根岸ステークス2018 一週前追い切り 注目馬

この記事は今週末開催される根岸ステークス2018に出走予定、注目馬の一週前追い切りに関する記事です(*^^*)!

 

根岸ステークス2018

 

注目馬その1

サンライズノヴァ

1/17 栗坂稍 強め

51.3 38.0 25.4 13.0


一杯に追われたオープン馬のダンビュライトと併せて、0.1秒先行して0.1秒の先着。

ラスト1ハロンは若干失速したものの、全体タイムは自己ベストに近いタイムで、坂路コースでしっかり追えています。

併せ馬もAJCC(G2)に出走した馬で、その相手に前を譲らず先着と動きも良い。

前走は良いデキではありませんでしたが、直線ではしっかり伸びて2着と力のある馬。

今回仕上がりは順調で最終追い切りにも注目していきたい一頭です。

 

注目馬その2

カフジテイク

1/17 栗CW稍 ゴール前

84.2 68.4 53.8 40.0 12.7 [6]


一週前追い切りは福永騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた新馬のドリームバンバンと併せて、外を0.7秒の追走同入。

ゴール前でしっかりと反応して同入と、折り合いもついていますし、動き軽快で状態は良さそうです。

2週前から福永騎手騎乗で入念に乗り込まれており、仕上がりは順調と考えて良いでしょう。

内容が悪くないレースが続くが、結果を残せず。

最後まで集中できれば強い馬ですし、今回降級戦で改めて期待したい。

 

注目馬その3

⬇︎⬇︎人気ブログランキングで紹介中⬇︎⬇︎

(67位くらいです)

1/17 美北C良 ゴール前

81.8 66.3 51.2 37.7 12.7 [6]


強めに追われた1000万下のサクレエクスプレスと併せて、内を0.6秒追走して0.6秒の先着。

美北Cでの調教でしたが、全体タイム81秒の好タイムでラストの伸びも良い。

今回ベストタイムを大きく更新しており、動きも好調時の状態に戻ってきている。

1000万下相手にあっさり先着していますし、確実に前走時よりもデキは良いでしょう。

プール調教と併用ですが、ダートはプール調教でも仕上がりが良ければゴールドドリームのように好走もありますから、最終追い切りもしっかりと見ていきたい。

 

注目馬その4

キングズガード

1/18 栗CW重 一杯

83.1 67.0 51.7 38.0 12.0 [9]


走った位置も9で馬場も考えるとタイムはそこそこ好タイム。

折り合いもついており、ラストもしっかり伸びて動きは悪くない。

一週前追い切りは一杯に追って馬体も絞られているので状態は良さそうです。

前走は8着でしたが大きく離されているわけでもなく、能力差はそこまで感じられない。

昨年は安定していてG3なら馬券率も高い馬なので、ここで立て直しは十分可能です。

 

注目馬そ5

アキトクレッセント

1/17 栗CW稍 一杯

81.0 66.0 51.8 38.1 11.9 [4]


一杯に追われた1000万下のマイネルレオーネと併せて、内を1.2秒追走して0.8秒の先着。

騎手騎乗で折り合いもついてラスト11秒台の好タイム。

全体タイムはいつも好タイムを出しているのでなんとも言えませんが、ラストの伸びは力強く良化を感じる。

東京コースは武蔵野ステークス(G3)で3着していますし、コース適性も問題なさそうです。

落ち着きがでてきてからは安定してきており、前走は2着馬に1馬身以上差をつけて圧勝。

今の勢いなら根岸ステークス(G3)でも十分射程圏内で、押さえておきたい一頭です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ