アルゼンチン共和国杯2017 全レース予想11/05(日)

ついに3日目となりましたね!!

昨日の京王杯2歳ステークスは見事仕留めました(*^^*)

買い目が汚いですがこんな感じですwww

 

ファンタジーステークスもコーディエライト2着と今週は重賞がいい感じに来ています*\(^o^)/*

今日も当てていきましょーー!!

 

東京レース

1R

5 カミノコ(戸崎圭太)

前走新潟で2着。戸崎騎手に乗り替えも好材料。


2R

6 ペイシャキャサリン(松田大作)

好走がなかったがダートに転向後3着。東京コースを経験済みで距離短縮もプラス。


3R

3 ライレローズ(北村宏司)

前走クビ差の2着。同じコースで上積み期待。


4R

4 リアルモンテ(内田博幸)

このメンバーではコース成績安定。


5R

10 アイワナシーユー(福永祐一)

このコース好成績で回収率もプラス。


6R

4 ステラーインパクト(M.デムーロ)

複勝率5割超え。成績今回メンバートップ。


7R

6 サンタナブルー(柴山雄一)

藤田菜七子から乗り替えの前走は不良馬場が影響したか10着。良馬場なら。


8R

10 アルジャンテ(戸崎圭太)

1600mは成績が悪いが、1400mで好成績を残している東京コースではまだ走ってない。

得意なコースなら200mの距離延長は大丈夫そう。1600万下でも馬券内の実績あり。


9R

6 スターフィールド(大野拓弥)

ここまで人気薄にならなくてもいい馬。前走もそこまで悪くない印象。東京コースでは4着だが、距離が伸びれば別。


10R

6 アポロテキサス(内田博幸)

東京2100mで好タイムのトウカイエントリーと前走同条件で0.1秒差しかない。

こちらは斤量が増えない分、利があるかも。


 

11R アルゼンチン共和国杯(G2)発走15:35

データ分析を軽くおさらいして見ましょう。

人気傾向では1〜4番人気で5番人気には注意。

枠番傾向で安定しているのは2枠と6枠。

 

脚質傾向では先行馬、差し馬。

ステップレースからは、G1、オールカマーを走って来た馬。そしてオクトーバーステークスで活躍した馬。

騎手戸崎騎手、福永騎手!!

 

まとめると以下の5頭が該当します。

人気ブログランキングにて紹介(2番人気、6枠、差し馬、オールカマー)

◯4 スワーヴリチャード(1番人気、2枠、差し馬、東京優駿)

▲3 デニムアンドルビー(4番人気、2枠、差し馬、オールカマー)

△1 セダブリランテス(3番人気、先行馬、戸崎圭太)

注7 ソールインパクト(先行馬、福永騎手)


12R

5 ラバニーユ(M.デムーロ)

東京1400mのタイムはこのメンバーでは最速で、田辺騎手からデムーロ騎手に乗り替えもプラス。

複勝率は20%ほどデムーロ騎手が高く、この馬も東京での成績は良いですし軸は間違いなくこの馬。

 

 

京都レース

1R

9 カフジデューク(坂井瑠星 )

前走左回りの東京で今回は右回りで距離短縮。最後は手応えがなかったですが1400mなら走りそう。

先行馬、斤量減にも注目したい。


2R

1 スターリーステージ(C.デムーロ)

今回は好枠で良馬場の方が走れる。


3R

1 ダージリンクーラー(岩田康誠)

他の馬が弱い。グレートタイムは1着になりそうですが、2着は狙える馬。


4R

7 アメリカンワールド(浜中俊)

前走重馬場でクビ差の4着。先行馬ですしコース適性は良さそう。距離延長は問題ないでしょう。


5R

5 シュナイデン(C.ルメール)

このコースはルメール騎手が圧倒的に好成績。複勝率63.8%は侮れない。


6R

12 タムロムーン(川田将雅)

勝率は32.7%でルメール騎手よりも上。複勝率はどちらも60%近くあるため注意です。


7R

12 カフジキング(武豊)

1000万クラスで好走しているのがやはり大きい。


8R

13 アグネスリバティ(和田竜二)

京都コースで大崩れはなく掲示板は外していない。前走に続き好走が期待できる。むしろ7番人気ならオッズ妙味。


9R

9 ネバーリグレット(C.ルメール)

逃げ馬で、上がりタイムでも負けていない。小回りコースの方が走るしここなら。


10R

1 サロニカ(四位洋文)

前走はマイナス10kgで、もうひと追いできず4着。馬体調整が万全ならここはおいしいかも。


 

11R みやこステークス(G3) 発走15:45

データ分析を確認して見ましょう。

人気傾向は、1番人気、2番人気、4番人気、7番人気。特に1番人気の複勝率は71%なので注意。

枠番傾向は、1,2,3枠中心で、9番人気以内の4枠が穴。

 

脚質傾向は、先行馬、差し馬を中心に、馬場不良なら追込み馬

前レースはレパードステークス、マイルチャンピオンシップ南部杯。また、エルムステークスで好走した馬に注意。

 

まとめると以下の5頭が該当します。

◎15 エピカリス(1番人気、先行馬、レパードステークス3着)

◯11 ローズプリンスダム(差し馬、レパードステークス1着)

▲3 タガノヴェリテ(7番人気、2枠、差し馬)

△12 キングズガード(4番人気、先行馬、マイルチャンピオンシップ南部杯3着)

注16 テイエムジンソク(2番人気、エルムステークス2着)


12R

4 ブライスガウ(中谷雄太)

京都では全て3着以内と安定した走り。アードラーと迷ったがタイムでは良馬場で対して変わらないのでこちらの方が上と見ました。

先行馬で条件も良く、前走結果を残せていないのでオッズ妙味もある。

 

 

いつも応援ありがとうございます(*^^*)

1日1回応援クリックを頂けると助かります(>_<)!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ