きさらぎ賞2018 最終追い切り 注目馬

この記事は今週末開催されるきさらぎ賞2018に出走予定、注目馬の最終追い切りに関する記事です(*^^*)!

 

きさらぎ賞2018

 

注目馬その1

ダノンマジェスティ

1/31 栗坂良 一杯

51.1 37.8 24.8 12.5


最終追い切りでは松若騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた1000万下のスティッフェリオと併せて、0.5秒の追走同入。

一週前追い切りでは、ダノンマジェスティ強めに対して、馬なりの併せ馬に遅れてしまったので、少し心配と見解しておりました。

しかし最終追い切りでは、一杯に追って自己ベストを更新と、反応の良さを見せ今週は良い状態です。

新馬戦はラストの伸びが圧巻。

ただ直線追われてからエンジンが掛かるまで時間を要しており、ゴール後は逆に押さえきれない勢いで、やや気性面でも乗り難しいタイプなのかもしれません。

その状況下で主戦和田竜二が騎乗停止で急遽松若風馬騎手へ乗り替わり。

一週前追い切りを和田騎手が行ったところでの騎乗停止で、テン乗りでどこまでこなせるかが鍵となってくるでしょう。

 

注目馬その2

カツジ

1/31 栗CW良 強め

85.3 67.9 52.6 38.5 11.8 [7]


最終追い切りでは松山騎手が騎乗しての調教。

乗り込み量豊富で最終追い切りで11本目の調教を消化しています。

一週前追い切りに続いて最終追い切りもラスト11秒台の猛タイムで瞬発力の高さが伺える。

調教では好タイムを出しており、いつも通りいい動きをしています。

久々の分を考慮する必要はないでしょう。

デイリー杯2歳ステークスではジャンダルムの2着。

能力的には申し分なく、京都で相性の良いディープインパクト産駒となれば、この舞台で大崩れは考えにくいです。

 

注目馬その3

グローリーヴェイズ

1/31 美南W良 強め

69.2 53.9 39.4 12.9 [7]


最終追い切りでは黛騎手が騎乗しての調教。

強めに追われた500万下のダイヤインザラフと併せて、内を0.8秒の追走同入。

最終追い切りではテンションを上げすぎず、状態キープといったところでしょう。

一週前追い切りでは、ベストに近い好時計を出しており、順調に仕上がってきています。

今回は鞍上がM.デムーロ騎手に戻り、重賞でこの騎手に戻るのは心強いですね。

この馬も、きさらぎ賞相性の良いディープインパクト産駒です。

父親譲りの瞬発力タイプで、京都コースでも持ち味を活かしたいですね。

 

注目馬その4

 

ラセット

1/31 栗CW良 馬なり

83.8 67.4 51.7 37.7 11.9 [7]


最終追い切りでは藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のメイショウキリマと併せて、0.4秒追走してアタマ差の先着。

軽い調教でも自己ベストを更新しており、折り合いもついてラストは11秒台の好タイム。

このひと追いで態勢は整ったと考えて良さそうです。

初勝利まで4戦を要しましたが、着実に競馬を覚え、力を付けてきています。

一週前追い切りでも古馬500万を相手にしっかり先着しており、好調キープと見てよいでしょう。

折り合いがしっかりついており、追われた時の反応も評価できます。

レース毎に脚を溜めれるようになってきており、今回の1800mでもきっちり対応してこれるタイプです。

 

注目馬その5

レッドレオン

1/31 栗CW良 一杯

86.2 69.0 52.9 38.4 11.7 [8]


最終追い切りでは岩田騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた3歳未勝利のロードマドリードと併せて、外を1.2秒先行して0.1秒の遅れ。

中間はプールを挟んで、馬なりで調教を行っていましたが、最後は一杯に追って強めに動かしています。

最終追い切りはいよいよ実戦を意識した動きを出していてラストの伸びは良いですが、しっかり脚をためてのもの。

格下の併せ馬に遅れているので内容はイマイチです。

新馬戦では評判通り1番人気に応え、先行して強い競馬見せておりますが、距離200mの延長も鍵となってくるでしょう。

 

注目馬その6

ニホンピロタイド

1/31 栗坂良 強め

51.8 38.1 24.7 12.5


最終追い切りでは幸騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた3歳500万下のミトノレインボーと併せて0.4秒の先着。

自己ベストを大きく更新しており、このひと追いで確実に状態は良くなっている。

前走からの間隔が短く、まだ最終追い切りで3本目ですが、最終追い切りはしっかりと追われ馬体も絞られた。

調教では前走時よりも鋭い動きで、大きな上積みが期待できる一頭です。

 

注目馬その7

オーデットエール

1/31 栗CW良 一杯

84.8 68.0 52.5 38.5 12.1 [7]


最終追い切りでは北村友一騎手が騎乗しての調教。

強めに追われた3歳500万下のディバインブリーズと併せて、内を1.2秒追走してアタマ差の先着。

出走馬の中ではしっかり乗り込んでいる方で、一週前追い切り、最終追い切りを強めに追えているのは評価できる。

ただ、折り合いはついてラストも好タイムでしたが、そこまで大きな変わり身は感じない。

一週前追い切りでは、全体タイムは良かったが、併せ馬には遅れており、ラストも遅くなってしまっています。

また、萩ステークスでは2着していますが、勝ち馬タイムフライヤーとは0.7差で別のレースに出ていたような差。

能力的に重賞でどうこうというものはないのかもしれませんね。

 

注目馬その8

スラッシュメタル

1/31 栗坂良 馬なり

59.4 41.9 26.2 12.4


中間をプールを入れて、6本目の最終追い切りを消化。

最終追い切りでも軽い調教で、まだ前走の疲れが残っている様子。

新馬戦こそすんなり勝ち上がりましたが、重賞では全く見せ場なく2戦連続大敗。

その結果通りに、調教でも目立った動きはありません。

短期間で追い切り本数は多いですが、やや太め残りの心配があるので、馬体重にも注意したい一頭です。

 

注目馬その9

サトノフェイバー

2/1 栗坂良 馬なり

53.3 38.8 25.0 12.0


最終追い切りでは古川吉洋騎手が騎乗しての調教。

強めに追われた3歳未勝利のコマビショウと併せて、0.3秒追走して0.2秒の先着

一週前追い切りでしっかりと追われているため、最終は軽い調教でしたがそれでも行きっぷりがすごい。

折り合いも付いていて仕上がりは万全と考えて良さそうです。

調教通りの動きができれば、重賞でも期待できる一頭です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ