日経賞&毎日杯 追い切り予想馬見解

土曜日に開催される日経賞・毎日杯の予想をしていきたいと思います!!

土曜日勝負レースの予想については一番下に更新していますので是非参考に(*^^*)

日経賞2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

追い切り注目馬

・キセキ

☆追い切り評価A☆

3/21 栗P良 馬なり

83.3 67.2 52.7 38.8 11.5 [9]


最終追い切りで15回目の調教。

帰国後はしっかり乗り込まれ、最終追い切りではポリトラックで脚に負担をかけない追い切り。

ラストは抜群の伸び脚で仕上がりは万全でしょう。

・ゼーヴィント

☆追い切り評価A☆

3/21 美南W良 一杯

53.6 38.5 12.0 [3]


一杯に追われた500万下のクイックモーションと併せて、内を0.4秒追走して0.1秒の先着。

休み明けでも力を発揮できる馬ですが今回は骨折明け。

2月後半からしっかりと調整されて、一週前追い切りでは好タイムを出しており仕上がりは問題ないでしょう。

終いの伸び脚も良く、状態は上向いている。

・ガンコ

☆追い切り評価A☆

3/21 栗坂不 強め

54.2 39.3 25.2 12.5


一週前追い切り同様に最終追い切りでも藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。

プール調教を併用ですが、最終追い切りで8回目の追い切り。

今回は不良馬場でしたが折り合いもついていて動きも軽快。

2週続けて騎手騎乗で強めに追われているので、状態面での心配は全くいらないでしょう。

・トーセンバジル

☆追い切り評価B☆

3/21 栗CW不 強め

84.5 67.5 52.4 37.6 12.1 [5]


最終追い切りでは岡田祥嗣騎手が騎乗しての調教。

強めに追われた500万下のジョーダンキングと併せて、内を0.9秒追走して0.7秒の先着。

1週前と2週前は格下に遅れを取っていたので、このひと追いで変わっていればというところでしょう。

最終追い切りでやっと併走馬に先着したがタイムは平凡。

強くは推せない一頭です。

・ロードヴァンドール

☆追い切り評価B☆

3/21 栗坂不 一杯

53.5 38.6 25.6 13.1


馬なりに追われたオープン馬のマイスタイルと併せて0.2秒の追走同入。

不良馬場ということもありましたが、一杯に追った割にはタイムはイマイチ。

仕上がりは万全とは言えず、ここは割引が必要そうですね。

ただ、前残りの展開ならチャンスはあるため軽視は禁物です。

・ソールインパクト

☆追い切り評価B☆

3/21 美南W良 強め

84.0 68.3 53.8 39.7 13.2 [7]


強めに追われた障害未勝利のアサクサゴールドと併せて、内を0.4秒追走して0.4秒の先着。

2週前追い切りでは格下馬に遅れ、一週前追い切りでも未勝利馬に差を縮められている。

最終追い切りでは先着してはいるものの、障害未勝利ですし良い時と比べると動きは硬いようです。

中山コースの馬券率が高いため軽視禁物ですが、軸としてはおすすめできない一頭です。

☆過去5年データ

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 シャケトラ ミライヘノツバサ アドマイヤデウス
マンハッタンカフェ ドリームジャーニー アドマイヤドン
母父 シングスピール シルバーチャーム サンデーサイレンス
前レース 日経新春杯(G2) アメリカジョッキーC(G2) 有馬記念(G1)
人気 4 7 6
馬番 13 11 10
枠番 7 6 5
2016年 馬名 ゴールドアクター サウンズオブアース マリアライト
スクリーンヒーロー ネオユニヴァース ディープインパクト
母父 キョウワアリシバ Dixieland Band エルコンドルパサー
前レース 有馬記念(G1) 有馬記念(G1) 有馬記念(G1)
人気 2 1 4
馬番 9 4 2
枠番 8 4 2
2015年 馬名 アドマイヤデウス 牡6 ホッコーブレーヴ
アドマイヤドン ハーツクライ マーベラスサンデー
母父 サンデーサイレンス Storm Bird ダンシングブレーヴ
前レース 日経新春杯(G2) 有馬記念(G1) ステイヤーズS(G2)
人気 4 5 6
馬番 6 3 4
枠番 5 3 4
2014年 馬名 ウインバリアシオン ホッコーブレーヴ ラストインパクト
ハーツクライ マーベラスサンデー ディープインパクト
母父 Storm Bird ダンシングブレーヴ ティンバーカントリー
前レース 有馬記念(G1) ジャパンC(G1) 小倉大賞典(G3)
人気 1 10 3
馬番 10 11 2
枠番 6 6 2
2013年 馬名 フェノーメノ カポーティスター ムスカテール
ステイゴールド ハーツクライ マヤノトップガン
母父 デインヒル Capote サンデーサイレンス
前レース ジャパンC(G1) 京都記念(G2) 日経新春杯(G2)
人気 1 9 7
馬番 14 1 12
枠番 8 1 7

・人気傾向

比較的荒れる傾向で、人気馬では1番人気以外信頼度は低い。

10番人気までなら満遍なく成績を残していて、その中でも好成績の1番人気と4番人気を中心に狙って行きましょう。

【該当馬】

⑦トーセンバジル(1番人気)

④ロードヴァンドール(4番人気)

・枠番傾向

中枠が好成績ですが、特に偏った傾向は見当たらない。

人気薄でも馬券率が高い6枠に注意ですね。

【該当馬】

⑩ピンポン(6枠)

⑪サクラアンプルール(6枠)

・脚質傾向

先行・差しが圧倒的に好成績です。

逃げや追込は全く馬券に絡んでこないので、基本は先行と差し馬を狙いましょう。

【該当馬】

⑥ノーブルマーズ(先行)

⑫ガンコ(先行)

①アルター(差し)

②ショウナンバッハ(差し)

③チェスナットコート(差し)

⑦トーセンバジル(差し)

⑨ゼーヴィント(差し)

⑩ピンポン(差し)

⑪サクラアンプルール(差し)

⑭キセキ(差し)

⑮ソールインパクト(差し)

・追い切り注目馬

⑦トーセンバジル

⑨ゼーヴィント

⑫ガンコ

⑭キセキ

☆勝負馬☆

⑭キセキ

追い切りでは一週間と最終ともにA評価を付けさせて頂きました。前走は、極悪馬場の菊花賞のダメージも大きく、初の海外遠征でも大敗。

今回はじっくり乗り込まれ、抜群の動き。

最終追い切りは、天候の問題でポリトラックでの追い切りとなりましたが、

動きは抜群で、特に心配するところはないでしょう。

この世代は活躍馬が多いですが、このキセキも一週前追い切りでは、自己ベストを更新し成長が期待できます。

⑨ゼーヴィント

この馬も追い切り追い切りでは、一週前追い切り・最終と共に絶好調で、A評価を付けました。久々ではありますが、入念に調整されており、相性の良いノーザンファーム天栄で上手く仕上げられています。

一週前追い切りでは、14.4-14.2-13.7-12.6-12.5-12.3と加速ラップ。

馬自体は素晴らしい仕上がりで、きっちり動ける状態です。

中山コースでも実績があり、小回りも上手く対応できるタイプです。

心配点は、全く勝利を上げない戸崎騎手のみで、そろそろ頑張ってもらいたいところです。

毎日杯2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

追い切り注目馬

・インディチャンプ

☆追い切り評価A☆

3/21 栗坂不 馬なり

53.2 38.7 25.7 13.3


最終追い切りでは岩田騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われたオープン馬のダンビュライトと併せて、0.1秒追走してクビ差の先着。

最終追い切りでは不良馬場でどの馬も全体的に時計は出ておりませんが、格上の併走馬に追走する形で先着しているのは好評価。

馬なり主体での調教で、最終追い切りで8回目の調教。

このレースを目標に調教メニューをこなしているようで、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

・ブラストワンピース

☆追い切り評価A☆

3/21 美南W良 強め

52.3 37.2 12.6 [4]


最終追い切りでは池添騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた500万下のエヴェリーナと併せて、内を0.6秒追走して0.2秒の先着。

前走はメンバー最速の上がりタイムで、瞬発力勝負にも対応できる点もプラス材料です。

一週前追い切りでは6ハロン追いで好タイムを出しており、3戦目となる今回も反応の良さを見せ仕上がりは良さそうですね。

・ギベオン

☆追い切り評価A☆

3/21 栗芝不 馬なり

89.1 71.9 54.4 38.8 12.5 [1]


一週前追い切りに続いて最終追い切りでもD.バルジュー騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた3歳未勝利馬のイダエンペラーと併せて、内を1.0秒の追走同入。

一週前追い切りでは馬なり調教で全体タイム81秒台に対してラストの11秒台の好タイムを出している。

最終追い切りでも軽い調教でしたが終いの伸びは抜群で仕上がりは万全と考えて良さそうです。

・ユーキャンスマイル

☆追い切り評価B☆

3/21 栗CW不 一杯

86.2 69.3 53.3 38.4 12.0 [5]


最終追い切りでは荻野琢真騎手が騎乗しての調教。

強めに追われた3歳500万下のスーパーフェザーと併せて、外を0.5秒先行して0.2秒の遅れ。

相変わらず終いは仕掛けられると良い伸び脚ですが、全体タイムを考えると平凡。

不良馬場ということもありましたが、格下の併走馬にも遅れをとり強くは推せない一頭です。

・シャルドネゴールド

☆追い切り評価A☆

3/21 栗坂不 馬なり

53.4 38.8 25.6 12.9


一週前追い切り同様に最終追い切りでも川田騎手が騎乗しての調教。

最終追い切りでちょうど10回目の調教で、普段通り一週前追い切りで一杯に追って、最終追い切りでは軽く流す追い切り。

一週前追い切りではラスト11秒台の好タイムで反応の良さを見せており、2週前追い切りでは格上の併走馬を圧倒。

前走に続いて今回も好調な仕上がりと考えて良いでしょう。

☆過去5年データ

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 アルアイン サトノアーサー キセキ
ディープインパクト ディープインパクト ルーラーシップ
母父 Essence of Dubai Redoute’s Choice ディープインパクト
前レース 日刊スポシンザン記念(G3) きさらぎ賞(G3) すみれS(OP)
人気 2 1 7
馬番 3 1 6
枠番 3 1 6
2016年 馬名 スマートオーディン アーバンキッド タイセイサミット
ダノンシャンティ ハーツクライ ダイワメジャー
母父 Alzao Swain エンドスウィープ
前レース 共同通信杯(G3) アーリントンC(G3) 報知杯弥生賞(G2)
人気 1 4 2
馬番 10 2 5
枠番 8 2 5
2015年 馬名 ミュゼエイリアン ダノンリバティ アンビシャス
スクリーンヒーロー キングカメハメハ ディープインパクト
母父 エルコンドルパサー エリシオ エルコンドルパサー
前レース 共同通信杯(G3) つばき賞(500万下) 共同通信杯(G3)
人気 7 3 1
馬番 9 8 15
枠番 5 5 8
2014年 馬名 マイネルフロスト エイシンブルズアイ ステファノス
ブラックタイド Belgravia ディープインパクト
母父 グラスワンダー Siphon クロフネ
前レース 共同通信杯(G3) アーリントンC(G3) つばき賞(500万下)
人気 5 3 4
馬番 1 2 14
枠番 1 2 8
2013年 馬名 キズナ ガイヤースヴェルト バッドボーイ
ディープインパクト ダイワメジャー マンハッタンカフェ
母父 Storm Cat フレンチデピュティ Miswaki
前レース 報知杯弥生賞(G2) 3歳500万下 報知杯弥生賞(G2)
人気 1 6 3
馬番 6 5 4
枠番 5 4 4

・人気傾向

比較的人気決着が多く過去5年でも7番人気以内で決着している。

1番人気の信頼度が高いので、まずは1番人気を中心に狙って行きましょう。

【該当馬】

①ブラストワンピース(1番人気)

・枠番傾向

どちらかと言えば内枠の方が成績を残しております。

また、好走数で言えば5枠が最も成績を残しているので押さえておきましょう。

【該当馬】

①ブラストワンピース(1枠)

②ノストラダムス(2枠)

⑤ギベオン(5枠)

・脚質傾向

逃げ馬以外は満遍なく好成績で、近走は追込馬の活躍が目立ちます。

1番人気の追込馬は馬券率が高いので注意です。

【該当馬】

②ノストラダムス(追込)

⑨マイハートビート(追込)

・追い切り注目馬

①ブラストワンピース

③インディチャンプ

④シャルドネゴールド

⑤ギベオン

☆勝負馬☆

③インディチャンプ

一週前追い切り、最終追い切りでも文句なしの動きを見せております。

今回は初めて外厩を使用し、ノーザンファームしがらきで外厩仕上げ。

スタートに課題は残していますが、このメンバーなら万一遅れても自分から動けそうです。

レッドサクヤ以下を相手にしなかった前走は評価でき、重賞でも期待できるでしょう。

調教でも伸びが鋭く、ダービーまで楽しみな一頭です。

①ブラストワンピース

前走同様にノーザンファーム天栄で外厩仕上げです。その効果もあって、一週前追い切り、最終追い切りでも美浦南Wで素晴らしい動きを見せています。

ともにA評価とさせて頂きましたが、2週連続で併せ馬を突き放す動き。

新馬戦は快勝でしたが、特に凄かったのが2戦目。好メンバー揃う中、後続を4馬身突き放す圧倒的な競馬。1800mは新馬戦ですでに結果を残しており、その点に関しても問題ないでしょう。

土曜日追い切り軸馬予想

先週に続いて土曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

中山コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

2R

☆⑦ディアバビアナ(勝負度B)

最終追い切りでは格上の併走馬に先行した形とはいえ、先着をしているのは評価できる。

追われてからの反応も良く、一週前追い切りでも終い12秒台の好タイム。

前走は中一週で調子が良いとは言えず、立て直した今回は注意。

4R

☆⑮フレッチア(勝負度A)

最終追い切りではオープン馬のゼーヴィントと併走。

遅れはしたが、かなり追走してのもので1秒以上差を縮めている。

自己ベストを更新し、ラストは11秒台の伸び脚。

仕上がりは万全で、近走同様に馬券内は堅そうですね。

7R

☆⑤グレイスニコ(勝負度A)

レース毎に状態は良くなっており、前走時はベストタイム。

今回は最終追い切りでさらに自己ベストを更新し、仕上がりは良好でしょう。

3着が続きますが、ひと叩きした今回は順位を上げてほしいですね。

9R

☆⑨ムーンライトナイト(勝負度B)

最終追い切りは馬なり調教でしたが、折り合いついていて自己ベストを大きく更新。

プール調教を挟みながらもこのひと追いで仕上がった印象。

前走は距離を伸ばして優勝と2000mは得意なようです。

今年は一発叩いていますし、上積みも期待できる今回は昇級戦とはいえ力は十分通用するでしょう。

10R

☆⑮ワンダーサジェス(勝負度A)

実戦で変わる馬で、最終追い切りは不良馬場のためタイムは平凡。

ですが、一週前追い切りでは強めに追われ、終いの脚も良好で仕上がりは万全でしょう。

長らく1400mを走っていましたが、1200mはデビュー戦と500万クラスで好成績。

近走は力をつけており、昇級戦でも一発楽しみな一頭です。

阪神コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

6R

☆③エントシャイデン(勝負度A)

プール調教を併用ですが、変わらず好調。

最終追い切りでは併走馬を大きく突き放し折り合いもついていて、今回も力を出せる状態です。

馬券内は堅そうですね。

他に良い動きを見せていたのは内枠の2頭とイイコトズクシくらいです。

8R

☆⑧ボナパルト(勝負度B)

中2週ですが最終追い切りで自己ベストを大きく更新する動き。

一杯に追われラストも抜群の伸び脚。

一週前追い切りでもラストは良い脚を使っており、短距離は全く問題ない。

阪神コースは好走経験もあり、改めて期待したい一頭です。

9R

☆⑨センテリュオ(勝負度A)

一週前追い切りは格下を物ともせず、ラストも12秒台前半の好タイム。

最終追い切りは不良馬場で行われたが、折り合いをつけて一杯に追われている。

状態は上向いており、前走ひと叩きした分の上積みも期待できる。

前走阪神コースを経験しているのもプラス材料です。

10R

☆②ブリラーレ(勝負度B)

馬なり主体での調教で、最近は馬なり調教でも伸びは良い。

一週前追い切りではしっかり終われ馬体も絞られている。

フットワークも軽快で好仕上がりでしょう。

右回りの方が向いていて改めて期待。

中京コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

4R

☆⑱ミッキーチャーム(勝負度B)

全体タイムはイマイチですが、不良馬場の馬なり調教で終い11秒台の猛タイム。

今回は馬なり調教を中心にメニューをこなしており、脚さばきは良好。

前走時は自己ベストを出して3着。

今回直線の長いコースに変わるので一変ありそうですね。

10R

☆⑨スズカテイオー(勝負度B)

一週前追い切りでは自己ベストを大きく更新して、格上の併走馬を圧倒。

最終追い切りにも強めに追われ仕上がりは万全でしょう。

折り合いもついていますし、状態は上向いている。

前走は4着に敗れましたが、前走時よりもレベルアップした今回は注意が必要です。

12R

☆⑱ワールドフォーラブ(勝負度B)

最終追い切りでは併走馬に遅れをとったが、不良馬場では走らない馬なので全く心配はいらない。

中京1200mは特に強く、500万を勝ち上がると1000万クラスでも優勝馬にクビ差の勝負。

近走は安定して走れていて、一週前追い切りでは前走時よりも状態は良い。

そこそこの人気であれば一発狙いたい一頭です。

今週の追い切り情報

今週末に行われる重賞の追い切り情報も更新していますのでご参考に。

高松宮記念2018 追い切り情報

日経賞2018 追い切り情報

毎日杯2018 追い切り情報

マーチステークス2018 追い切り情報

来週に控えた名古屋大賞典の追い切り情報も更新しています。

地方競馬も!と言う方は是非ご参考に。

名古屋大賞典一週前追い切り

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ