スプリングステークス2018・阪神大賞典2018 追い切り予想・日曜日追い切り軸馬予想

日曜日に開催されるスプリングステークス・阪神大賞典の予想をしていきたいと思います!!

日曜日勝負レースの予想については一番下に更新していますので是非参考に(*^^*)

スプリングステークス2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

追い切り注目馬

ステルヴィオ

☆追い切り評価A☆

3/14 美南W良 馬なり

69.8 53.5 39.4 12.9 [3]


一杯に追われた500万下のセシルクラウンと併せて、内を0.3秒追走して0.4秒の先着。
普段通り馬なり中心の調教ではありますが、一週前追い切り同様併走馬にあっさり先着と状態は上向いている。
しっかり折り合いも付いていて仕上がりは万全と考えて良さそうです。

一週前追い切りではG2、G3でも好走しているゼーヴィントに追走する形で先着しており、このメンバーではアタマ一つ能力が抜けているでしょう。
今回はベストの距離に戻るため、さらに期待できる一頭です。

ゴーフォザサミット

☆追い切り評価A☆

3/14 美南W良 強め

68.1 51.7 38.2 12.6 [7]


最終追い切りでは田辺騎手が騎乗しての調教。
馬なりに追われた3歳オープン馬のファストアプローチと併せて、内を1.2秒の追走同入。
最終追い切りでは強めに追われましたが、前走時出した自己ベストを大きく更新する動き。

今回の調教ではファストアプローチと4度併せて、全て追走同入。
折り合いも付いていて仕上がりは順調と考えて良いでしょう。
前走は展開も向いていなかったですし、調教通りの動きならば一発注意ですね。

カフジバンガート

☆追い切り評価A☆

3/14 栗CW良 馬なり

83.5 66.0 51.3 38.5 12.3 [7]


一杯に追われた3歳未勝利のオミマイスルゾーと併せて、外を追走して0.3秒の先着。
一週前追い切りでしっかりと追われた分今回は馬なりでの調教。
それでも行きっぷりは良く、ラストは12秒台の好タイム。

一週前追い切りでは1000万下の併走馬に追走したにも関わらず、0.4秒突き放しています。
最終追い切りは自己ベストを更新し、仕上がりは良さそうですね。
G3は一度も馬券に絡んだことはありませんが、全て5着以内という安定感はあります。
力がないわけではないですし、展開次第では注意したい一頭です。

レノヴァール

☆追い切り評価A☆

3/14 栗坂良 一杯

51.7 37.7 24.6 12.5


最終追い切りでは北村友一騎手が騎乗しての調教。
一杯に追われた1000万下のキラービューティと併せて、0.1秒追走して0.3秒の先着。
坂路コースで入念に調教されていて、2週続けて一杯に追われ馬体も絞られています。
最終追い切りではベストに近いタイムを出しており、併走馬をあっさり先着する動き。

併走馬に遅れが続いていて仕上がりは心配でしたが、最終追い切りでしっかり仕上げられたと考えて良いでしょう。
中山1800mは前走上がりタイム最速で優勝した舞台。
相性も良く今回も期待できそうです。

ルーカス

☆追い切り評価B☆

3/15 美南W良 馬なり

54.4 39.4 12.8 [6]


強めに追われた500万下のナイルストーリーと併せて、内を0.3秒追走して0.4秒の先着。
今回は軽い調教でしたが併せ馬に先着し、自己ベストを更新した一週前追い切りと同様に伸び脚は申し分ない。

折り合いも付いており仕上がりは万全でしょう。
素質は十分でしっかり調整された今回は押さえておきたい一頭ですね。

☆過去5年データ

次に過去5年のデータを調査していきます。

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 ウインブライト アウトライアーズ プラチナヴォイス
ステイゴールド ヴィクトワールピサ エンパイアメーカー
母父 アドマイヤコジーン フレンチデピュティ マンハッタンカフェ
前レース 若竹賞(500万下) ひいらぎ賞(500万下) きさらぎ賞(G3)
人気 5 2 6
馬番 10 8 7
枠番 8 7 6
2016年 馬名 マウントロブソン マイネルハニー ロードクエスト
ディープインパクト マツリダゴッホ マツリダゴッホ
母父 Mr. Greeley ナリタブライアン チーフベアハート
前レース あすなろ賞(500万下) フリージア賞(500万下) ホープフルS(G2)
人気 4 5 1
馬番 1 4 10
枠番 1 4 8
2015年 馬名 キタサンブラック リアルスティール ダノンプラチナ
ブラックタイド ディープインパクト ディープインパクト
母父 サクラバクシンオー Storm Cat Unbridled’s Song
前レース 3歳500万下 共同通信杯(G3) 朝日フューチュリティ(G1)
人気 5 1 2
馬番 1 6 8
枠番 1 5 6
2014年 馬名 ロサギガンティア アジアエクスプレス クラリティシチー
フジキセキ ヘニーヒューズ キングカメハメハ
母父 Big Shuffle Running Stag スペシャルウィーク
前レース 3歳500万下 朝日フューチュリティ(G1) セントポーリア賞(500万下)
人気 3 1 4
馬番 2 4 10
枠番 2 3 6
2013年 馬名 ロゴタイプ タマモベストプレイ マイネルホウオウ
ローエングリン フジキセキ スズカフェニックス
母父 サンデーサイレンス ノーザンテースト フレンチデピュティ
前レース 朝日フューチュリティ(G1) きさらぎ賞(G3) ジュニアC(OP)
人気 1 3 11
馬番 5 2 15
枠番 3 1 8

・人気傾向

人気決着の多いレースで、1番人気は安定して成績を残しておりますが、近走は5番人気の好走も目立ちます。

1〜6番人気中心でまずは1番人気と5番人気を押さえておきましょう。

【該当馬】

⑧ステルヴィオ(1番人気)

⑥ハッピーグリン(5番人気)

・枠番傾向

満遍なく成績を残しておりますが、その中でも好成績なのは1枠・6枠・8枠です。

枠を重視する必要はありませんが、1,6,8枠には注意ですね。

【該当馬】

①バールドバイ(1枠)

・脚質傾向

逃げ・追込の好走は少なく先行・差しを中心に狙うのが良さそうです。

近走は先行よりも差し馬が活躍しているので、まずは差し馬を狙って行きましょう。

【該当馬】

バールドバイ(差し)

ルーカス(差し)

ハッピーグリン(差し)

ステルヴィオ(差し)

カフジバンガード(差し)

ライトカラカゼ(差し)

・追い切り注目馬

②ルーカス

④レノヴァール

⑧ステルヴィオ

⑩カフジバンガード

⑪ゴーフォザサミット

・まとめ(条件複数該当馬)

⑧ステルヴィオ

①バールドバイ

⑥ハッピーグリン

☆勝負馬☆

⑧ステルヴィオ

既に重賞でも実績のある馬。ダノンプレミアムとの力差は明らかではありますが、

それでも他馬とは能力差のある2着を続けています。

今回は小回りコースでどうなるかですが、早めに動く競馬も試すチャンスでしょう。

④レノヴァール

追い切りでは格上馬を相手に素晴らしい動き。前走若竹賞は、昨年の勝ち馬ウインブライトが勝利したレース。

中山適性も非常に高く、器用さが活きるこのコースは有利に運べるでしょう。

①バールドバイ

絶好枠の内枠を引いて、前目でロスの無い競馬ができるでしょう。勝ち上がりまでは時間を要しましたが、積極策で前進。

能力的には上位と差がありそうですが、立ち回り一つで出走権を手に入れられるかもしれません。

⑥ハッピーグリン

ダート路線を走っていましたが、前走は中央のセントポーリア賞を制覇。その内容が優秀で楽な競馬での完勝。

条件的にも複数該当し、人気以上に期待できる一頭でしょう。

 

阪神大賞典2018

まずは、最終追い切りで動きのよかった馬をピックアップしてみます!!

追い切り注目馬

クリンチャー

☆追い切り評価A☆

3/14 栗坂良 強め

52.7 38.5 25.0 12.4


最終追い切りでは藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。
プール調教を併用しておりますが、一週前追い切りに続いて最終追い切りでも自己ベストを更新する動きで仕上がりは万全と考えて良さそうです。

折り合いも付いており、ラストの伸びも抜群。
父ディープスカイの産駒は、長距離に強く、今年の4歳世代はかなり成長度が高いだけにこの馬にも期待が高まります。

アルバート

☆追い切り評価A☆

3/14 美南W良 一杯

69.4 53.0 37.9 12.5 [5]


最終追い切りでは石橋脩騎手が騎乗しての調教。
一杯に追われた1000万下のバリングラと併せて、内を0.2秒の追走同入。
タイムは良い時よりも出してはいませんが、一週前追い切り、最終追い切りで普段通り強めの調教をされている。

ラストも伸びていて仕上がりは順調ですね。
長距離重賞ステイヤーズステークスを3連覇しており、スタミナは現役でも1位2位を争う馬。
タフな競馬でスタミナ比べになれば、ここでも強い競馬が期待できるでしょう。

サトノクロニクル

☆追い切り評価A☆

3/14 栗CW良 強め

52.5 37.8 11.0 [7]


最終追い切りでは川田騎手が騎乗しての調教。
馬なりに追われた1600万下のソーグリッタリングと併せて、内を0.3秒追走してクビ差の遅れ。
格下馬に遅れたのは気になりますが、ラスト1ハロンの伸びは抜群で、11.0秒の猛タイム。

一週前追い切りでも11.5秒と抜群の伸び脚を見せており、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。
長く脚を使うこともできるタイプで、この長丁場も適応できるタイプ。
前走後しっかり休んだ効果で成長が伺えますね。メンバーは揃いましたがチャンスはありそうです。

トミケンスラーヴァ

☆追い切り評価B☆

3/14 美南W良 馬なり

84.2 68.2 53.9 39.7 13.5 [7]


馬なりに追われた3歳未勝利のキタノペガサスと併せて、内を0.8秒追走して0.4秒の遅れ。
一週前追い切りで一杯に追われているので、馬体面での心配はいらないでしょう。

最終追い切りでは追走してはいますが、格下の併せ馬に0.4秒の遅れは気になるところです。万葉ステークスのパフォーマンスが良かっただけに重賞でも期待したいところでしたが、現状力差は大きいようです。状態面も疑問で、ここはやや評価を落としたいです。

レインボーライン

☆追い切り評価B☆

3/14 栗坂良 馬なり

60.0 41.9 26.0 12.3


全体タイムは平凡ですが、折り合いの付いた動きで仕上がりは順調でしょう。
ラストも12.3秒と伸びていますし、状態は安定している。
菊花賞でも馬券に絡んでおり、長距離もこなすタイプ。

3歳春は短距離で活躍していましたが、今は長くいい脚を使う競馬が続いており、
この長丁場で馬も変わってくるでしょう。

☆過去5年データ

次に過去5年のデータを調査していきます。

年表 データ 1着 2着 3着
2017年 馬名 サトノダイヤモンド シュヴァルグラン トーセンバジル
ディープインパクト ハーツクライ ハービンジャー
母父 Orpen Machiavellian フジキセキ
前レース 有馬記念(G1) 有馬記念(G1) ジャパンC(G1)
人気 1 2 5
馬番 9 3 4
枠番 8 3 4
2016年 馬名 シュヴァルグラン タンタアレグリア アドマイヤデウス
ハーツクライ ゼンノロブロイ アドマイヤドン
母父 Machiavellian Stuka サンデーサイレンス
前レース 日経新春杯(G2) ダイヤモンドS(G3) 京都記念(G2)
人気 1 4 3
馬番 11 6 2
枠番 8 6 2
2015年 馬名 ゴールドシップ デニムアンドルビー ラストインパクト
ステイゴールド ディープインパクト ディープインパクト
母父 メジロマックイーン キングカメハメハ ティンバーカントリー
前レース アメリカジョッキーC(G2) 有馬記念(G1) 有馬記念(G1)
人気 1 7 2
馬番 8 2 1
枠番 7 2 1
2014年 馬名 ゴールドシップ アドマイヤラクティ バンデ
ステイゴールド ハーツクライ Authorized
母父 メジロマックイーン エリシオ Priolo
前レース 有馬記念(G1) 有馬記念(G1) 御堂筋S(1600万下)
人気 1 5 3
馬番 1 8 2
枠番 1 8 2
2013年 馬名 ゴールドシップ デスペラード フォゲッタブル
ステイゴールド ネオユニヴァース ダンスインザダーク
母父 メジロマックイーン トニービン トニービン
前レース 有馬記念(G1) 万葉S(OP) ダイヤモンドS(G3)
人気 1 3 5
馬番 7 6 3
枠番 7 6 3

・人気傾向

1番人気が5年連続で優勝しております。

比較的人気決着の傾向で人気馬中心に狙うのが良いでしょう。

まずは、8年連続で馬券に絡んでいる1番人気を押さえておきましょう。

【該当馬】

⑧クリンチャー(1番人気)

・枠番傾向

中枠の活躍は少なく、内枠、外枠の好走が目立つ。

1,2,7,8枠を中心に狙って行きましょう。

【該当馬】

①トミケンスラーヴァ

②スーパーマックス

⑧クリンチャー

⑨ムイトオブリガード

⑩アルバート

⑪ヤマカツライデン

・脚質傾向

先行馬が圧倒的に好成績です。

2016年には先行馬が3着以内を独占し、昨年も1,2着が先行馬。

このレースは先行馬に注意ですね。

【該当馬】

①トミケンスラーヴァ

④カレンミロティック

⑧クリンチャー

⑨ムイトオブリガード

・追い切り注目馬

①トミケンスラーヴァ

⑥サトノクロニクル

⑦レインボーライン

⑧クリンチャー

⑩アルバート

・まとめ(条件複数該当馬)

①トミケンスラーヴァ

⑧クリンチャー

⑨ムイトオブリガード

☆勝負馬☆

⑧クリンチャー

昨年は超不良馬場の菊花賞を捲っていく競馬。スタミナが豊富で力比べに強いタイプ。長距離は理想的な舞台で、本番よりもスピードを要さないこのレースは、最も力を発揮できるでしょう。

⑨ムイトオブリガード

前走は距離延長し、そして一気に逃げる競馬でレコード勝利。本格化した動きを見せており、まだ底を見せていないのが楽しみです。

長距離の相性が良く、今回もマイペースで行ければ、

案外楽な競馬ができるかもしれないです。

要注意の一頭です。

日曜日追い切り軸馬予想

先日に続いて日曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

中山コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

1R

☆②エンゲージリング(勝負度A)

前走時と同様に軽い調教でも動きは良い。折り合いも付いており、ラストの伸びは抜群。

前走はクビ差で敗れたものの3着馬には7馬身差の圧勝をしている。

好調キープでここは改めて期待できる一頭です。

3R

☆③ケイアイテディ(勝負度B)

プール調教を併用ですが、まだ3歳ですし最終追い切りで強めの調教をしているのでそこまで心配はしなくても良さそうです。レース毎に着実に力をつけ今回はさらにベストを更新。

近走は惜しいレースが続きますが、改めて期待したい一頭です。

6R

☆②アルーシャ(勝負度B)

普段通りの調教で格下馬に追走同入。最終追い切りもいつも通り木幡育也騎手が騎乗して仕上げられている。

前走は重賞レースを3着しており、実績は確かです。

中山コースは未勝利戦で優勝していてコース適性は問題なく、状態キープの今回も上位争いは必至でしょう。

8R

☆①グリントオブライト(勝負度B)

一週前追い切りではアルゼンチン共和国杯2着したソールインパクトに追走する形であっさり先着。馬なり主体での調教で最終追い切りではベストに近いタイム。

近走も状態は安定しており、前走ひと叩きした分の上積みも期待できる。

9R

☆⑨ソーグリッタリング(勝負度B)

一週前追い切りでは遅れていた併走馬に最終追い切りではしっかり先着とこのひと追いで仕上がった様子。ラストも11秒台の猛タイムをだしており、本番でもこの末脚なら楽しみな一頭です。

昇級戦で相手は強くなるが能力差はないでしょう。

阪神コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

2R

☆⑥ムーンレイカー(勝負度A)

最終追い切りでは7ハロン追いをしており、ベストに近いタイムで今回も仕上がりは順調。併走馬には遅れてはいるが状態面での心配はなさそうです。

一週前追い切りにもしっかり絞られ疲れは全くない様子。

メンバーもパッとしない今回なら一発あるでしょう。

4R

☆⑦ダノンカイザー(勝負度B)

プール調教を併用ですが、追い切りでは好タイムでラストも11秒台と抜群の伸びを見せる。
ここ2週は一杯に追われて仕上がりも万全。近走活躍を見せるダノンに期待ですね。相手となるのは格上の併走馬に大きく追走して先着したマイネルハイルング。この両馬の動きには注意したいです。

5R

☆⑨メイショウラビエ(勝負度B)

レース毎に力をつけており、今回の最終追い切りでは格下馬にあっさり先着。
自己ベストを約3秒ほど上回る時計で、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。ゲートは心配ではありますが能力はここでも通用する。

6R

☆⑩テーオーエナジー(勝負度A)

坂路コースで入念に行われており、一週前追い切りではしっかり追われ自己ベストを大きく更新。
動きはいつにもなく抜群で、一歩届かなかった過去2戦よりも上積みが期待できる。3月から調教を開始して直前追い切りでも15-15で調教されており仕上がりは万全でしょう。

10R

☆③ナリタエイト(勝負度A)

追い切りでよく動いていたのは、ナリタエイト、ブルークランズ、アドマイヤロブソン。
特に推奨したいのはナリタエイト。追い切りでは馬なり調教でも格下馬に追走して、しっかり同入できている。前走は小倉大賞典(G3)を優勝したトリオンフに1馬身差突き放しており、近走は力をつけてきてついに本格化。好仕上がりの今回も休み明けですがしっかり結果を残せそうですね。

中京コース 予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

10R

☆⑩グローリーグローリ(勝負度A)

普段通り今回も騎手騎乗で最終追い切りでは自己ベストを更新。
格上の併走馬に先着し状態は上向いている。動きも抜群で、中京1400mは勝ち上がったコースで、仕上がり面からも期待できるでしょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ