東京新聞杯2018 最終追い切り 注目馬

この記事は今週末開催される東京新聞杯2018に出走予定、注目馬の最終追い切りに関する記事です(*^^*)!

 

東京新聞杯2018

 

注目馬その1

アドマイヤリード

1/31 栗坂良 馬なり

52.5 38.4 25.2 12.6


最終追い切りは藤岡康太騎手が騎乗しての調教。

最終追い切りも順調に消化し、ラストもスピード感があって折り合いもついています。

状態はかなり安定していて、能力は出せる状態でしょう。

久々の競馬にはなりますが、11日から調教を再開しており、今回の最終追い切りは10本目。

全て栗東の坂路でしっかり負荷をかけています。

東京新聞杯後はドバイ遠征が計画されており、今回はたたき台としての出走ですが、能力は出せる状態と考えてよいでしょう。

 

注目馬その2

リスグラシュー

1/31 栗坂良 強め

49.8 36.2 24.0 12.3


最終追い切りでは武豊騎手が騎乗しての調教。

併せ馬を大きく突き放すパフォーマンスでベストタイムを大きく更新している。

18日から調教を再開して最終追い切りで4本目。帰厩後の本数こそ少ないですが、ノーザンファームしがらきで外厩されており、十分仕上がっていると考えて良さそうです。

一週前にも馬なりで好時計を出しており、状態面に不安はないと考えられます。

久々のマイル戦ですが、デビューからマイル戦全てで馬券に絡んでおり、得意としている距離。さらに、今回は重賞を初制覇したアルテミスステークスと同じ舞台で、能力通りのパフォーマンスは出せるでしょう。

 

注目馬その3

デンコウアンジュ

1/31 栗坂良 強め

53.6 39.0 25.1 12.3


プールを挟みながらしっかり調教されています。

一週前追い切りでは、全体タイムはよかった分ラストの伸びがイマイチでしたが、今回は折り合いもついて追われてからの反応も良い。

前走時よりも状態は良くなっていますし、仕上がりは問題なさそうです。

ポリトラックが多く、本来はポリトラック調教では十分負荷が掛かっておらず仕上がりにくいですが、

この馬はポリトラック調教で整える馬。

重賞制覇したアルテミスステークスでもポリトラック調教で、しかも併せ馬には遅れています。

実戦に行って変わるタイプで、この馬に関しては事前の動きを不安視する必要はないでしょう。

マイル戦ではG1でも2着しており、前走のターコイズステークスでも好走。

ひとまず三連系なら押さえざるを得ない一頭です。

 

注目馬その4

クルーガー

1/31 栗坂良 馬なり

53.0 38.7 25.0 12.2


最終追い切りでは浜中騎手が騎乗しての調教。

今回は軽い調教でしたが、一週前追い切りでしっかりと追われているので大丈夫でしょう。

むしろ折り合いも付いていますし、ラストも12.2秒と好タイムを出している。

17日から調教を再開して、今回の最終追い切りが5本目で、前走同様に力は出せる仕上がりでしょう。

東京マイルは昨年復帰戦に使って3着した舞台。

今年は京都金杯からしっかり結果を出しており、馬群を突いてこれる競馬は魅力で今回も期待できそうです。

 

注目馬その5

サトノアレス

1/31 美南W良 馬なり

65.6 50.8 38.0 12.8 [9]


最終追い切りでは柴山騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われたオープン馬のレッドゲルニカと併せて、外を1.0秒追走して0.2秒の先着。

ここで自己ベストを更新しており、しっかりと調整されたという印象です。

乗り込み量が豊富で、昨年末に帰厩してから17本目の追い切り。

17日にも美浦Wでラスト12秒台も出しておりますが、基本は馬なり調教で徐々に力をつける稽古。

実戦で変わるタイプでもあり、東京マイルはこの馬には合う舞台なので、ここでも軽視禁物の一頭でしょう。

 

注目馬その6

ガリバルディ

1/31 栗坂良 一杯

57.2 40.5 25.8 12.5


折り合いもついていてラスト1Fも好タイムでしたが、しっかり脚を溜めてのもの。

順調に仕上がっていますが、注目度は低い馬です。

今年に入って最終追い切りで7本目の調教。

一週前追い切りでは、一杯に追われましたがかなり遅い時計で、しかも3歳500万クラスに大きく先行して遅れています。

お世辞にも動いているとは言いづらい状況でしたが、最終追い切りでも一変ということはなく、あとは実戦でどこまで変わるかというところ。

年齢的にも上積みを期待するのは酷で厳しい競馬になりそうです。

 

注目馬その7

グレーターロンドン

1/31 美南W良 馬なり

50.9 36.3 12.4 [2]


強めに追われた3歳500万下のブラストワンピースと併せて、内を0.5秒の追走同入。

最終追い切りでは短い距離での調教でしたが、50秒台の好タイムで状態は好調時に戻ってきている。

今年に入って最終追い切りで8本目の調教。一週前追い切りでは、直線強めに追われ好時計をマーク。

前走後、それほど間隔があったわけではないですが、レースの疲労は無かったようで、しっかり調教メニューをこなしています。

得意のマイル路線に戻りますが、ここでしっかり賞金加算しなければ、今後G1への挑戦が難しくなる可能性が高く、ここは踏ん張って欲しい一頭です。

 

注目馬その8

ダイワキャグニー

1/31 美南W良 馬なり

68.8 53.1 39.0 13.2 [6]


京都金杯から始動したため、この中間は最終追い切りで3本目の調教と回数は少ない。

最終追い切りは軽く流した程度で、一杯に追われた一週前追い切りでは伸びはよかったが全体タイムは平凡。

それほど早い時計はありませんが、前走の疲労はなく、状態を維持できているようです。

前走時よりも良くなっていますが取捨選択が難しい一頭です。

 

注目馬その9

ダノンプラチナ

1/31 美南W良 馬なり

84.3 68.7 53.5 39.9 13.1 [3]


最終追い切りでは田辺騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1000万下のアルミレーナと併せて、内を0.1秒の遅れ。

プール調教と併用しており、前走との間隔も短いため疲れは取れていない様子。

もともとタイムを出す馬ではありませんが、好調時と比べると見劣りを感じます。

ただ、一昨年の東京新聞杯では4着しており、東京マイルは得意としている舞台。

またマイルでは朝日杯フューチュリティステークスでG1制覇も達成している実力者で、前走はオープンながら復活気配の競馬。

今回は中間の本数が少なく、早い時計も出していないので、当日の馬体重に注意したい一頭です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ