AJCC2018 予想(予想オッズ、想定騎手、出走馬)

AJCC2018の予想オッズ、想定騎手についての記事になります。

中山芝2200m外・右まわりのコースです。

 

★予想オッズ、想定騎手★

出走予定馬 想定騎手 予想オッズ
ゴールドアクター 武豊 3.2倍
ミッキースワロー 横山典 4.4倍
ダンビュライト M.デムーロ 6.5倍
レジェンドセラー ルメール 8.1倍
ショウナンバッハ 戸崎 12.8倍
ブラックバゴ 岩田 20.1倍
トミケンスラーヴァ 江田照 26.9倍
シホウ 吉田隼 33.7倍
トーセンビクトリー 田辺 41.3倍
ディサイファ 蛯名 50.8倍
マイネルミラノ 柴田大 66.2倍
マイネルディーン 三浦 78.3倍

 

ゴールドアクター

前走宝塚記念で2着したが疲労回復のため休養。

目標は大阪杯(G1)とのことで、春のローテはAJCCが一発目!

2200m〜2500mは本当に安定感のある馬で、13戦中10戦が馬券内で2015年には有馬記念も制しており力のある馬です。

AJCCと同距離の2200mは4戦中1着、2着、1着、2着と今の所G1,G2含めて連対率100%の成績で、前走の宝塚記念では道悪でも末脚を見せ勝利馬とは0.1秒差。

7歳でもまだまだ力は出せるのでここでも有力候補となるでしょう。

武豊騎手とのコンビにも注目ですね。

 

ミッキースワロー

この馬は驚異的な末脚を持っている馬で、セントライト記念(G2)では皐月賞馬のアルアインに0.3秒差の圧勝。

上がりタイムは33.4秒とメンバー最速。

続く菊花賞では大きく荒れた馬場が影響して、ラストは失速して6着でしたが、それでも一時は2番手あたりまで上がって勝ちそう勢いでした。

距離も中距離が合っていますし、本来の末脚を出せる良馬場なら特に怖い一頭です。

 

タンタアレグリア

昨年のAJCC勝利馬のタンタアレグリアですが、骨瘤で8ヶ月休養をとりました。

8ヶ月ぶりのレースはオールカマーで、久々でも3着と能力は衰えておらず、むしろ不利もありましたし完調だったら優勝していた勢いでした。

長期休養を挟みながらですが、G1,G2でも安定感を見せ天皇賞春4着の実績。

中山芝2200mは前走、前々走でも好走しているので、一戦叩いて調子を戻してきた今回なら期待ができる。

 

ダンビュライト

なかなか勝ちきれないレースが続きましたが、前走は菊花賞から放牧を挟んで1600万下に出走。

追い出してからの脚も悪くなくこのクラスなら楽勝でした。

G1でも安定感を見せておりましたし、ひと叩きした分の上積みも考えたら上位争いはできると思います!

重賞では3着までで終わっていますが、今回は疲れも取れていて少しずつ落ち着きも出てきているので改めて期待がかかる。

 

 

注目馬はこの馬!! 

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

条件が良い時の末脚は本当に怖い。

不良馬場でもしっかり伸びる末脚で、距離短縮でG2なら勝ち負けできるレベルでしょう。

 

 

いつも応援ありがとうございます(>_<)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ