京成杯オータムハンデキャップ2017 データ分析

京成杯ハンデのおかげで荒れるぞーー!!

万馬券狙ってやる!

もう人気薄の単勝全部買ったるぜ!!

 

京成杯オータムハンデキャップ2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

一番人気の信用度がとても低く、ほとんど馬券に絡まないと思っても大丈夫でしょう。

過去10年で8割馬券に絡んでいるのは2番人気なので注意が必要です。

比較的荒れるレースですが、そこまで荒れすぎているということはなく、人気どころの2,3,4番人気は好成績です。

穴馬で馬券率が高いのは7番人気で、優勝馬は1〜4番人気が中心となっているため穴馬を単軸にするならば注意です。

 

 

枠番傾向

2枠が圧倒的に好成績です。

枠傾向でも2の成績が調子良さそうですw

勝率は人気馬が多い傾向ですが、2枠、5枠が好成績です。

回収率では2枠、6枠が単勝回収率、複勝回収率ともに100%を超えていて、穴馬の好走も多いので回収値重視の方は狙っていくと良いでしょう。

 

 

 

脚質傾向

先行馬、差し馬が圧倒的に好成績で、3頭とも差し馬で決まる年が過去10年で3度もありました。

基本的には先行馬、差し馬で決着が着くことが多いため、先行馬、差し馬を中心に狙っていきましょう。

先行馬と差し馬の回収値を比べて見ると、単勝回収率が先行馬の方が高く、複勝回収率は差し馬の方が高いです。

特に、差し馬の複勝回収率は113%と全差し馬の複勝を買っても回収できる可能性も高いので一発狙って見ても面白そうですね。

 

 

ステップレース傾向

関屋記念(1,4,5,40/50)

クイーンステークス(1,1,0,0/2)

七夕賞(1,1,0,0/2)

 

優勝馬は人気馬なのでステップレースに影響はなく、好走数の多い関屋記念でも過去10年で1度しか優勝していない。

しかし、3着以内であれば関屋記念が人気馬、人気薄問わず好成績です。

現在穴馬で好成績なのはクイーンステークス、七夕賞です。

逆に成績を残せていないキーンランドカップからの馬は外しても良さそうです。

 

 

今日のこの馬なーんだ

レース結果のみで馬の名前を当てることができるでしょうか。

わからない方はヒントを参考にしてください*\(^o^)/*!!

 

↓↓本日の出題↓↓

2017.08.13 新潟 関屋記念(G3) 1着 武士沢友治

2017.07.09 福島 七夕賞(G3) 11着 武士沢友治

2017.04.02 阪神 大阪杯(G1) 12着 武士沢友治

 

 

ヒント

父:ゴスホークケン、母:マルターズヒート

答えはブログランキングをクリックして今すぐチェック!!

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ