朝日杯フューチュリティステークス2017 一週前追い切り情報・注目馬②

一週前追い切り①ではダノンプレミアムが好調でしたが、続いて気になる4頭を見ていきたいと思います!!

 

穴馬になりそうな馬を見つけましょう!

能力は高いですが人気を背負わなそうなので最終も注目したいですね!

 

ダノンスマッシュ

12/6 栗CW良 ゴール前

78.9 63.8 49.8 36.8 11.7 [6]


一週前追い切りでは福永騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた2歳未勝利馬のオメガラヴィサンと併せて、内を1.9秒追走して0.3秒の先着。

ラストも11.7秒と猛タイムで全体時計もベストを更新!!

ダノンプレミアムも時計が早かったし、今年のダノンは強そうですねww

仕上がりは良さそうで、プール調教と併用しながらですが、ゴールドドリームの件がありますから最終で見極めておきたいです。

 

フロンティア

12/7 栗CW良 一杯

85.3 68.8 52.9 38.8 11.8 [7]


一杯に追われた2歳オープン馬のダノンプレミアムと併せて、外を0.3秒先行して0.6秒の遅れ。

折り合いもついていてラストは11.8秒と内容は悪くない。

しかし、ダノンプレミアムに0.6秒差はラスト1ハロンで放されたので、ダノンプレミアムの方を評価したい。

前走では不利を受けましたが、着順は順当でしょう。

力のある馬ですが、レベルが上がる今回はどこまでやれるか。

この馬もプール調教と併用していますが、前走時もしていたし結果は残しているのでプール調教による心配はいらないでしょう。

休み明け一発叩いて上積みを期待したい。

 

ダブルシャープ

12/6 栗CW良 一杯

82.3 67.1 51.6 37.7 12.4 [8]


一杯に追われた2歳未勝利のターフェルムジークと併せて、外を1.5秒先行して0.8秒の先着。

併せ馬には距離を縮められましたがタイムは好タイム。

仕上がりは順調と考えていいと思います。

前走不利がありましたし、初めての左回りで内容は良かった。

今回得意の右回りになってどうなるか。

札幌2歳ステークスでは3着、前走のサウジアラビアRCではかかっていて、不利がありながらも3着馬とはほとんど差はなかった。

さらにレベルは上がりますが、3着までなら可能性はあると思いますよ!

 

カシアス

12/6 栗CW良 一杯

78.7 64.5 51.7 39.7 14.5 [8]


一週前追い切りでは浜中騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のナンヨーアーミーと併せて、外を1.5秒追走して0.9秒の遅れ。

全体タイムはベストを更新していてタイムは早く、ナンヨーアーミーとの差を縮めているがラストは14.5秒とイマイチ。

朝日杯ではさらに200mの距離延長ですが、前走もプラス200mで好走。

まだまだ余裕があったようにも見えるので距離は問題ないと思いますし、デビューから2着1着1着2着と連対率100%を誇る。

レベルはさらに上がりますが重賞でも好走していますし、一発叩いた上積みも期待できるのでこの馬も上位争いとなるでしょう。

 

朝日杯フューチュリティステークス一週前追い切り②での注目馬はこの馬です!

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

いつも応援ありがとうございます(*^^*)!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ