天皇賞春2017 注目馬分析!!

ついに天皇賞春の週になったーー!!!!

G1に昇格した1回目の大阪杯を制した、去年天皇賞春馬のキタサンブラックと、そのキタサンブラックを有馬記念で破ったサトノダイヤモンド。

そして、2015年の有馬記念を優勝して、去年はキタサンブラック、サトノダイヤモンドに続き3着のゴールドアクターや、昨年から着々と結果を残してきた今年の日経賞馬のシャケトラなど、今年の天皇賞春も強者ぞろいとなりましたね(*^o^*)!!

 

予想オッズ、騎手分析はこちら。

天皇賞春2017の騎手分析は・・・

 

上位人気となりそうな馬の分析をしていきたいと思います!!!

 

キサタンブラック

大阪杯2017を期待通りに勝ち抜けたキタサンブラックはやはり強い!!

枠が1枠でなかったためキタサンブラックが飛ぶかも 。。。と思った人もいるのではないでしょうか。

(私はもしやと思い、マカヒキの単勝も握りしめていたww)

終わってみたらやっぱり強かったです。

能力は間違いないですし、昨年天皇賞春も制していますので距離も問題ないです。

大阪杯の疲れも取れていて、調教も順調とのことですし、万全の状態で天皇賞2017へ向けて調整をしてくるでしょう。

有馬記念で惜敗した分をここでやり返すのをみてみたいですね(^o^)!

 

サトノダイヤモンド

やはりキタサンブラックと上位争いをするのは、サトノダイヤモンドではないでしょうか。

今年4歳馬となり、阪神大賞典をはじめに優勝をして見せた。

阪神大賞典から天皇賞春まで時間があるので、調整はできているみたいですし、調教では反応もよくタイムもいいので、この馬も本番までしっかりと調整をしてくれば5連勝も夢でないです!!

古馬となってキタサンブラックとの勝負に注目ですね。

 

シャケトラ

2016年に初出走し、1年もしない間に天皇賞春(G1)へ!!

急成長をしている今、シャケトラも流れに乗っていると言えるだろう。

マンハッタンカフェの特徴からすると、満遍なく距離は問題ないが長距離になると少し成績が落ちるので、距離として少し心配。

4歳からの成績は高く、今がまさに旬な馬です。

辻野助手曰く、使うごとに力を増しているとのことですので、日経賞以上の競馬になると思います。

キタサンブラックやサトノダイヤモンドに届いたら非常に面白いですね。

 

ゴールドアクター

2015年は有馬記念も制し、5連勝も続けて成績がよかったが、2016年はG1は勝ちきれず。。。

それでもG2の日経賞、オールカマーは優勝していたが、今年の日経賞ではイマイチ伸びきれず5着だった。

6歳となってそのまま落ちていくのだろうか。。。

今回鞍上は吉田隼人騎手から変更するので、それが吉と出るか楽しみです。

転機となれば人気が下がりそうな天皇賞春2017では、逆に美味しいかもしれないですね。

 

シュヴァルグラン

2016年日経新春杯で2着になり、鞍上を変えての福永騎手とのコンビで阪神大賞典を制してから天皇賞春(G1)も3着とG1クラスでも好成績。

前回はマークされて2着になってしまったが、サトノダイヤモンドとも十分戦えるレベル。

今年は在厩での調整で、太さもなく3200mの長距離でも問題ないので、展開が向けばこのメンバーでも上位になると思います。

末脚を活かしてこの馬のG1初優勝を見てみたいですね。

 

ディーマジェスティ

去年の菊花賞から3戦とも馬券に絡めず苦戦中。

皐月賞とダービーではマカヒキやサトノダイヤモンドとの上位争いをしてきたほどの実力。

3200mは初めてだが、長距離の得意な蛯名騎手とのコンビで去年の皐月賞のようなレースをみてみたい。

前走の日経賞では太め感があったので、それにしてはあまり問題ない内容ではあった。

今回はそこの部分も含め調整をしてくると思うので、末脚を持っている分長距離でも期待できる。

 

 

いつもありがとうございます(*^o^*)!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ