東京新聞杯2018 予想(予想オッズ・出走予定馬・想定騎手)

東京新聞杯2018の予想オッズ、想定騎手についての記事になります。

東京芝1600m左まわりのコースです。

 

★予想オッズ、想定騎手★

出走予定馬 想定騎手 予想オッズ
アドマイヤリード 藤岡康 3.2倍
リスグラシュー 武豊 5.4倍
グレーターロンドン 川田 7.2倍
クルーガー 浜中 8.9倍
サトノアレス 柴山 9.4倍
ガリバルディ 三浦 12.5倍
ストーミーシー 大野 13.3倍
ダノンプラチナ 田辺 18.2倍
ダイワキャグニー 横山典 22.8
デンコウアンジュ 蛯名 28.2倍
ベルキャニオン 石橋脩 34.7倍
ハクサンルドルフ 戸崎 38.3倍
ディバインコード 北村宏 44.1倍
トウショウピスト 田中勝 51.9倍
カデナ 福永 58.3倍
マイネルアウラート 柴田大 73.8倍
タガノブルグ 95.9倍

 

グレーターロンドン

昨年3月までは連対率100%という結果を残しておりましたが、G1では惜しくも馬券に絡めず。

1600m〜1800mならば強い馬で、毎日王冠(G2)では3着と好走している。

良い脚を持っている馬で瞬発力勝負ならレベルが高い。

基本直線一気のスタイルなので天皇賞・秋のように馬場状態が悪いと分が悪い。

前走のディセンバーステークスで一発叩いて、調子も戻ってきているので良馬場なら改めて期待したい一頭です。

 

アドマイヤリード

昨年のヴィクトリアマイル優勝馬で東京芝1600mは実績がある。

久しぶりの前走は3着しましたが、直線での伸びは評価でき、ポジショニングがもう少しよければ優勝も狙えていた。

重馬場でも結果を残している馬で、馬場状態に関係なく脚を使えるのは好評価。

調教でもラストはしっかりと動いていて、今回も久々の競馬となりますが、上位人気となりそうです。

 

事前予想注目馬

⬇︎⬇︎人気ブログランキングで紹介中⬇︎⬇︎

(53位くらいです)

なかなか勝ちきれないレースが続いておりますが、阪神JF、桜花賞、秋華賞のG1レースを2着しており実力はたしかです。

前走は直線の伸びは良かったが、後ろすぎたので前までは届かず8着。

重賞でも安定感はありますし、今回態勢を整えての挑戦で今まで通りしっかり走れれば馬券内は堅いでしょう。

実績はあるため上位人気にはなりそうですが、前走8着だった分のオッズ妙味はありそうですね。

このコースはアルテミスステークスで経験していて、得意の距離なら一発ありそうです。

 

ダノンプラチナ

香港から帰ってきてからは得意のマイルでも結果を残せずにいましたが、前走はシュウジに1馬身以上差をつけて圧勝。

G3で好走する実力は持っているので、調子が戻ってくればここでも力は出せそうです。

前走ひと叩きしての上積みは期待できそうですし、コース適性も問題ないため期待値は高くなるでしょう。

仕上がり次第では押さえておきたい一頭です。

 

クルーガー

調子をレース毎に取り戻しているので、そろそろ結果を残してもおかしくはない馬。

マイルチャンピオンシップ(G1)では相手も強かったが、最後まで良い脚を使えているのは好評価です。

休養明けでもG3なら3着、2着と安定して走れています。

もともとマイラーズカップ(G2)1着の実績もありますので能力は高く、良い脚を持っているため東京コースも向いている。

重賞での安定感からこの馬も上位に支持されそうですね。

 

 

いつも応援ありがとうございます*\(^o^)/*✨

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ