チューリップ賞2018、オーシャンステークス2018 追い切り予想

土曜日に開催されるチューリップ賞・オーシャンステークスの予想をしていきたいと思います!!

土曜日の軸馬勝負レースも載せているので是非参考に*\(^o^)/*!!

 

ダービー2冠馬育成元調教助手の弥生賞無料推奨馬公開決定

先週は、追い切りで良かったウインブライトが見事に勝利しましたね。

単勝複勝的中で21,600円の払い戻し。
追い切り予想を始めて非常に好調ですが、
追い切り情報に加え、様々な厩舎情報などもなるべく収集するようにしています。
読者の方ともたくさんTwitterでやり取りさせて頂き、役立つ情報があれば教えて欲しいとのことでしたので、
今回は私が毎週楽しみにしているダービー2冠馬を育成した元調教助手のサイトをご紹介。
こちらは、元調教助手の方が監修されているサイトで、レースの見解なども非常に勉強になります。
先週の中山記念では、

追い切りで注目したウインブライトが1着。
元調教助手が推奨していたアエロリットが2着。
ウインブライトも推奨してくれており、単複馬券を後押しする情報となりました。
また、毎週末無料予想も提供されており、試しに先週買ってみましたが、

購入がそれほどでもなかったので、インパクトはありませんが、しっかりと的中しており、5,450円増やせました。
今週も元調教助手の見解が更新されており、評価すべき一頭でした。
是非、馬券の買い目に入れてみてはいかがでしょうか。
⇒無料情報をCHECK!!
特に、元調教助手の見解コーナーと無料予想コーナーは必見です。

 

 

チューリップ賞2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

 

追い切り注目馬

ラッキーライラック

☆追い切り評価A☆

2/28 栗CW良 一杯

82.4 66.5 51.8 38.5 11.9 [7]


一杯に追われた1600万下のナンヨープルートーと併せて、内を0.5秒追走して0.6秒の先着。

一週前追い切りに続いて、最終追い切りでも一杯に調教。

脚を溜めてラストは11秒台の好タイムを出しており、仕上がりは万全と考えていいでしょう。

一週前追い切りと同馬と併せて、最終でも軽快な動きであっさり先着と状態は安定している。

相変わらず追われてからの反応は良いので、チューリップ賞では最有力候補でしょう。

 

リリーノーブル

☆追い切り評価A☆

2/28 栗CW良 馬なり

68.2 52.6 38.1 11.5 [6]


最終追い切りでは川田騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた3歳未勝利馬のレクイエムと併せて、内を0.5秒追走して1.1秒の先着。

前走以上に良い動きを見せていたのはリリーノーブル。

最終追い切りでも実戦を意識した強めの調教をしている馬ですが、今回は馬なりでの調整。

一週前にしっかり追われているので、何も心配はいらないでしょう。

馬なり調教でもラスト11.5秒と猛タイムを出しており、この馬も仕上がりは万全ですね。

 

サラキア

☆追い切り評価A☆

2/28 栗CW良 馬なり

81.8 66.0 51.2 37.9 11.7 [8]


最終追い切りでは池添騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた3歳500万下のアーデルワイゼと併せて、内を0.6秒追走して0.2秒の先着。

馬なり調教で前走時出したベストタイムに近い時計を出しており、2週続けて終い11秒台の好タイムを叩き出している。

折り合いもついており、好調キープと考えて良さそうです。

キャリアは新馬戦のみとキャリアは浅いが、調教の動きは他の馬に劣らず良い。

 

スカーレットカラー

☆追い切り評価A☆

2/28 栗CW良 馬なり

52.5 38.0 12.1 [4]


馬なりに追われた500万下のトップランと併せて、内を0.6秒の追走同入。

一週前追い切りでは岩田騎手が騎乗して、古馬1000万下の馬に先着しており、ラストの伸びも評価できた。

最終追い切りは軽い調教でも、12秒台の好タイム。

間隔も空けた分しっかりと調整され、状態は前走時よりも上向いている。

折り合いもついており、デキは今回も良さそうですね。

 

☆過去5年データ

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 ソウルスターリング ミスパンテール リスグラシュー
Frankel ダイワメジャー ハーツクライ
母父 Monsun シンボリクリスエス American Post
前レース 阪神ジュベナイルF(G1) 2歳新馬 阪神ジュベナイルF(G1)
人気 1 7 2
馬番 10 7 3
枠番 7 6 3
2016年 馬名 シンハライト ジュエラー ラベンダーヴァレイ
ディープインパクト ヴィクトワールピサ ディープインパクト
母父 シングスピール Pistolet Bleu フレンチデピュティ
前レース 紅梅S(OP) 日刊スポシンザン記念(G3) 赤松賞(500万下)
人気 2 1 10
馬番 11 9 7
枠番 6 5 4
2015年 馬名 ココロノアイ アンドリエッテ レッツゴードンキ
ステイゴールド ディープインパクト キングカメハメハ
母父 デインヒル Silver Deputy マーベラスサンデー
前レース 阪神ジュベナイルF(G1) デイリー杯クイーンC(G3) 阪神ジュベナイルF(G1)
人気 5 7 2
馬番 14 1 15
枠番 7 1 8
2014年 馬名 ハープスター ヌーヴォレコルト リラヴァティ
ディープインパクト ハーツクライ ゼンノロブロイ
母父 ファルブラヴ スピニングワールド シングスピール
前レース 阪神ジュベナイルF(G1) こうやまき賞(500万下) フェアリーS(G3)
人気 1 4 6
馬番 3 13 12
枠番 3 8 8
2013年 馬名 クロフネサプライズ ウインプリメーラ アユサン
クロフネ ステイゴールド ディープインパクト
母父 トニービン フォーティナイナー Storm Cat
前レース 阪神ジュベナイルF(G1) エルフィンS(OP) 阪神ジュベナイルF(G1)
人気 3 7 5
馬番 7 13 6
枠番 4 7 4

 

・人気傾向

1番人気・2番人気・7番人気が活躍しているレースです。

1,2番人気は2016年、2017年の2年連続で馬券に絡んでいるので注意です。

【該当馬】

⑤ラッキーライラック(1番人気)

⑨リリーノーブル(2番人気)

⑥レッドランディーニ(7番人気)

 

 

・枠番傾向

満遍なく好成績ですが、外枠の7枠、8枠が最も馬券に絡んでおります。

次いで4枠、6枠が活躍しています。

【該当馬】

④マウレア(4枠)

⑥レッドランディーニ(6枠)

⑦サヤカチャン(7枠)

⑧シグナライズ(7枠)

⑨リリーノーブル(8枠)

⑩サラキア(8枠)

 

・脚質傾向

展開によって逃げ馬が前残りとなることはありますが、基本的には後ろから追い上げてくる差し馬・追込馬が中心となっています。

まずは、差し馬・追込馬を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

③スカーレットカラー(差し)

⑥レッドランディーニ(差し)

⑩サラキア(差し)

①ウインラナキラ(追込)

②カレンシリエージョ(追込)

 

・追い切り注目馬

③スカーレットカラー

⑤ラッキーライラック

⑨リリーノーブル

⑩サラキア

 

・まとめ

⑤ラッキーライラック

⑨リリーノーブル

⑩サラキア

⑥レッドランディーニ

 

☆勝負馬☆

⑤ラッキーライラック

阪神ジュベナイルフィリーズ時に追い切りから推奨したように、

この馬は追い切りの動きがレースにも直結するタイプ。

今回は、既に下した相手が中心で、折り合いに難がないだけに、

信頼できる馬として考えてよいでしょう。

 

相手は、

追い切りで一気に前進した、

⑨リリーノーブル

⑩サラキア

マイル適性高く重賞実績もある

③スカーレットカラー

を中心に。

穴は、⑥レッドランディーニです。

 

 

オーシャンステークス2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

 

追い切り注目馬

レーヌミノル

☆追い切り評価A☆

2/28 栗CW良 馬なり

80.5 65.9 51.8 38.1 12.3 [6]


一週前追い切りと同様に最終追い切りでも和田騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われたオープン馬のエテルナミノルと併せて、内を0.4秒追走して0.2秒の先着。

一週前追い切りでも一杯に追ってベストに近いタイムを出しておりましたが、最終追い切りでは馬なり調教で自己ベストを更新。

良い時と比べると折り合いもついて調子は戻ってきており、降級戦の今回は一発期待できそうですね。

 

ネロ

☆追い切り評価B☆

2/28 栗坂良 一杯

49.2 37.1 25.4 13.4


全体タイムは好タイムでしたが、ラストは失速し13.4秒。

今回は間隔も空いて坂路コースでしっかり調教メニューをこなしており、一週前追い切りでも一杯に追ってベストに近いタイムを出している。

前走時よりもタイムは良いですが、まだ動きに硬さは残り調教内容としてはイマイチ。

ただ、オーシャンステークスは2016年に4着しており、前走2連覇を決めた今回は取捨選択が難しい一頭ですね。

 

ナックビーナス

☆追い切り評価A☆

2/28 美南W良 馬なり

66.7 51.6 37.7 12.5 [3]


強めに追われた1000万下のデジタルフラッシュと併せて、外を0.8秒の追走同入。

最終追い切りでも馬なり調教で、自己ベストに近いタイム。

折り合いはついていて、終いの伸びも抜群。

全体タイムは前走時よりも好タイムを出しており、状態は上向いていると考えて良さそうです。

昨年の2着馬で中山コースは複勝率100%の実績。

G3では安定して走れており、ここでも好走が期待できる。

 

スノードラゴン

☆追い切り評価A☆

2/28 美南坂良 馬なり

52.3 37.9 24.7 12.3


一週前追い切りでは自己ベストに近いタイムを出しており、最終追い切りもしっかり加速ラップを刻んで仕上がりは順調です。

フットワークは軽快でこのひと追いで馬体も絞られた。

中山1200mは得意な馬で、スプリンターズステークスでは過去に3度走って一度も掲示板を外していない。

しかも、2014年には13番人気に支持されながらも、ストレイトガールを差し切って優勝している。

近走はダート出走でしたが、その点は全く心配いらないでしょう。

オーシャンステークスはリピートレースとなっていて、過去に絡んだ馬が馬券に絡んでくる傾向にあります。

昨年は8着に終わりましたが、2015年は2着、2016年は3着と好走経験があるため今年も注意ですね。

 

ビップライブリー

☆追い切り評価B☆

2/28 栗坂良 馬なり

56.3 40.9 26.8 13.0


もともとタイムは出る馬ですが、一週前追い切りでは全体タイム78.1秒に対して終い12.3秒と伸び脚も良好。

最終は軽く流した程度の調教でしたが、折り合いのついた調教で好状態はキープできているでしょう。

前走時と比べると動きは確実に良くなっており、近走はG3,G2でも安定した走りを見せていて、相手もパッとしない今回のメンバーなら改めて期待できる一頭です。

 

☆過去5年データ

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 メラグラーナ ナックビーナス クリスマス
Fastnet Rock ダイワメジャー バゴ
母父 Secret Savings More Than Ready ステイゴールド
前レース ラピスラズリS(OP) 京都牝馬S(G3) カーバンクルS(OP)
人気 1 3 4
馬番 9 2 4
枠番 5 1 2
2016年 馬名 エイシンブルズアイ ハクサンムーン スノードラゴン
Belgravia アドマイヤムーン アドマイヤコジーン
母父 Siphon サクラバクシンオー タヤスツヨシ
前レース 洛陽S(OP) スプリンターズS(G1) 香港スプリント(G1)
人気 5 4 8
馬番 11 2 7
枠番 6 1 4
2015年 馬名 サクラゴスペル ハクサンムーン ベステゲシェンク
サクラプレジデント アドマイヤムーン ディープインパクト
母父 Cure the Blues サクラバクシンオー Souvenir Copy
前レース ラピスラズリS(OP) 阪神C(G2) シルクロードS(G3)
人気 7 1 4
馬番 12 4 13
枠番 6 2 7
2014年 馬名 スマートオリオン スノードラゴン レッドスパーダ
グラスワンダー アドマイヤコジーン タイキシャトル
母父 ウイニングチケット タヤスツヨシ Storm Cat
前レース アクアマリンS(1600万下) 根岸S(G3) 東京新聞杯(G3)
人気 3 11 9
馬番 1 15 16
枠番 1 8 8
2013年 馬名 サクラゴスペル ダッシャーゴーゴー ツルマルレオン
サクラプレジデント サクラバクシンオー ハーツクライ
母父 Cure the Blues Miswaki Kingmambo
前レース ラピスラズリS(OP) シルクロードS(G3) 京洛S(OP)
人気 2 1 7
馬番 8 5 13
枠番 4 3 7

 

・人気傾向

1番人気、4番人気は過去5年でも3回馬券に絡んでおりますが、9番人気や11番人気など比較的荒れる傾向にあります。

現在4番人気が3年連続で馬券に絡んでいるので注意です。

まずは、1番人気、4番人気を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

⑩ダイメイフジ(1番人気)

⑮レーヌミノル(4番人気)

 

・枠番傾向

満遍なく成績を残しておりますが、内枠が最も活躍しております。

昨年も内枠が2頭馬券に絡んでおり、1枠、2枠には注意ですね。

【該当馬】

①フミノムーン(1枠)

②ラインミーティア(1枠)

③アルティマブラッド(2枠)

④ビップライブリー(2枠)

 

・脚質傾向

先行・差し馬が中心となっております。

近年は逃げ馬の活躍も目立ちますが、差し馬は現在3年連続で優勝しています。

今年も差し馬は押さえておきましょう。

【該当馬】

④ビップライブリー(差し)

⑤ジューヌエコール(差し)

⑦キングハート(差し)

⑧リエノテソーロ(差し)

⑩ダイメイフジ(差し)

⑪スノードラゴン(差し)

⑭エポワス(差し)

⑮レーヌミノル(差し)

 

・追い切り注目馬

③アルティマブラッド

④ビップライブリー

⑨ネロ

⑪スノードラゴン

⑬ナックビーナス

⑭エポワス

⑮レーヌミノル

 

・まとめ

⑮レーヌミノル

④ビップライブリー

 

☆勝負馬☆

⑮レーヌミノル

追い切りでは2週続けて和田竜二騎手が騎乗。

なんといっても最終追い切りが馬なりでベスト更新は好調の証でしょう。

昨年秋は適性外のクラシックに挑戦し、その後は古馬相手のG1で激走。

そのまま暮れの阪神カップと忙しい秋でしたが、

じっくり休養したことで、再び馬はリフレッシュされて、良い状態です。

 

あとは中山1200m巧者を狙っていく形で、

③アルティマブラッド

⑪スノードラゴン

⑬ナックビーナス

を中心に。

 

土曜日追い切り軸馬予想

先週に続いて土曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

 

・中山コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

4R

☆⑫メジャーラブソディ(勝負度B)

最終追い切りでは、美浦南Wで全体の12番時計と好時計をマーク。

格上の1000万クラスを2週連続で先着する動きです。

前走の2着馬はすんなり勝ち上がり、この馬の能力も相当と考えてよいでしょう。

 

7R

☆①トウカイパシオン(勝負度A)

新馬戦は5馬身差の圧勝劇。下した馬もすんなり勝ち上がるハイレベルな新馬戦。

最終追い切りでは、美浦坂路で全体の2番時計とキャリア2戦目とは思えない動きで、ここでもすんなり競馬ができれば通用するでしょう。

 

10R

☆⑪ヨシオ(勝負度B)

最終追い切りは、朝一番の追い切りでしたがそれにしても好時計。

昨年夏から勝ち星がありませんが、前走は最後に鋭い脚を使って4着に上がって来ました。

能力はあるだけに好調維持で展開ハマれば期待できそうです。

 

12R

☆①カフェライジング(勝負度B)

距離を短くしてここ4戦は3馬券と安定して走れるようになりました。

前走は位置取りが後ろになり、斤量面からも追い上げが苦しくなりました。

最終追い切りでは、栗東坂路全体の9番時計を出す動きで、すんなりスタートできれば再度期待です。

 

 

・阪神コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

2R

☆⑮ルクスムンディー(勝負度B)

姉は昨夏3連勝したヴォカツィオーネ。

勢いに乗れば強い血統と考えて良さそうで、少しずつ着順を上げて競馬が上手くなってきています。

最終追い切りでは栗東CWで全体の9番時計といい動きができております。

 

3R

☆②ヒルノライデン(勝負度A)

新馬戦の前回は先行してスタートして、そのままポジション維持というような競馬。

さらにレースに慣れてくればと言うところですが、最終追い切りでは、栗東CWで全体の6番時計と素晴らしい動きを見せています。

一気に前進も可能です。

 

9R

☆⑥アグネスミニッツ(勝負度B)

昨年は全く見せ場の無い競馬が続いており、もう成長がないのかと思われましたが、今年はじっくり休んで馬が変わり、いきなり6着。

勝ち馬と0.4秒差で上々の年明けでしょう。

最終追い切りでは、自身のベストタイムを更新し、栗東坂路の全体でも9番時計を出しています。

 

10R

☆⑥ダンツゴウユウ(勝負度A)

秋ごろから馬が変わり、500万クラスを勝ち上がり、年明けには1000万クラスを勝利。

引き続き状態は良さそうで、最終追い切りでも栗東坂路で全体の3番時計を出す好調さです。

最後の脚は堅実だけに、展開ハマれば期待できる一頭です。

 

 

・小倉コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

 

7R

☆⑫ハリケンバローズ(勝負度A)

前走は先行して、最後は3馬身突き放す楽勝。

その本格化具合が感じられる追い切りで、栗東坂路全体で見ても好時計。

この中間は格上の1000万クラスと併せて先着する申し分ない仕上がりと考えてよいでしょう。

 

 

今週の一週前追い切り情報

 

今週末に行われる重賞の一週前追い切り情報も更新していますのでご参考に。

チューリップ賞一週前追い切り

オーシャンステークス一週前追い切り

弥生賞一週前追い切り

 

今週の最終追い切り情報

 

今週末に行われる重賞の最終追い切り情報も更新していますのでご参考に。

チューリップ賞最終追い切り

オーシャンステークス最終追い切り

弥生賞最終追い切り

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ