神戸新聞杯2017 データ分析

今日は神戸新聞杯2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

 

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

近年では1番人気が7年連続で連対していて、毎年6番人気〜9番人気の穴馬が1頭は馬券に絡むような傾向となってます。

1番人気は過去5年で4勝していますし、馬券に絡まないこともあるかと思いますが、絡む確率の方が断然高いので予想には入れておくのが良いでしょう。

穴馬部門では5番人気、7番人気が良く、10番人気以下の馬はほとんど馬券に絡まないため、9番人気までで予想を組みましょう。

 

 

枠番傾向

外枠が好成績で、穴馬の好走も外枠側の方が多いです。

特に5枠、8枠が好成績なので、5枠、8枠を中心に狙っていきましょう。

優勝は少ないですが穴馬の好走数が多いのが1枠と7枠です。

優勝数が多いのは3枠、5枠、8枠です。

3,5,8枠に1,7枠を絡めるのが良さそうですね!

 

 

脚質傾向

差し馬が圧倒的に好成績で差し馬だけで決着した年もあります。

距離が長く脚をためてる馬が多いため後ろの差し馬、追込み馬が直線で末脚を見せてゴール前で差し切る展開が多いです。

逃げ馬が逃げ切る展開も多く、2015年ではリアファルが逃げ切り勝ちをしていますので人気馬の逃げ馬には注意しましょう。

 

 

ステップレース傾向

東京優駿(8,6,3,28/45)

ラジオNIKKEI賞(1,1,1,8/11)

 

ダービーからの馬が中心となっております!

毎年1頭は日本ダービーからの馬ですが、過去10年で3頭全てダービー馬で決まったレースはなく、穴馬の好走が少ないため回収率は低くなっている。

回収率でいえばラジオNIKKEI賞からの馬が高いため紐で狙っても良さそうです。

日本ダービーの人気馬を中心に狙っていきましょう!

 

 

今日のこの馬なーんだ

レース結果のみで馬の名前を当てることができるでしょうか。

わからない方はヒントを参考にしてください*\(^o^)/*!!

 

↓↓本日の出題↓↓

2017.05.21 東京 優駿牝馬(G1) 16着 松岡正海

2017.04.23 東京 フローラS(G2) 8着 田辺裕信

2017.01.07 中山 寒竹賞 1着 田辺裕信

 

 

ヒント

父:ハーツクライ、母:マチカネタマカズラ

答えはブログランキングをクリックして今すぐチェック!!

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ