レパードステークス2018 予想

レパードステークス2018の予想ついての記事になります。

新サイト発見!!クイーンステークス含む2週連続的中で34,100円払い戻し!

LINE読者の方から新しいサイト情報を頂きました!!
結構いろいろ競馬サイト見てきましたが、初めて見る「競馬学会」というサイト。
先々週、的中馬券が送られてきて、

推奨通りで18,000円払い戻し
三連複のBOX買いで、馬券としては上手い買い方だと思います。
早速登録してみましたが、サイトは無料で登録でき、無料予想提供もありました
先週はなんと重賞クイーンステークスの買い目が無料公開

三連複BOXでしたので推奨通りに購入してみました。

推奨通りで16,100円払い戻し

重賞予想を10点で仕留めており、予想と買い方の両面で優れたサイトではないですかね
今週も重賞予想が無料公開されますので、僕同様にこのサイト知らなかった方は忘れないようにチェックしてみて下さい。
⇒こちらから無料登録で重賞予想見れます!
10点の三連複BOXなどで各自金額調整したり、BOX馬を買い目の参考にしたりアレンジもしやすそうですよ。

レパードステークス2018予想

まずは、追い切りを振り返って見ましょう!

今回は、追い切りで気になる馬の5頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

エングローサー

☆一週前追い切り評価A☆

7/25 栗CW良 馬なり

81.0 64.8 51.0 38.4 12.0 [8]


馬なりに追われた3歳未勝利馬のアナザーパラダイスと併せて、外を2.9秒追走して0.2秒の先着。

一週前追い切りでは黒岩騎手が騎乗しての調教でした。

前走時よりも確実にパワーアップしており、馬なり調教でも前走時出した自己ベストに近いタイムを叩き出しています。

格下の併走馬を大きく追走したにも関わらず、差し切った点も評価できる。

ラストの伸び脚は抜群で、引き続き好調キープと考えて良いでしょう。

☆最終追い切り評価A☆

8/1 栗坂良 馬なり

56.6 40.5 26.7 13.2


馬なり主体での調教で最終追い切りでは坂路コースで入念に追われています。

最終追い切りでは軽く流した程度でしたが、折り合いもついていて仕上がりは良さそうです。

前走はグレートタイムにアタマ差の3着。

重賞でも結果を残していて、上積みの見込める今回は引き続き押さえておきたい一頭です。

ドンフォルティス

☆一週前追い切り評価A☆

7/25 栗坂良 馬なり

57.3 41.2 26.0 12.7


馬なりに追われた500万クラスのケワロスと併せて、0.4秒の追走同入。

前走との間隔が短いですが、すでに調教を開始して一週前追い切りで2回目の調教。

馬なり主体での調教で、坂路コースでしっかり乗り込まれております。

折り合いのついた動きで終いの伸びも上々。

今回も状態は良さそうですね。

☆最終追い切り評価A☆

8/1 栗坂良 馬なり

57.1 41.6 26.8 13.2


馬なりに追われた3歳未勝利馬のサンライズソルと併せて、0.5秒の追走同入。

最終追い切りでは鮫島良太騎手が騎乗しての調教。

一週前追い切り同様に馬なり調教ですが、日曜追いで一杯に追われ、不良馬場でもラストは12秒台の好タイムで格下の併走馬にしっかり先着。

最終追い切りは軽めの調教でしたが、しっかりと加速ラップを刻み状態は上向いています。

間隔が短い割には乗り込まれていて仕上がりは良さそうですね。

伏竜ステークスではジャパンDD、ユニコーンSを制したルヴァンスレーヴに1馬身差の圧勝で、本来の力を出せれば特に怖い一頭です。

アドマイヤビクター

☆一週前追い切り評価A☆

7/26 栗CW良 強め

80.7 65.6 51.5 38.2 12.7 [9]


一杯に追われた3歳未勝利馬のピボットポイントと併せて、外を1.7秒先行して0.8秒先着しました。

追われた時の反応は抜群で、一週前追い切りでは自己ベストを大きく更新。

併走馬に詰め寄られるとひと伸びしてしっかり先着。

前走時と比べると動きも良くなっていて、今回も上積みが期待できそうです。

☆最終追い切り評価B☆

8/1 栗坂良 強め

55.7 41.0 26.7 13.0


一週前追い切りに続いて最終追い切りでも強めの調教。

強めに追われた割には伸びが物足りなかった気がしますが、折り合いはついていて悪くはない内容。

力強いフットワークで一週前追い切りでは自己ベストを更新。

力をつけていて前走叩いた上積みもある今回は一発注意したい。

グリム

☆一週前追い切り評価A☆

7/25 栗CW良 一杯

82.1 66.0 52.0 38.5 11.8 [5]


坂路コース中心の調教でしたが、一週前追い切りではCWで攻めの調教。

自己ベストを更新し、ラストも11秒台の好タイムを叩き出しています。

乗り込み量も申し分なく、仕上がりは順調でしょう。

前走は好仕上がりでも良い位置をとれず、思う競馬ができていなかった。

能力は低くない馬ですし、前走時よりも成長が見られる今回は改めて期待したい一頭です。

☆最終追い切り評価A☆

8/1 栗坂良 強め

54.3 39.6 25.3 12.3


最終追い切りで8回目の調教と帰厩後も入念に調整されています。

一杯に追われた一週前追い切り同様に、最終追い切りでも強めにしっかり追われています。

追われた時の反応も抜群で、ラストは12秒台の好タイムを叩き出しています。

調教では攻め動くタイプではありますが、前走は展開が向かず9着だったので、好仕上がりの今回は改めて期待したい。

プロスパラスデイズ

☆一週前追い切り評価B☆

7/25 栗坂良 一杯

52.2 37.9 25.0 12.7


一週前追い切りでは太宰騎手が実際に騎乗しての調教。

相変わらず調教の時計は優秀で、今回はラストの伸びも上々です。

まだ緩さがあるので、完調手前といったところでしょう。

ダートが得意なハードスパン産駒なので、最終追い切りでしっかり仕上がれば一発注意したい一頭です。

☆最終追い切り評価B☆

8/1 栗CW良 強め

85.5 67.8 52.3 38.3 11.9 [6]


最終追い切りでは太宰騎手が騎乗しての調教です。

前走との間隔が短いため、最終追い切りで3回目の調教と乗り込み量も少ない。

追われて終い11秒台の好タイムを出していますが、もともと時計は出る馬なので調教内容としては平凡です。

自己ベストを更新した前走時と比べるとまだ動きは硬そうで、今回は様子見でしょう。

☆過去5年データ☆

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:良
1 2 ローズプリンスダム 11 木幡巧也 牡3 56 01:52.9 5 7 37.8 ロージズインメイ
2 9 サルサディオーネ 12 吉田豊 牝3 54 01:53.1 1.1/4 1 1 38.6 ゴールドアリュール
3 5 エピカリス 1 C.ルメール 牡3 56 01:53.2 3/4 5 4 38.2 ゴールドアリュール
2016年
馬場:良
1 6 グレンツェント 2 戸崎圭太 牡3 56 01:50.6 4 4 36.6 ネオユニヴァース
2 5 ケイティブレイブ 1 武豊 牡3 56 01:50.6 クビ 1 1 37.3 アドマイヤマックス
3 1 レガーロ 6 田辺裕信 牡3 56 01:50.9 2 9 7 36.4 Bernardini
2015年
馬場:良
1 9 クロスクリーガー 1 岩田康誠 牡3 56 01:51.9 2 2 37.8 アドマイヤオーラ
2 12 ダノンリバティ 3 戸崎圭太 牡3 56 01:52.0 3/4 4 4 37.7 キングカメハメハ
3 13 タマノブリュネット 11 田辺裕信 牝3 54 01:52.3 1.3/4 12 11 36.9 ディープスカイ
2014年
馬場:稍重
1 13 アジアエクスプレス 1 戸崎圭太 牡3 56 01:50.4 3 2 35.6 HennyHughes
2 9 クライスマイル 7 N.ローウィラー 牡3 56 01:51.0 3.1/2 1 1 36.4 スクリーンヒーロー
3 4 ランウェイワルツ 9 柴田善臣 牡3 56 01:51.0 クビ 12 12 35.6 ゴールドアリュール
2013年
馬場:稍重
1 5 インカンテーション 1 大野拓弥 牡3 56 01:50.3 3 2 36.7 シニスターミニスター
2 7 サトノプリンシパル 4 蛯名正義 牡3 56 01:50.7 2.1/2 1 1 37.4 Bernardini
3 11 ケイアイレオーネ 2 幸英明 牡3 56 01:50.9 1.1/2 3 2 37.3 HennyHughes

※新潟ダート1800m左回り

・人気傾向

比較的荒れる傾向にあるレースですが、1番人気の信頼度がかなり高く、第1回開催から9年連続で馬券に絡んでいます。

また、11番人気や12番人気など10番人気以下の大穴馬の好走も多く、昨年は三連単8000倍の高配当が出ています。

1番人気以外は人気に関わらず注意が必要です。

人気傾向としては、まずは1番人気を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

⑭グレートタイム(1番人気)

・枠番傾向

中枠が好成績で、特に5枠が4年連続で連対しており押さえておきたい枠です。

次いで、3枠と7枠が過去5年で3度馬券に絡む活躍で、人気薄でも好走していることからも軽視は禁物ですね。

また、1枠と8枠は第1回開催から過去9年見ても1度しか馬券に絡んでいないので、両端枠は除外しても良いでしょう。

枠番傾向としては、中枠の3枠、5枠、7枠を中心に1枠と8枠は除外して予想を組み立てていきましょう。

【該当馬】

④ドンフォルティス(3枠)

⑤アドマイヤビクター(3枠)

⑧プロスパラスデイズ(5枠)

⑨エングローサー(5枠)

⑫クレディブル(7枠)

⑬ミックベンハー(7枠)

・脚質傾向

前残りの展開が多く、特に逃げ馬が圧倒的に好成績です。

過去5年で見ると逃げ馬は4年馬券に絡む活躍で、昨年12番人気のサルサディオーネや2014年7番人気のクライスマイルなど人気薄の好走も見られるので注意が必要です。

差し馬や追込み馬は好走しても3着までで、基本的には逃げ馬・先行馬で決着しています。

脚質傾向としては、逃げ馬・先行馬を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

⑮ヒラボクターシュ(逃げ)

②アルクトス(先行)

⑥グリム(先行)

⑪ビッグスモーキー(先行)

・血統傾向

近年はサンデーサイレンス系が活躍していますが、全体的には母がネイティヴダンサー系統の馬が圧倒的に好成績です。

次いでノーザンダンサー系とサンデーサイレンス系が成績を残しております。

また、レガーロやインカンテーションなどエーピーインディ系の好走にも注意ですね。

血統傾向としては、母がネイティブダンサー系統の馬を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

①バクハツ

⑧プロスパラスデイズ

⑨エングローサー

⑪ビッグスモーキー

・騎手傾向

実力馬に騎乗する機会が多いということもあるが、過去5年では戸崎騎手が圧倒的に好成績です。

昨年はレースに出ていないので、4戦中3戦馬券に絡み複勝率は75%、勝率も50%と信頼度は高めです。

次いで複数回馬券に絡んでいるのは田辺騎手で、田辺騎手は2015年11番人気のタマノブリュネットや2016年6番人気のレガーロで3着しており、人気薄でもしっかり3着以内に持ってきてくれるので一発狙うなら田辺騎手がおすすめです。

騎手傾向としては、戸崎騎手、田辺騎手を中心狙っていきましょう。

【該当馬】

②アルクトス(田辺騎手)

⑤アドマイヤビクター(戸崎騎手)

レパードステークス外厩情報

※()内は前走時

ノーザンファームしがらき

オノリス(なし)

宇治田原優駿ステーブル

ダイシンカローリ(なし)

大山ヒルズ

エングローサー(大山ヒルズ)

松風馬事センター

クレディブル(ノーザンファーム天栄)

ヒイラギawaji

グリム(なし)

ブルーステーブル

アルクトス(なし)

ユタカファーム

スズカアーチスト(なし)

京北育成牧場

テイエムディラン(なし)

アップヒル吉澤W内

コマビショウ(なし)

小野瀬ファーム

ミックベンハー(小野瀬ファーム)

今走なし

イダペガサス(ノーザンファーム天栄)

ビッグスモーキー(グリーンウッド)

ショーム(ブルーステーブル)

マイネルユキツバキ(ビッグレッドファーム真歌)

・追い切り注目馬

③イダペガサス

④ドンフォルティス

⑤アドマイヤビクター

⑥グリム

⑧プロスパラスデイズ

⑨エングローサー

☆勝負馬☆

・追い切り厳選馬(◎)

LINE@にて8月4日19:30に紹介しました。

LINE@登録後、メッセージをいただければ個別で再送いたします。

友だち追加

・エングローサー(◯)

・アルクトス(▲)

・レパードS穴推奨馬(穴)

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

LINE@配信スケジュール

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

11日(土)関屋記念(G3)&エルムS(G3)追い切り厳選馬

18日(土)北九州記念(G3)&札幌記念(G2)追い切り厳選馬

25日(土)新潟2歳S(G3)&キーンランドC(G3)追い切り厳選馬

友だち追加

通常のLINE配信は毎週19時半頃お届けする予定です*\(^o^)/*

🎊🎊函館記念(G3)追い切り厳選馬!!

エアアンセム(5番人気)的中!!

合計119,750円の回収!

LINE配信の受け取り忘れのないようお早めにご登録ください(*^o^*)!

友だち追加

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ