金鯱賞2018・フィリーズレビュー2018 追い切り予想・日曜日追い切り軸馬予想

日曜日に開催される金鯱賞・フィリーズレビューの予想をしていきたいと思います!!

日曜日勝負レースの予想については一番下に更新していますので是非参考に(*^^*)!

フィリーズレビュー指数1位3年連続!!追い切り好走馬も該当!

ついにクラシック前哨戦も本格化。
今週はフィリーズレビューで来週はスプリングステークス。
フィリーズレビューでも指数の適合性が非常に高かったので紹介したいと思います。

★2017年★
指数1位馬 レーヌミノル 2着
★2016年★
指数1位馬 アットザシーサイド 2着
★2015年★
指数1位馬 ムーンエクスプレス 3着

驚くべきことに、指数1位馬が3年連続馬券に絡む活躍です。
しかもこの3年は指数上位馬が馬券を独占しています。
今年は、混戦模様だけに、データが非常に重要になります。

また面白いことに、過去データが中心に数値化される指数では、
新馬戦は適合しないというイメージを持っていましたが、
血統などの情報も数値化されており、新馬戦でも効果を発揮していました。
早速ですが、昨日の新馬戦で、

指数上位馬が4着までを独占しています。

3連単は28,800円で指数通りで万馬券です。
1レースから6レースは全レース無料で指数チェックできるので、
朝から勝負する方や現地観戦の方にはかなり手助けになると思います。
またコラムなどでも重賞レース指数を無料公開されるので、
無料でも楽しめる上、数値を確認するだけなので、かなり便利です。
フィリーズレビューの指数と併せて、チェックしてみてはいかがでしょうか。
⇒無料登録で指数上位馬を確認!!
*メールを届けて欲しいアドレスを登録すると、ログイン情報を記載したメールが届き、
そこからログインして指数を確認できます。
日曜日も追い切り好調馬×指数上位馬でしっかり仕留めましょう。

 

金鯱賞2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

 

追い切り注目馬

サトノダイヤモンド

☆追い切り評価A☆

3/7 栗CW良 一杯

84.1 68.8 53.4 39.1 11.9 [7]


最終追い切りではC.ルメール騎手が騎乗しての調教。
一杯に追われたオープン馬のベルーフと併せて、内を0.4秒追走して0.4秒の先着。
良い時と比べると全体タイムはまだまだですが、ラストは11秒台の好タイム。
今回はノーザンファームしがらきでの外厩仕上げ。

一週前追い切りでは格下の併せ馬に遅れてしまいましたが、自己ベストに近いタイムを出しており、そこそこ仕上がりは良さそうですね。
海外遠征の連敗から気持ちの面で不安視されておりますが、地力・実績はメンバートップ。
このひと追いで状態も良くなっておりますし、ここは押さえておくべき一頭です。

 

スワーヴリチャード

☆追い切り評価A☆

3/7 栗CW良 馬なり

84.7 69.5 55.0 40.7 12.5 [5]


一週前追い切りに続いて、2週連続M.デムーロ騎手が騎乗しての調教。
一週前追い切りでしっかりと追われた分、最終追い切りでは軽い調教でした。
それでも折り合いはついており、今回も前走時同様ノーザンファームしがらきでの外厩調整。
仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

2月からCWコース中心に調教メニューをこなしていて、一週前追い切りでは自己ベストを更新する走り。
4歳になってさらに力をつけた今年は期待できそうですね。
追われてからの反応は抜群ですし、得意の左まわりに変わってマイナス面が見当たらない。

 

ヤマカツエース

☆追い切り評価A☆

3/7 栗CW良 一杯

81.0 66.0 51.7 38.6 11.6 [8]


調教では本当に良い動き。
今回は小松トレセンで調整されており、状態は安定している。
一週前追い切りに続いてラストは11.5秒前後の猛タイム。
折り合いもついておりますし、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

去年と同じく有馬記念からはしっかりと間隔をとっての金鯱賞。
近走は全く成績を残しておりませんが、金鯱賞は昨年と一昨年で2連覇しているレースなので軽視禁物の一頭です。

 

ブレスジャーニー

☆追い切り評価A☆

3/7 栗CW良 強め

80.6 65.6 51.2 37.8 12.1 [6]


最終追い切りでは三浦騎手が騎乗しての調教。
一杯に追われた500万下のクリデュクールと併せて、内を0.5秒追走して0.1秒の先着。
行きっぷりは良く、一週前追い切りよりほど追わなかったにも関わらず自己ベストを大きく更新。
今回は外厩のエスティファーム仕上げで、前走からの上積みは大きそうですね。

実績で言えばG3のみの好走で、本格化してきた今年はどこまでやれるか。
直線の長い東京コースでは結果を残しており、中京芝2000mでも適性は問題なさそうです。
大負けした菊花賞、有馬記念は距離が長かったですし、中距離に戻って改めて期待したい。

 

☆過去5年データ

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 ヤマカツエース ロードヴァンドール スズカデヴィアス
キングカメハメハ ダイワメジャー キングカメハメハ
母父 グラスワンダー Storm Cat サンデーサイレンス
前レース 有馬記念(G1) 小倉大賞典(G3) 白富士S(OP)
人気 1 7 13
馬番 6 15 8
枠番 3 8 4
2016年 馬名 ヤマカツエース パドルウィール シュンドルボン
キングカメハメハ クロフネ ハーツクライ
母父 グラスワンダー サンデーサイレンス エルコンドルパサー
前レース 天皇賞(秋)(G1) 八坂S(1600万下) エリザベス女王杯(G1)
人気 4 9 6
馬番 13 3 5
枠番 8 3 4
2015年 馬名 ミトラ ディサイファ サトノノブレス
シンボリクリスエス ディープインパクト ディープインパクト
母父 サンデーサイレンス Dubai Millennium トニービン
前レース 福島記念(G3) 天皇賞(秋)(G1) アルゼンチン共和国杯(G2)
人気 5 1 4
馬番 10 1 2
枠番 7 1 2
2014年 馬名 ラストインパクト サトノノブレス エアソミュール
ディープインパクト ディープインパクト ジャングルポケット
母父 ティンバーカントリー トニービン サンデーサイレンス
前レース 京都大賞典(G2) 天皇賞(秋)(G1) 毎日王冠(G2)
人気 1 4 2
馬番 4 12 5
枠番 2 6 3
2013年 馬名 カレンミロティック ラブリーデイ ウインバリアシオン
ハーツクライ キングカメハメハ ハーツクライ
母父 A.P. Indy ダンスインザダーク Storm Bird
前レース 札幌日経OP(OP) 小倉記念(G3) 宝塚記念(G1)
人気 3 6 8
馬番 11 13 4
枠番 7 8 3

2016年3着サトノノブレスが同着。

 

・人気傾向

1番人気と4番人気が最も活躍しておりますが、8番人気や9番人気などの穴馬も多く馬券に絡む傾向にあります。

【該当馬】

⑨スワーヴリチャード(1番人気)

②メートルダール(4番人気)

 

・枠番傾向

満遍なく成績を残しておりますが、その中では3枠・8枠が好成績なので、まずは3枠と8枠を中心に狙って生きましょう。

【該当馬】

③ブレスジャーニー(3枠)

⑧アクションスター(8枠)

⑨スワーヴリチャード(8枠)

 

・脚質傾向

差しが圧倒的に好成績で、次いで先行。

逃げや追込は全く馬券に絡まないので注意です。

差し馬を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

③ブレスジャーニー(差し)

⑤サトノダイヤモンド(差し)

⑨スワーヴリチャード(差し)

 

・追い切り注目馬

①ヤマカツエース

②メートルダール

③ブレスジャーニー

⑤サトノダイヤモンド

⑨スワーヴリチャード

この中で特に良かったのは、

③ブレスジャーニー

⑨スワーヴリチャード

 

・まとめ

⑨スワーヴリチャード

③ブレスジャーニー

 

☆勝負馬☆

⑨スワーヴリチャード

調教ではしっかり真っ直ぐに走れていますし、一週前追い切りでは自己ベストを大きく更新して仕上がりは万全でしょう。

左まわりはG1でも馬券を外しておらず、前走の有馬記念の時よりも状態の良い今回は軸で問題なさそうですね。

過去の条件とも合っていてはずす理由が見つからない。

 

③ブレスジャーニー

続いて押さえておきたいのがこの馬です。

3枠は過去5年でも4度馬券に絡む成績で、この馬も最終追い切りで自己ベストを更新し態勢は整っている。

骨折前はスワーヴリチャードにも先着する実力で、G1では長距離を走らされ12着。

得意の中距離なら十分やれるでしょう。

骨折明けはレース毎に状態も良くなっており、4戦目となる今回は十分仕上げられ能力を発揮できるでしょう。

 

フィリーズレビュー2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

 

追い切り注目馬

アンヴァル

☆追い切り評価A☆

3/7 栗CW良 一杯

96.4 80.2 64.9 51.5 38.8 12.7 [7]


最終追い切りでは藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。
一杯に追われた3歳未勝利のロードゴラッソと併せて、内を0.8秒追走してクビ差の遅れ。
今回山元トレセンでの外厩仕上げで、帰厩後は高いレベルで安定している。
最終追い切りでは格下に遅れを取りましたが、かなり追走してのものなので心配はいらないでしょう。
自己ベストを大きく更新する走りで仕上がりは万全と考えて良さそうです。
阪神コースにうまく対応できるかが鍵となってくるでしょう。

 

アンコールプリュ

☆追い切り評価A☆

3/7 栗CW良 強め

52.6 37.8 11.9 [7]


3週続けて藤岡康太騎手が騎乗しての調教。
一杯に追われた3歳未勝利のアドマイヤセレブと併せて、内を0.7秒追走して0.1秒の先着。
最終追い切りでは半マイル調教でしたが、昨年に出した自己ベストを更新しており、レースごとに力をつけている。
馬なり主体での調教ではありますが、追われた時は反応が良く、好タイムに結びついている。
阪神コースは新馬戦で経験しており、過去2戦に続いて好走が期待できるでしょう。

 

モルトアレグロ

☆追い切り評価A☆

3/7 美南W良 馬なり

52.7 38.3 12.5 [7]


一週前追い切り、最終追い切りは馬なりでの調教でしたが、最終追い切りは伸び脚も良く、自己ベストを大きく更新。
プール調教を併用しておりますが、仕上がりは順調と考えて良さそうです。
一週前追い切りでは一杯に追われた3歳500万下と併走して、実践を意識した調教をしており、遅れもなくしっかりとやれている。
今回は外厩山元トレセンを使っており、前走時よりも状態は上向いていて仕上がりは万全。
阪神JFでは5着と惜しいレースでしたが、やはり距離は1400mがベストで続く紅梅ステークスでは圧勝している。
今回G2の挑戦となりますが、この距離なら力を出せるでしょう。

 

☆過去5年データ

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 カラクレナイ レーヌミノル ゴールドケープ
ローエングリン ダイワメジャー ワークフォース
母父 アグネスタキオン タイキシャトル デュランダル
前レース 万両賞(500万下) デイリー杯クイーンC(G3) 阪神ジュベナイルF(G1)
人気 2 1 6
馬番 16 15 13
枠番 8 7 7
2016年 馬名 ソルヴェイグ アットザシーサイド キャンディバローズ
ダイワメジャー キングカメハメハ ディープインパクト
母父 ジャングルポケット アグネスタキオン タイキシャトル
前レース 3歳500万下 阪神ジュベナイルF(G1) 阪神ジュベナイルF(G1)
人気 8 1 2
馬番 2 9 7
枠番 1 5 4
2015年 馬名 クイーンズリング ペルフィカ ムーンエクスプレス
マンハッタンカフェ ゼンノロブロイ アドマイヤムーン
母父 Anabaa Sky Mesa メジロライアン
前レース 菜の花賞(500万下) こぶし賞(500万下) 阪神ジュベナイルF(G1)
人気 1 7 2
馬番 17 13 10
枠番 8 7 5
2014年 馬名 ベルカント ニホンピロアンバー エスメラルディーナ
サクラバクシンオー スウェプトオーヴァーボード Harlan’s Holiday
母父 ボストンハーバー デヒア Spanish Steps
前レース 朝日フューチュリティ(G1) 阪神ジュベナイルF(G1) ジュニアC(OP)
人気 2 13 6
馬番 1 12 14
枠番 1 6 7
2013年 馬名 メイショウマンボ ナンシーシャイン ティズトレメンダス
スズカマンボ ブラックタキシード Tiz Wonderful
母父 グラスワンダー トウショウボーイ Editor’s Note
前レース こぶし賞(500万下) 春菜賞(500万下) はこべら賞(500万下)
人気 3 4 11
馬番 4 1 16
枠番 2 1 8

 

・人気傾向

過去3年は1番人気、2番人気が連続で馬券に絡んでおり、まずは1番人気と2番人気を中心に狙うのがいいでしょう。

この2頭に人気薄が1頭馬券に絡む結果が多く、人気薄は10番人気以下の大穴もあったりするので注意です。

【該当馬】

⑦モルトアレグロ(1番人気)

⑨アンコールプリュ(2番人気)

 

・枠番傾向

外枠が圧倒的に好成績で、昨年も7枠、8枠で決着している。

次いで1枠が好成績です。

【該当馬】

⑬メイショウコゴミ(7枠)

⑭アルモニカ(7枠)

⑮コーディエライト(7枠)

⑯ギンコイエレジー(8枠)

⑰ラブカンプー(8枠)

⑱アリア(8枠)

 

・脚質傾向

展開によって変わるが前残りの展開が多く、人気薄の逃げ馬が激走する年もあるため注意です。

近年は追込馬が活躍しており、差し馬の好走は比較的少ない。

まずは先行馬を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

①アンヴァル(先行)

⑦モルトアレグロ(先行)

⑭アルモニカ(先行)

⑯ギンコイエレジー(先行)

 

・追い切り注目馬

①アンヴァル

⑥アマルフィコースト

⑦モルトアレグロ

⑨アンコールプリュ

⑯ギンコイエレジー

 

・まとめ

①アンヴァル

⑦モルトアレグロ

⑨アンコールプリュ

⑯ギンコイエレジー

 

☆勝負馬☆

⑦モルトアレグロ

プール調教を併用しておりますが、阪神JFで5着の実績と前走は余裕残しの圧勝。

最終追い切りでは自己ベストを更新し、伸び脚も抜群で仕上がりは万全。

1400mはベストの距離なので重賞でも心配はいらないでしょう。

過去の好走条件にも当てはまっていて、ここは押さえておきたい一頭です。

 

日曜日追い切り軸馬予想

先日に続いて日曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

 

中山コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

6R

☆①コスモインザハート(勝負度B)

全体タイムは平凡ですが、折り合いのついた動きで、ラストの伸びは抜群。

一杯に追われた500万下の併せ馬にも追走したにも関わらず、しっかり先着と仕上がりは順調です。

調教数は少ないが、最終追い切りでの動きを見る限りだと前走時よりも上積みは期待できそうですね。

 

7R

☆⑩タイガーヴォーグ(勝負度B)

間隔が空いていないため、今回は最終追い切りのみ。

軽い調教でしたが、伸び脚は良くラストは12秒台の好タイム。

併せ馬にも先着しており、好調キープと考えて良いでしょう。

勝浦騎手との相性も良く、昨年でも活躍しているコース。

ここでも押さえておきたい一頭です。

 

8R

☆⑩ディアシューター(勝負度B)

一週前追い切りからは併走調教でしたが、格上馬と併せても遅れはなく、最終追い切りでは自己ベストに近いタイム。

一週前追い切りにしっかりと追われて馬体も絞られており、仕上がりは悪くはない。

ダートコースの方が適性があるようで、前々走の500万下でも3着と好走している。

前走は崩れてしまったが改めて期待したい。

 

9R

☆④サブライムカイザー(勝負度B)

折り合いを意識した調教で、格上の併せ馬には追走する形であっさり先着。

近走は状態も安定しており、前走では1着馬に0.1秒差のレースでした。

間隔は短いですが好調キープで今回も期待できる。

 

10R

☆⑦ロジチャリス(勝負度A)

最終追い切りではフロンテアクイーンと併せて先着している。

しっかり間隔を空けた分調整もされ動きは良くなっている。

昨年はこのレースで3着しており、コース適性は問題ない。

この時期は特に強くG3の優勝経験もあるので実力は確かでしょう。

状態が戻っているなら注意ですね!!

 

11R

☆⑤ハーレムライン(勝負度A)

レース毎に良くなっており、ここでも最終追い切りで自己ベストを更新。

馬券を外したのはデビュー戦の1戦のみで、他のレースはコース問わず安定して走れている。

対応力も評価できますし、中山マイルはすでに経験済み。

調教通りの力を出せるなら上位争いは間違いないでしょう。

 

阪神コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

3R

☆③スピリットワンベル(勝負度B)

前走は休み明け一発目でしたが、勝ち馬とタイム差なしの勝負。

勝った馬も能力は低くないですし、パッとした相手のいない今回なら注意ですね。

この馬は先行する馬で、今回内枠を取れたのも好材料です。

 

5R

☆⑩ガウル(勝負度A)

同じく調教の良かったコウエイアンカと迷ったが、すでに500万クラスで成績を残しているガウルを軸推奨。

馬なり主体での調教ですが、最終追い切りでは500万クラスの馬と併走して楽々先着しており、自己ベストに近いタイムで仕上がりは万全でしょう。

外枠の3頭で決まったりしたら面白いですねw

 

6R

☆⑤ケイアイノーテック(勝負度B)

調教では前走と比べて特別良かった訳ではないが、メンバーの中ではそこそこ良い動きを見せていた。

阪神コースは新馬戦でも朝日杯FSでも33秒台の上がりタイムを叩き出していて、瞬発力勝負でも十分対応できる。

前走ひと叩きした上積みも期待できるので、ここでは押さえておきたい一頭です。

 

9R

☆④スプマンテ(勝負度A)

一週前追い切りでは格上馬相手に先着しており、ラストも11秒台の好タイムで伸び脚も抜群。

最終追い切りでは遅れをとったものの仕上がりは順調で心配はいらないでしょう。

前走は今回と同じ阪神コースでレコード勝ちの圧勝。

昇級戦ではありますが、ここでも好走が期待できる一頭です。

 

12R

☆⑯スーパーライナー(勝負度B)

実績もありますが、調教でも動きは軽快で好調キープできている。

近走は特に安定しており、前走は同じ舞台で2着馬に2馬身差をつけて圧勝。

阪神コースは過去5戦走って馬券を外したのは1度のみ(4着)。

1000万クラスでも十分戦えるでしょう。

 

中京コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

10R

☆⑪タマモアモーレ(勝負度A)

前走、前々走は1秒近く突き放して圧勝している。

このレース内容であれば200mの距離延長はさほど心配はいらないでしょう。

最終追い切りでは格上馬と併せて、追走した形でもすんなり横に。

ラストの伸びも良いですし自己ベストを更新した今回は注意ですね。

 

12R

☆③エイシンスレイマン(勝負度B)

良く見えたのはエイシンスレイマンくらいですかね。

前走との間隔が短いため最終追い切りのみの調教でしたが、しっかり追われて疲れもなさそうです。

前走は500万下でも2着常連のウインシャトレーヌに1馬身以上差をつけて圧勝しておりますし、ここでも好走が期待できるでしょう。

デムーロ騎手に乗り替わりで配当が低くなりそうですが、押さえておくのが良さそうです。

 

今週の追い切り情報

 

一週前追い切り情報

 

今週末に行われる重賞の一週前追い切り情報も更新していますのでご参考に。

金鯱賞一週前追い切り

フィリーズレビュー一週前追い切り

 

最終追い切り情報

 

今週末に行われる重賞の最終追い切り情報も更新していますのでご参考に。

金鯱賞最終追い切り

フィリーズレビュー最終追い切り

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ