弥生賞2018 追い切り予想

日曜日に開催される弥生賞の予想をしていきたいと思います!!

日曜日勝負レースの予想については一番下に更新していますので是非参考に(*^^*)!

弥生賞2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

追い切り注目馬

ダノンプレミアム

☆追い切り評価A☆

2/28 栗CW良 馬なり

85.0 68.2 52.7 38.2 11.6 [5]


一週前追い切りに続いて最終追い切りでも川田騎手が騎乗しての調教。

相変わらず馬なりの調教でも力強い伸び脚で、ラストは11秒台の好タイム。

今回は全て馬なり調教で仕上がりましたが、前走同様に外厩を使っての効果か状態はかなり高いレベルで安定している。

馬体も上々で今回も仕上がりは万全でしょう。

弥生賞でもあっさり連勝するレベルなら、同条件の皐月賞も優勝は濃厚ですね。

 

ワグネリアン

☆追い切り評価A☆

2/28 栗坂良 馬なり

53.9 39.9 25.9 12.3


一週前追い切りでしっかりと追われた分、本番までは馬なり調教で状態を維持している。

それでも行きっぷりは良く、終い12秒台前半の好タイム。

追われた時の反応は抜群で、2週前追い切り、1週前追い切りでは自己ベストを大きく更新しており、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

ワグネリアンもダノンプレミアム同様に無傷の3勝馬で、G2以上はまだ経験しておりませんがレースセンスはかなり高いです。

近走の勝ちっぷりは見事なもので、前走は好調のルーカスに3馬身差の圧勝。

ダノンプレミアムに劣らずトップの実力を持っており、この2頭の対決は本当に楽しみですね。

 

オブセッション

☆追い切り評価A☆

2/28 美南W良 馬なり

69.2 53.5 39.5 13.0 [8]


最終追い切りでは杉原騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた500万下のドラゴンストームと併せて、外を0.8秒の追走同入。

いつも通り馬なり調教のみの追い切りで、タイムを出す調教はしておりませんが、相変わらず良い動きをみせている。

前走レコードタイムを出した疲れもなく、力強い脚捌きで折り合いもついている。

今回は間隔も空いてしっかり調教メニューをこなしており、仕上がりは順調です。

 

ジャンダルム

☆追い切り評価A☆

2/28 栗CW良 強め

69.7 52.9 38.8 11.5 [7]


一杯に追われた3歳オープン馬のシャルドネゴールドと併せて、内を0.4秒追走して0.2秒の先着。

上位2頭のレベルが高いため、軽視されがちだが、一週前追い切りではサトノダイヤモンドに先着しており、一週前のラスト1Fは11.4秒、最終のラスト1Fは11.5秒と能力は上位馬に劣らない。

すでにホープフルステークスで中山芝2000mを経験しているアドバンテージもありますし、調教通りの動きが本番でも出せるなら怖い一頭です。

今回は外厩を使い帰厩後も反応の良さを見せ、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

 

サンリヴァル

☆追い切り評価A☆

2/28 栗CW良 一杯

83.0 66.1 50.6 37.1 11.8 [5]


最終追い切りでは一週前追い切りに続いて藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた1000万下のクルークハイトと併せて、内を0.5秒の追走同入。

全体タイムは83秒でしたが、ラストも11秒台の好タイムを出しており、半哩からは自己ベストを大きく更新する走り。

しっかり追われた分、馬体も絞られて、このひと追いで完全に仕上がった印象です。

この馬も前走のホープフルステークスで弥生賞と同条件のコースを経験できているのは大きい。

先行するタイプの馬で前走は展開に向かなかったが、4着まで粘った実力は評価したい。

 

☆過去5年データ

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 カデナ マイスタイル ダンビュライト
ディープインパクト ハーツクライ ルーラーシップ
母父 フレンチデピュティ フォーティナイナー サンデーサイレンス
前レース ラジオN杯京都2歳S(G3) こぶし賞(500万下) きさらぎ賞(G3)
人気 1 8 5
馬番 11 10 4
枠番 8 7 4
2016年 馬名 マカヒキ リオンディーズ エアスピネル
ディープインパクト キングカメハメハ キングカメハメハ
母父 フレンチデピュティ スペシャルウィーク サンデーサイレンス
前レース 若駒S(OP) 朝日フューチュリティ(G1) 朝日フューチュリティ(G1)
人気 2 1 3
馬番 11 10 4
枠番 8 7 4
2015年 馬名 サトノクラウン ブライトエンブレム タガノエスプレッソ
Marju ネオユニヴァース ブラックタイド
母父 Rossini ウォーエンブレム キングカメハメハ
前レース 東京スポーツ杯2歳S(G3) 朝日フューチュリティ(G1) 朝日フューチュリティ(G1)
人気 2 4 10
馬番 4 5 2
枠番 4 5 2
2014年 馬名 トゥザワールド ワンアンドオンリー アデイインザライフ
キングカメハメハ ハーツクライ ディープインパクト
母父 サンデーサイレンス タイキシャトル サクラバクシンオー
前レース 若駒S(OP) ラジオNIKKEI杯(G3) 京成杯(G3)
人気 1 4 2
馬番 10 11 3
枠番 7 7 3
2013年 馬名 カミノタサハラ ミヤジタイガ コディーノ
ディープインパクト ネオユニヴァース キングカメハメハ
母父 フレンチデピュティ El Corredor サンデーサイレンス
前レース 3歳500万下 若駒S(OP) 朝日フューチュリティ(G1)
人気 6 10 2
馬番 8 4 3
枠番 6 4 3

 

・人気傾向

荒れるかどうかは半々くらいで、2番人気が過去5年でも4度馬券に絡んでいるので注意です。

次いで、1番人気となっており、まずは1番人気・2番人気の人気馬を狙っていきましょう。

【該当馬】

⑨ダノンプレミアム(1番人気)

⑧ワグネリアン(2番人気)

 

・枠番傾向

4枠が圧倒的に好成績で、過去には10番人気の穴馬の好走もあります。

次いで、7枠が活躍しており、昨年も7番人気のマイスタイルが2着している。

【該当馬】

④リビーリング(4枠)

⑦トラストケンシン(7枠)

⑧ワグネリアン(7枠)

 

・脚質傾向

昨年は2頭差し馬が馬券に絡みましたが、基本的には先行馬が中心となっております。

2013年には10番人気などの人気薄も活躍しておりますが、人気の先行馬には特に注意ですね。

【該当馬】

⑨ダノンプレミアム(先行)

⑩サンリヴァル(先行)

 

・追い切り注目馬

①オブセッション

③ジャンダルム

⑧ワグネリアン

⑨ダノンプレミアム

⑩サンリヴァル

 

・まとめ

⑨ダノンプレミアム

⑧ワグネリアン

⑩サンリヴァル

 

☆勝負馬☆

⑨ダノンプレミアム

⑧ワグネリアン

軸はやはりこの2頭!

この上位2頭には逆らわない方が良さそうですね。

能力 ・調教ともに文句なしの状態で、どちらかを軸に馬券構成するのが良いのではないでしょうか。

相手となるのはオブセッション、ジャンダルムだが、先行馬が活躍レースということもあり、前残りの展開も考えられるのでサンリヴァルまでは押さえておきたいです。

日曜日追い切り軸馬予想

先日に続いて日曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

・中山コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

1R

☆⑫ヒズライフ(勝負度B)

新馬戦では4着と入着はできませんでしたが、不良馬場でも粘り強さを見せた。

今回は調教でもしっかりと追われ状態は上向いている。

一発叩いた分の上積みもありますし、このメンバーなら十分やれるでしょう。

3R

☆⑮サンベンド(勝負度B)

馬なり主体での調教で、一週前追い切りでは強めの調教ができていますし、最終追い切りでしっかり仕上がった印象。

最終追い切りではオープン馬と併せて、先行して差は縮められたが遅れは取っていない。

格上の併せ馬と力差は大きくは感じなかったので、デビュー戦が楽しみな一頭ですね。

6R

☆⑥エントシャイデン(勝負度A)

近走はなかなか勝ちきれない競馬が続きますが、重賞以外は全て馬券内と安定感のある馬。

調教ではオープン馬を圧倒する動きで、6Fタイムも前走時と同様に81秒台の好タイム。

最終では一杯に調教されているので、前走時の疲れもなさそうですね。

休み明け一発目を使った上積みもありますし、鞍上は変更となりますが改めて期待したい。

7R

☆⑤ウォリアーズクロス(勝負度A)

プール調教を併用していますが、2月始めから調教を開始して、しっかりと調教メニューをこなしている。

調教では格上の併せ馬にも先着しておりますし、このメンバーでも能力は上位でしょう。

今回も久々のレースにはなりますが、間隔を空けても3着以内は確保しており、安定感はメンバートップ。

すでに500万クラスは実績があり、今回も仕上がりは良さそうなので押さえておきたい一頭です。

9R

☆⑩レッドローゼス(勝負度A)

追い切りでは自己ベストを約3秒も更新する動きを見せており、終いの脚も評価できる伸び。

格上馬と併せても反応の良さを見せ追走同入できており仕上がりは万全。

昇級戦にはなりますが、調教通りの動きができれば全く心配はいらないでしょう。

10R

☆⑮ドリームキラリ(勝負度A)

前走のエルムステークスでは、レコード勝ちしたロンドンタウンとほとんどタイム差がなく、3着までの粘った負けん気の強さは評価できる。

中山ダ1800mは昨年経験しており、適性は問題ない。

あとは本番までどこまで仕上げられるかですが、最終追い切りでは自己ベストを更新する動きで、ラストの伸びも悪く、格下の併せ馬を圧倒している。

久しぶりのレースとなりますが、仕上がりは良さそうですし、前残りの展開になれば怖い一頭です。

阪神コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

3R

☆⑦ナムラムツゴロー(勝負度B)

坂路コースで一杯に追って自己ベストを更新。

調教では抜群の脚さばきで今回も好走が期待できる。

近走は勝ち馬に1秒以上離されるレースが続いておりますが、3着以内はしっかり確保している。

今回も相手はパッとしないメンバーなので、馬券内なら入着可能でしょう。

4R

☆③キンショーウタヒメ(勝負度B)

一週前追い切りでは格上馬と併せて、差を縮められてはいるものの全く心配はいらない。

追われた時の反応も良く、ラストもしっかりと伸びている。

坂路コースでしっかり調整されておりますし、一週前追い切りでは一杯に追われ馬体も絞られている。

仕上がりは順調そうなので、一発注意ですね。

6R

☆⑦ミラクルブラッド(勝負度B)

前走は8番人気でしたが、調教が良く2着まで頑張ってくれた馬。

今回も500万下のレースとなるが、調教では1000万クラスで結果を残している併せ馬に先着。

折り合いのついた動きで仕上がりは良さそうです。

9R

☆①パンコミード(勝負度A)

この馬も前走時お世話になった馬!

プール調教を併用ですが、相変わらず調教では良い動きを見せている。

馬なり調教でもラストの伸び脚は抜群で今回も注目の一頭です。

この馬はラブリーデイの全弟で、血統的にも期待したいですね。

10R

☆①ヒーズインラブ(勝負度A)

マイルは11回走って馬券を外したのは3回かなり安定感のある距離。

今年は本格化しており、昨年12月からレース毎に着順を一つずつ順調に上げていっている。

最終追い切りでは折り合いのついた動きで、格下の併せ馬を圧倒して良い状態に仕上がってる。

4着、3着、2着と流れで言えば1着ですし、今回も好走が期待できそうな一頭ですね。

11R

☆⑤プラチナムバレット(勝負度B)

やはり右回りの方が得意な馬で、阪神コースで態勢を立て直す。

昨年は京都新聞杯を優勝しており、毎日杯では4着も安定感があるので実績は確か。

ハンデ戦のため前走時よりも1kg増量となるが、前走一発叩いた分の上積みもあるのでそこまで心配はいらなそうです。

最終追い切りではラストが若干失速しましたが、自己ベストを大きく更新する動きでそこそこ仕上がったと考えて良さそうです。

小倉コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

2R

☆⑤ワンダーバイファル(勝負度B)

馬なりでも行きっぷりは良く、前走同様に好調キープ。

近走は安定した走りを見せていますし、前走は直線で前を取られる形。

それでも外から伸びて3着しているのは評価できる。

動きも軽快で改めて期待したい一頭です。

6R

☆⑭フレンドミラクル(勝負度B)

プール調教を併用しておりますが、最終追い切りでは格上馬に追走する形であっさり先着。

前走は全く伸びませんでしたが、休み明けの影響も大きい。

ひと叩きした今回は前走時よりも好走は期待できる。

11R

☆①タンタグローリア(勝負度B)

最終追い切りではタイムの出やすい芝コースでの調教でしたが、馬なり調教でラスト11秒台の好タイムを出している。

一週前追い切りではしっかり追われており、状態は安定しているでしょう。

近走も大崩れはなく、ここでも馬券内なら十分可能ですね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ