オールカマー2017 データ分析

オールカマー2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

人気馬の好走率が高く、1番人気の複勝率は80%とほとんど馬券に絡んでくる傾向にあります。

2番人気も5割は馬券に絡むため、1,2番人気は最低でも押さえておくと良さそうです。

穴馬は10番人気以降は過去10年で1度しか3着以内はないですし、ほとんど馬券に絡まないため外してしまっても良いでしょう。

穴馬で好走数の多いのは6番人気です!

優勝はしていないもの複勝率は2番人気と同じです。

1,2,6番人気を中心に狙っていきましょう。

 

 

枠番傾向

枠は中枠が最も好成績で、内外枠は成績を残せておりません。

中枠は好成績ですが、4枠が過去10年で人気問わず1度しか馬券に絡んでいないため注意が必要です。

好走数でいうと2,3,5,6枠が良く、回収率では単勝回収率が6枠で複勝回収率が3枠です。

勝率は5,6,7枠が好成績なので単軸にするならばこの枠でしょう。

 

 

脚質傾向

先行馬と差し馬が圧倒的に好成績です!!!

追込み馬は過去10年で43頭走っていますが1頭も馬券に絡んでいません。

逃げ馬が逃げ切る展開もなくはないですが、ここ過去7年はすべて先行馬、差し馬で決着しています。

追込み馬は予想からはずして先行馬、差し馬を中心に狙っていきましょう。

 

 

ステップレース傾向

宝塚記念(3,4,1,6/14)

札幌記念(3,1,2,9/15)

七夕賞(1,1,0,2/4)

 

複勝率は約5割となっていて、特に人気馬の好走率が高いです。

基本的にこの3レースからの馬を中心に狙うのが良さそうですね。

回収率では宝塚記念、札幌記念は人気馬しか絡まない傾向があるため低く、七夕賞は穴馬の好走もあったため単複ともに100%を超える回収率となっています。

宝塚記念、札幌記念の人気馬に穴馬を絡めて狙っていきましょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ