武蔵野ステークス2017 データ分析・傾向

第22回 東京中日スポーツ杯 武蔵野ステークス(G3)
3歳以上オープン 東京1600mダート 別定 発走15:35

 

武蔵野ステークス2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

過去10年の人気傾向、枠番傾向、脚質傾向、ステップレースの傾向を見ていきましょう。

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

人気 成績 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1 (2,3,2,3/10) 20% 50% 70% 66% 93%
2 (1,1,0,8/10) 10% 20% 20% 39% 30%
3 (0,1,1,8/10) 0% 10% 20% 0% 38%
4 (1,3,0,6/10) 10% 40% 40% 133% 98%
5 (2,1,0,7/10) 20% 30% 30% 235% 91%
6 (1,0,3,6/10) 10% 10% 40% 148% 155%
7 (1,0,1,8/10) 10% 10% 20% 97% 68%
8 (1,0,1,8/10) 10% 10% 20% 366% 137%
9 (1,0,1,8/10) 10% 10% 20% 417% 156%
10 (0,0,0,10/10) 0% 0% 0% 0% 0%
11 (0,1,1,8/10) 0% 10% 20% 0% 212%
12 (0,0,0,10/10) 0% 0% 0% 0% 0%
13 (0,0,0,10/10) 0% 0% 0% 0% 0%
14 (0,0,0,10/10) 0% 0% 0% 0% 0%
15 (0,0,0,8/8) 0% 0% 0% 0% 0%
16 (0,0,0,8/8) 0% 0% 0% 0% 0%

このレースは1番人気の信頼度が高いですが、勝率はそこまで高くないため単勝にはおすすめしませんが、1番人気の馬は押さえておきましょう。

優勝馬は1〜9番人気まで満遍なく成績を残しており、人気薄でも可能性がありますので穴馬を狙ってみるのも手ですね。

武蔵野ステークスは比較的荒れる傾向にあり、11番人気までの穴馬は好走する可能性があると考えていいでしょう。

 

人気薄でおすすめなのが、4番人気、5番人気、6番人気です。

回収率も安定していますし、1番人気に次いで馬券率も高い

オッズ的にもおいしいので穴馬で狙うならば4番人気、5番人気、6番人気がいいでしょう。

人気傾向としては、1番人気、4番人気、5番人気、6番人気を中心に狙うのが良さそうです。

 

 

枠番傾向

成績 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1枠 (0,2,1,15/18) 0% 11.1% 16.7% 0% 82%
2枠 (2,1,2,13/18) 11.1% 16.7% 27.8% 99% 126%
3枠 (2,0,2,16/20) 10% 10% 20% 70% 86%
4枠 (2,1,2,15/20) 10% 15% 25% 274% 104%
5枠 (0,0,0,20/20) 0% 0% 0% 0% 0%
6枠 (3,2,2,13/20) 15% 25% 35% 251% 82%
7枠 (0,2,1,17/20) 0% 10% 15% 0% 41%
8枠 (1,2,0,17/20) 5% 15% 15% 67% 40%

中枠の偶数枠が好成績で、2枠、4枠、6枠は成績、回収率ともに安定しております。

逆に注意したい枠は5枠!

去年は1番人気のモーニンが7着など、過去10年で一度も馬券に絡んでいないので、人気馬でも注意したい枠ですね。

 

1枠もなかなか勝ちきれない枠で、単軸にはしたくない枠です。

近年では3年連続6枠が優勝しており、複勝率はトップなので今年も6枠は押さえておきましょう。

枠番傾向としては、2枠、4枠、6枠を中心に狙うのが良さそうです。

 

 

脚質傾向

人気 成績 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ (3,0,0,7/10) 30% 30% 30% 887% 179%
先行 (1,5,4,28/38) 2.6% 15.8% 26.3% 34% 84%
差し (4,4,3,49/60) 6.7% 13.3% 18.3% 58% 62%
追込 (2,1,3,42/48) 4.2% 6.3% 12.5% 28% 43%

逃げ馬が圧倒的に好成績で、去年も8番人気のタガノトネールが優勝しており、人気薄でも逃げ馬には注意しましょう。

次いで先行馬ですが、勝率は差しや追込にも劣るが複勝率は安定した高さです。

東京コースということもあって前残りのケースもありますが、そのまま優勝は難しいようで差し馬や追込馬に差されてしまう傾向にあります。

 

好走数で言えば差し馬が多く、出走数が多いですが人気薄でも馬券に絡んでおり、前まで脚が届くので注意です。

追込の人気馬は2015年に優勝したノンコノユメくらいで、それ以外は人気でも馬券に絡まない傾向です。

どちらかと言えば6,7番人気くらいの中穴くらいが好走しています。

脚質傾向としては、逃げ馬、差し馬を中心に狙うのが良さそうです。

 

 

ステップレース

ステップレース 成績
ペルセウスステークス (1,2,2,10/15)
秋嶺ステークス (1,0,1,2/4)

 

満遍なく成績を残していて、偏った成績はあまりないですが、安定して成績を残しているレースはペルセウスステークス秋嶺ステークスです。

また、マイルチャンピオンシップ南部杯(G1)ジャパンダートダービー(G1)日本テレビ杯(G2)サマーチャンピオン(G3)など地方のダート重賞で好走した馬は、ここでも好走するケースが多々あるので注意が必要です。

 

タガノトネールやノンコノユメなど2015年、2016年は中央交流戦の地方重賞を好走した馬が1着、2着を独占しており、今年も押さえておきましょう。

まずは、地方重賞好走した馬と上記の2レースからの馬を検討してみるのが良いでしょう。

 

 

一番条件が良かった馬はコチラ

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ