月曜日の追い切り予想勝負レース

月曜日の追い切り予想勝負レースを載せていきます。

3連休の最終日頑張っていきましょう*\(^o^)/*

 

中山コース

※勝負度A ➡︎ 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B ➡︎ 追い切り予想での一発期待馬

 

4R

③フジサンデルタ(勝負度A)

一週前追い切り、最終追い切りと続けて一杯に追われた1000万下の古馬と併せて、大きく追走して突き放した。

かなり仕上がりは良さそうで、ここなら勝ち負けできるレベル。

兄弟馬も同コース中山1800mダートで2着と好成績を残しており、この馬も適性は高いと見て良さそうです。

 

6R

⑩ブライトリビング(勝負度B)

最終追い切りでは一杯に追われた格上を1.1秒追走してあっさり先着。

近走が振るわない併せ馬相手でしたが、クラスを考えると十分評価できる。

500万はすでに優勝経験があり、一発叩いた分の上積みもありそうです。

 

7R

③ワシントンレガシー(勝負度B)

一週前、最終追い切りは併走で、一杯に追われた併せ馬に対してどちらも馬なりで先着。

特に最終追い切りでは1000万クラスを相手にしており、状態はかなり仕上がっている様子。

また、適性面においても中山では成績をしっかり残しております。

 

11R

⬇︎⬇︎(勝負度A)⬇︎⬇︎

       こちらをクリック        

タイムの出やすいポリトラックでの調教でしたが、1600万下の併せ馬を大きく突き放してラストも11秒台の好タイム。

ベストタイムを大きく更新していて仕上がりは万全と考えて良さそうです。

昨年は重賞でも実績を残していたクリスマスを押さえて優勝しており、今年も良い状態で迎えられるので期待できる。

 

12R

⑫バトルスピリッツ(勝負度A)

いつも通り、馬なりでの追い切りで、併せ馬を追走して先着。

動きはパワフルでデキは今回も良さそうです。

前走は勝ち馬に0.7秒差の大差をつけられましたが、外枠での出遅れが大きかった。

それでも3着に食い込むのはさすがで、中山コースの複勝率は100%という安定感も評価できる。

 

 

京都コース

※勝負度A ➡︎ 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B ➡︎ 追い切り予想での一発期待馬

 

1R

⑦マイネルカイノン(勝負度B)

使うごとに良くなっており、間隔は短いが前走よりも状態は上向いている。

3歳未勝利の併せ馬にあっさり先着していますし、押さえておきたい一頭です。

ダートに転向してから3着、2着、4着と安定しており、特に京都コースは全て馬券内。

鞍上は昨日フェアリーステークスを制した戸崎騎手。

そろそろ勝ち上がりのチャンスでしょう。

 

2R

⑨シンゼンアイル(勝負度B)

一週前は池添騎手が騎乗して全体タイム81秒台の好タイムでした。

ラストも11秒台の時計を出して、しっかり追われていた新馬を追走し同入しています。

折り合いは付いており、最終追い切りでは併せ馬に遅れを取りましたが、動きは軽快で状態は悪くなさそうです。

 

4R

⑧フォースライン(勝負度B)

追い切りは2週続けて強めに追われて3月に出したベストを更新。

折り合いもついていてラストもしっかり伸びているので仕上がりは良さそうです。

ダートに転向後は7戦連続馬券内という安定感。

斤量は前走時よりも1kg増えますがここで大崩れは考えにくい一頭です。

 

5R

⑮ムーンレイカー(勝負度A)

⑯ジェシー(勝負度A)

ムーンレイカーは、間隔が短いため馬なりでの調教でしたが、併せ馬にあっさり先着してラスト伸びて11秒台。

2着が4戦連続で続いているが、今回ブリンカーをつけて一変ありそうです。

ジェシーは、一週前追い切りでは併走でしたが、全体タイム81秒台にも関わらずラストは11秒台の好タイム。

ベストを更新しており前走よりも良化が見られる。

前走で京都2000mは経験しており今回も馬券内は堅い。

 

9R

②シンギュラリティ(M.デムーロ)

一週前追い切りは古馬1600万クラスと併せて大きく突き放しました。

ベストタイムも更新しており前走よりも良化が見られる。

ここ3戦は使うごとに成長していて、前走はメンバー最速の上がりで勝利。

1000万クラスでも勝ち負けとなるでしょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ