ジャパンカップ2017 全レース予想11/26(日)

待ちに待ったジャパンカップ2017がついに!!

キタサンブラックの賞金が気になりますね。

ジャパンカップでも1番人気。不良馬場の天皇賞秋で脚を使いましたが、宝塚記念のようにはならないで欲しいですね。

 

昨日の京都2歳ステークスは見事に的中!!

重賞は順調に来ています(*^^*)

ジャパンカップも当てていきましょー!

 

東京レース

1R

11 セイウンアカマイ(田辺裕信)

0.7秒差での3着とはいえ新馬戦で東京1400mを経験できているのは大きい。

上積みも期待できるので今回も3着以内は期待できそう。


2R

16 アシャカデッシュ(津村明秀)

外枠となってしまったが、前走レコードのタイムにクビ差なので逃げ切り勝ちは十分あり得る。


3R

6 サトノオンリーワン(R.ムーア)

ムーア騎手は昨日8戦6勝で、3着、4着が1回ずつ。

良い馬が集まっていることもあって成績は非常に良い。


4R

4 ブレステイキング(R.ムーア)

4Rは騎手で買えるww

ディープインパクト産駒は好成績ですし鞍上もムーア騎手で人気はダントツでしょう。


5R

16 デピュティプライム(田辺裕信)

タイムもこのメンバーでは上位。

2着が続いていて安定感もある。


6R

15 オープンザウェイ(福永祐一)

前走は久々でしたが2着。

一発叩いた分上積みが期待できる。


7R

8 アンブロジオ(C.ルメール)

前走は2着馬に2馬身差の圧勝。

人気馬との力差もない。


8R

5 エンジニア(北村宏司)

4戦連続馬券内の安定感。

1000万下での実績もありここでも勝ち負け。


9R

10 タイセイエクレール(M.デムーロ)

瞬発力勝負ならこの馬。

1000万クラスの東京コースでは実績もあり、力のある馬場でも問題なく走れるので3着以内なら。


10R

9 プロディガルサン(R.ムーア)

バルデスと迷いましたが、プロディガルサンの方がタイムは良い。

東京コースでは好走していますし、重賞でも活躍している。

鞍上がムーア騎手というのもプラス材料。


11R ジャパンカップ(G1) 発走15:40

データ分析のおさらいをしていきましょう。

 

人気傾向は、1番人気が圧倒的。次いで2,4,6の偶数番人気。

該当馬

キタサンブラック(1番人気)

レイデオロ(2番人気)

ソウルスターリング(4番人気)

シュヴァルグラン(6番人気)

 

枠番傾向は、1,8枠が好成績。

該当馬

シュヴァルグラン(1枠)

レイデオロ(1枠)

ワンアンドオンリー(8枠)

ヤマカツエース(8枠)

ラストインパクト(8枠)

 

脚質傾向は先行馬、差し馬中心。

ほとんどの馬が先行馬と差し馬でしたwww

逃げと追い込み馬を挙げてみます。

該当馬はこの4頭以外。

ギニョール(逃げ)

レインボーライン(追込)

マカヒキ(追込)

ワンアンドオンリー(追込)

 

前レースの傾向では、天皇賞秋が中心。

該当馬

キタサンブラック(1着)

サトノクラウン(2着)

レインボーライン(3着)

マカヒキ(5着)

ソウルスターリング(6着)

ディサイファ(7着)

ヤマカツエース(11着)

シャケトラ(15着)

ワンアンドオンリー(17着)

 

騎手傾向は池添、C.ルメール、M.デムーロ、岩田、戸崎。

該当馬

ヤマカツエース(池添)

レイデオロ(C.ルメール)

サトノクラウン(M.デムーロ)

レインボーライン(岩田)

ラストインパクト(戸崎)

 

まとめ

最も条件が良かったのはレイデオロとヤマカツエース!!

ヤマカツエースは調教も良かったので一発ありそうですね。

そうはいってもキタサンブラックは安定に馬券に絡んでくるので押さえておきましょう!!

次に良かった馬はキタサンブラック、サトノクラウン、ソウルスターリング、シュヴァルグラン、ラストインパクトの5頭。

その中で調教の良かった馬はこの4頭!!

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

 

 

京都レース

1R

11 カミノコ(吉原寛人)

芝から転向してから2着・3着と安定して走っている。

距離を伸ばして着順を上げたが着差は広がっており、

短距離向きと考える。


2R

12 センスオブワンダー(A.シュタルケ)

新馬戦は時計差なしの2着。

ほぼ勝ちに等しい内容で、今回は、昨日の最終レースで穴を開けたシュタルケ騎手。

来日終盤と京都コースに強い騎手で、

ここは一発ありそう。


3R

4 ノストラダムス(和田竜二)

新馬戦で敗れたシスターフラッグは、

重賞でも掲示板に載る活躍。

この馬も勝ち上がる能力は備えていると考えて良さそうで、

絶好調和田騎手とのコンビなら楽しみです。


4R

10 ビコーピリラニ(佐久間寛志)

前走は京都障害で3着。適性もあり、飛越能力も高い馬。

重賞でもいい競馬をしている馬で、

このメンバーなら中心視できる。


5R

3 サラス(吉原 寛人)

兄は3歳でのデビューとなり、

やっと500万クラスに昇格。

距離適性は1800mと見て良さそうで、

妹は牝馬として切れ味を生かす競馬があいそう。

今年早速活躍しているオルフェーヴル産駒で、

仕上がりも早そうです。


6R

1 オクラホマ(浜中俊)

一週前追い切りでは1000万下の馬に0.2秒先着。

タイムも良く、京都コースでの相性は悪くない。


7R

12 パンサーバローズ(川田将雅)

京都コースでは連対率100%!

東京、中京ではダメでしたが京都で先行できれば強い!


8R

15 キングズアフェアー

力をつけて来ており、1000万下でも4着。3着馬とはクビ差でしたし力の差は感じられない。

キングカメハメハ産駒が好成績のコースなのもプラス材料。


9R

9 レッドランディーニ(浜中俊)

前走京都マイルで2着の馬に4馬身差をつけて圧勝!

重馬場でも好タイムなので注意したい。

4番人気ならオッズ妙味も。


10R

15 モズアスコット(吉原寛人)

一週前追い切りでは馬なりで強めの500万馬に先着している。

タイムも52秒台とこのメンバーと比べれば上位。

2.8倍もついているならおいしい。


11R

6 コウエイエンブレム(松山弘平)

安定感はメンバー上位。

タイムも他の馬と比べて早いですし、京都1200mで実績があるのも好材料。


12R 京成杯(G3) 発走16:15

データ分析のおさらいをしていきましょう。

 

人気傾向は、1〜5番人気。次いで10番人気。

該当馬

ソルヴェイグ(1番人気)

メラグラーナ(2番人気)

アットザシーサイド(3番人気)

セイウンコウセイ(4番人気)

ヒルノデイバロー(5番人気)

ネロ(10番人気)

 

枠番傾向は、1〜4枠が好成績。

人気傾向と被っていた馬をみると。

該当馬

ネロ(2枠)

ヒルノデイバロー(3枠)

ソルヴェイグ(4枠)

 

脚質傾向は前に行く逃げ馬、先行馬。

該当馬

ラインスピリット(先行)

ネロ(先行)

ソルヴェイグ(逃げ)

セイコウコンセイ(先行)

フィドゥーシア(逃げ)

タマモブリリアン(先行)

イッテツ(逃げ)

 

前レースの傾向では、オパールステークス、スワンステークスからの馬。

該当馬

・オパールステークス

ソルヴェイグ

ダイシンサンダー

タマモブリリアン

イッテツ

 

・スワンステークス

ティーハーフ

ヒルノデイバロー

ビップライブリー

セイウンコウセイ

ジューヌエコール

 

まとめ

逃げ馬の成績が圧倒的に良くソルヴェイグが軸。

単勝オッズは4倍もついているのでオッズ妙味もあるし、条件も良いためソルヴェイグには逆らわなくて良さそうですね。

相手は、セイウンコウセイ、ヒルノデイバロー、ネロの3頭。

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ