大阪杯2018 追い切り・外厩・オッズ・出走予定馬・想定騎手など

大阪杯2018の予想オッズ、想定騎手についての記事になります。

★大阪杯攻略参考★昨年は指数上位が7着まで独占。

ドバイ組と国内組に分かれる形となりましたが、
大阪杯も国内トップクラスのメンバーが集りましたね。

このレースですが、競馬ファンに大ブームのコラボ指数が、
昨年推奨6位までの指数馬が7着までを独占という偉業を成し遂げた神レース。
元々桜花賞など阪神コースでの指数適合は高いですが、
その力はこの大阪杯でも証明しています。

赤文字で表示されるのがコラボ指数お勧めの指数30以下の馬。
昨年は赤と黒に綺麗に分かれる結果になりましたね。
ちなみにこの的中で一躍有名となりましたが、
このコラボ指数システムは、それ以前も大阪杯に強かった。
《2017年》
1着キタサンブラック(指数2位)
2着ステファノス(指数2位)
3着ヤマカツエース(指数6位)
《2016年》
1着アンビシャス(指数2位)
2着キタサンブラック(指数4位)
3着ショウナンパンドラ(指数6位)
《2015年》
1着ラキシス(指数12位)
2着キズナ(指数1位)
3着エアソミュール(指数4位)
《2014年》
1着キズナ(指数2位)
2着トウカイパラダイス(指数6位)
3着エピファネイア(指数1位)
このコラボ指数が開発されて公開可能な2014年まで遡りましたが、
過去4年で指数6位以内馬が馬券率91.6%
これは驚異的な数値ではないでしょうか。
今年の大阪杯は混戦だけにこの指数を活用しないのはもったいないですね。
ちなみに大阪杯はこのコラボ指数が無料でチェックできますので、絶対当てましょう!!
⇒無料登録で指数上位馬を確認!!
*メールを届けて欲しいアドレスを登録すると、ログイン情報を記載したメールが届き、そこからログインして指数を確認できます。

 

★予想オッズ、想定騎手★

出走予定馬 想定騎手 予想オッズ
スワーヴリチャード M.デムーロ 3.1倍
サトノダイヤモンド 戸崎 3.8倍
シュヴァルグラン 三浦 4.7倍
アルアイン 川田 6.1倍
ミッキースワロー 横山典 8.2倍
ペルシアンナイト 福永 9.9倍
ダンビュライト 浜中 12.4倍
スマートレイアー 四位 15.6倍
ウインブライト 松岡 18.3倍
トリオンフ 田辺 22.5倍
ゴールドアクター 吉田隼 36.1倍
マルターズアポジー 39.8倍
サトノノブレス 44.2倍
ヤマカツエース 池添 57.3倍
メートルダール 65.9倍
ヤマカツライデン 78.1倍
マサハヤドリーム 北村友 94.5倍

※阪神芝2000m右まわりのコース

まずは過去5年のデータから傾向を読み取りましょう*\(^o^)/*

☆過去5年データ

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:良
1 5 キタサンブラック 1 武豊 牡5 57 1:58.9 3 2 34.3 ブラックタイド
2 4 ステファノス 7 川田将雅 牡6 57 1:59.0 3/4 4 4 34.2 ディープインパクト
3 13 ヤマカツエース 4 池添謙一 牡5 57 1:59.1 1/2 9 7 33.8 キングカメハメハ
2016年
馬場:良
1 9 アンビシャス 2 横山典弘 牡4 56 1:59.3 2 2 33.4 ディープインパクト
2 7 キタサンブラック 5 武豊 牡4 58 1:59.3 クビ 1 1 33.6 ブラックタイド
3 8 ショウナンパンドラ 4 池添謙一 牝5 56 1:59.5 1.1/4 5 3 33.3 ディープインパクト
2015年
馬場:良
1 3 ラキシス 4 C.ルメール 牝5 55 2:02.9 11 11 35.9 ディープインパクト
2 7 キズナ 1 武豊 牡5 57 2:03.2 2 12 12 36.0 ディープインパクト
3 4 エアソミュール 6 M.デムーロ 牡6 57 2:03.7 3 4 4 37.5 ジャングルポケット
2014年
馬場:不良
1 7 キズナ 2 武豊 牡4 58 2:00.3 8 8 33.9 ディープインパクト
2 3 トウカイパラダイス 6 柴山雄一 牡7 56 2:00.5 1.1/2 2 2 36.4 ゴールドアリュール
3 4 エピファネイア 1 福永祐一 牡4 58 2:00.6 クビ 6 5 34.4 シンボリクリスエス
2013年
馬場:良
1 5 オルフェーヴル 1 池添謙一 牡5 58 1:59.0 9 6 33.0 ステイゴールド
2 3 ショウナンマイティ 2 浜中俊 牡5 57 1:59.1 1/2 12 10 32.9 マンハッタンカフェ
3 7 エイシンフラッシュ 5 C.デムーロ 牡6 58 1:59.1 クビ 3 3 33.5 King’sBest

・人気傾向

7番人気までの決着が多く、比較的荒れることがないレース。

1番人気は過去5年でも4度馬券に絡んでおり、信頼度は高いでしょう。

次いで2番人気と4番人気ですが、馬券率が高いため押さえておくのが無難です。

人気傾向としては、1番人気、2番人気、4番人気。

・枠番傾向

内枠が全く成績を残せておらず、中枠の成績が圧倒的。

特に3枠は過去5年で見ても2016年以外は全て馬券に絡んでおり、2015年には2頭が活躍しています。

人気な訳でもないですし、3枠は押さえておくのが良いでしょう。

・脚質傾向

満遍なく成績を残しているため、脚質傾向の偏りはあまり見つからない。

ただ、近年は先行馬が活躍しているので狙うとしたら先行馬でしょう。

・血統傾向

ディープインパクト産駒が圧倒的に好成績です。

2014年から2016年は3年連続優勝しており、昨年もディープインパクト産駒のステファノスが2着している。

ある程度の人気ならば軽視禁物です。

・騎手傾向

騎手で押さえておきたいのは、外人騎手も怖いですが何と言っても4年連続で馬券に絡んでいる武豊騎手。

強い馬に乗っているのも確かですが、安定して3着以内に持ってこれるのもすごいところです。

次いで、池添謙一騎手。

2016年、2017年と4番人気を3着に持ってくる働きで、過去5年で見ても複勝率75%は優秀。

3着以内に入れなかった2014年は4着と大崩れはない。

この騎手も大阪杯では安定感のある騎手なので押さえておくのが良さそうです。

 

【出走馬見解】

スワーヴリチャード

前走時はノーザンファームしがらきで外厩仕上げでしたが、今回は外厩を使用せず。

4歳になって本格化。

レース毎に力をつけており、仕上がり万全の前走は1.6倍の1番人気で見事人気に応えて快勝。

ただ、前走時もスタートは上手くいっていないので、大阪杯でも頭数は多くなりますしゲートは心配です。

調教は普段馬なり主体ですが一週前追い切りで一杯に追って、最終追い切りでは軽い調教で調整します。

前走は一週前追い切りで自己ベストを更新する動きで圧勝しているので、一週前追い切りの動きは要チェックです!

前走時は調教でもまっすぐ走れていたので、問題ないと思いますが、右回りのG1は未だに馬券に絡めておらず、大阪杯はその辺りの調整が鍵となりそうですね。

サトノダイヤモンド

この馬も前走時ノーザンファームしがらきで外厩仕上げでしたが、今回は外厩を使用せず。

この馬も通常一週前追い切りでは一杯に追われ、好走時は最終でも強めの調教。

いつも通り併せ馬に楽々先着するなら押さえておきましょう。

前走時はフランスから帰国後、調子が心配されていましたが、最速の上がりタイムで3着している。

能力の高さは健在で、そこそこの仕上がりでもこの動きなら、万全に仕上がれば注意ですね。

休み明け一発を叩いたので、上積みも期待できるでしょう。

シュヴァルグラン

今回はノーザンファームしがらきで外厩仕上げです。

近走は特に安定しており、ジャパンカップではキタサンブラックをおさえての優勝。

続く有馬記念では直線で不利を受けたにも関わらずハナ差の3着。

大阪杯では鞍上がボウマン騎手から乗り替わりで三浦騎手になるので、その分人気は落ちるのではないでしょうか。

すでに大阪杯に向けて調教を始めており、2週前追い切りではしっかり追われ併走馬にも先着。

攻めの調教では安定して好タイムを出せているので順調な仕上がりでしょう。

ペルシアンナイト

前走時吉澤ステーブル-WESTで外厩仕上げでしたが今回はなし。

前走は休み明け一発目ということもありましたし、前残りの展開で難しいところはありました。

マイルチャンピオンシップでは驚異的な末脚で差し切り勝ち。

今回デムーロ騎手がスワーヴリチャードに騎乗予定ですので鞍上にも注目です。

この馬は通常最終追い切りで馬なり調教をしていて、一週前追い切りで一杯に調教されているタイプです。

馬なり調教でも好タイムは出しておりますし、一週前追い切りでも好タイムが出るようなら楽しみですね。

アルアイン

前走時同様にノーザンファームしがらきで外厩仕上げです。

今年は明けの京都記念をレイデオロに先着する2着と良いスタートを切っています。

2000mは皐月賞を制した得意な距離で、阪神コースも毎日杯で楽勝しており適性面では全く問題はないでしょう。

この世代はスワーヴリチャードやレイデオロなど古馬相手のG1でも好走できるレベルの高い世代で、成長を伺えるこの馬も注意です。

この馬は通常馬なり主体での調教で、1週前追い切りや2週前追い切りでは強めの調教。

最終追い切りでは調整も含めて馬なりで追われており、ここでも好タイムを出すようなら期待したいですね。

ウインブライト

この馬は今回も外厩は使用していません。

今年の中山金杯を好走して良いスタートを切りましたが、その成長度は本物のようで好メンバーが揃った中山記念は完勝。

今回は一気にメンバーレベルが上がりますが、成長著しい4歳世代となれば一気にG1舞台でも活躍は期待できそうです。

特に立ち回りがうまいタイプで多頭数になってもその器用さは発揮できるでしょう。

この馬は通常調教で馬なり中心の追い切りですが、折り合いも付いていて併せ馬には先着しているのが理想的な状態です。

時計自体はいつもゆっくりなのでその点は気にしなくて大丈夫でしょう。

一週前追い切り注目馬情報

G1ということもあり、仕上がりの良い馬が多いです。

今回は、一週前追い切りで気になる馬の8頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

アルアイン

☆追い切り評価A☆

3/22 栗CW不 一杯

83.9 68.3 53.1 38.7 11.6 [7]


一週前追い切りでは川田騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた1600万下のシロニイと併せて、内を1.6秒追走して0.3秒の先着。

不良馬場だった今回も終いは11秒台の猛タイム。

2週前にはマイルCSを優勝したペルシアンナイトと併走して、追走する形でもあっさり先着し、前走時よりもさらに上積みを感じます。

最終追い切りでも好調キープなら押さえておきたい一頭です。

ウインブライト

☆追い切り評価A☆

3/21 美南W良 馬なり

66.9 52.4 38.7 12.9 [6]


一週前追い切りでは松岡騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた3歳未勝利馬のラヴァクールと併せて、外を1.2秒追走して0.4秒の先着。

格下の併走馬を煽り伸び脚も良好です。

自己ベストに近いタイムを出しており、前走時よりも状態は良さそうです。

今年は本格化して、前走は中山記念を優勝。

2戦叩いて大阪杯は良い状態で向かえられそうですね。

サトノダイヤモンド

☆追い切り評価B☆

3/22 栗坂不 馬なり

64.3 45.8 29.4 14.4


不良馬場での調教とは言えタイムは平凡。

前走時は体調面が不安視されていましたが、やはり能力が高く3着と好走。

フランス遠征の時よりも大分状態面も良くなり、帰国後一発目を叩いた今回は上積みも期待できるでしょう。

最終追い切りの動きは要チェックですね。

シュヴァルグラン

☆追い切り評価A☆

3/22 栗CW不 一杯

97.3 81.3 65.7 51.0 37.7 12.5 [4]


一週前追い切りでは三浦騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1000万下のインヴィクタと併せて、内を1.2秒の追走同入。

不良馬場でも脚色は衰えず最後まで伸び脚は抜群。

今回は外厩を使い帰厩後も好状態をキープ。

仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

スワーヴリチャード

☆追い切り評価A☆

3/22 栗CW不 馬なり

82.5 67.0 51.6 38.0 11.9 [8]


馬なりに追われた3歳500万下のラセットと併せて、外を1.5秒追走して0.2秒の先着。

一週前追い切りでは馬なり調教でしたが、不良馬場でも終い11秒台の猛タイム。

格下の併走馬を圧倒し仕上がりは順調そうです。

状態面はデキキープで心配はないが、今回は苦手とする右回りですのでその辺りが鍵となってくるでしょう。

ダンビュライト

☆追い切り評価B☆

3/21 栗坂不 一杯

53.3 38.9 25.9 13.5


馬なりに追われた3歳オープン馬のインディチャンプと併せて、0.1秒先行してクビ差の遅れ。

一杯に追われて馬場を考えたとしてもタイムはイマイチ。

ラストも失速し2週続けて格下馬に遅れを取っている。

このひと追いで変わっていれば問題はないですが、現段階ではおすすめはできない一頭です。

最終追い切りに注目ですね。

トリオンフ

☆追い切り評価B☆

3/21 栗坂不 一杯

54.5 39.2 25.8 13.2


一週前追い切りでは田辺騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われたオープン馬のアドマイヤゴッドと併せて、0.5秒追走して0.6秒の先着。

一週前追い切りで14回目の調教で、今回はしっかり乗り込まれ仕上がりは順調。

2週前には攻めの調教で全体タイム51秒台の好タイムを出しており、一週前追い切りのタイムはそこまで気にする必要はないでしょう。

ペルシアンナイト

☆追い切り評価A☆

3/22 栗CW不 馬なり

81.7 65.9 51.0 37.5 11.8 [7]


一週前追い切りでは水口騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた1600万下のマウントゴールドと併せて、内を0.5秒の追走同入。

相変わらず良い脚を使い、不良馬場でもラスト11秒台の猛タイム。

前走時よりも確実に状態は上向いており、最終追い切りには万全に仕上げてくるでしょう。

調教通りの動きならば本番でも楽しみな一頭ですね。

最終追い切り注目馬情報

今回は、最終追い切りで気になる馬の9頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

アルアイン

☆追い切り評価A☆

3/28 栗CW良 馬なり

50.1 36.4 11.7 [6]


最終追い切りでは川田騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われたオープン馬のペルシアンナイトと併せて、内を2.2秒の追走同入。

ラストは11秒台の猛タイムで、折り合いもついており仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

一週前追い切り同様に動きは抜群で、ペルシアンナイトにかなり追走しましたが、あっさり横に追いついた。

4歳になって本格化し、前走時はダービー馬のレイデオロにも先着。

一発叩いた分の上積みは大きそうで、今年はかなり期待できる一頭でしょう。

サトノダイヤモンド

☆追い切り評価A☆

3/28 栗CW良 一杯

85.4 68.8 54.0 39.8 11.7 [8]


最終追い切りでは戸崎騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた1000万下のサトノシャークと併せて、内を0.5秒追走して0.3秒の先着。

帰国後体調を心配されましたが、前走金鯱賞で使ったのもプラスで状態はかなり上向いきている。

最終追い切りは終い11秒台の好タイムを出しており、格下の併走馬にもあっさり先着。

仕上がりは順調で、能力は高い馬なので今回も押さえておきたいですね。

サトノノブレス

☆追い切り評価A☆

3/28 栗CW良 強め

84.2 68.0 52.2 37.6 11.5 [8]


最終追い切りでは幸騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1000万下のフォイヤーヴェルクと併せて、内を0.4秒追走してアタマ差の先着。

前走以上に状態は良くなっており、最終追い切りは反応の良さを見せ終い11.5秒の猛タイム。

2週続けて強めに追われているのも好材料で仕上がりは順調でしょう。

前走金鯱賞の好走に続いて軽視禁物ですね。

シュヴァルグラン

☆追い切り評価A☆

3/28 栗坂良 一杯

53.0 38.8 25.0 12.4


最終追い切りでは三浦騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた1000万下のインヴィクタと併せて、0.5秒追走して0.1秒の先着。

今回は坂路コースで入念に調教を行い、折り合いもついている。

2月後半から調教数をこなしており、最終追い切りでは自己ベストに近いタイムで仕上がりは万全でしょう。

前走時よりも確実に良くなっており、3ヶ月ぶりのレースとなりますが一発目から好走が期待できそうです。

スワーヴリチャード

☆追い切り評価A☆

3/28 栗CW良 馬なり

83.3 67.6 53.2 39.2 12.4 [6]


最終追い切りではM.デムーロ騎手が騎乗しての調教。

しっかり調整した金鯱賞とは違い、今回は最終追い切りで2回目の調教です。

折り合いもついており、馬なりでもラストの伸びは上々で好仕上がりは間違いなし。

前走時同様に内にもたれることもないようで、結果を残せていない右回りでも、今回は心配いらないでしょう。

前走ひと叩きした上積みもあり、鞍上はG1に強いデムーロ騎手とのことで大阪杯でも怖い一頭です。

トリオンフ

☆追い切り評価A☆

3/28 栗坂良 馬なり

55.1 39.6 25.5 12.7


最終追い切りでは松田騎手が騎乗しての調教。

レース毎に力をつけ、現在3連勝中。

今年は本格化し前走の小倉大賞典では2着馬に2馬身以上差をつけて圧勝している。

前走時の疲れは全く残っておらず、今回は調教数をこなし2週前追い切りではベストを更新。

今回も仕上がりは万全で、あとは実績馬との差がどこまで縮まっているかどうかでしょう。

スマートレイアー

☆追い切り評価B☆

3/28 栗坂良 馬なり

53.3 39.3 25.5 12.3


最終追い切りでは四位騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた3歳未勝利のメモリーコロネットと併せて、1.1秒追走して0.1秒の先着。

一週前追い切りでは好タイムを出していましたが、あくまでポリトラックでのもの。

動き自体は悪くないですが、他の実力馬と比べると平凡。

最終追い切りでも格下の併走馬をあっさり差し切り状態は良さそうです。

ダンビュライト

☆追い切り評価B☆

3/28 栗坂良 一杯

50.5 37.6 25.5 13.2


最終追い切りでは浜中騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われたオープン馬のレッドアヴァンセと併せて、0.2秒の先行同入。

全体タイムは自己ベストに近いタイムでしたが、ラストは失速し併走馬にも差を詰められてしまっている。

3週続けて併走馬に先着できず、今回は様子見ですかね。

ペルシアンナイト

☆追い切り評価B☆

3/28 栗CW良 馬なり

52.3 37.2 11.7 [7]


馬なりに追われたオープン馬のアルアインと併せて、外を2.2秒の先行同入。

動き自体は悪くなく、終いの11秒台の好タイムで伸びていてむしろ好調。

一週前追い切りでは格下にしっかり先着しているが、2週前と最終はアルアインに遅れる。

相変わらず調教でも好タイムを出しており、デキは良さそうです。

2000mは皐月賞以来となりますが、適性は問題なく一発ないとは言い切れない。

能力は決して低くなく前走ひと叩きしどうなるかですね。

今週の追い切り情報

今週末に行われる重賞の追い切り情報も更新していますのでご参考に。

ダービー卿チャレンジトロフィー2018 追い切り情報

来週開催の桜花賞や地方重賞の名古屋大賞典の追い切り情報も更新しています。

地方競馬も!と言う方は是非ご参考に。

名古屋大賞典一週前追い切り

名古屋大賞典最終追い切り

桜花賞2018 追い切り情報

One Response to “大阪杯2018 追い切り・外厩・オッズ・出走予定馬・想定騎手など”

  1. 慶次 より:

    ファインニードルとレッツゴードンキで当たりました。
    ありがとうございます。
    ヒッキーさんの追い切り推奨馬は本当によく走りますねー。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ