フェブラリーステークス2017、小倉大賞典2017 分析

・フェブラリーステークス2017

過去5年で今回の出走メンバーをみると…

1.M.デムーロ(勝率:100.0%、複勝率:100.0%)

 

あまり特徴的な騎手はいないが、デムーロはモーニンで優勝!!

今回もゴールドドリームと強い馬に乗るため期待ができるだろう。

他には、馬券率が高い、ルメール騎手と和田竜二騎手だ。

 

・東京ダート1600mコースの場合

勝率

1.C.ルメール(28.1%)

2.R.ムーア(27.3%)

3.戸崎圭太(14.4%)
複勝率

1.C.ルメール(56.1%)

2.R.ムーア(43.2%)

3.戸崎圭太(34.9%)

 

やはり2016年リーディング争いをした二人と世界一ジョッキーは違うな。

フェブラリーステークスはリピートレースで、ノンコノユメ、モーニンは去年も馬券に絡んでいて、可能性があるだろう。

 

個人的にオススメしたいのは、柴田善臣が乗るサウンドトゥルー!!

柴田善臣騎手は勝率:5.7%、複勝率:22.9%だが、このコースで回収率が勝率、複勝率ともに100%を超えている。

チャンピオンズカップでは助けてもらったから応援したい。

 

カフジテイクに乗る津村明秀も勝率:4.5%、複勝率:20.2%と低いが、回収率はどちらも100%を超えているため注意が必要。

 

 

・小倉大賞典2017

過去5年で今回の出走メンバーをみると…

1.小牧太(勝率:0%、複勝率:50.0%)

2.松山弘平(勝率:0%、複勝率:33.3%)

 

これはあまり重視しなくてもいい。

なぜなら、内枠が有利なこのレースで1枠、2枠で馬券にからでいるからだ。

騎手というよりは枠で見た方がいいだろう。

 

小倉芝1800mコースの場合

勝率

1.浜中俊(17.2%)

2.秋山真一郎(14.3%)

3.松若風馬(13.5%)
複勝率

1.浜中俊(43.7%)

2.小牧太(29.7%)

3.北村友一(29.1%)

 

浜中俊と小牧太はレースでの分析も入れると狙い目だろう。

内枠に有利なレースなのでこの二人が入ったら要注意だ。

 

回収率でプラスの騎手で狙いたい場合は柴田大地がオススメ。

このコースで騎乗回数が10回を超えていなかったから外したが、

成績は、勝率:22.2%、複勝率:33.3%と好成績。

 

今週のオススメ馬😊

↓↓クリック↓↓
人気ブログランキングへ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ