京都記念2018 一週前追い切り 注目馬

この記事は今週末開催される京都記念2018に出走予定、注目馬の一週前追い切りに関する記事です(*^^*)!

 

京都記念2018

 

注目馬その1

レイデオロ

1/31 美南W良 強め

67.5 52.3 38.7 12.9 [9]


本番では騎乗停止の為、ルメール騎手に替わりバルジュー騎手が騎乗しますが、一週前追い切りでは、

ルメール騎手が騎乗しております。

馬なりですが、余力十分で、馬なりに追われた3歳オープンのゴーフォザサミットの外を0.7秒追走して0.1秒の遅れ。

オープン馬を大きく追走してのものなので、遅れは気にする必要はなさそうです。

全体タイムは自己ベストを更新しており、乗り込み量も豊富で久々でも力は出せる状態と考えてよいでしょう。

乗り難しいタイプでもなく、乗り替わりは大きな影響もなさそうです。

 

注目馬その2

アルアイン

1/31 栗CW良 一杯

80.0 65.2 51.1 37.0 11.5 [8]


一週前追い切りでは、川田騎手が騎乗しての調教。

強めに追われた1600万下のカフェブリッツと併せて、内を0.5秒の追走同入。

ラストは11秒台の猛タイムで、ベストをはるかに超える絶好調タイム。

ここは抜群の動きを見せてくれそうです。

皐月賞以来勝利がありませんが、距離延長で苦しい競馬が続いたことが原因。

成長も大きく感じられ、今の状態なら上位馬への逆転も可能でしょう。

 

注目馬その3

モズカッチャン

1/31 栗坂良 一杯

54.1 39.6 25.7 12.3


馬なりに追われた500万下のグランセノーテと併せて、1.2秒追走して0.1秒の遅れ。

1月8日から坂路でしっかり調整されており、一週前追い切りで9本目。

大きく追走しての遅れなので、むしろ相手を詰めた方。

折り合いを意識した順調な仕上がりで、この馬の力は出せそうです。

京都2200mは昨年3歳ながらG1を獲った舞台。

しっかりと調教メニューをこなしており、一週前追い切りで馬体も絞られた。

まだ仕上がり万全とまでは行かないので、最終追い切りの動きや馬体重の変化には気を付けたい一頭ですね。

 

注目馬その4

ディアドラ

1/31 栗CW良 一杯

81.5 65.2 51.0 37.7 11.6 [7]


一週前追い切りでは福永騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた1000万下のスズカディープと併せて、内を0.5秒追走して0.8秒の先着。

1月8日から調教を再開し、ずっと坂路追いでしたが今回はCWでの調教。

力強いフットワークで併せ馬を圧倒しており、前走時よりも好調です。

時計はベストを大きく更新しており、休養を経てさらに成長した姿が見れそうです。

京都コースは秋華賞で見事に勝利しておりますが、時計が掛かってのもの。

今回も馬場が渋ればさらにチャンスがありそうで、天候も重要になりそうです。

 

注目馬その5

クリンチャー

1/31 栗CW良 強め

84.7 68.7 53.8 39.1 12.0 [9]


一週前追い切りでは藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。

強めに追われましたが、それにしては時計が遅い。

ただ、しっかり追われた24日は好タイムでしたし、一週前追い切りも終い12.0秒と仕掛けた時の反応は評価できる。

今年は11日から調教を再開して、プールを挟みながらの調整。

まだ前走時には程遠い時計で、身体が重いのかもしれません。

このひと追いで変わってくれば、能力的にはチャンスがある馬なので、最終追い切りの動きや馬体重はしっかりチェックしておきたいですね。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ