東京新聞杯2017、きさらぎ賞2017 予想

出走メンバーが決まったー!

騎手から絞っていくぜ😎

 

・東京新聞杯2017

このメンバーの中でみると…

1.武豊(勝率:33.3%、複勝率:33.3%)

2.吉田隼人(勝率:20.0%、複勝率20.0%)

3.横山典弘(勝率:11.1%、複勝率:22.2%)

 

合計も少なく、分母が低いため1度馬券に絡めば高くなっている。

レースからの信用度は低いだろう。

 

東京芝1600mコースの場合

勝率

1.戸崎圭太(15.2%)

2.M.デムーロ(14.6%)

3.横山典弘(14.4%)

 

複勝率

1.M.デムーロ(41.7%)

2.戸崎圭太(33.8%)

3.北村宏司(31.4%)

 

戸崎圭太、デムーロ、武豊が注意だろう。

 

ヤングマンパワーは去年の4月から5連続で馬券に絡んでいて、その中で東京レースでは2戦2勝!!

マイルCSでは大敗したが、流れ的にも全然いけるだろう。

今年の戸崎が心配だけど…ww

 

エアスピネルはG1でサトノダイヤモンド、マカヒキ、ディーマジェスティと強者と戦って上位に食い込んでいた。

前レースではG3の舞台でハナ差とはいえ優勝。武豊とのコンビで馬券には絡んでくるだろう。

 

ブラックスピネルは前レースの京都金杯では良脚をみせ、エアスピネルを刺しそうな勢いだった。

東京競馬場なら距離も長く、あの勢いで直線を駆け抜ければ可能性はあるが、それまで負けが続いていたため、軸にするには怖いww

デムーロが乗るなら好材料だし、外しきれない1頭だな。

 

 

・きさらぎ賞2017

このメンバーの中で過去5年の成績をみると…

1.C.ルメール(勝率:100.0%、複勝率:100.0%)→1回中

2.和田竜二(勝率:50.0%、複勝率100.0%)→2回中

3.福永祐一(勝率:0%、複勝率:100.0%)→1回中

 

こちらも数が少ないため、あまり参考にはならないが、和田竜二が2回中1着1回、2着1回と今回も軽視はできない。

 

京都芝1800mコースの場合

勝率

1.川田将雅(21.5%)

2.四位洋文(15.6%)

3.岩田康誠(14.7%)

 

複勝率

1.C.ルメール(48.0%)

2.福永祐一(43.9%)

3.川田将雅(39.7%)

 

やはり分析から言ってもサトノアーサーだろう。

ムーヴザワールドとの対決が見たかったが回避してしまった。

前レースでは3馬身も離し圧勝、でサトノアーサーは軸でいいと思う。

 

他には、スズカメジャー!

前レースは直線コース前でコースが塞がれたかと思ったが、福永騎手も上手くそのまま抜け出し、2着と1馬身も差をつけて勝利。

複勝率が高いのも頷ける。馬も弱くはないため今回も上位に食い込んでくるだろう。

 

ルメールの乗るダンピュライトは個人的には外そうかと思ったが、複勝率約5割は怖いwww

軽視はしない程度に馬券に絡めよう。

 

いつも応援ありがとうございます。

↓↓クリック↓↓

人気ブログランキングへ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ