ダイヤモンドステークス2017 分析

 

・ダイヤモンドステークス2017 分析

過去5年で注意しておきたい騎手は…

 

特になし。

北村宏司が2勝利していたが、フェイムゲームでのこと。

2016年では三浦皇成が乗って2着だったので騎手というより馬のおかげかな。

過去10年で見ても特徴的な騎手はいない。

気になるのは武豊。10年で見たところ、2回中で勝率:50.0%、複勝率:100.0%と

好成績だ。注意するとしたら武豊かな。

 

東京芝3400mのコースとしても、

この距離はダイヤモンドステークスのみなので、

特になし。

回収率で見たら、吉田豊だけれども過去5年で1度だけ。

 

まとめ

騎手はあまり気にしないで大丈夫です。

騎手が特徴ないので、馬重視で買いましょう。

 

いつも応援ありがとうございます😊

↓↓クリック↓↓

人気ブログランキングへ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ