紫苑ステークス2017 データ分析

最近SUITSっていう海外ドラマに激ハマり中ですwww

今まで見たドラマの中で一番面白い!!(大してドラマを見たことはないですがww)

以上です(*^^*)

 

今日は紫苑ステークス2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

1番人気と2,4,5,6番人気が中心となっていて、10番人気以下の人気薄は馬券に絡みにくい傾向となっています。

人気馬の信頼度は意外と低く、4,5,6番人気が穴馬も多く絡んでいて回収率は高いでしょう。

1,2,4,5,6番人気を中心に狙っていきましょう。

近年では3年連続5番人気が馬券に絡んでいるため注意が必要です。

 

 

枠番傾向

外枠の方が穴馬の好走が多く、特に5枠が好成績です。

回収率は枠によって偏りがあり、単勝回収率では2,5,6枠がプラス収支で、複勝回収率は6枠です。

優勝は少ないが複勝率では1枠も高く、狙うならば1,2,5,6を中心に狙うのが良さそうです。

 

 

脚質傾向

差し馬が一番活躍していて、追込馬は全く成績を残せていないので注意が必要です。

小回りの中山コースなので追込馬が直線コースだけでは届かず、届いて差し馬まででしょう。

前残りの展開も多く、逃げ馬、先行馬の勝率は高いです。

先行馬と差し馬が2頭は毎年絡んでいるので、軸は先行馬と差し馬を中心に狙っていきましょう。

 

 

ステップレース傾向

優駿牝馬(1,0,4,18/23)

村上特別(2,0,0,0/2)

信濃川特別(2,0,0,0/2)

 

オークスからの馬の好走数は多いが馬券率的にはあまり好成績とは言えません。

オークスで人気薄の馬が紫苑ステークスで活躍する傾向があるようです。

他には村上特別、信濃川特別からの馬は過去10年で全て優勝しておりますので注意が必要です。

満遍なく成績を残せているので、オークスの人気薄には注意しておきましょう。

 

 

 

今日のこの馬なーんだ

レース結果のみで馬の名前を当てることができるでしょうか。

わからない方はヒントを参考にしてください*\(^o^)/*!!

 

↓↓本日の出題↓↓

2017.05.21 東京 優駿牝馬(G1) 16着 松岡正海

2017.04.23 東京 フローラS(G2) 8着 田辺裕信

2017.01.07 中山 寒竹賞 1着 田辺裕信

 

 

ヒント

父:ハーツクライ、母:マチカネタマカズラ

答えはブログランキングをクリックして今すぐチェック!!

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ