クラスのサトノヴィクトリーと併せて、内を0.8秒追走同入しました。
最終追い切りはモレイラ騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
普段通りラストは遅いが、併走馬にも追走同入し、動きは悪くない。
また、今走は好走傾向であげた馬なりのみの調教なので、成績を残していたレース同様に一発期待したいですね。


ウインテンダネス 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
基本レース間隔は短く、馬なりで軽めに調整が多いですが、一週前追い切りと最終追い切りで強めに追われている方が結果は出ているように感じます。
近走は中1週でも2連勝を決め、馬自体もパワーアップしています。

前々走は逃げ切り勝ちでしたが、続く目黒記念では驚異的な末脚を見せ圧勝!
今走は間隔を空けて入念に乗り込まれているので、本格化した今走は一発期待できる。
攻め駆けするタイプの馬ですが、しっかり折り合いがついていれば問題ないでしょう。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:目黒記念(1着)
5/23 栗坂良 馬なり
55.3 40.1 26.5 13.2

今回の最終追い切り:京都大賞典
10/3 栗CW良 一杯
80.9 65.1 50.7 37.6 12.3 [7]

3週続けて菱田騎手が騎乗して調教をしています。
馬なりに追われた1000万クラスのテイエムチェロキーと併せて、内を0.6秒追走して0.2秒先着しました。
攻め動くタイプの馬ではありますが、一週前追い切りよりもさらに良化しており、最終追い切りは全体タイム80秒台の好タイムを叩き出しております。
格下の併走馬にあっさり先着し、しっかり折り合いのついた動きで追われた反応も良好。
仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

現時点での追い切り注目馬はこちら


ブログランキングにて紹介しています!!

LINE@配信スケジュール

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

「当たるちゃん」LINEにて、土日レースのイチオシ追い切り馬を配信することになりました*\(^o^)/*✨

もちろん無料配信ですので良かったらどうぞ(*^^*)

今週号は、
土曜勝負馬⇒金曜21時
日曜勝負馬⇒土曜21時
に配信です!

↓↓こちら↓↓
友だち追加

※今までのヒッキーLineは今後当たるちゃんLineからの配信に変わります。
配信していた追い切り勝負馬については当たるちゃんの「1着予想」コーナーにて紹介します!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ