アーリントンカップ2017 分析

過去5年のアーリントンカップでの結果と、阪神芝1600mの騎手分析を用いて今年のアーリントンカップ2017を分析します。

 

アーリントンカップ2017

過去5年で注意しておきたい騎手は…

福永祐一

あまり目立った騎手はいないが挙げるとしたらこの騎手だろう。

正直勝率は高くはないが、複勝率は高い方です。

他には、最近外人騎手が活躍しているということで、過去5年から見ても好成績の、デムーロ騎手にも注意をしたいです。

阪神芝1600mのコースとしては

M.デムーロ

勝率23.6%、複勝率45.8%と好成績だ。

70以上騎乗していて、単勝回収率114%と安定している。先週でも活躍していた分期待ができる。

まとめ

レースとしては福永騎手、全体的にはデムーロ騎手に注意が必要です。

人気が高くなってしまうと思いますが、予想から外すときはしっかりと分析してから判断しましょう。

いつも応援ありがとうございます😊

↓↓クリック↓↓

人気ブログランキングへ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ