日経新春杯2018 一週前追い切り情報・注目馬

この記事は今週末開催される日経新春杯2018に出走予定の、注目馬の一週前追い切りに関する記事です(*^^*)!

 

日経新春杯の一週前追い切りを見ていきましょう!!

 

日経新春杯2018

 

ロードヴァンドール

1/3 栗CW良 一杯

84.3 68.3 52.8 38.8 11.8 [8]


500万下のヒルノアトラーニ(一杯)と併せて、内を0.6秒追走同入。

リズムよく軽快な走りで折り合いも問題なし。

ラストの11.8秒は好仕上がりとみて良いでしょう。

金鯱賞2着後はG1が中心となり成績を落としましたが、

G3に戻った中日新聞杯では、しっかり粘りこみ3着確保。

G1以外では能力が通用する馬で、距離延長がこなせれば、調教の動きからも好走可能。

 

モンドインテロ

1/3 美南W良 馬なり

69.1 53.9 39.7 13.8 [7]


一杯に追う1600万下アッラサルーテと併せ、内を0.8秒追走し0.1秒の遅れ。

一週前追い切りでは最後に若干失速し、遅れをとっていますが、馬なりで大きく追走したことを考えるとそれほど気にすることはなさそうです。

鋭い一瞬の追い比べでは分が悪いので、距離延長は歓迎。昨年も好走しており、状態面でも変化なく、ここも好走可能でしょう。

 

サンタフェチーフ

1/3 栗CW良 馬なり

84.3 67.3 52.4 38.6 12.3 [8]


馬なり調教はいつものこと。中間派1か月程度ですが、入念に乗りこまれています。

一週前追い切りでは、折り合い重視で、ラストも12.3と好タイムです。

条件馬ではありますが、斤量面のハンデがあり、十分馬券に食い込むチャンスはあると考えられる。

 

 

パフォーマプロミス

1/4 栗坂良 馬なり

62.9 45.8 29.5 14.3


レース間隔が短いため一週前追い切りは軽く流し程度。

折り合いもついていて好調キープと考えて良さそうです。

1600万クラスでも安定して走っており、前走は骨っぽいメンバーに快勝。

力をしっかり付けてきており、54キロの斤量とデムーロ騎手騎乗というのは条件的には良さそうです。

 

日経新春杯の一週前追い切りでの注目馬はこの馬です!

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

追い切りでもいい動きを見せていましたし、能力はG2でも十分通用する馬。

最終追い切りも注目していきたい一頭です。

 

いつも応援ありがとうございます(*^^*)!

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ