京都金杯2018 最終追い切り情報・注目馬

この記事は今週末に開催される京都金杯2018に出走予定の、注目馬の最終追い切りに関する記事です(*^^*)!

コースは京都芝1600m(外・右)

 

京都金杯の最終追い切りを見ていきましょう!!

 

京都金杯

 

ウインガニオン

1/3 栗坂良 一杯

52.1 37.8 24.8 12.4


タイムは出していて折り合いもついているので状態は今回も問題はなさそうですが、傾向

的にこの時期は勝ちが少なく、夏場に結果を残しているのが不安要素です。

G3を優勝していて実績はありますし、良馬馬で脚を溜めれるスローペースになれば好走はありそう。

軽視はできないですが、京都コースでは成績を残せていないのもあって個人的には注目度は低い。

 

カラクレナイ

1/3 栗CW良 強め

82.1 65.5 50.7 37.5 12.6 [5]


最終追い切りは池添騎手が騎乗しての調教。

一週前の全体タイムはベストタイムよりも早く、状態は戻ってきている様子。

前走得意の1400mで、馬場状態も悪かったが、全く走れず16着と内容はイマイチ。

今回はまた距離延長ですが、桜花賞(G1)が4着だったためにG3なら取捨選択は難しい。

 

クルーガー

1/3 栗坂良 一杯

53.3 38.9 24.9 11.7


最終追い切りでは浜中騎手が騎乗しての調教。

折り合いもついていてラストは11秒台の好タイム。

状態は良く仕上がりは順調です。

マイルチャンピオンシップ(G1)では1着馬に0.3秒差でしたし、富士ステークス(G3)ではレッドアンシェルに先着している。

1年ぶりのレースでは10着でしたが、富士ステークスで体制を整え、叩き3戦目となる今回は上積みも期待できます。

 

ブラックムーン

1/3 栗CW良 一杯

83.2 66.6 51.8 38.3 11.9 [6]


最終追い切りは国分優作騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた3歳未勝利のファステンバーグと併せて、外を0.7秒追走して0.5秒の先着。

一杯に叩いてラストは11秒台の好タイムで、折り合いもついていて状態は良さそうです。

前走斤量が58kgと重い中、上がり最速で最後方から伸びてきて5着。

敗戦続きですが軽視できないのがこの馬です。

斤量も軽くなりますし良い脚を持っているので一発ありそう。

 

ラビットラン

1/3 栗CW良 馬なり

86.6 69.0 53.7 38.8 12.1 [7]


最終追い切りでは藤岡康太騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1000万下のドラゴンカップと併せて、内を0.6秒の追走同入。

状態は前走時よりも良さそうです。

牡馬相手で斤量も軽くなり、重賞でも安定感があってここでも大崩れはないでしょう。

上がり33秒台も出せる末脚を持っているので、溜めれば怖い一頭です。

 

レッドアンシェル

1/3 栗CW良 馬なり

87.4 70.5 54.8 39.4 11.4 [5]


強めに追われた3歳未勝利馬のラセットと併せて、内を0.6秒追走して0.2秒の先着。

今回は助手が騎乗しての追い切りとなりましたが、ラストは11.4秒の猛タイムで力をつけているのがわかる。

折り合いもついていますし仕上がりは万全と考えて良さそうです。

G1を4着という実績もありますし、阪神カップを優勝したイスラボニータとも0.3秒差。

この時期の京都は馬場は合いそうですし、力をつけている今回は期待できる。

 

 

京都金杯の最終追い切りでの注目馬はこの馬です!

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

いつも応援ありがとうございます(*^^*)!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ