中山牝馬ステークス2018 追い切り予想・土曜日追い切り軸馬予想

土曜日に開催される中山牝馬ステークスの予想をしていきたいと思います!!

土曜日勝負レースの予想については一番下に更新していますので是非参考に(*^^*)!

中山牝馬ステークスに強い指数。追い切りとの照らし合わせで的中率UP

最近は追い切り予想が順調で重賞では追い切り軸馬が大活躍中。
その中で、追い切り状況に追加して、膨大なデータを数値化し、
指数として馬を評価する予想ツールがあり、それで確認をしながら馬券検討しています。

その中でも中山牝馬ステークスは、指数の適合率が非常に高いレースですので、紹介したいと思います。
ここ3年で最も人気の無かったバウンスシャッセが勝利した2015年ですが、

指数上位5位までの馬で決着し、3連単は20,190円の払い戻し。

また、2016年は、
指数3位シュンドルボン
指数2位ルージュバック
での1着2着。
さらに昨年2017年は、
指数4位トーセンビクトリー
指数1位マジックタイム
での1着2着。
指数上位馬が非常に活躍しているレースが中山牝馬ステークスです。

追い切りでもいい動きをしていた馬が、指数上位にも入っていますので、
今年もかなり期待できるのではないでしょうか。
⇒無料登録で指数上位馬を確認!!
*メールを届けて欲しいアドレスを登録すると、ログイン情報を記載したメールが届き、
そこからログインして指数を確認できます。
今年は引退レースとなる馬もおり、やや波乱がありそうなので、
追い切り好調馬×指数上位馬でしっかり仕留めましょう。

 

中山牝馬ステークス2018 軸馬予想

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

 

追い切り注目馬

エテルナミノル

☆追い切り評価B☆

3/7 栗CW良 馬なり

85.7 69.6 54.4 40.0 12.3 [5]


一週前追い切りに続いて最終追い切りでも四位騎手が騎乗しての調教。

今回は宇治田原優駿ステーブルでの外厩仕上げで、帰厩後は一週前追い切りと最終追い切りのみ。

好状態はキープできていて、最終は折り合いのついた動きでラストはしっかりと伸びた。

前走時と比べると物足りなさはありますが、そこそこ仕上がりは良さそうです。

エリザベス女王杯では11着と大敗しましたが、前走の愛知杯で重賞初優勝をして、勢いのある今回は同グレードですし大崩れはなさそうですね。

 

マキシマムドパリ

☆追い切り評価A☆

3/7 栗坂良 強め

52.6 38.2 24.8 12.2


今回はグリーンウッドでの外厩仕上げで、前走時よりも状態は上向いている。

坂路コースで入念に調教メニューをこなしており、馬なり主体ですが一週前追い切りと最終追い切りでは強めの調教でした。

折り合いのついた動きで追われた時の反応も良く、最終追い切りでは終い12.2秒と好タイム。

後ろを気にしない分、万全に仕上げられていますね。

脚質的には中山コースは向いており、3年ぶりの中山でも問題はないでしょう。

 

トーセンビクトリー

☆追い切り評価A☆

3/7 栗CW良 一杯

67.2 51.6 37.0 11.8 [7]


馬なりに追われた3歳500万下のサトノワルキューレと併せて、内を0.4秒の追走同入。

一週前追い切りから3回続けて一杯に追われ馬体も十分絞られた。

いつも通り調教での動きは抜群で、2週とも前走のAJCCの時よりも上回る好タイムをマーク。

近走は馬券に絡めていませんが、G2では安定した走りを見せている。

中山牝馬ステークスは昨年優勝しており、降級戦となる今回は特に注意したい一頭です。

 

カワキタエンカ

☆追い切り評価B☆

3/7 栗坂良 馬なり

56.4 41.7 27.2 13.1


今回は調教を4回は行いましたが、結局馬なり調教のみ。

折り合いはついていて動き自体は悪くない。

結果を残していた時と比べるとイマイチですが、1800mは一度も馬券を外していない得意距離。

G2のローズステークスではラビットランに差されてしまったが、3着以下の後続はスピードを活かして突き放していて、能力は決して低くはない。

前走は思ったよりも伸びませんでしたが、一発叩いた分の上積みも期待できるのでここは軽視禁物です。

 

レイホーロマンス

☆追い切り評価A☆

3/7 栗坂良 馬なり

56.1 40.3 25.9 12.9


最終追い切りでは軽い調教。

一週前追い切りでは6ハロン追いができており、一杯に調教されているので心配はいらない。

最終追い切りでは折り合いもついており、動きも軽快で好状態キープと考えて良さそうです。

JRAに転入してからは安定した走りで、前走は愛知杯を2着とレース毎に力をつけている。

いよいよ本格化してきた今年は楽しみな一頭ですね。

ここでは中山コースにうまく対応できるかが鍵となってくるでしょう。

 

フロンテアクイーン

☆追い切り評価B☆

3/7 美南W良 強め

69.0 53.4 38.9 13.0 [8]


馬なりに追われたオープン馬のロジチャリスと併せて、外を0.6秒先行して0.2秒の遅れ。

プール調教を併用しておりますが、普段通り馬なり中心の調教で仕上がりは順調です。

格上馬と併走して遅れはありましたが、フットワークは軽快で仕上がりも良さそうです。

前走同様にハンデ戦となる今回は斤量が1kg増えますが、54kgでもG3は好走しておりますし全く心配はいらないでしょう。

近走は優勝していませんが、安定感のある走りで前走のターコイズステークスでも2着と好走。

昨年は8着しておりますが、コース適性は問題なく、調子の良い今年は軽視禁物ですね。

 

☆過去5年データ

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 トーセンビクトリー マジックタイム クインズミラーグロ
キングカメハメハ ハーツクライ マンハッタンカフェ
母父 サンデーサイレンス ブライアンズタイム In Excess
前レース アンドロメダS(OP) ターコイズS(G) 愛知杯(G3)
人気 5 1 7
馬番 4 13 1
枠番 2 7 1
2016年 馬名 シュンドルボン ルージュバック メイショウスザンナ
ハーツクライ マンハッタンカフェ アグネスデジタル
母父 エルコンドルパサー Awesome Again サンデーサイレンス
前レース 愛知杯(G3) 有馬記念(G1) 愛知杯(G3)
人気 4 1 15
馬番 16 15 6
枠番 8 8 3
2015年 馬名 バウンスシャッセ アイスフォーリス パワースポット
ゼンノロブロイ ステイゴールド スズカマンボ
母父 Halling クロフネ パラダイスクリーク
前レース 愛知杯(G3) 日刊スポ賞中山金杯(G3) 京都牝馬S(G3)
人気 3 4 5
馬番 3 8 15
枠番 2 5 8
2014年 馬名 フーラブライド ケイアイエレガント キャトルフィーユ
ゴールドアリュール キングカメハメハ ディープインパクト
母父 メジロマックイーン A.P. Indy Tejano Run
前レース 日経新春杯(G2) 節分S(1600万下) 愛知杯(G3)
人気 1 10 4
馬番 6 13 14
枠番 3 7 7
2013年 馬名 マイネイサベル スマートシルエット オールザットジャズ
テレグノシス ファルブラヴ タニノギムレット
母父 サンデーサイレンス Deputy Minister サンデーサイレンス
前レース エリザベス女王杯(G1) 東京新聞杯(G3) 日経新春杯(G2)
人気 6 2 1
馬番 11 8 16
枠番 6 4 8

 

・人気傾向

1番人気が過去5年でも4度絡んでおり、信頼度は高いですが、10番人気や15番人気などの大穴馬も馬券に絡んでくるようなレースです。

1番人気を中心に狙うのが良いでしょう。

【該当馬】

④マキシマムドパリ(1番人気)

※3月10日11時時点

 

・枠番傾向

両端枠が好成績で、特に外枠の7枠、8枠が活躍しております。

【該当馬】

⑪ワンブレスアウェイ(7枠)

⑫ブラックオニキス(7枠)

⑬オートクレール(8枠)

⑭カワキタエンカ(8枠)

 

・脚質傾向

差し馬が圧倒的に好成績で、差し馬を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

①エテルナミノル(差し)

②トーセンビクトリー(差し)

③バンゴール(差し)

④マキシマムドパリ(差し)

⑤キンショーユキヒメ(差し)

⑥フロンテアクイーン(差し)

⑧ゲッカコウ(差し)

⑩レイホーロマンス(差し)

⑫ブラックオニキス(差し)

 

・追い切り注目馬

①エテルナミノル

②トーセンビクトリー

④マキシマムドパリ

⑦エンジェルフェイス

⑩レイホーロマンス

⑪ワンブレスアウェイ

 

・まとめ

①エテルナミノル

②トーセンビクトリー

④マキシマムドパリ

⑩レイホーロマンス

⑪ワンブレスアウェイ

⑫ブラックオニキス

 

☆勝負馬☆

②トーセンビクトリー

追い切りでは一週前追い切り、最終追い切りともに抜群の動き。

もともと調教では好タイムを出す馬ですが、ベストに近いタイムで今回は近走の中では一番良い。

中山牝馬ステークスは昨年の優勝馬で、1800mでの成績は特に目立つ。

有馬記念、エリザベス女王杯では大負けしましたが、G2ではそこまで力差は感じない。

今回得意のコースに戻って、G3での降級戦となるため改めて期待したい馬ですね!!

 

④マキシマムドパリ

引退レースということもあって仕上がりは抜群。

最近は引退馬の好走が目立つのでこの馬にも注意が必要です。

実績で言っても近走は重賞問わずかなり安定しており、前走の愛知杯でも3着と好走。

中山牝馬ステークスでも成績の良い内枠を取れたのもプラス材料で、ここは押さえておきたい一頭です。

 

土曜日追い切り軸馬予想

先週に続いて土曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

 

中山コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

1R

☆⑨エレガントクルーズ(勝負度A)

最終追い切りでは、1000万クラスの馬と併走して、自己ベストを大きく更新。

格上を相手に楽に追いついており、折り合いも付いた動きで仕上がりは万全。

前走下した4着馬は、その後着順を上げており、この馬も前進可能でしょう。

 

☆⑪カーネーション(勝負度穴)

前走は左前肢跛行により競走中止。

幸い軽症で今回の最終追い切りでは全体時計51.6秒で美浦3番時計を出しています。

芝で苦戦が続いていましたが、ダートに転向し2戦目で距離延長。

上手く流れに乗る競馬で3着と適性を見せました。

再度調子を上げて、結果を残したダート1800mでチャンスはあるでしょう。

 

5R

☆④オオイリ(勝負度B)

最終追い切りでは、馬なりで半マイル50秒台と好タイムでの追い切り。

新馬ですが、動きは抜群でいきなり走ってこれる可能性は高いです。

兄弟馬にはウインクルサルーテもおり、芝適性に距離も抜群です。

 

9R

☆③ショウナンアエラ(勝負度A)

中山1200mでは8戦して6回が馬券内という安定した成績。

ここ3走前に1000万クラスを勝利しており、能力面では問題なし。

共に勝ち馬から0.1差という勝ち負けできる競馬でした。

今回は一週前追い切りでビシッと動かされ、万全の状態。

あと一歩足りなかった分が、追い切りの動きからも状態面で+αあれば楽しみです。

 

10R

☆④グラットシエル(勝負度B)

3歳時はクラシックには及びませんでしたが、昨年末には勝ち上がり。

徐々に力を付けてきており、追い切りでもいい動きを見せています。

追い切りではよく動くことで有名なセカンドテーブルが出した51.4という全体時計と同じタイム。

前走はかなり馬場が重く力を出せませんでしたが、ゆったりと運べる長丁場は合うマンハッタンカフェ産駒。

距離延長と本格化で一気に結果を残せる可能性はあるでしょう。

 

 

阪神コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

10R

☆①ヒストリア(勝負度A)

元々中山牝馬ステークスに登録していたが、枠に入れずこちらへ回る形に。

牡馬と混じって連勝してきたが、前走は牝馬戦のペースに合わず大敗。

久々を叩いてテンションも落ち着きそうで、直前の追い切りは抜群の動き。

美浦坂路では、今週の全体時計で2位のタイムを出しており、

本来の力が出せれば十分勝ち負けになるでしょう。

 

 

中京コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

7R

☆①キャリアベスト(勝負度B)

昨年12月開催の中京では2000mを走って2戦2着2回と相性抜群。

距離を200m伸ばした前走は、大外でかなりロスのある競馬となりました。

今回は結果を残せた中京2000mに戻して、本来の脚を出せるでしょう。

また最終追い切りでは全体タイム51秒台で、かなりの動きと考えて良さそうです。

 

11R

☆⑮ココファンタジア(勝負度A)

前走はこの中京1400mで素晴らしい脚を使って快勝。

本格化してきた動きで、一週前追い切りでは栗東坂路6番時計の好タイム。

馬なりでの好タイムで余程調子が良いのでしょう。

今回も展開がしっかり噛み合えば、素晴らしい脚は使えるでしょう。

 

 

今週の追い切り情報

今週の一週前追い切り情報

 

今週末に行われる重賞の一週前追い切り情報も更新していますのでご参考に。

金鯱賞一週前追い切り

フィリーズレビュー一週前追い切り

中山牝馬ステークス一週前追い切り

 

今週の最終追い切り情報

 

今週末に行われる重賞の最終追い切り情報も更新していますのでご参考に。

金鯱賞最終追い切り

フィリーズレビュー最終追い切り

中山牝馬ステークス最終追い切り

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ