有馬記念2017 最終追い切り情報・注目馬②

続いて、今週末開催される有馬記念2017の注目馬②の最終追い切りについて見て行きたいと思います!!

 

昨日枠順が決定しました!!

キタサンブラックは本当に運がいい!

1枠取れたことですし軸は堅そうですね。

 

それでは気になる5頭を見て行きましょう。

 

サクラアンプルール

12/20 美南坂良 馬なり

53.3 38.9 25.5 13.0


一杯に追われた2歳未勝利馬のサンクトゥスレーンと併せて、0.3秒追走して0.1秒の先着。

首を使って手応えは良さそうですし、状態はいいでしょう。

能力では物足りなさは感じますが、中山コースは得意ですので馬券内なら一発ありそう。

2500mは初めてなのでそこは心配なところですが、適性がないわけではないので軽視はできない。

 

サトノクロニクル

12/20 栗CW良 馬なり

52.4 37.8 11.5 [8]


馬なりで追われた1600万下のサトノケンシロウと併せて、内を0.4秒追走して0.4秒の先着。

ラスト11.5秒の猛タイムで0.4秒先着。

チャレンジカップ時に出したベストタイムに近く、デキキープと考えていいでしょう。

距離は長い方がこの馬には合っていて小回りの中山は得意。

菊花賞では馬場状態が悪く伸びに欠けてしまった。

有馬記念では斤量も軽くなりますし良馬場なら一発狙えると思います。

 

ブレスジャーニー

12/21 栗CW良 一杯

97.6 81.8 67.0 52.7 39.1 12.4 [8]


最終追い切りでは三浦騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた500万下のキョウワベルナルドと併せて、外を0.9秒追走して0.4秒の先着。

プール調教を併用していますが、今回一杯に追ってベストタイムを更新!

状態も良くなっていて仕上がりは順調と考えて良さそう。

三浦騎手は今年成績がいいですし、怪我復帰後3戦目となるので前走よりは上積みあるでしょう。

 

ミッキークイーン

12/20 栗坂良 馬なり

52.5 38.3 24.3 11.9


最終追い切りでは浜中騎手が騎乗しての調教。

強めに追われた500万下のスプマンテと併せて、0.6秒の追走同入。

前走はいきっぷりも良くゴールしてからも伸びていて使うごとに良くなって来ている。

ラストも11秒台の好タイムを出していますし、仕上がりは良さそうです。

中山コースは向いていませんが、秋は一度叩いているので上積みも期待できる。

去年の5着は超えて欲しいですね!

 

レインボーライン

12/20 栗坂良 馬なり

60.5 42.4 26.4 12.9


最終追い切りのタイムは平凡でしたがデキキープといったところです。

ここ最近はG1でも活躍していますし、雨が降れば強い。

2500mくらいなら問題ないなさそうで、中山コースなら展開次第では馬券に絡んできてもおかしくない。

天気が悪ければ狙いたいですね!

 

 

有馬記念の最終追い切り②での注目馬はこの馬です!

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

いつも応援ありがとうございます(*^^*)!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ