ラジオNIKKEI賞2018 予想

ラジオNIKKEI賞2018の予想ついての記事になります。

爺さんの豆知識やべー!ワーザーどんとこいでコース追いも判断可能w

先週の宝塚記念は一気に20キロ以上も馬体重を落としてしまったワーザーが猛追して2着。
こんな非常識な条件で2着に来る香港馬にかなり馬券的ダメージを被った方も多いみたいで、LINEではワーザーによる悲報をたくさん頂きましたw
その中でも、ワーザー押しのLINE読者さんが居まして、結構年配の方なんですが、この柴崎幸夫というグリーンチャンネルに出ていた方の解説を参考にしているそうです!。

僕はこの爺さん知らないのですが、現役世代の方は結構見覚えあるのかもしれないですね。
なんとトレセンではなく、コース追いをしたワーザーの状態を判断して推奨しているんですよ。
しかも毎週週末の見解を柴ブロで無料公開してくれるみたいで、もっと早くに知りたかった~。
今週はラジオNIKKEI賞で馬主が所有馬で最も期待している馬
そしてCBC賞では、充実期に入った狙うべき人気薄の方の馬を教えてくれています!
これは今週も面白そうですね~。
⇒爺さんのブログはこちらから無料登録でチェックできます!

ラジオNIKKEI賞2018予想

まずは、追い切り振り返って見ましょう!

今回は、追い切りで気になる馬の5頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

イェッツト

☆一週前追い切り評価A☆

6/20 美南W稍 強め

67.6 52.3 38.1 12.5 [6]


馬なり中心の調教で、一週前追い切りでは強めに調教。

追われた時の反応は良好で、前走時よりも状態は上向いています。

しっかり折り合いもついていて仕上がりは順調そうです。

前走叩いた上積みがある今回は注目の一頭です。

☆最終追い切り評価B

6/27 美南W良 強め

68.8 53.5 39.3 13.0 [7]


一杯に追われた3歳未勝利馬のパチュリーと併せて、内を0.5秒の追走同入。

若干伸びは気になりますが、折り合いのついた動きで仕上がりは上々。

京成杯では3着の実績で、勝馬は皐月賞で3着している。

能力はこのメンバーでも上位と言えるでしょう。

今回は新馬戦で好走している距離で、前走叩いた上積みもあるので引き続き注意したい一頭です。

エイムアンドエンド

☆一週前追い切り評価B☆

6/20 美南W稍 一杯

81.7 65.6 51.4 37.9 13.1 [3]


一週前追い切りでは大野騎手が実際に騎乗して感覚を確かめています。

馬なりに追われた1600万クラスのワイドリーザワンと併せて、内を0.4秒追走して0.8秒の先着。

直線一杯に追われた割には終いの伸びがイマイチですが、全体タイムは優秀で自己ベストを更新する動き。

今回も併せ馬で入念に調整されていて、仕上がりは良さそうです。

前走は共同通信杯で3着。

ラジオNIKKEI賞でも自分のペースで走ることができれば一発ある。

☆最終追い切り評価B

6/27 美南W良 強め

52.6 37.5 12.6 [5]


強めに追われた3歳未勝利馬のタイセイカレッジと併せて、内を1.1秒追走して0.6秒の先着。

2週続けて強めに追われていて、馬体もしっかり絞られた。

最終追い切りでは格下の併走馬を大きく突き放し、このひと追いで仕上がった印象です。

フットワークは軽快で、一発目から力は出せるでしょう。

斤量は53kgとハンデの恩恵も受けるので、前走時よりもマイナス3kgとなる今回は一発注意です。

フィエールマン

☆一週前追い切り評価A☆

6/20 美南W稍 一杯

66.5 52.3 37.8 12.3 [6]


一週前追い切りでは石橋脩騎手が実際に騎乗して感覚を確かめています。

一杯に追われた1000万クラスのロードライトと併せて、内を0.8秒追走して0.6秒の先着。

2週続けて併せ馬で調教。

一週前追い切りでは自己ベストに近いタイムを叩き出しており、終いは抜群の伸び脚で格下を大きく突き放しています。

レースごとに力をつけていて、能力はこのメンバーにも劣らない。

しっかり加速ラップを刻み気配は良好です。

☆最終追い切り評価A☆

6/27 美南W良 馬なり

68.3 53.3 38.8 12.3 [8]


一週前追い切りに続いて、最終追い切りでも石橋脩騎手が実際に騎乗して感覚を確かめています。

一週前追い切りに強めに追われた分、最終追い切りは軽めの調教。

それでも終いは12秒台の好タイムを叩き出し、仕上がりは万全とみて良いでしょう。

前走時よりも良い動きを見せていて、今回3戦目とキャリアは浅いが可能性は十分です。

メイショウテッコン

☆一週前追い切り評価A☆

6/20 栗坂重 馬なり

53.9 39.3 26.0 13.0


一週前追い切りでは軽く流した程度。

動きは軽快でしっかり折り合いも付いています。

今走は外厩仕上げで帰厩後の状態は良好です。

引き続き好調キープと考えて良いでしょう。

この馬は京都新聞杯5着の実績があり、前走も重賞でも上位争いをしていたサラキアに3馬身差の圧勝。

17日から調教を開始して、一週前追い切りでは2回目の調教となりますが、前走に続いて押さえておきたい一頭です。

☆最終追い切り評価A☆

6/28 栗CW良 強め

51.3 37.8 11.7 [7]


最終追い切りでは松山騎手が実際に騎乗して感覚を確かめています。

馬なりに追われた1000万クラスのマイハートビートと併せて、内を1.6秒追走して0.1秒の先着。

この馬は攻め駆けするタイプですが、前走同様に最終追い切りは終い11秒台の猛タイムを叩き出しています。

1000万クラスにあっさり先着し、引き続き好調キープと考えて良さそうです。

他と比べてハンデが重くなるのが鍵となってくるでしょう。

ケイティクレバー

☆一週前追い切り評価B☆

6/21 栗CW稍 馬なり

83.9 66.8 51.2 37.5 11.8 [6]


一週前追い切りでは小林徹弥騎手が騎乗しての調教。

5月23日の調教から一週前追い切りまで約1ヶ月間隔が空いているのは気になりますが、一週前追い切りでは馬なり調教でも相変わらず終い11秒台の力強い走りを見せています。

折り合いもしっかり付いていて、気配は良好です。

G2以上の重賞ではなかなか結果を残せていないがG3なら可能性が出てくる。

最終追い切りでも好調キープなら一発注意ですね。

☆最終追い切り評価B☆

6/27 栗CW良 馬なり

81.8 65.8 51.0 38.4 11.6 [6]


最終追い切りでも小林徹弥騎手が騎乗しての調教。

相変わらず調教では良い動きを見せていて、一週前追い切りに続いて2週連続ラストは11秒台の好タイム。

行きっぷりは良く、全体タイムも優秀で気配良好です。

先行力を活かせる福岡コースなら改めて期待したい。

あとは自分のペースで走ることができるかどうか。

☆過去5年データ☆

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:良
1 11 セダブリランテス 2 石川裕紀 牡3 54 01:46.6 3 2 35.1 ディープブリランテ
2 7 ウインガナドル 8 津村明秀 牡3 53 01:46.6 クビ 1 1 35.4 ステイゴールド
3 1 ロードリベラル 9 吉田隼人 牡3 53 01:46.7 クビ 12 11 34.4 ブレイクランアウト
2016年
馬場:良
1 1 ゼーヴィント 1 戸崎圭太 牡3 54 01:47.0 7 7 34.5 ディープインパクト
2 6 ダイワドレッサー 9 石川裕紀 牝3 53 01:47.2 1.1/4 3 3 35.1 ネオユニヴァース
3 15 アーバンキッド 5 福永祐一 牡3 56 01:47.2 アタマ 14 11 34.3 ハーツクライ
2015年
馬場:良
1 3 アンビシャス 1 ルメール 牡3 56.5 01:46.4 10 6 34.3 ディープインパクト
2 12 ミュゼゴースト 4 柴田善臣 牡3 55 01:47.0 3.1/2 3 2 35.4 バゴ
3 6 マルターズアポジー 12 武士沢友 牡3 53 01:47.1 3/4 1 1 35.8 ゴスホークケン
2014年
馬場:良
1 9 ウインマーレライ 5 松岡正海 牡3 54 01:45.9 2 3 35.2 マツリダゴッホ
2 4 クラリティシチー 1 内田博幸 牡3 55 01:46.1 1.1/4 14 9 34.8 キングカメハメハ
3 3 ウインフェニックス 7 石橋脩 牡3 54 01:46.1 アタマ 7 3 35.1 スズカフェニックス
2013年
馬場:良
1 11 ケイアイチョウサン 8 横山典弘 牡3 54 01:47.9 15 14 34.3 ステイゴールド
2 4 カシノピカチュウ 14 西田雄一 牡3 55 01:47.9 クビ 10 8 34.7 スタチューオブリバティ
3 3 アドマイヤドバイ 5 池添謙一 牡3 54 01:48.0 クビ 6 4 35.0 アドマイヤムーン

※福島芝1800m右回り

・人気傾向

1番人気以外の人気馬の好走はほぼ皆無。

昨年は2番人気が勝利しましたが、過去5年では5番人気以下の馬が多く活躍しています。

10番人気以下の大穴も馬券に絡んでくるレースとなっているので、人気薄でも軽視は禁物です。

好走率が高いのは1番人気と5番人気、次いで8番人気と9番人気となっています。

まずは、1番人気と5番人気を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

⑥フィエールマン(1番人気)

⑬グレンガリー(5番人気)

※6月30日19:00時点

・枠番傾向

内枠が圧倒的に好成績で、特に2枠は人気薄に関わらず好走率が高いので注意です。

また、近年は8枠も活躍していて、2年連続で馬券に絡むなど今年も押さえておくのが良いでしょう。

2枠に次いで成績が良いのは6枠で、昨年8番人気のウインガナドルが2着するなど、好走率が高いので2枠と合わせて注意したい枠です。

枠番傾向としては、基本的には内枠で、2枠、6枠を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

②メイショウテッコン(2枠)

⑧エイムアンドエンド(6枠)

⑨マルターズルーメン(6枠)

・脚質傾向

満遍なく成績を残していますが、比較的逃げ馬や先行馬が活躍しています。

特に先行馬は昨年もセダブリランテスが勝利しており、毎年馬券に絡んでおります。

差しや追込も少ないわけではないので、脚質傾向は重視しなくても良さそうですね。

迷ったら好走率の高い先行馬を狙うのが良いでしょう。

【該当馬】

①ロードアクシス(先行)

⑦キボウノダイチ(先行)

⑧エイムアンドエンド(先行)

・血統傾向

最も成績を残しているのが、サンデーサイレンス系とネイティヴダンサー系。

過去5年データでも馬券に絡んだ7頭がこれに該当します。

また、ロベルト系も注意が必要で、人気馬が多いですが、ロベルト系は2年連続で馬券に絡んでおります。

ナスルーラ系の一発もありますが、まずは、好走率の高いサンデーサイレンス×ネイティヴダンサー系を狙っていきましょう。

血統傾向としては、サンデーサイレンス系×ネイティヴダンサー系とロベルト系を狙うのが良さそうです。

【該当馬】

サンデーサイレンス系×ネイティヴダンサー系

②メイショウテッコン

③キューグレーダー

ロベルト系

①ロードアクシス

④マイハートビート

⑫ロードライト

ナスルーラ系

⑦キボウノダイチ

⑨マルターズルーメン

⑩イェッツト

・騎手傾向

過去5年で複数回馬券に絡んでいるのは石川裕紀人騎手のみ。

昨年はこのレースを制しており、2016年には9番人気のダイワドレッサーで2着しています。

現在2年連続で馬券に絡んでおり、今年も押さえておくのが良いでしょう。

騎手傾向としては、石川裕紀人騎手。

【該当馬】

④マイハートビート(石川裕紀人)

ラジオNIKKEI賞外厩情報

※()内は前走時

ノーザンファームしがらき

マイハートビート(ノーザンファームしがらき)

ノーザンファーム天栄

イェッツト(ノーザンファーム天栄)

フィエールマン(ノーザンファーム天栄)

ラムセスバローズ(ノーザンファーム天栄)

宇治田原優駿ステーブル

メイショウテッコン(なし)

グリーンウッド

ケイティクレバー(なし)

ロードアクシス(グリーンウッド)

山元トレセン

エイムアンドエンド(なし)

阿見トレセン

ロードライト(阿見トレセン)

オークリーフ

マルターズルーメン(なし)

今走なし

グレンガリー(ノーザンファーム天栄)

キューグレーダー(ノーザンファーム天栄)

シセイヒテン(テンコートレセン)

・追い切り注目馬

①ロードアクシス

②メイショウテッコン

⑥フィエールマン

⑦キボウノダイチ

⑧エイムアンドエンド

☆勝負馬☆

・メイショウテッコン(◎)

前走の内容はとても良く、G2でも4着の実績を残しているサラキアに3馬身突き放して圧勝。

今まで大崩れもなく安定して走れており、前有利の小回りコースなら脚質的にも力は出せるでしょう。

梅花賞ではダービー4着のエタリオウやフローラステークスを制したサトノワルキューレにも先着しています。

調教でも終いの伸び脚は鋭く、好調キープの今回は押さえておきたい一頭です。

・追い切り厳選馬(◯)

LINE@にて7/1に紹介しました。

LINE@登録後、メッセージをいただければ個別で再送いたします。

友だち追加

前走は小回りコースで快勝。近走は力強い走りで、レースごとにレベルアップしている。

調教でも抜群の動きを見せていて、仕上がりは万全でしょう。

ハンデの恩恵もあり、上積みも見込める今回は一発注意したい。

・エイムアンドエンド(▲)

結果を残しているのは東京コースのみですが、前走の共同通信杯で3着しているのは評価できる。

間隔が空きますが併せ馬でしっかり調整し、一週前追い切りと最終追い切りで強めに追ってデキ上々。

前走よりもさらに斤量が3kg軽くなり、現在7番人気とオッズ妙味もあるため、穴として狙いたい一頭です。

LINE@配信スケジュール

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

7日(土)七夕賞(G3)&プロキオンS(G3)追い切り厳選馬

14日(土)函館記念(G3)追い切り厳選馬

友だち追加

通常のLINE配信は毎週19時半頃お届けする予定です*\(^o^)/*

🎊🎊オークス(G1)追い切り厳選馬2頭!!

アーモンドアイ&リリーノーブル的中!!

軸馬ラッキーライラックと合わせて完全的中でした。

合計89,700円の回収!

LINE配信の受け取り忘れのないようお早めにご登録ください(*^o^*)!

友だち追加

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ