フェブラリーステークス2018 追い切り予想

ついに今年初G1フェブラリーステークス当日となりました!!!

フェブラリーステークスの予想をしていきたいと思います!!

日曜日勝負レース、小倉大賞典の予想については更新していますので参考に(*^^*)

→→日曜日勝負レースはこちらから

→→小倉大賞典予想はこちらから

 

フェブラリーステークス2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

 

追い切り注目馬

ゴールドドリーム

☆追い切り評価S☆

2/14 栗坂良 強め

49.8 36.6 23.9 12.1


最終追い切りでは藤懸騎手が騎乗しての調教。

前走同様に外厩先のノーザンファームしがらきで調整し1月17日に帰厩。

前走時同様にプール調教を併用しておりますが、一週前追い切り、最終追い切りでは好タイム。

最終追い切りでは自己ベストを大きく更新しており、今回もデキキープで仕上がりは良さそうです。

前走のチャンピオンズステークスは仕上がり万全で優勝しているので、フェブラリーステークスでも軽視禁物ですね。

 

テイエムジンソク

☆追い切り評価A☆

2/14 栗CW稍 強め

82.3 66.0 51.1 37.9 12.3 [8]


最終追い切りでは古川吉洋騎手が騎乗しての調教。

ラストは12.3秒と伸びていて、相変わらず追われたときの反応は良い。

16.3-14.9-13.2-12.8-12.8-12.3としっかり加速ラップを刻んでおり、内容の良い調教でした。

前走同様折り合いもついていて、ここでも安定した走りを期待できるでしょう。

チャンピオンズカップゴール直前で前を許してしまいましたが、続く東海ステークスでは圧勝。

非常に能力の高い馬で、初めてのマイルとなりますが、200mの距離短縮は何も心配いらない。

 

サンライズノヴァ

☆追い切り評価A☆

2/14 栗坂良 一杯

52.2 38.0 24.7 12.2


一杯に追われた1000万下のアードラーと併せて、0.6秒先行してアタマ差の先着。

前走の根岸ステークスから間隔は短いですが、最終追い切りでしっかり追われており疲れの心配はいらないでしょう。

折り合いのついた動きでベストに近い好タイム。

格下の併せ馬に差を縮められてはおりますが、状態はキープしている。

惜しいレースが続きますが、重賞でも安定感があり押さえておきたい一頭です。

 

ケイティブレイブ

☆追い切り評価A☆

2/14 栗坂良 一杯

51.6 37.4 24.5 12.5


最終追い切りでは福永騎手が騎乗しての調教。

一週前追い切りはまだまだ動きは鈍かったが、最終追い切りでベストに近いタイムを出しており、このひと追いで仕上がった印象。

昨年秋から連闘が続きますが、状態はキープできている。

チャンピオンズステークスでは4着と馬券を外してしまいましたが、近走は重賞でも安定して好走できているので、フェブラリーステークスでも注意したい一頭です。

 

レッツゴードンキ

☆追い切り評価A☆

2/14 栗坂良 馬なり

61.2 44.3 28.8 14.0


1月中旬から多くの調教本数をこなしており、フェブラリーステークスに向けて調整されている。

一週前追い切りでは自己ベストを更新するタイムで、最終は軽めに調教。

かなり動けていたのも今回は外厩の吉澤ステーブルで、万全に仕上げられていたからと考えて良いでしょう。

近走は芝1200mや芝1400mが多く、ダート1600mに対応できるかが鍵ですね。

ダートは1600mのJBCレディスクラシックで2着しており、芝を走って来た馬とはいえここで一変も考えられます。

 

ロンドンタウン

☆追い切り評価A☆

2/14 栗CW稍 一杯

80.5 65.0 51.0 37.8 12.1 [9]


一杯に追われた500万下のラハトケレブと併せて、外を3.3秒追走同入。

もともとタイムを出す馬ですが、全体タイム80秒台にも関わらずラストは12.1秒と好タイムで、仕上がりは万全と考えて良さそうです。

コリアカップから帰国してパッとしないレースが続きますが、今回は外厩先グリーンウッドで仕上げられ、最終追い切りでも折り合いもついていて併せ馬を3.3秒の追走から同入しており、好調時の状態に戻っていれば怖い一頭です。

 

 

☆過去5年データ

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 ゴールドドリーム ベストウォーリア カフジテイク
ゴールドアリュール Majestic Warrior プリサイスエンド
母父 フレンチデピュティ Mr. Greeley スキャン
前レース チャンピオン 根岸S 根岸S
人気 2 5 1
馬番 3 9 10
枠番 2 5 5
2016年 馬名 モーニン ノンコノユメ アスカノロマン
Henny Hughes トワイニング アグネスデジタル
母父 Distorted Humor アグネスタキオン タバスコキャット
前レース 根岸S チャンピオン 東海S
人気 2 1 7
馬番 14 7 4
枠番 7 4 2
2015年 馬名 コパノリッキー インカンテーション ベストウォーリア
ゴールドアリュール シニスターミニスター Majestic Warrior
母父 ティンバーカントリー Machiavellian Mr. Greeley
前レース 東海S 東海S チャンピオン
人気 1 5 3
馬番 4 14 10
枠番 2 7 5
2014年 馬名 コパノリッキー ホッコータルマエ ベルシャザール
ゴールドアリュール キングカメハメハ キングカメハメハ
母父 ティンバーカントリー Cherokee Run サンデーサイレンス
前レース フェアウェル 川崎記念 JCダート
人気 16 2 1
馬番 13 15 11
枠番 7 8 6
2013年 馬名 グレープブランデー エスポワールシチー ワンダーアキュート
マンハッタンカフェ ゴールドアリュール カリズマティック
母父 ジヤツジアンジエルーチ ブライアンズタイム Pleasant Tap
前レース 東海S 東京大賞典 川崎記念
人気 3 9 7
馬番 2 6 10
枠番 1 3 5

 

・人気傾向

1番人気が4年連続で馬券に絡んでおり、次いで2番人気が好成績です。

人気馬の活躍は多いが、人気薄も1頭は絡んでくる傾向が多いレースです。

【該当馬】

⑭ゴールドドリーム(1番人気)

⑩テイエムジンソク(2番人気)

 

・枠番傾向

2枠、5枠、7枠が好成績です。

【該当馬】

③ノボバカラ(2枠)

④アウォーディー(2枠)

⑨キングズガード(5枠)

⑩テイエムジンソク(5枠)

⑬レッツゴードンキ(7枠)

⑭ゴールドドリーム(7枠)

 

・脚質傾向

先行・差しが中心となっております。

逃げ馬の活躍は少ないため、逃げ馬には注意です。

【該当馬】

⑥インカンテーション(先行)

⑦ララベル(先行)

⑩テイエムジンソク(先行)

①ニシケンモノノフ(差し)

④アウォーディー(差し)

⑤サウンドトゥルー(差し)

⑧メイショウスミトモ(差し)

⑪ロンドンタウン(差し)

⑫ノンコノユメ(差し)

⑬レッツゴードンキ(差し)

⑭ゴールドドリーム(差し)

⑯サンライズノヴァ(差し)

 

・追い切り注目馬

⑭ゴールドドリーム

⑩テイエムジンソク

⑯サンライズノヴァ

②ケイティブレイブ

⑬レッツゴードンキ

⑪ロンドンタウン

 

・まとめ

⑭ゴールドドリーム

⑩テイエムジンソク

 

フェブラリーステークスは既に好走しており、血統・前走レースでも条件はバッチリ!

追い切りでは一週前追い切り、最終追い切りで抜群の動きを見せていて、ここでも期待できる一頭です。

過去の好走条件とも一致しており、軸馬はこの馬で間違い無いでしょう。

↓↓人気ブログランキングで紹介中↓↓

(61位くらいです)

 

 

今週の一週前追い切り情報

 

今週末に行われる他重賞の一週前追い切り情報も更新していますのでご参考に。

フェブラリーステークス一週前追い切り

小倉大賞典一週前追い切り

 

今週の最終追い切り情報

 

今週末に行われる他重賞の最終追い切り情報も更新していますのでご参考に。

フェブラリーステークス最終追い切り

小倉大賞典最終追い切り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ