中山金杯2018 一週前追い切り情報・注目馬

この記事は今週末開催される中山金杯2018に出走予定の、注目馬の一週前追い切りに関する記事です(*^^*)!

 

金杯が近づいてきましたね!

「一年の計は金杯にあり」と言いますからね。

今年は買い方を崩さないように努力したいと思いますww

今年も良い一年にしましょう*\(^o^)/*!!

 

それでは、今週開催の中山金杯の一週前追い切りを見ていきましょう!!

 

中山金杯2018

 

セダブリランテス

12/27 美南W良 一杯

84.1 67.6 52.5 38.4 13.5 [7]


一杯に追われたオープン馬のアルタイルと併せて、内を0.6秒追走して0.8秒の先着。

オープン馬を大きく突き放す走りでしたが、ラスト1ハロンのタイムは前走時よりも遅い。

セントライト記念を捻挫で回避して、アルゼンチン共和国杯に仕上げ直して出走し3着と長距離でも力を見せつける。

モンドインテロを兄に持ちますが、勢いはモンドインテロよりも良い。

アルゼンチン共和国杯を優勝したスワーヴリチャードは有馬記念で4着と好走しており、前走は0.6秒差離されましたが、今回斤量も重くないですし、G3クラスなら大崩れはまずないでしょう。

 

デニムアンドルビー

12/28 栗CW良 馬なり

69.2 53.6 39.5 12.9 [6]


馬なりに追われた1000万下のドラゴンカップと併せて、内を1.6秒追走して1.0秒の先着。

今回のレースは全て馬なりで調教メニューをこなしていて、前走時の一週前はやや一杯に追っていましたが今回の一週前は軽い調教。

調子を取り戻した前走は2着していますし、後方から直線一気で早い上がりも出している。

8歳となってもまだまだやれそうな感じはあります。

中山競馬場は苦手としていますが、実績はありますし軽視できない一頭です。

 

ウインブライト

12/27 美南W良 馬なり

83.6 67.3 52.3 38.8 13.4 [8]


2週続けて松岡騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のプランスシャルマンと併せて、外を0.6秒の追走同入。

前走時は強めの調教でしたが、今回は馬なりでの調教で前走時よりも状態は良さそうです。

スプリングステークスを優勝していますし、中山コースは得意なので一発期待できる。

前走は追い比べで勝ちましたし、粘り強さと2000mが問題ないのも好材料。

 

ダイワキャグニー

12/25 美南W稍 G前仕掛け

66.8 51.8 38.3 13.2 [5] 


一杯に追われたオープン馬のダイワリベラルと併せて、内を0.8秒追走して0.1秒の先着。

ラストは伸びなかったがそこそこ好タイムですし、併せ馬に先着しているので状態は良さそうです。

走っているのが東京コースがほとんどで小回りの中山でどうなるかが鍵となるでしょう。

先行するのでそこまで不利ではなさそうですが強くは推せない一頭です。

ただ、毎日王冠4着なので実績は評価できる。

 

 

中山金杯の一週前追い切りでの注目馬はこの馬です!

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

いつも応援ありがとうございます(*^^*)!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ