根岸ステークス2018 最終追い切り 注目馬

この記事は今週末開催される根岸ステークス2018に出走予定、注目馬の最終追い切りに関する記事です(*^^*)!

 

根岸ステークス2018

 

注目馬その1

サンライズノヴァ

1/24 栗坂稍 一杯

53.2 38.4 24.6 12.4


一杯に追われた1000万下のスティッフェリオと併せて、0.5秒先行して0.6秒の先着。

一週前ではダンビュライトに先着し、しっかりした調教を行っていました。

最終追い切りでは一杯に追ったわりにタイムはイマイチでしたが、状態の良さはキープできており、前走とは仕上がり具合が変わりそうです。

前走のレース内容でオープン2着程度の能力と決めつけるのは危険。

今回は調子は上向きで、課題は1400mへの対応のみでしょう。

 

注目馬その2

カフジテイク

1/24 栗坂稍 強め

53.8 38.8 25.0 12.6


一週前追い切りに続いて、最終追い切りも福永騎手が騎乗しての調教。

しっかりと調教メニューをこなしており、一週前追い切りでは折り合いがついた軽快な動きでしたし、状態は上向いています。

しかし、プロキオンステークスで好走した時ほどタイムは出ていないので、どこまで調子を戻せるかというところ。

去年は、直線でごぼう抜きを披露したレースで、適性面は申し分なく、実力もあるので展開次第では連覇もありえる。

 

注目馬その3

⬇︎⬇︎人気ブログランキングで紹介中⬇︎⬇︎

(67位くらいです)

1/24 美南W稍 馬なり

84.4 68.3 53.5 39.1 13.4 [6]


最終追い切りでは内田騎手が騎乗しての調教。

一週前追い切りでしっかり追っているので今回は軽く流した程度でした。

最終追い切りも調整順調で、かなり良い仕上がりと考えられます。

一週前追い切りでは素晴らしい動きを見せており、美浦北Cで全体タイム81秒の好タイムで、中間はプール調教と併用し、精神面でも良い効果が出てくれば期待できそうです。

 

注目馬その4

キングズガード

1/24 栗CW稍 馬なり

84.7 68.4 53.8 39.6 12.2 [7]


馬なりに追われた500万下のウインガーネットと併せて内を同入。

最終追い切りも折り合いのついた動きでラストは12.2秒と好タイム。

今回は馬なりの調教でも終いの伸びはよかったですし、一週前追い切りでも一杯に追われて絞られているので、本番に向けて順調に仕上がったと見て良いでしょう。

昨年は4着でしたが、その後重賞制覇し、昨年以上が期待されます。

 

注目馬そ5

アキトクレッセント

1/24 栗CW稍 馬なり

82.9 67.2 52.8 39.0 13.1 [6]


最終追い切りでは、荻野極騎手が騎乗しての調教でした。

一週前追い切りでしっかり追われたため今回は軽めの追い切り。

それでも脚色は良く、タイムも出ているので今回も好仕上がりでしょう。

一週前追い切りでは、騎手騎乗で折り合いもついてラスト11秒台の好タイムでした。

元々調教は良く動くタイプで、変わらず好調と考えて良さそうです。

根岸ステークスと相性の良い武蔵野ステークスで3着と昨年はかなり成長を見せており、中団から安定した競馬ができるようになっています。

距離1400mも問題なく、ここでもチャンスありと考えて良いでしょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ