マイルチャンピオンシップ2018 最終追い切り

11月18日(日) 京都芝1600m
マイルチャンピオンシップ2018の出走馬の追い切りに関する記事です。

殿堂入りサイトが日曜日だけで173,800円の回収!!

無料予想で月間回収120万超えを達成した人気急上昇中のサイトです!
無料予想は、複勝、馬連、ワイド、三連複、三連単の券種で、それぞれ別レースを推奨しています。
先週の日曜日は5つの予想が無料で公開されておりました。
実際の推奨画面はこちらです。
ワイド→48,800円的中

複勝→はずれ

馬連→38,000円的中

三連単→はずれ

三連複→87,000円的中

結果は、、、
的中率60%、回収率162.4% +66,800円回収!

推奨通りなら1日で一週間分の給料が簡単に稼げてしまうという結果に!!
無料予想で月間120万円超えは伊達じゃありませんね!

ちなみによく当たってる複勝と三連複を今週は試してみましたよー*\(^o^)/*

40,000購入して87,000円的中!!!
複勝がはずれてしまいましたが、+47,000円の回収で約2倍くらいになりました(>_<)!

かなり回収額の大きい有料情報もありますが、
まずは無料予想でその実力を試してみるのがいいでしょう!!
的中率も高いため、長くレースを楽しめるのもポイントです。
午前中に競馬場へ行って、メインレースの前にお金が尽きるということがないように、どうしても馬券を買ってしまう人には特にオススメですwww

堅実に競馬を楽しみたい方や、一発回収を狙っている方はぜひチェックして見てください(*^^*)!
⇒こちらをクリックして無料登録ができます。

今週のレースはマイルチャンピオンシップと東スポ2歳ステークスです!
今週もプラス回収で終わりましょーー*\(^o^)/*!

出走予定注目馬

アエロリット 追い切り評価:S

★この馬の追い切り傾向★
追い切りは基本馬なり中心となっていて、秋華賞やヴィクトリアマイルのように、馬場の影響もありますが。休養明けのレースは比較的成績が悪いようです。
攻め動くタイプの馬ですが、良馬場で終い12秒台の出していれば問題ない。
調教量は少なくても毎回万全に仕上げられてますし、馬体減りが目立たなければ好調維持と考えて良いでしょう。

道悪には向かない馬で、3着以内に入れなかった3戦は全て稍重と重馬場でした。
良馬場の成績は複勝率100%を誇っており、スワーヴリチャードなど強敵揃いの安田記念では2着に好走し、能力の高さはメンバートップクラス。
仕上がりはもちろんのこと、良馬場ならば軸として押さえておきたい一頭です。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:毎日王冠(1着)
10/3 美坂良 強め
50.5 36.9 24.3 12.1

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 美坂良 馬なり
50.9 37.4 24.9 12.8

前走時よりも時計は出してはおりませんが、馬なり調教でこの時計ならかなり優秀でしょう。
2週連続で単走でしたが、力強いフットワークで終いの伸び脚も鋭い。
毛ヅヤも良好で仕上がりは万全と考えて良いでしょう。
ひと叩きした上積みも見込めるので、デキ万全の好走も引き続き押さえておきたい一頭です。


アルアイン 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
基本的に二週前追い切りからは併せ馬で、二週前追い切り、一週前追い切りは攻めの調教をして、最終追い切りは馬なり調教をする形が多いです。
菊花賞では距離が長かったのもありますが、最終追い切りも強めに追われており、土曜日にも追われていましたから、状態は万全ではなかったのではないかと思ってます。
攻め駆けするタイプの馬なので、調教では好時計を出しており、終いも11秒台のタイムなら仕上がりは良好と考えて良さそうです。

自己ベストを叩き出したオールカマーでは若干太め残りでしたが、追われてからの反応は良好で、2着に持ってこれたのは地力の高さを示しています。
ここ2戦は惜しいレースが続きますが、大崩れもなく安定して走れていますので、叩き3戦目でそろそろ結果が欲しいところ。
今走は400mの距離短縮となりますので、マイルでもうまく対応できるかが鍵となってくるでしょう。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:天皇賞秋(4着)
10/24 栗坂良 馬なり
51.5 37.5 24.5 12.1

一杯に追われたオープン馬のサトノノブレスと併せて、0.9秒追走同入しました。
最終追い切りでは北村友一騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 栗坂良 馬なり
52.5 37.8 24.5 12.4

一杯に追われた1000万クラスのシロニイと併せて、0.6秒追走してクビ差先着しました。
最終追い切りでは川田騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
軽めの調教でしたが、行きっぷりは良好で格下の併走馬を圧倒。
ラストの伸び脚も抜群で引き続き仕上がりは良好です。
あとは天皇賞秋を走った分の疲れがどうか。デキは良い。


エアスピネル 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
毎回仕上がりは良好で、休養明けも苦にしない馬です。
一週前追い切りと最終追い切りは強めの調教で、特に一週前追い切りは実戦を意識して併せ馬をしていることが多く、時計を出してくるので要チェックです。

普段通り折り合いのついた調教ができていれば、仕上がりは順調と考えて良いでしょう。17戦走って未だ掲示板を外したことがなく、かなり安定感のある馬なので仕上がり良好なら押さえておくのが良さそうですね。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:富士ステークス(4着)
10/17 栗坂良 一杯
51.7 37.8 24.5 12.2

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 栗坂良 一杯
51.2 37.6 24.8 12.5

一杯に追われた500万クラスのモアイと併せて、0.6秒追走して0.3秒先着しました。
今回は時計の出やすい馬場ではありましたが、昨年のマイルチャンピオンシップの時よりも時計は良い。
追われた時の反応も抜群で、前走叩いた分の上積みを感じます。
ビッシリ追われた分馬体も絞られており、仕上がりは良好と考えて良いでしょう。
マイルチャンピオンシップは昨年2着したレースでもありますし、今年も道中スムーズに折り合えば一発ありそうですね。


ケイアイノーテック 追い切り評価:B+

★この馬の追い切り傾向★
比較的乗り込み量は少ないですが、馬なり主体の調教で、最終追い切りに一杯に追う傾向があります。
最終追い切りは基本併せ馬でやっており、4着した朝日杯の時だけ単走で仕上げられています。
朝日杯の時は最終追い切りで50秒台の好時計を出していて、本番でも脚を使えて最後は伸びていましたが、ステルヴィオに伸び負けして4着と、調教でやりすぎると本番では本来の力を発揮できないのかもしれませんね。

近走はレース毎に力をつけていますし、折り合いのついた動きで併走馬にしっかり先着していれば状態面の心配はいらないでしょう。
毎日王冠ではプラス2oomの距離延長が影響したか5着となりましたが、ラストは伸びていましたし、初の古馬相手でも堂々とした走りを見せていました。
今走はひと叩きした上積み分もあり、得意のマイルなので、デキ万全なら改めて期待したい。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:毎日王冠(5着)
10/3 栗坂良 強め
52.1 37.7 24.5 12.3

一杯に追われた500万クラスのサンライズチャージに0.2秒先行して0.6秒先着しました。
最終追い切りも藤岡佑介騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 栗坂良 馬なり
53.6 39.2 25.5 12.8

馬なりに追われた500万クラスのサンライズルークと併せて、0.6秒追走同入しました。
一週前追い切りに強めに追われた分、最終追い切りは軽く流した程度でしたが、道中の動きは軽快でラストの伸び脚も上々。
今走も相手のレベルは上がりますが、持ち前の先行力を活かすことができればチャンスはありそうです。
また、毎日王冠は初の古馬相手だったのが敗因だったのであれば、一度経験して慣れもありそうですし、得意のマイルでの挑戦なら穴を空ける可能性も十分でしょう。


ジュールポレール 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
叩き良化型の馬で、休養明けよりは叩いた次走のレースで力を発揮しています。
前走の府中牝馬ステークスが休養明け初戦となりましたが、実力馬相手に互角のレースを見せており、叩いた今回は上積みが見込める。
調教は一週前追い切りと最終追い切りに強めの調教をしており、普段通り好時計をマークしているなら特に心配はいらないでしょう。

今年はさらにパワーアップしていて、ヴィクトリアマイル(G1)で重賞初制覇。
かなり安定感のある馬で、エリザベス女王杯(16着)以外は一度も掲示板を外していません。
22oomのエリザベス女王杯では脚が残っていませんでしたし、距離はマイルぐらいがちょうど良いので、得意の距離なら改めて期待したい一頭です。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:府中牝馬ステークス(4着)
10/10 栗坂良 一杯
52.5 37.5 24.4 12.3

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 栗坂良 一杯
51.4 36.7 23.9 12.1

最終追い切りでは石川裕紀人騎手が騎乗しての調教です。
前走府中牝馬ステークスを叩いた上積みがあるためか、ヴィクトリアマイル時のような力強い内容。
先週も好時計を出していましたが、今週はラスト1Fの伸び脚も抜群です。
2週続けてビッシリ追われた分、馬体も引き締まってきましたし、仕上がりは万全と見て良いでしょう。


ステルヴィオ 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
たまに終い重点に追われることはありますが、基本的には馬なり中心の調教です。
一週前追い切りと最終追い切りは併せ馬で実戦を意識した調教をしていて、一週前追い切りで好時計を叩き出している時は、本番でも結果を残していることが多いです。
仕上がりが良好だった前走のダービーでは8着に敗れましたが、敗因は距離でしたし、2000mまでであれば6レース走って連対率100%と、かなり安定した成績を残しています。

前走の毎日王冠(G2)では間隔を空けての出走でしたが、スムーズに競馬ができていましたし、一発目から力強い内容で走れているのは評価できます。
まだ3歳でキャリアは浅いですが、能力はG1でも通用する力を持っているので、結果に繋がりやすい一週前追い切りでしっかり動けていれば今走も軽視禁物です。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:毎日王冠(2着)
10/3 美南W良 馬なり
82.8 68.0 52.8 38.3 12.5 [4]

強めに追われた1000万クラスのロシュフォールの内を0.3秒追走同入しました。

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 美南W良 一杯
69.4 53.5 39.0 11.9 [3]

馬なりに追われた1000万クラスのラムセスバローズと併せて、内を0.4秒追走して0.8秒先着しました。
最終追い切りではW.ビュイック騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
今週は終い重点に追われラストは11秒台の好時計をマーク。
道中の折り合いもスムーズで、追われた反応も良好でした。
いつも通り集中力は抜群で馬体も充実していますし、叩いた今走も引き続きデキ万全とみて良いでしょう。


ペルシアンナイト 追い切り評価:B+

★この馬の追い切り傾向★
普段は一週前追い切りと最終追い切りにウッドチップコースで終い重点に追われています。
ラストは基本的に11秒台の好時計を叩き出す馬で、その動きが本番でも表れてくるため、一週前追い切りと最終追い切りの動きは要チェックですね。
ペルシアンナイトは叩き良化型の馬で、富士ステークス(5着)や中山記念(5着)など、休養明け一発目のレースでは3着以内に好走できていません。

直線を抜け出せば大阪杯のように鋭い脚を使える馬ですが、前走と前々走のように直線で不利を受けると崩れてしまうこともあるため、展開次第では注意が必要です。
今年に入って力はつけておりますし、スムーズな競馬ができれば上位争いは必至でしょう。
ひと叩きして状態も上向いているので、仕上がり次第では改めて期待したい一頭です。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:富士ステークス(5着)
10/17 栗CW良 一杯
85.3 68.0 52.7 38.4 11.7 [8]

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 栗CW良 ゴール前仕掛け
50.8 36.8 11.7 [6]

馬なりに追われたオープン馬のジャンダルムと併せて、内を0.5秒追走して0.2秒遅れました。
最終追い切りではM.デムーロ騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
終い重点に追われラストは11秒台の好時計を叩き出しており、全体時計も優秀です。
併走馬に遅れましたが、相手も攻め動く馬ですし特に心配いらないでしょう。
昨年同様に前2戦は敗れ、富士ステークス5着という流れなので、叩いて上積みのある今年も注意が必要ですね。


ミッキーグローリー 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
攻め動くタイプの馬ではありませんが、一週前追い切りか最終追い切りで51秒台の時計を出している時の成績がかなり優秀です。
過去6戦のうち5戦がレースに勝利していて、ワントゥワンやロジクライを抑えて快勝した前走の京成杯AHも該当します。
一週前追い切りまたは最終追い切りの時計は一つの基準として考えておくのが良いでしょう。

また、初戦から安定した成績を残しておりますが、この馬は叩き良化型の馬で休養明けに崩れていることが多い傾向にあります。
5ヶ月以上空いているレースでは、新馬戦も含めて過去0-1-2-1という成績で、休み明け一発目は仕上がり良好でも注意しましょう。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:京成杯オータムハンデ(1着)
9/5 美坂稍 馬なり
51.8 37.9 25.1 12.8

強めに追われた1000万クラスのキングスヴァリューを0.8秒追走同入しました。

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 美坂良 馬なり
50.9 37.4 24.4 12.2

馬なりに追われた1600万クラスのレッドオルバースと併せて、0.6秒追走同入しました。
最終追い切りでは戸崎騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
一週前追い切りでは格下の併走馬に見劣りましたが、今週は馬なり調教で抜群の行きっぷりを見せています。
道中はぐんぐん伸びていき併走馬にあっさり同入。
折り合いもスムーズで、全体時計は自己ベストを更新する50.9秒を叩き出しており、仕上がりは万全と見て良いでしょう。


モズアスコット 追い切り評価:S

★この馬の追い切り傾向★
普段は馬なり主体の調教で、最終追い切りに強めの調教を行なっています。
攻め動くタイプの馬ではありますが、調教でも好時計を出している時はその動きが本番でも反映されているため、最終追い切りで速い時計を出すようなら押さえておくのが良いでしょう。

普段レース前にはしっかり仕上げられていますし、今の所全レース4着以内で収まっており、成績はかなり安定しています。
身のこなしは軽やかで、直線もしっかり伸びる馬です。
最終追い切りでは併せ馬をすることが多く、普段通り鋭い伸び脚で追走先着しているなら仕上がり万全と見て良いでしょう。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:スワンステークス(2着)
10/24 栗坂良 一杯
51.7 37.5 24.3 12.0

一杯に追われた500万クラスのモートゥスを0.8秒追走して0.6秒先着しました。

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 栗坂良 馬なり
51.5 37.3 24.1 12.0

一杯に追われた1000万クラスのオールドクラシックと併せて、0.9秒追走して0.4秒先着しました。
最終追い切りではC.ルメール騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
一週前追い切りで一杯に追われた分、最終追い切りでは軽く流した程度ですが、力強いフットワークで格下の併走馬を圧倒。
しっかり加速ラップも刻んでおり、前走時よりも確実に状態は良くなっています。
馬体も充実しており、かなり良い状態に仕上がっているとみて良いでしょう。


レッドアヴァンセ 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
水曜追いは普段併せ馬で、先行する形が多いですが、しっかり先着しているようなら問題はなさそうです。
また、攻め動くタイプの馬なので時計は出ていますが、攻めの調教で50秒台、51秒台が出ているレースでは好成績を残しております。
当日の馬体重は要チェックですが、鉄砲は利く馬ですし、調教で良い動きを見せていれば押さえておくのが良いでしょう。

近走は特に力をつけており、強者揃いのヴィクトリアマイルで3着したのはプラス材料です。
勝利こそないものの叩き台の富士ステークスでも3着しており、安定感の高さはメンバートップクラスです。
マイルチャンピオンシップを目標として調整されてきましたし、叩いて上積みのある今走は100%のデキでの出走が予想されるので、仕上がり万全なら押さえておきたい一頭です。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:富士ステークス(3着)
10/17 栗坂良 一杯
51.4 37.3 24.0 11.9

強めに追われた500万クラスのワールドフォーラブを0.7秒追走してクビ差先着しました。
最終追い切りでは北村友一騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 栗坂良 一杯
52.7 38.6 25.0 12.4

一杯に追われたオープン馬のミッキーロケットに0.4秒先着しました。
最終追い切りは今走も北村友一騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
前走時と比べると時計は出ていませんが、折り合いは付いていますし、状態は悪くないです。
ひと叩きした上積みもあり、追われるとラストは良い伸び脚を使っています。
今年はパワーアップして安定感もあり、叩いた今走は軽視禁物ですね。


ロジクライ 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
傾向としては、基本一週前追い切りに一杯に追われ、最終追い切りで軽めや強めの調教で調整をしています。
マイラーズカップ時のように最終追い切り後にひと追いもなく、折り合いのついた動きであれば仕上がりは順調と見て良いでしょう。

近走はついに本格化か一週前追い切りでは49秒台や50秒台の好時計を叩き出しています。
本番でも抜群の手応えを見せ、3着以内に好走しておりますので、一週前追い切りの動きには要注意ですね。
直線の長いコースは得意な馬で、ラストはしっかり伸びますし、今走もうまく先行力を活かすことができれば可能性十分でしょう。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:富士ステークス(1着)
10/17 栗坂良 馬なり
52.3 37.8 24.5 12.1

強めに追われたオープン馬のアドマイヤランディと併せて、0.7秒追走してアタマ差先着しました。
最終追い切りではC.ルメール騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 栗坂良 馬なり
53.9 38.7 24.7 12.0

一週前追い切りに続いて最終追い切りでもC.デムーロ騎手が騎乗しての調教です。
一週前追い切りでビッシリ追われた分、最終追い切りは軽めの調整でしたが、しっかり加速ラップを刻みラストも12秒の鋭い脚を使っており上々の動きを見せています。
今年はさらにパワーアップしており、秋競馬はG3で2着、3着、1着と優秀な成績を残しています。
マイルチャンピオンシップを目標に入念に仕上げられていますし、ペースが早く前残りの展開になりやすい京都コースは向いているので、自分のペースで走ることができれば可能性十分でしょう。


ロードクエスト 追い切り評価:A

★この馬の追い切り傾向★
普段は馬なり調教が多く、追われたとしても一週前追い切りに強めに追う程度。
また、プール調教を併用していますが、しっかり乗り込まれているようなら心配はいらないでしょう。

近走は特に出遅れもなく安定した成績を残しており、キッチリ仕上がれば上位に食い込むだけの力はあります。
時計は出す馬ではありませんが、最終追い切りは併せ馬をする傾向があり、併走馬に先着しているなら気配良好と考えて良いでしょう。

★追い切り傾向比較★
前走時の最終追い切り:スワンステークス(1着)
10/24 栗CW良 馬なり
85.6 68.9 54.0 40.1 13.1 [5]

馬なりに追われたオープン馬のレッドジェノヴァの内を0.4秒追走して0.1秒先着しました。
最終追い切りもM.デムーロ騎手が騎乗しての調教です。

今回の最終追い切り:マイルチャンピオンシップ
11/14 栗CW良 一杯
83.3 66.4 51.6 37.7 11.9 [6]

最終追い切りでは横山典弘騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。
前走との間隔が短いため一週前追い切りは行なっておりませんが、日曜追いで軽い調整をしており、最終追い切りでは騎手騎乗でビッシリやれています。
追われるとラストは11秒台の好時計を叩き出しており、引き続き状態面に心配はいらない。
マイルは2016年の京成杯AH以降3着以内に入れていませんが、前走が力強い内容だっただけに今走も立ち回り次第では可能性がありそうですね。

現時点での追い切り注目馬はこちら


ブログランキングにて紹介しています!!

LINE@配信スケジュール

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

11月16日(金)21:00 土曜日軸馬厳選馬
11月17日(土)21:00 日曜日軸馬厳選馬

「当たるちゃん」LINEにて、土日レースのイチオシ追い切り馬を配信することになりました*\(^o^)/*✨
もちろん無料配信ですので良かったらどうぞ(*^^*)

今週号は、
土曜勝負馬⇒金曜21時
日曜勝負馬⇒土曜21時
に配信です!

↓↓こちら↓↓
友だち追加

※今までのヒッキーLineは今後当たるちゃんLineからの配信に変わります。
配信していた追い切り勝負馬については当たるちゃんの「1着予想」コーナーにて紹介します!!

★過去の結果★
9月15日(土)阪神9Rカテドラル1着
9月16日(日)中山11Rヒラボクラターシュ1着
9月17日(月)阪神6Rクリソベリル1着
9月22日(土)中山5Rルガールカルム1着
9月23日(日)阪神9Rサンラモンバレー8着
9月29日(土)阪神5Rサトノルークス2着
9月30日(日)中山4Rフィルムフェスト1着
10月6日(土)東京9Rブラックプラチナム2着
10月7日(日)東京10Rシヴァージ2着
10月8日(月)京都10Rソーグリッタリング1着
10月13日(土)東京1Rチャーチスクエア3着
10月14日(日)東京4Rラストヌードル1着
10月20日(土)京都4Rゴルトマイスター1着
10月21日(日)京都9Rアシュリン1着
10月27日(土)東京5Rレディマクベス1着
10月28日(日)東京5Rルヴォルグ1着
11月3日(土)京都6Rシンゼンブースター1着
11月4日(日)京都4Rサヴォワールエメ1着
11月10日(土)東京6Rカヌメラビーチ1着
11月11日(日)京都5Rペルクナス1着

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ